滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

色覚外来

色覚外来臨床的色覚検査法色覚異常の分類(診断と程度分類)色覚異常の遺伝
色覚異常者の見え方職業適性の考え方受診のすすめ

色覚異常の分類

単に色覚異常というと、先天赤緑色覚異常のことをいうのですが、もっと広い意味では色々なタイプの色覚異常が存在します。
光を感じて最初に反応するのは、眼底の網膜にある視細胞という神経細胞で、これは暗いところで主にはたらく杆体(かんたい)と、 明るいところではたらく錐体(すいたい)とに分けられ、錐体はさらにそのスペクトル感度の違いにより、L錐体、M錐体、S錐体に区別されます 。L、M、S というのはそれぞれ、long-wavelenmgth-sensitive、middle-wavelength-sensitive、short- wavelength-senseitve の頭文字で、長い波長の光に感度が高い錐体、 中くらいの波長の光に感度が高い錐体、短い波長の光に感度が高い錐体という意味です。いわゆる赤錐体・緑錐体・青錐体なのですが、この表現では、 たとえば赤錐体が刺激されると“赤”を感じるかのように誤解されますので、L、M、S錐体のほうが適切でしょう。いずれにせよ、この3種類の錐体の反応の割合で色を感じているのです。 色覚異常はこの3種の錐体のうちどれか1つか2つ、あるいは3つ全部が欠損したり不完全であったりして起こります。 残っている錐体の種類や数によって色覚異常は次のように分類されています。


1) 杆体1色覚(杆体1色型色覚、rod monochromatism);いわゆる全色盲です。錐体は存在するのですが3種類ともはたらきません。暗いところでの杆体は正常にはたらきます。 非常に視力が悪く、強いまぶしさや眼球振盪(目がゆれる)もあって、色の感覚の異常よりも視力の問題の方が大きいのです。

2) 錐体1色覚(錐体1色型色覚、cone monochromatism);これは錐体ははたらいていますが、1種類だけです。杆体は正常です。はたらいている錐体の種類によりL錐体1色覚(red cone monochromatism)、M錐体1色覚(green cone monochromatism)、S錐体1色覚(blue cone monochromatism)に分類されます。いずれも極めてまれです。L/M型は視力も良いのですが、S錐体1色覚は視力も悪く、杆体1色覚と大変よく似ていて区別することはなかなか困難です。そこでこれを非定型全色盲と呼ぶことがあります。

3)2色覚(2色型色覚、dichromat);錐体が2種類はたらいています。これはさらに、L錐体がはたらかない1型2色覚(protanope, いわゆる赤色盲)、M錐体がはたらかない2型2色覚(deuteranope, いわゆる緑色盲)、S錐体がはたらかない3型2色覚(tritanope, いわゆる青色盲)に分けられます。

4)異常3色覚(異常3色型色覚、anomalous trichromat);2色覚にもう1つ異常な第3の錐体(雑種錐体)が加わったもので、 L錐体の代わりにM型の雑種錐体が、 あるいはM錐体の代わりにL型の雑種錐体がはたらいています。正常錐体のどれか1つがはたらかないことは2色覚と同じで、色々な色覚検査で2色覚と非常によく似た成績を示します。 そこでこれも2色覚に準じて、1型(異常)3色覚(protanomal, いわゆる赤色弱)、2型3色覚(deuteranomal, いわゆる緑色弱)、 3型3色覚(tritanomal, いわゆる青色弱)と分類されています。

  杆体 S錐体 M錐体 L錐体
杆体1色覚、杆体1色型色覚 × × ×
S錐体1色覚、青錐体1色型色覚 × ×
M錐体1色覚、緑錐体1色型色覚 × ×
L錐体1色覚、赤錐体1色型色覚 × ×
1型2色覚(いわゆる赤色盲)
2型2色覚(いわゆる緑色盲)
3型2色覚(いわゆる青色盲) ×
1型3色覚(いわゆる赤色弱)
2型3色覚(いわゆる緑色弱)
3型3色覚(いわゆる青色弱)、実在する?      
=変異型の(雑種)M錐体,=変異型の(雑種) L錐体


同じ錐体がはたらかないタイプの2色覚と異常3色覚は,種々の色覚検査で非常によく似た成績を示します。 そこでL錐体がはたらかないタイプを総称して1型色覚(異常)と、M錐体がはたらかないタイプを2型色覚(異常)、さらに3型色覚(異常)というように,2色覚と異常3色覚の同型のものをまとめた呼称もよく使われます。それぞれ以前は第1色覚異常、第2色覚異常、第3色覚異常といっていたものです。

以上が先天色覚異常の分類で、このほか後天性の色覚異常がありますが,これは網膜や視神経の病気で視力や視野の異常と平行して色覚の異常を起こして来るもので、 先天色覚異常とは少し性質の違うものです。ここでは省略します。

このように先天色覚異常にもいろいろな種類のものがありますが、数の上でも多く一般に問題になるのはL錐体あるいはM錐体がはたらかない1型色覚と2型色覚です。 1型・2型の色覚異常が何かの理由で進行すると1色覚(いわゆる全色盲)になると思っている人もいるようですが、これは遺伝形式の異なった別の種類のもので、その心配は全くありません。 先天赤緑色覚異常の分類をもういちど整理すると次のようになります。


  1型色覚異常 2型色覚異常
2色覚
(いわゆる色盲)
1型2色覚
(いわゆる赤色盲)
2型2色覚
(いわゆる緑色盲)
異常3色覚
(いわゆる色弱)
1型第3色覚
(いわゆる赤色弱)
2型3色覚
(いわゆる緑色弱)

以上は医学的なというか理論的な分類であって、実際には正確な診断が困難な場合もあり、おおまかに1型色覚(異常)か2型色覚(異常)かに分け、 その異常の程度を軽度、中等度、強度に分ける方法がとられることもあります。

ことばの問題:色盲≠ニいうとまるで全く色がわからない,白黒の世界を見ているのだと誤解され、 そのため理不尽な差別を受けたと思われる歴史があり、このことばを使わないようにしようという動きがあります。 色弱≠フ方はまだよいのですが、それでも語感として余りよい響きではありません。このホームページではできるだけ色盲=A 色弱≠ニいう用語を使わないようにしています。また・・・異常≠ニいうのも重大な欠陥を持っているかのように受け取られる可能性があり、 これを嫌う人たちもありますが,なかなかよい表現がありません。先ほど日本眼科学会の用語委員会から新しい色覚異常関連の用語の提案がありました(2006年3月)が、これらの新用語はまだまだ一般に普及したとはいえませんので、 ここではとりあえず従来の用語と併用して表現しました。今後の学会の趨勢を見てこのホームページでの表現も変更していくつもりです。


▲このページのTOPに戻る