治療薬 │オピオイド系鎮痛薬(オピオイド系鎮痛薬と拮抗性鎮痛薬)│
 ←→内因性オピオイドペプチド/受容体/反応性よる痛みの分類/がん性痛の治療/薬物依存/歴史
  参考武田先生のブログ/1

オピオイド系鎮痛薬と麻薬拮抗性鎮痛薬

◎:強作用性オピオイド:天井効果がないオピオイド
○:弱作用性オピオイド:天井効果があるオピオイド
△:部分作動性
×:拮抗

 →レボルファノール
 →ジヒドロモルヒネ
 →エトルフィン
 →ナルトレキソン
 →ヘロイン



 [オピオイド系鎮痛薬(麻薬性鎮痛薬)]  ・完全作用薬 full agonist ←→拮抗性鎮痛部分作用薬/作用薬ー拮抗薬/拮抗薬
 [麻薬拮抗性鎮痛]
・部分作用薬 partial agonist ←→完全作用薬
・拮抗性鎮痛薬以外の部分作用薬

・作用薬ー拮抗薬 agonist antagonist、拮抗性鎮痛薬
・麻薬拮抗薬 opioid antagonist
 [本邦未承認薬物など]
オピオイドの薬理作用
オピオイドの鎮痛機序
○オピオイドの薬物動態  モルヒネの薬物動態↑
○オピオイドの副作用と対策  参考

○オピオイドの投与方法  →PCA 患者自己管理鎮痛法

・タイトレーション
・レスキュー・ドーズ rescue dose→参考1
・オピオイドローテーション ○オピオイド製剤の多様化

・オピオイドの投与経路
・投与経路別換算
[硬膜外/くも膜下オピオイドと神経ブロックとの違い]
○オピオイに対する誤解

オピオイド節約効果 opioid sparing effect

○非麻薬
 →パパベリン/ノスカピン/ヒドロコタルニン/ロペラミド →rubiscolin

Pain Relief