物質 │薬物依存 dependene│ 参考1/2
 [作用機序] ←→オピオイドによる多幸感精神依存の機序 参考1

●オピオイド型薬物依存
 ←→エンドルフィン/受容体/オピオイド/耐性/麻薬反応性よる痛みの分類/がん性痛の治療
 [オピオイドによる多幸感と精神依存の機序] 参考星薬科大学  [オピオイドの身体依存の機序]


●バルビツレート型薬物依存
 ←→バルビツレート誘導体/ベンゾジアゼピン型薬物依存/GABA受容体/GABA作動薬
 [バルビツレート誘導体薬物依存の作用機序]
 [バルビツレート誘導体の離脱の作用]
●ベンゾジアゼピン型薬物依存
 ←→ベンゾジアゼピン誘導体/チエノジアゼピン誘導体/バルビツレート型薬物依存/GABA受容体/GABA作動薬 参考1  [ベンゾジアゼピン系長期服用後にみられた離脱症状(退薬症状)] ←→離脱症状

●大麻←→カンナビノイド受容体/カンナビノイド  [精神症状]

 [身体症状]

 [マリファナの依存]

●コカイン ← 局所麻酔薬の歴史年表/局所麻酔薬

  • 我が国ではコカインは、覚醒剤とみなされ、「麻薬及び向精神薬取締法」および「覚せい剤取締法」で規制されている。
  • コカの葉から抽出されるトロパンアルカロイド
  • コカインは、最初に手術で使われた局所麻酔薬であったが、薬物依存があるために使われなくなった。(塩酸銀の5〜10%液を粘膜に、0.5〜4%液を点眼する。)
  • 中枢神経に対したアドレナリン類似の刺激効果があり、脈拍促進、腱反射亢進、疲労感、睡眠、幻覚などが出現する。
  • コカインは興奮薬であり、覚醒レベルを高め、多幸感をもたらし、疲労感や飢餓感を忘れさせ、精神的な持久力を増強させる。
  • コカインやアンフェタミンのような中脳皮質辺縁系を刺激する薬剤では薬物依存離脱症状が生じることが知られている。

 [身体症状]

 [精神症状]

 [依存と耐性]
 [薬物依存の作用機序]
●アンフェタミン型覚せい剤←→アドレナリン作動薬/ノルアドレナリン/中枢神経興奮剤
 [作用機序]

 [身体症状]

 [精神症状]

 [薬物依存と耐性]

 [離脱症状]


●幻覚発現薬 Hallucinogens
 [症状と徴候]

 [幻覚作用の発現機序]

Pain Relief