滋賀医科大学研究情報データベース:研究業績(文献情報)
研究者氏名: 上島 弘嗣   所属: アジア疫学研究センター 登録文献数: 1269
【戻る】
文献 [1]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Liu L, Miura K, Fujiyoshi A, Kadota A, Miyagawa N, Nakamura Y, Ohkubo T, Okayama A, Okamura T, Ueshima H. : Impact of Metabolic Syndrome on the Risk of Cardiovascular Disease Mortality in the United States and in Japan.
Am J Cardiol. , 113 (1) : 84-89, 2014 PubMed Abstract
文献 [2]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
N Takashima, TC Turin, K Matsui, N Rumana, Y Nakamura, A Kadota, Y Saito, H Sugihara, Y Morita, M Ichikawa, K Hirose, K Kawakani, N Hamajima, K Miura, H Ueshima, Y Kita : The relationship of brachial-ankle pulse wave velocity to future cardiovascular disease events in the general Japanese population: the Takashima Study
J Hum Hypertens, 28 (5) : 323-327, 2014 PubMed Abstract
文献 [3]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Chan Q, Stamler J, Brown IJ, Daviglus ML, Van Horn L, Dyer AR, Oude Griep LM, Miura K, Ueshima H, Zhao L, Nicholson JK, Holmes E, Elliott P; INTERMAP Research Group. : Relation of raw and cooked vegetable consumption to blood pressure: the INTERMAP Study..
J Hum Hypertens, 28 (6) : 353-359, 2014 PubMed Abstract
文献 [4]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Miura K, Lee S, Fujiyoshi A, Edmundowicz D, Kadowaki T, Evans RW, Kadowaki S, Sutton-Tyrrell K, Okamura T, Bertolet M, Masaki KH, Nakamura Y, Barinas-Mitchell EJ, Willcox BJ, Kadota A, Seto TB, Maegawa H, Kuller LH, Ueshima H; ERA JUMP Study Group. : Long chain n-3 polyunsaturated fatty acids and incidence rate of coronary artery calcification in Japanese men in Japan and white men in the USA: population based prospective cohort study.
Heart, 100 (7) : 569-573, 2014 PubMed Abstract
文献 [5]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Chen P, Takeuchi F, Lee JY, Li H, Wu JY, Liang J, Long J, Tabara Y, Goodarzi MO, Pereira MA, Kim YJ, Go MJ, Stram DO, Vithana E, Khor CC, Liu J, Liao J, Ye X, Wang Y, Lu L, Young TL, Lee J, Thai AC, Cheng CY, van Dam RM, Friedlander Y, Heng CK, Koh WP, Chen CH, Chang LC, Pan WH, Qi Q, Isono M, Zheng W, Cai Q, Gao Y, Yamamoto K, Ohnaka K, Takayanagi R, Kita Y, Ueshima H, Hsiung CA, Cui J, Sheu WH, Rotter JI, Chen YD, Hsu C, Okada Y, Kubo M, Takahashi A, Tanaka T, van Rooij FJ, Ganesh SK, Huang J, Huang T, Yu : Multiple nonglycemic genomic Loci are newly associated with blood level of glycated hemoglobin in East asians.
Diabetes, 63 (7) : 2551-2562, 2014 PubMed Abstract
文献 [6]: 学会抄録 記載言語:英語
Linda M. Oude Griep, Joram M. Posma, Jeremiah Stamler, Queenie Chan, Linda Van Horn, Lyn M. Steffen, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Nagako Okuda, Liancheng Zhao, Martha L. Daviglus, Timothy M. Ebbels, Jeremy K. Nicholson, Elaine Holmes, Paul Elliott. : Urinary Hippurate and Proline Betaine Excretion relative to Fleshy Fruit Intake and Blood Pressure: The INTERMAP Study.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [7]: 学会抄録 記載言語:英語
Akira Sekikawa, Katsuyuki Miura, Abhishek Vishnu, Akira Fujiyoshi, Rhobert W Evans, Takashi Kadowaki, Daniel Edmundowicz, Takashi Hisamatsu, Vasudha Ahuja,Hiroshi Maegawa, Marianne Bertolet, Kiyoshi Murata, Tomonori Okamura, Emma J Barinas-Mitchell, Yasuyuki Nakamura, Lewis H Kuller, Hirotsugu Ueshima, for the ERA JUMP Study Group : Serum Soy Isoflavones Are Inversely Associated With Coronary Artery Calcification In A Population-based Sample Of 299 Men In Japan.
EPI|NPAM2014 Abstracts, (-) : --サンフランシスコ, 2014
文献 [8]: 学会抄録 記載言語:英語
Shin-ya Nagasawa, Katsuyuki Miura, Akira Fujiyoshi, Aya Kadota, Takayoshi Ohkubo, Takashi Hisamatsu, Sayaka Kadowaki, Naoko Miyagawa, Sayuki Torii, Maryam Zaid, Kamal Masaki, Emma J.M. Barinas-Mitchell, Marrianne H. Bertolet, Rhobert W. Evans, Aiman El-Saed, Hirtsugu Ueshima, the ERA-JUMP and SESSA Research Group Lewis H. Kuller, Akira Sekikawa, : Relationship Of Plasma Asymmetrical Dimethylarginine To Carotid Intima-media Thickness In General Japanese Population: The ERA-JUMP And The SESSA.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014 PubMed Abstract
文献 [9]: 学会抄録 記載言語:英語
Toshiyuki Iwahori, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Queenie Chan, Alan R Dyer, Paul Elliott, Jeremiah Stamler. : Relationship Between Casual Urinary Sodium/potassium Ratio And 24-h Urinary Sodium/potassium Ratio: The Intersalt Study.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [10]: 学会抄録 記載言語:英語
Gianluca Campanella, Queenie Chan, Martha L Daviglus, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Liancheng Zhao, Jeremiah Stamler, Jeremy K Nicholson, Paul Elliott, Marc Chadeau-Hyam, : Relation of Diet-Induced Metabolic Acidosis to Blood Pressure.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [11]: 学会抄録 記載言語:英語
Naomi Kitano, Katsuyuki Miura, Akira Okayama, Hideaki Nakagawa, Kiyomi Sakata, Shigeyuki Saito, Nagako Okuda, Katsushi Yoshita, Takayoshi Ohkubo, Naoyuki Takashima, Naoko Miyagawa, Beatriz L. Rodriguez, Kamal Masaki, Bradley Willcox, Queenie Chan, Tatsuya Takeshita, Paul Elliott, Jeremiah Stamler, Hirotsugu Ueshima, INTERMAP and INTERLIPID Research Group. : Relation of Body Mass Index to Creatinine Clearance and Glomerular Filtration Rate in Japanese Population Samples in Japan and Hawaii.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [12]: 学会抄録 記載言語:英語
Akira Sekikawa, Katsuyuki Miura, Bradley Willcox, Kamal H Masaki, Russell P Tracy, Yoshihiro Miyamoto, Hirotsugu Ueshima, Lewis H Kuller. : Recent Trends In Mortality From Coronary Heart Disease Mortality And Its Risk Factors In Selected Developed Countries.
EPI|NPAM2014 Abstracts, (-) : --サンフランシスコ, 2014
文献 [13]: 学会抄録 記載言語:英語
Vasudha Ahuja, Emma J Barinas-Mitchell, Todd B Seto, Rhobert Evans, Aya Kadota, Samar R El Khoudary, Akira Fujiyoshi, Abhishek Vishnu, Katsuyuki Miura, Bradley J Willcox,Hirotsugu Ueshima, Kamal Masaki, Lewis H Kuller, Akira Sekikawa, For the ERA JUMP Study Group. : Racial Differences In The Progression Of Carotid Intima-media Thickness In Middle-aged Men-the Era Jump Study.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [14]: 学会抄録 記載言語:英語
Yasuyuki Nakamura, Nagako Okuda, Tomonori Okamura, Aya Kadota, Naoko Miyagawa, Takehito Hayakawa, Yoshikuni Kita, Akira Fujiyoshi, Masato Nagai, Naoyuki Takashima, Takayoshi Ohkubo, Katsuyuki Miura, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima. : Low-Carbohydrate-Diets and Cardiovascular and Total Mortality in Japanese. A 29-year Follow-up of NIPPON DATA80.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [15]: 学会抄録 記載言語:英語
Akira Fujiyoshi, Katsuyuki Miura, Sayaka Kadowaki, Aya Kadota, Takayoshi Ohkubo, Naoko Miyagawa, Takashi Hisamatsu, Saitoh Yoshino, Sayuki Torii, Itsuko Miyazawa, Kenichi Mitsunami, Hiroshi Maegawa, Kiyoshi Murata, Hirotsugu Ueshima. : Lifetime Cigarette Smoking is Associated with Increased Indices of Abdominal Obesity Independent of Body Mass Index: The Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA).
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [16]: 学会抄録 記載言語:英語
Li Yan, Queenie Chan, Ghadeer Aljuraiban, Linda M Oude Griep, Ioanna Tzoulaki, Jeremiah Stamler, Linda Van Horn, Martha L Daviglus, Martha L Daviglus,Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Liancheng Zhao, Gary Frost, Paul Elliott, the INTERMAP Research Group. : Glycaemic Index and Glycaemic Load of East Asian foods: The INTERMAP Study.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [17]: 学会抄録 記載言語:英語
Abhishek Vishnu, Akira Sekikawa, Bradley J Willcox, Jina Choo, Akira Fujiyoshi, Emma J Barinas-Mitchell, Todd B Seto,Takashi Hisamatsu, Daniel Edmundowicz, Sayuki Torii, Rhobert W Evans, Naoyuki Takashima,Marianne H Bertolet, Takashi Kadowaki, Tomonori Okamura, Katsuyuki Miura, Kamal H Masaki, Chol Shin, Lewis H Kuller, Hirotsugu Ueshima, ERA JUMP Study Group. : Brachial-ankle Pulse Wave Velocity is Independently Associated with Presence of Coronary Calcification among 1131 Healthy Middle-aged Men. The ERA JUMP Study.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [18]: 学会抄録 記載言語:英語
Rhobert W Evans, Akira Sekikawa, Takashi Kadowaki, Abhishek Vishnu, Sayaka Kadowaki, Aiman El-Saed, Akira Fujiyoshi, Vasudha Ahuja,Tomonori Okamura, Katsuyuki Miura, Lewis H Kuller, Hirotsugu Ueshima. : Association of Serum Soy Isoflavones with Metabolic Markers in Japanese Men and Women.
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [19]: 学会抄録 記載言語:英語
Maryam Zaid, Katsuyuki Miura,Akira Fujiyoshi, Akira Okayama, Hideaki Nakagawa, Kiyomi Sakata, Shigeyuki Saito, Nagako Okuda, Katsushi Yoshita, Sohel Choudhury, Beatriz Rodriguez, Kamal Masaki, Bradley Willcox, Naoko Miyagawa, Jeremiah Stamler, Hirotsugu Ueshima : Association of Dietary Fatty Acid Intake with Serum High-density Lipoprotein Particle Concentration.
EPI|NPAM2014 Abstracts, (-) -サンフランシスコ, 2014
文献 [20]: 学会抄録 記載言語:英語
Martha L Daviglus, Jeremiah Stamler, Queenie Chan, Ian J Brown, Alan R Dyer, Daniel B Garside, Xuan Cai,Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Liancheng Zhao, Paul Elliott, for the INTERMAP Research Group : 24-hour Urinary Amino Acid Excretion And Blood Pressure: The Intermap Study
EPI|NPAM2014 Abstracts, -サンフランシスコ, 2014
文献 [21]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Iwahori T, Ueshima H, Miyagawa N, Ohgami N, Yamashita H, Ohkubo T, Murakami Y, Shiga T, Miura K. : Six random specimens of daytime casual urine on different days are sufficient to estimate daily sodium/potassium ratio in comparison to 7-day 24-h urine collections.
Hypertens Res, (-) : ---in press, 2014 PubMed Abstract
文献 [22]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Miura K, Kita Y, Okamura T, Okayama A, Choudhury SR, Rodriguez B, Masaki KH, Stamler J. : Relation of Serum Leptin and Adiponectin Level to Serum C-Reactive Protein: The INTERLIPID Study.
Int J Vasc Med., --in press, 2014 PubMed Abstract
文献 [23]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Choo J, Shin C, Barinas-Mitchell E, Masaki K, Willcox BJ, Seto TB, Ueshima H, Lee S, Miura K, Venkitachalam L, Mackey RH, Evans RW, Kuller LH, Sutton-Tyrrell K, Sekikawa A. : Regional pulse wave velocities and their cardiovascular risk factors among healthy middle-aged men: a cross-sectional population-based study.
BMC Cardiovasc Disord, --in press, 2014 PubMed Abstract
文献 [24]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Miyagawa N, Miura K, Okuda N, Kadowaki T, Takashima N, Nagasawa SY, Nakamura Y, Matsumura Y, Hozawa A, Fujiyoshi A, Hisamatsu T, Yoshita K, Sekikawa A, Ohkubo T, Abbott RD, Okamura T, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Long-chain n-3 polyunsaturated fatty acids intake and cardiovascular disease mortality risk in japanese: a 24-year follow-up of NIPPON DATA80.
Atherosclerosis, 232 (2) : 384-389, 2014 PubMed Abstract
文献 [25]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asayama K, Satoh M, Murakami Y, Ohkubo T, Nagasawa SY, Tsuji I, Nakayama T, Okayama A, Miura K, Imai Y, Ueshima H, Okamura T; on behalf of the Evidence for Cardiovascular Prevention From Observational Cohorts in Japan (EPOCH-JAPAN) Research Group. : Cardiovascular Risk With and Without Antihypertensive Drug Treatment in the Japanese General Population: Participant-Level Meta-Analysis.
Hypertens, 63 (6) : 1189-1197, 2014 PubMed Abstract
文献 [26]: 著書 記載言語:日本語
飯島 美世子, 上島 弘嗣, 岡村 智教, 奥田 奈賀子, 栗林 徹, 東山 綾, 三浦 克之, 渡邊 至 : 解説 エビデンスに基づく健康づくり支援 -健康日本21(第2次)の推進を目指して- (岡山 明 ed.)
健康保険組合連合会, (東京), , -, 2014
文献 [27]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
The Global Burden of Metabolic Risk Factors for Chronic Diseases Collaboration (BMI Mediated Effects). : Metabolic mediators of the effects of body-mass index, overweight, and obesity on coronary heart disease and stroke: a pooled analysis of 97 prospective cohorts with 1·8 million participants.
Lancet, -- in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [28]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Morrison DS, Parr CL, Lam TH, Ueshima H, Kim HC, Jee SH, Murakami Y, Giles G, Fang X, Barzi F, Batty GD, Huxley RR, Woodward M. : Behavioural and metabolic risk factors for mortality from colon and rectum cancer: analysis of data from the Asia-Pacific Cohort Studies Collaboration.
Asian Pac J Cancer Prev, 14 (2) : 1083-1087, 2013 PubMed Abstract
文献 [29]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Stamler J, Brown IJ, Daviglus ML, Chan Q, Miura K, Okuda N, Ueshima H, Zhao L, Elliott P. : Dietary glycine and blood pressure: the International Study on Macro/Micronutrients and Blood Pressure.
Am J Clin Nutr, 98 (1) : 136-145, 2013 PubMed Abstract
文献 [30]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hisamatsu T, Miura K, Ohkubo T, Yamamoto T, Fujiyoshi A, Miyagawa N, Kadota A, Takashima N, Okuda N, Matsumura Y, Yoshita K, Kita Y, Murakami Y, Nakamura Y, Okamura T, Horie M, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Interaction between dietary marine-derived n-3 fatty acids intake and J-point elevation on the risk of cardiac death: a 24-year follow-up of Japanese men.
Heart, 99 (14) : 1024-1029, 2013 PubMed Abstract
文献 [31]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Brown IJ, Dyer AR, Chan Q, Cogswell ME, Ueshima H, Stamler J, Elliott P; INTERSALT Co-Operative Research Group. : Estimating 24-hour urinary sodium excretion from casual urinary sodium concentrations in Western populations: the INTERSALT study.
Am J Epidemiol, 177 (11) : 1180-1192, 2013 PubMed Abstract
文献 [32]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Sekikawa A, Sawamura T, Kadowaki T, Barinas-Mitchell E, Mackey RH, Kadota A, Evans RW, Edmundowicz D, Higashiyama A, Nakamura Y, Abbott RD, Miura K, Fujiyoshi A, Fujita Y, Murakami Y, Miyamatsu N, Kakino A, Maegawa H, Murata K, Horie M, Mitsunami K, Kashiwagi A, Kuller LH, Ueshima H; ERA JUMP Study Group. : LOX-1 ligands containing apolipoprotein B and carotid intima-media thickness in middle-aged community-dwelling US Caucasian and Japanese men.
Atherosclerosis, 229 (1) : 240-245, 2013 PubMed Abstract
文献 [33]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yoshimura Y, Murakami Y, Saitoh M, Yokoi T, Aoki T, Miura K, Ueshima H, Nozaki K; SSS Research Group : Statin Use and Risk of Cerebral Aneurysm Rupture: A Hospital-Based Case-Control Study in Japan.
J Stroke Cerebrovasc Dis, --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [34]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Schuster RJ, Zhu Y, Ogunmoroti O, Terwoord N, Ellison S, Fujiyoshi A, Ueshima H, Muira K. : Physician cardiovascular disease risk factor management: practice analysis in Japan versus the USA.
Qual Prim Care, 21 (1) : 51-60, 2013 PubMed Abstract
文献 [35]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nagata M, Ninomiya T, Kiyohara Y, Murakami Y, Irie F, Sairenchi T, Miura K, Okamura T, Ueshima H; EPOCH-JAPAN Research Group. : Prediction of cardiovascular disease mortality by proteinuria and reduced kidney function: pooled analysis of 39,000 individuals from 7 cohort studies in Japan.
Am J Epidemiol, 178 (1) : 1-11, 2013 PubMed Abstract
文献 [36]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Shin C, Masaki KH, Barinas-Mitchell EJ, Hirooka N, Willcox BJ, Choo J, White J, Evans RW, Fujiyoshi A, Okamura T, Miura K, Muldoon MF, Ueshima H, Kuller LH, Sutton-Tyrrell K; for the ERA JUMP Study Group. : Association of Total Marine Fatty Acids, Eicosapentaenoic and Docosahexaenoic Acids, With Aortic Stiffness in Koreans, Whites, and Japanese Americans.
Am J Hypertens, --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [37]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Vishnu A, Choo J, Masaki KH, Mackey RH, Barinas-Mitchell E, Shin C, Willcox BJ, El-Saed A, Seto TB, Fujiyoshi A, Miura K, Lee S, Sutton-Tyrrell K, Kuller LH, Ueshima H, Sekikawa A. : Particle numbers of lipoprotein subclasses and arterial stiffness among middle-aged men from the ERA JUMP study.
J Hum Hypertens, --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [38]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadota A, Miura K, Okamura T, Fujiyoshi A, Ohkubo T, Kadowaki T, Takashima N, Hisamatsu T, Nakamura Y, Kasagi F, Maegawa H, Kashiwagi A, Ueshima H. : Carotid Intima-Media Thickness and Plaque in Apparently Healthy Japanese Individuals with an Estimated 10-Year Absolute Risk of CAD Death According to the Japan Atherosclerosis Society (JAS) Guidelines 2012: The Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA).
J Atheroscler Thromb, 20 (10) : 755-766, 2013 PubMed Abstract
文献 [39]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sakurai M, Saitoh S, Miura K, Nakagawa H, Ohnishi H, Akasaka H, Kadota A, Kita Y, Hayakawa T, Ohkubo T, Okayama A, Okamura T, Ueshima H; NIPPON DATA90 Research Group. : HbA1c and the Risks for All-Cause and Cardiovascular Mortality in the General Japanese Population: NIPPON DATA90.
Diabetes Care, 36 (11) : 3759-3765, 2013 PubMed Abstract
文献 [40]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kim HC, Oh SM, Pan WH, Ueshima H, Gu D, Chuang SY, Fujiyoshi A, Li Y, Zhao L, Suh I; East Asian Network for Stroke Prevention Study group. : Association between alanine aminotransferase and intracerebral hemorrhage in East Asian populations.
Neuroepidemiology, 41 (2) : 131-138, 2013 PubMed Abstract
文献 [41]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Inohara T, Kohsaka S, Okamura T, Watanabe M, Nakamura Y, Higashiyama A, Kadota A, Okuda N, Murakami Y, Ohkubo T, Miura K, Okayama A, Ueshima H; for the NIPPON DATA 80/90 Research Group : Cumulative impact of axial, structural, and repolarization ECG findings on long-term cardiovascular mortality among healthy individuals in Japan: National Integrated Project for Prospective Observation of Non-Communicable Disease and its Trends in the Aged, 1980 and 1990.
Eur J Prev Cardiol, --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [42]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Berger MA, Shin C, Storti KL, Curb JD, Kriska AM, Arena VC, Choo J, Ueshima H, Okamura T, Miura K, Seto TB, Masaki K, El-Saed A, Sekikawa A. : Correlation of a Self-Report and Direct Measure of Physical Activity Level in the Electron-Beam Tomography and Risk Assessment Among Japanese and US Men in the Post World War II Birth Cohort (ERA JUMP) Study.
J Epidemiol, 23 (6) : 411-417, 2013 PubMed Abstract
文献 [43]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hyun KK, Huxley RR, Arima H, Woo J, Lam TH, Ueshima H, Fang X, Peters SA, Jee SH, Giles GG, Barzi F, Woodward M : A comparative analysis of risk factors and stroke risk for Asian and non-Asian men: The Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
Int J Stroke, 8 (8) : 606-6011, 2013 PubMed Abstract
文献 [44]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Inohara T, Kohsaka S, Okamura T, Watanabe M, Nakamura Y, Higashiyama A, Kadota A, Okuda N, Ohkubo T, Miura K, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA 80/90 Research Group. : Long-Term Outcome of Healthy Participants with Atrial Premature Complex: A 15-Year Follow-Up of the NIPPON DATA 90 Cohort.
PLoS One, --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [45]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Chan Q, Stamler J, Brown IJ, Daviglus ML, Van Horn L, Dyer AR, Oude Griep LM, Miura K, Ueshima H, Zhao L, Nicholson JK, Holmes E, Elliott P. : Relations of raw and cooked vegetable consumption to blood pressure: the INTERMAP Study.
J Hum Hypertens, --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [46]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Akira Fujiyoshi, Akira Sekikawa, Chol Shin, Kamal Masaki, J. David Curb, Takayoshi Ohkubo, Katsuyuki Miura, Takashi Kadowaki, Sayaka Kadowaki, Aya Kadota, Daniel Edmundowicz, Amber Shah, RhobertW. Evans, Marianne Bertolet, Jina Choo, Bradley J.Willcox, Tomonori Okamura, Hiroshi Maegawa, Kiyoshi Murata, Lewis H. Kuller, and Hirotsugu Ueshima,for the ERA JUMP (Electron-Beam Tomography, Risk Factor Assessment Among Japanese and U.S. Men in the Post-WorldWar II Birth Cohort) Study Group : A cross-sectional association of obesity with coronary calcium among Japanese, Koreans, Japanese Americans, and USWhites.
European Heart Journal - Cardiovascular Imaging , 14 (9) : 921-927, 2013 PubMed Abstract
文献 [47]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Abhishek Vishnu, Jina Choo, Kamal Masaki, Rachel Mackey, Emma Barinas-Mitchell, Chol Shin, Bradley Willcox, Aiman El-Saed, Todd Seto, Akira Fujiyoshi, Katsuyuki Miura, Sunghee Lee, Kim Sutton-Tyrrell, Lewis Kuller, Hirotsugu Ueshima, and Akira Sekikawa : Particle Numbers of Lipoprotein Subclasses and Arterial Stiffness among Middle-aged men from the ERA JUMP study
J Hum Hypertens, --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [48]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Okamura T, Inohara T, Kohsaka S, Watanabe M, Higashiyama A, Kadota A, Okuda N, Ohkubo T, Nagasawa SY, Miura K, Okayama A, Ueshima H; for the NIPPON DATA 80 Research Group. : Prognostic values of bundle branch blocks for cardiovascular mortality in Japanese (24year follow-up of NIPPON DATA80).
J Electrocardiol, 46 : 360-365, 2013 PubMed Abstract
文献 [49]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Okayama A, Miura K, Ueshima H. : Wake-Up Stroke: Incidence, Risk Factors and Outcome of Acute Stroke during Sleep in a Japanese Population. Takashima Stroke Registry 1988-2003.
Eur Neurol, 69 (6) : 354-359, 2013 PubMed Abstract
文献 [50]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Koichiro Azuma, J. David Curb, Takashi Kadowaki, Daniel Edmundowicz, Sayaka Kadowaki, Kamal H. Masaki, Aiman El-Saed, Yoshihiko Nishio, Todd B. Setog, Tomonori Okamura, Cemal Cetinel, Aya Kadota, Kim Sutton-Tyrrell, Katsuyuki Miura, Rhobert W. Evans, Tomoko Takamiya, Hiroshi Maegawa, Iva Miljkovi , Lewis H. Kuller, Hirotsugu Ueshima, David E. Kelley, Akira Sekikawa : Ethnic difference in liver fat content: A crosssectional observation among Japanese American in Hawaii, Japanese in Japan, and non-Hispanic whites in United States
Obesity Research & Clinical Practice, 7 (3) : e198-e205, 2013 PubMed Abstract
文献 [51]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nagasawa SY, Okamura T, Iso H, Tamakoshi A, Yamada M, Watanabe M, Murakami Y, Miura K, Ueshima H; Evidence for Cardiovascular Prevention from Observational Cohorts in Japan (EPOCH-JAPAN) Research Group. : Relation between serum total cholesterol level and cardiovascular disease stratified by sex and age group: a pooled analysis of 65 594 individuals from 10 cohort studies in Japan.
J Am Hert Assoc, --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [52]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Miura K, Stamler J, Brown IJ, Ueshima H, Nakagawa H, Sakurai M, Chan Q, Appel LJ, Okayama A, Okuda N, Curb JD, Rodriguez BL, Robertson C, Zhao L, Elliott P; for the INTERMAP Research Group. : Relationship of dietary monounsaturated fatty acids to blood pressure: the international study of macro/micronutrients and blood pressure.
J Hypertens., 31 (6) : 1144-1150, 2013 PubMed Abstract
文献 [53]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Linda M Oude Griep, Jeremiah Stamler, Queenie Chan, Linda Van Horn, Lyn M Steffen, Katsuyuki Miura,Hirotsugu Ueshima, Nagako Okuda, Liancheng Zhao, Martha L Daviglus,and Paul Elliott for the INTERMAP Research Group : Association of raw fruit and fruit juice consumption with blood pressure: the INTERMAP Study.
Am J Clin Nutr, 97 (5) : 1083-1091, 2013 PubMed Abstract
文献 [54]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kondo I, Ojima T, Nakamura M, Hayasaka S, Hozawa A, Saitoh S, Ohnishi H, Akasaka H, Hayakawa T, Murakami Y, Okuda N, Miura K, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Consumption of dairy products and death from cardiovascular disease in the Japanese general population: the NIPPON DATA80.
J Epidemiol, 23 (1) : 47-54, 2013 PubMed Abstract
文献 [55]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hisamatsu T, Ohkubo T, Miura K, Horie M, Ueshima H; for the NIPPON DATA90 Research Group. : Is More Aggressive Prevention of Coronary Artery Disease Required for Patients With Early Repolarization Syndrome?
Circ J., 77 (6) : 1643-1643, 2013 PubMed Abstract
文献 [56]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Murakami Y, Okamura T, Nakamura K, Miura K, Ueshima H. : The clustering of cardiovascular disease risk factors and their impacts on annual medical expenditure in Japan: community-based cost analysis using Gamma regression models.
BMJ Open, 3 (3) --in press, 2013 PubMed Abstract
文献 [57]: 学会抄録 記載言語:日本語
鳥居 さゆ希, 藤吉 朗, 門田 文, 高嶋 直敬, 門脇 紗也佳, 久松 隆史, 齋藤 祥乃, 宮川 尚子, Maryam Zaid, 大久保 孝義, 三浦 克之, 上島 弘嗣, SESSA研究グループ : 日本人一般男性集団における脈派伝播速度と頸動脈内膜中膜肥厚および頸動脈プラークとの関連:Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis(SESSA)
日本動脈硬化学会抄録集 Journal of Atherosclerosis and Thrombosis , , 2013
文献 [58]: 学会抄録 記載言語:日本語
藤吉 朗, 三浦,克之, 門脇 紗也佳, 門田 文, 大久保 孝義, 宮川 尚子, 久松 隆史, 齋藤 祥乃, 鳥居 さゆ希, 宮澤 伊都子, 三ッ浪 健一, 前川 聡, 村田 喜代史, 上島 弘嗣 : 地域住民男性における生涯喫煙量と内臓脂肪との関連:SESSA研究
肥満研究(第34回日本肥満学会 東京), 19 (Suppl) : 196-196, 2013
文献 [59]: 総説 記載言語:日本語
奥田 奈賀子, 上島 弘嗣 : 海外における食塩摂取量の推移と現状-24時間尿を用いた推定食塩摂取量より-
カレントテラピー, 31 (10) : 14-19, 2013
文献 [60]: 総説 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : Ⅰ疫学、遺伝 日本人の血圧と循環器疾患
日本医師会雑誌  生涯教育シリーズ84 高血圧診療のすべて, 142 (特別号) : s36-s39, 2013
文献 [61]: 総説 記載言語:日本語
藤吉 朗, 三浦 克之,上島 弘嗣 : Ⅰ総論 我が国における動脈硬化性疾患の疫学
日本臨床   (脂質異常症 -基礎・臨床研究の最新知見-), 71 (3) : 17-20, 2013
文献 [62]: 総説 記載言語:日本語
三浦 克之 ,岡山 明, 岡村 智教, 上島 弘嗣 : 日本から発信する血管病のEBM 第26回 NIPPON DATA80/90/2010
Vascular Medicine, 9 (1) : 70-74, 2013
文献 [63]: 総説 記載言語:日本語
三浦 克之, 上島 弘嗣 : 特集 動脈硬化症:診断と治療の進歩 Ⅰ疫学 2.NIPPON DATAから
日本内科学会雑誌, 102 (2) : 282-288, 2013
文献 [64]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
El Khoudary SR, Barinas-Mitchell E, White J, Sutton-Tyrrell K, Kuller LH, Curb JD, Shin C, Ueshima H, Masaki K, Evans RW, Miura K, Edmundowicz D, Sekikawa A; ERA JUMP Study Group. : Adiponectin, systolic blood pressure, and alcohol consumption are associated with more aortic stiffness progression among apparently healthy men.
Atherosclerosis. , 225 (2) : 475-480, 2012 PubMed Abstract
文献 [65]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hirooka N, Kadowaki T, Sekikawa A, Ueshima H, Choo J, Miura K, Okamura T, Fujiyoshi A, Kadowaki S, Kadota A, Nakamura Y, Maegawa H, Kashiwagi A, Masaki K, Sutton-Tyrrell K, Kuller LH, Curb JD, Shin C. : Influence of cigarette smoking on coronary artery and aortic calcium among random samples from populations of middle-aged Japanese and Korean men.
J Epidemiol Community Health. , 67 (2) : 119-124, 2012
文献 [66]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Steingrimsdottir L, Ueshima H, Shin C, Curb JD, Evans RW, Hauksdottir AM, Kadota A, Choo J, Masaki K, Thorsson B, Launer LJ, Garcia ME, Maegawa H, Willcox BJ, Eiriksdottir G, Fujiyoshi A, Miura K, Harris TB, Kuller LH, Gudnason V. : Serum levels of marine-derived n-3 fatty acids in Icelanders, Japanese, Koreans, and Americans--a descriptive epidemiologic study.
Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids. , 87 (1) : 11-16, 2012
文献 [67]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tanvir Chowdhury Turin, Yoshitaka Murakami, Katsuyuki Miura, Nahid Rumana, Aya Kadota, Takayoshi Ohkubo, Tomonori Okamura, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima, for the NIPPON DATA80 Research Group : Diabetes and life expectancy among Japanese – NIPPON DATA80
Diabetes Research and Clinical Practice, --in press, 2012
文献 [68]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yasuyuki Nakamura, Hirotsugu Ueshima, Nagako Okuda, Yoshitaka Murakami, Katsuyuki Miura, Yoshikuni Kita, Tomonori Okamura, Akira Okayama, Tanvir C Turin, Sohel R Choudhry, Beatriz Rodriguez, J David Curb, Jeremiah Stamler, for the INTERLIPID Research Group : Serum leptin and total dietary energy intake: The INTERLIPID Study.
Eur J Nutr, 52 (6) : 1641-1648, 2012 PubMed Abstract
文献 [69]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yasuyuki Nakamura, Yutaka Kiyohara, Nagako Okuda, Tomonori Okamura, Aya Higashiyama, Makoto Watanabe, Aya Kadota, Shin-ya Nagasawa, Naoko Miyagawa, Takayoshi Ohkubo, Yoshikuni Kita, Katsuyuki Miura, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima, for the NIPPON DATA Research Group : Fatty acid intakes and coronary heart disease mortality in Japan: NIPPON DATA90, 1990-2005 Running title: Fatty acid intakes and coronary heart disease mortality
Natural Products Journal, -- in press, 2012
文献 [70]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Taguri M, Matsuyama Y, Ohashi Y, Harada A, Ueshima H. : Doubly robust estimation of the generalized impact fraction.
Biostatistics, 13 (3) : 455-467, 2012 PubMed Abstract
文献 [71]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tsukinoki R, Murakami Y, Huxley R, Ohkubo T, Fang X, Suh I, Ueshima H, Lam TH, Woodward M; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Does body mass index impact on the relationship between systolic blood pressure and cardiovascular disease?: meta-analysis of 419 488 individuals from the Asia pacific cohort studies collaboration.
Stroke, 43 (6) : 1478-1483, 2012 PubMed Abstract
文献 [72]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Arima H, Murakami Y, Lam TH, Kim HC, Ueshima H, Woo J, Suh I, Fang X, Woodward M; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Effects of prehypertension and hypertension subtype on cardiovascular disease in the Asia-Pacific Region.
Hypertension, 59 (6) : 1118-1123, 2012 PubMed Abstract
文献 [73]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tzoulaki I, Patel CJ, Okamura T, Chan Q, Brown IJ, Miura K, Ueshima H, Zhao L, Van Horn L, Daviglus ML, Stamler J, Butte AJ, Ioannidis JP, Elliott P. : A Nutrient-Wide Association Study on Blood Pressure.
Circulation, 126 (21) : 2456-2564, 2012 PubMed Abstract
文献 [75]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Shay CM, Van Horn L, Stamler J, Dyer AR, Brown IJ, Chan Q, Miura K, Zhao L, Okuda N, Daviglus ML, Elliott P; INTERMAP Research Group. : Ambient air pollutants and acute case-fatality of cerebro-cardiovascular events: Takashima Stroke and AMI Registry, Japan (1988-2004).
Am J Clin Nutr, 96 (3) : 483-491, 2012 PubMed Abstract
文献 [76]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Takashima N, Ohkubo T, Miura K, Okamura T, Murakami Y, Fujiyoshi A, Nagasawa SY, Kadota A, Kita Y, Miyagawa N, Hisamatsu T, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H; for the NIPPON DATA80 Research Group. : Long-term risk of BP values above normal for cardiovascular mortality: a 24-year observation of Japanese aged 30 to 92 years.
J Hypertens, 30 (12) : 2299-2306, 2012 PubMed Abstract
文献 [77]: 学会抄録 記載言語:英語
T Hisamatsu, K Miura, T Ohkubo, N Okuda, Y Murakami, N Miyagawa, M Horie, T Okamura, A Okayama, H Ueshima : Effect modification of dietary n-3 fatty acids on cardiovascular mortality risk by resting heart rate general population:NIPPON DATA80
ESC2012, --, 2012 PubMed Abstract
文献 [78]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Shay CM, Van Horn L, Stamler J, Dyer AR, Brown IJ, Chan Q, Miura K, Zhao L, Okuda N, Daviglus ML, Elliott P; for the INTERMAP Research Group. : Food and nutrient intakes and their associations with lower BMI in middle-aged US adults: the International Study of Macro-/Micronutrients and Blood Pressure (INTERMAP).
Am J Clin Nutr., 96 (3) : 483-491, 2012 PubMed Abstract
文献 [79]: 学会抄録 記載言語:英語
Hirotsugu Ueshima, Takashi Kadowaki, Katsuyuki Miura et.al. for the SESSA Research Group : Lipoprotein-associated Phospholipase A2 Related to the Risk of Subclinical Carotid Atherosclerosis in a General Male Japanese Population.
ISA2012(シドニー), , 2012
文献 [80]: 学会抄録 記載言語:英語
Akira Fujiyoshi, Katsuyuki Miura, Takashi Kadowaki, Sayaka Kadowaki, Hirotsugu Ueshima, for the SESSA Research Group : Coronary artery calcification is not uncommon among apparently healthy Japanese men and women: results from the Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis (SESSA)
ISA2012(シドニー), , 2012
文献 [81]: 学会抄録 記載言語:英語
Y. Kobayashi, N. Hirawa, Y. Tabara, M. Fujita, N. Miyazaki, A. Fujiwara, Y. Yamamoto, N. Ichihara, S. Sake, H. Wakui, S. Yoshida, K. Yatsu, Y. Toda, G. Yasuda, K. Kohara, Y. Kita, H. Ueshima, T. Miki, S. Uemura : Delection of hypertension candidate gene ATP2B1 in vascular smooth muscle cells produces increased vascular contractile response and blood pressure elevation in mice.
ICC2012( ロンドン), , 2012
文献 [82]: 学会抄録 記載言語:英語
T. Iwahori, H. Ueshima, N. Miyagawa, N. Ohgami, H. Yamashita, T. Ohkubo, T. Shiga, K. Miura : Five random samples of casual urine are sufficient to estimate daily sodium/potassium ratio based on 7-days 24-hour urine collection.
ICC20128(ロンドン), , 2012
文献 [83]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tanvir Chowdhury Turin , Yoshikuni Kita, Nahid Rumana, Yasuyuki Nakamura, Kayo Ueda, Naoyuki Takashima, Hideki Sugihara, Yutaka Morita, Masaharu Ichikawa, Kunihiko Hirose, Hiroshi Nitta, Akira Okayama, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima. : Ambient Air Pollutants and Acute Case-Fatality of Cerebro-Cardiovascular Events: Takashima Stroke and AMI Registry, Japan (1988–2004)
Cerebrovasc Dis, 34 (2) : 130-139, 2012 PubMed Abstract
文献 [84]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nobutaka Hirooka, Takashi Kadowaki, Chol Shin, For the ERA JUMP Cooperative Research Group : Influence of cigarette smoking on coronary and aortic calcification among population-based middle-aged Japanese and Korean men.
Journal of Epidemiology and Community Health, -- in press, 2012 PubMed Abstract
文献 [85]: 学会抄録 記載言語:英語
Takashi Hisamatsu, Katsuyuki Miura, Takayoshi Ohkubo, Naoko Miyagawa, Akira Fujiyoshi, Naoyuki Takashima, Aya Kadota, Nagako Okuda, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima. : Interaction of Dietary n-3 Fatty Acids on Cardiac Risk by J-point elevation in japanese Men: NIPPON DATA.
AHA EPI | NPAM 2012(サンディエゴ), , 2012
文献 [86]: 学会抄録 記載言語:英語
Yoshitaka Murakami, Tomonori Okamura, Koshi Nakamura, Katuyuki Miura, Hirostugu : Age,Sex, and BMI-specific increase in medical expenditure due to the clustering of established atherosclerotic risk factors: a community-based cost analysisamong 28,890 Japanese.
ISA2012(シドニー), , 2012
文献 [87]: 学会抄録 記載言語:英語
Linda M. Oude Griep, Jeremiah Stamler, Queenie Chan, Linda van Horn, Lyn M. Steffen, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Liancheng Zhao, Martha L. Daviglus, Paul Elliott : Fruit (raw, total), fruit juice intake and blood pressure: The INTERMAP Study.
ISH2012(シドニ-), , 2012
文献 [88]: 学会抄録 記載言語:英語
Queenie Chan, Jeremiah Stamler, Linda M. Oude Griep, Martha L. Daviglus, Linda van Horn, Nagako Okuda, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Liancheng Zhao, Paul Elliott : Relation of raw and cooked vegetable consumption to blood pressure: The INTERMAP Study.
ISH2012(シドニ-), , 2012
文献 [89]: 学会抄録 記載言語:英語
Paul Elliott, Anisha Wijeyesekera, Queenie Chan, Ian Brown, Jeremiah Stamler, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Liancheng Zhao, Linda van Horn, Martha Daviglus Elaine Holmes, Jeremy Nicholson : Inverse associations of gut microbial derived co-metabolites with blood pressure: the INTERMAP study.
ISH2012(シドニ-), , 2012
文献 [90]: 学会抄録 記載言語:英語
Chie Miyabashira, Katsuyuki Miura, Akiyoshi Fujisaki, Naoki Tsuchiya, Hiroshi Nakajima, Toshikazu Shiga, Hirotsugu Ueshima : Proposal of new system to support lifestyle modification for hypertensive patients and its prospects.
ISA2012(シドニー), , 2012
文献 [91]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Fujiyoshi A, Ohkubo T, Miura K, Murakami Y, Nagasawa SY, Okamura T, Ueshima H. : Blood pressure categories and long-term risk of cardiovascular disease according to age group in Japanese men and women.
Hypertens Res, 35 (9) : 947-953, 2012 PubMed Abstract
文献 [92]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Murakami Y, Miura K, Rumana N, Kita Y, Hayakawa T, Okamura T, Okayama A, Ueshima H; of the NIPPON DATA80/90 Research Group. : Hypertension and life expectancy among Japanese: NIPPON DATA80.
Hypertens Res, 35 (9) : 954-958, 2012 PubMed Abstract
文献 [93]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Okamura T, Higashiyama A, Watanabe M, Kadota A, Ohkubo T, Miura K, Kasagi F, Kodama K, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Prognostic values of clockwise and counterclockwise rotation for cardiovascular mortality in Japanese subjects: a 24-year follow-up of the National Integrated Project for Prospective Observation of Noncommunicable Disease and Its Trends in the Aged, 1980-2004 (NIPPON DATA80).
Circulation, 125 (10) : 1226-1233, 2012 PubMed Abstract
文献 [94]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Nakagawa H, Sakurai M, Murakami Y, Irie F, Fujiyoshi A, Okamura T, Miura K, Ueshima H; EPOCH-JAPAN Research Group. : Influence of smoking combined with another risk factor on the risk of mortality from coronary heart disease and stroke: pooled analysis of 10 Japanese cohort studies.
Cerebrovasc Dis, 33 (5) : 480-491, 2012 PubMed Abstract
文献 [95]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Shin C, Curb JD, Barinas-Mitchell E, Masaki K, El-Saed A, Seto TB, Mackey RH, Choo J, Fujiyoshi A, Miura K, Edmundowicz D, Kuller LH, Ueshima H, Sutton-Tyrrell K. : Aortic stiffness and calcification in men in a population-based international study.
Atherosclerosis, 222 (2) : 473-477, 2012 PubMed Abstract
文献 [96]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Steingrimsdottir L, Ueshima H, Shin C, David Curb J, Evans RW, Hauksdottir AM, Kadota A, Choo J, Masaki K, Thorsson B, Launer LJ, Garcia ME, Maegawa H, Willcox BJ, Eiriksdottir G, Fujiyoshi A, Miura K, Harris TB, Kuller LH, Gudnason V : Serum levels of marine-derived n-3 fatty acids in Icelanders, Japanese, Koreans, and Americans-A descriptive epidemiologic study.
Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids, 87 (1) : 11-16, 2012 PubMed Abstract
文献 [97]: 学会抄録 記載言語:英語
Aya Kadota, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima et. Al. for the SESSA Research Group : Subclinical Atherosclerosis of Carotid Arteries among Apparently Healthy Japanese Men and Women: The Shiga Epidemiological Study of Subclinical Atherosclerosis.
XVI International Symposium on Atherosclerosis (シドニー), --, 2012 PubMed Abstract
文献 [98]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
El-Saed A, Curb JD, Kadowaki T, Okamura T, Sutton-Tyrrell K, Masaki K, Seto TB, Takamiya T, Choo J, Edmundowicz D, Evans RW, Fujiyoshi A, Nakamura Y, Miura K, Shin C, Kuller LH, Ueshima H, Sekikawa A. : The prevalence of aortic calcification in Japanese compared to white and Japanese-American middle-aged men is confounded by the amount of cigarette smoking.
Int J Cardiol, -- in press, 2012 PubMed Abstract
文献 [99]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Curb JD, Edmundowicz D, Okamura T, Choo J, Fujiyoshi A, Masaki K, Miura K, Kuller LH, Shin C, Ueshima H. : Coronary artery calcification by computed tomography in epidemiologic research and cardiovascular disease prevention
J Epidemiol, 22 (3) : 188-198, 2012 PubMed Abstract
文献 [100]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueda K, Nagasawa SY, Nitta H, Miura K, Ueshima H. : Exposure to Particulate Matter and Long-term Risk of Cardiovascular Mortality in Japan: NIPPON DATA80.
J Atheroscler Thromb, 19 (3) : 246-254, 2012 PubMed Abstract
文献 [101]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Ueda K, Takashima N, Sugihara H, Morita Y, Ichikawa M, Hirose K, Nitta H, Okayama A, Miura K, Ueshima H. : Short-term exposure to air pollution and incidence of stroke and acute myocardial infarction in a Japanese population.
Neuroepidemiology, 38 (2) : 84-92, 2012 PubMed Abstract
文献 [102]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hassen LJ, Ueshima H, Curb JD, Choo J, Lee S, Masaki K, Kadowaki T, Shin C, Evans RW, Seto TB, Fujiyoshi A, Wilcox BJ, Sutton-Tyrrell K, Kadota A, El-Saed A, Miura K, Kuller LH, Sekikawa A. : Significant inverse association of marine n-3 fatty acids with plasma fibrinogen levels in Japanese in Japan but not in whites or Japanese Americans.
Eur J Clin Nutr., 66 (3) : 329-335, 2012 PubMed Abstract
文献 [103]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Murakami Y, Miura K, Rumana N, Kadota A, Ohkubo T, Okamura T, Okayama A, Ueshima H; for the NIPPON DATA80 Research Group. : Diabetes and life expectancy among Japanese - NIPPON DATA80.
Diabetes Res Clin Pract, 96 (2) : e18-e22, 2012 PubMed Abstract
文献 [104]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yasuyuki Nakamura, Tomonori Okamura, Aya Higashiyama,Makoto Watanabe, Aya Kadota, Takayoshi Ohkubo, Katsuyuki Miura, Fumiyoshi Kasagi, Kazunori Kodama, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima, for the NIPPON DATA 80 Research Group : Prognostic Values of Clockwise and Counter-Clockwise Rotation for Cardiovascular Mortality in Japanese (24 Year Follow-up of NIPPON DATA80)
CIRCULATION, 125 (10) : 1226-1233, 2012 PubMed Abstract
文献 [107]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
El-Saed A, Curb JD, Kadowaki T, Okamura T, Sutton-Tyrrell K, Masaki K, Seto TB, Takamiya T, Choo J, Edmundowicz D, Evans RW, Fujiyoshi A, Nakamura Y, Miura K, Shin C, Kuller LH, Ueshima H, Sekikawa A. : The prevalence of aortic calcification in Japanese compared to white and Japanese-American middle-aged men is confounded by the amount of cigarette smoking.
Int J Cardiol, -Jan10, 2012 PubMed Abstract
文献 [108]: 学会抄録 記載言語:日本語
久松 隆史,三浦 克之,大久保 孝義,宮川 尚子,藤吉 朗,高嶋 直敬,門田 文,奥田 奈賀子,村上 義孝,堀江 稔,岡村 智教,岡山 明,上島 弘嗣 : 日本人一般男性における心疾患死亡リスクに対する早期再分極とn-3不飽和脂肪酸摂取量との交互作用の検討:NIPPON DATA80
J Cardiol Jpn Ed(第60回日本心臓病学会抄録), : 285-285, 2012
文献 [109]: 学会抄録 記載言語:日本語
高嶋 直敬, 喜多 義邦, 三浦 克之, 上島 弘嗣, 高島研究グループ : 一般地域住民におけるbaPWVと循環器失陥発症リスク-高島研究-
第35回日本高血圧学会総会 抄録集(名古屋), (-) : 400-400, 2012
文献 [110]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
岡村 智教, 中村 幸志, 早川 岳人, 神田 秀幸, 三浦 克之, 岡山 明, 上島 弘嗣 : 生活習慣病の予防と医療費:10年間の調査による健診所見と医旅費の関連:滋賀国保個ホーと研究の知見から
日本衛生学雑誌, 67 (1) : 38-43, 2012 PubMed Abstract
文献 [111]: 学会抄録 記載言語:日本語
村上義孝, Tanvir Chowdhury Turin, Nahod Rumana, 高嶋 直敬, 門田 文, 大久保 孝義, 早川 岳人, 喜多 義邦, 岡村 智教, 三浦 克之, 岡山 明, 上島 弘嗣, NIPPON DATA80研究グループ : NIPPON DATA80を用いた危険因子別平均余命 -高血圧・糖尿病-
J Epidemiol, 22 (Suppl 1) : 123-123, 2012
文献 [112]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山 明, 奥田 奈賀子, 上島 弘嗣, 三浦 克之, 早川 岳人, 岡村 智教 : 食塩およびカリウム摂取と脳卒中・循環器疾患死亡との関連:NIPPON DATA80
J Epidemiol, 22 (Supple 1) : 95-95, 2012
文献 [113]: 学会抄録 記載言語:日本語
三浦 克之, 宮川 尚子, 門田 文, 大久保 孝義, 村上 義孝, 高嶋 直敬, 奥田 奈賀子, 中村 好一, 岡村 智教, 上島 弘嗣, 岡山 明 : 国民代表集団における随時尿中ナトリウム/カリウム比の地域別比較:NIPPON DATA2010
J Epidemiol, 22 (supppl 1) : 72-72, 2012
文献 [114]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : The Japanese paradox explaoned.
European Society of Cardiology(ESC2011 パリ), --, 2011 PubMed Abstract
文献 [115]: 学会抄録 記載言語:英語
Takashima N, Miura K, Ohkubo T, Okamura T, Turin TC, Murakami Y, Okuda N, Fujiyoshi A ,Kadowaki T, Nagasawa S, Kadota A, Kita Y, Okayama A, Ueshima H; of the NIPPON DATA80 Research Group. : Blood pressure categories and long-term mortality risk of total and components of cardiovascular disease among Japanese: a 24-year follow-up of representative Japanese(NIPPON DATA80)
IEA2011(エジンバラ), --, 2011 PubMed Abstract
文献 [116]: 学会抄録 記載言語:英語
Y. Nakamura, Y. Kiyohara, T. Okamura, A. Higashiyama, M. Watanabe, A. Kadota, S. Nagasawa, K. Miura, H. Ueshima : Saturated fatty acids intake, polyunsaturated fatty acid intake and coronary heart disease mortality in Japan: NIPPON DATA90 1990-2005
European Society of Cardiology(ESC2011 パリ), --, 2011 PubMed Abstract
文献 [117]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Murakami Y, Huxley RR, Lam TH, Tsukinoki R, Fang X, Kim HC, Woodward M; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Diabetes, body mass index and the excess risk of coronary heart disease, ischemic and hemorrhagic stroke in the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
Prev Med, 54 (1) : 38-41, 2011 PubMed Abstract
文献 [118]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Suwazono Y, Nogawa K, Uetani M, Miura K, Sakata K, Okayama A, Ueshima H, Stamler J, Nakagawa H. : Application of hybrid approach for estimating the benchmark dose of urinary cadmium for adverse renal effects in the general population of Japan.
J Appl Toxicol, 31 (1) : 89-93, 2011 PubMed Abstract
文献 [119]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sayuri Katano, Yasuyuki Nakamura, Aki Nakamura, Yoshitaka Murakami, Taichiro Tanaka, Toru Takebayashi, Akira Okayama, Katsuyuki Miura, Tomonori Okamura, Hirotsugu Ueshima, for HIPOP-OHP Research Group : Association of short sleep duration with impaired glucose tolerance or diabetes mellitus
Journal of Diabetes Investigation, 2 (5) : 366-372, 2011
文献 [120]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Miura K, Kita Y, Okamura T, Turin TC, Okayama A, Rodriguez B, Curb JD, Stamler J; for the INTERLIPID Research Group. : Relation of dietary and lifestyle traits to difference in serum leptin of Japanese in Japan and Hawaii: The INTERLIPID study.
Nutr Metab Cardiovasc Dis, 22 : 14-22 2012, 2011 PubMed Abstract
文献 [121]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Abbott RD, Kadota A, Miura K, Hayakawa T, Kadowaki T, Okamura T, Okayama A, Masaki KH, Ueshima H. : Impairments in activities of daily living in older Japanese men in hawaii and Japan.
J Aging Res, -in press, 2011 PubMed Abstract
文献 [122]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Kadowaki T, El-Saed A, Okamura T, Sutton-Tyrrell K, Nakamura Y, Evans RW, Mitsunami K, Edmundowicz D, Nishio Y, Nakata K, Kadota A, Otake T, Miura K, Choo J, Abbott RD, Kuller LH, Curb JD, Ueshima H; ERA JUMP Study group. : Differential association of docosahexaenoic and eicosapentaenoic acids with carotid intima-media thickness.
Stroke, 42 (9) : 2538-2543, 2011 PubMed Abstract
文献 [125]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Katano S, Nakamura Y, Okuda N, Murakami Y, Chiba N, Yoshita K, Tanaka T, Tamaki J, Takebayashi T, Okayama A, Miura K, Okamura T, Ueshima H, Research Group HO. : Relationship between Dietary and Other Lifestyle Habits and Cardiometabolic Risk Factors in Men.
Diabetol Metab Syndr, 3 (1) : 30, 2011 PubMed Abstract
文献 [126]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Huxley RR, Barzi F, Lam TH, Czernichow S, Fang X, Welborn T, Shaw J, Ueshima H, Zimmet P, Jee SH, Patel JV, Caterson I, Perkovic V, Woodward M; for the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration and the Obesity in Asia Collaboration. : Isolated Low Levels of High-Density Lipoprotein Cholesterol Are Associated With an Increased Risk of Coronary Heart Disease: An Individual Participant Data Meta-Analysis of 23 Studies in the Asia-Pacific Region.
Circulation. , 124 (19) : 2056-2064, 2011
文献 [127]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Katano S, Nakamura Y, Nakamura A, Murakami Y, Tanaka T, Takebayashi T, Okayama A, Miura K, Okamura T, Ueshima H; HIPOP-OHP Research Group. : Relationship between sleep duration and clustering of metabolic syndrome diagnostic components.
Diabetes Metab Syndr Obes, 4 : 119-125, 2011 PubMed Abstract
文献 [129]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Rumana N, Turin TC, Miura K, Nakamura Y, Kita Y, Hayakawa T, Choudhury SR, Kadota A, Nagasawa SY, Fujioshi A, Takashima N, Okamura T, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Prognostic Value of ST-T Abnormalities and Left High R Waves With Cardiovascular Mortality in Japanese (24-Year Follow-Up of NIPPON DATA80).
Am J Cardiol, 107 (12) : 1718-1724, 2011 PubMed Abstract
文献 [130]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Wakai K, Hamajima N, Okada R, Kita Y, Turin TC, Rumana N, Matsui K, Miura K, Ueshima H, Takashima N, Nakamura Y, et al J-MICC Study Group. : Profile of participants and genotype distributions of 108 polymorphisms in a cross-sectional study of associations of genotypes with lifestyle and clinical factors: a project in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study.
J Epidemiol, 21 (3) : 223-235, 2011 PubMed Abstract
文献 [131]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Fujiyoshi A, Kadowaki T, Kadowaki S, Sekikawa A, Ohkubo T, Miura K, Edmundowicz D, Budoff MJ, Murata K, Liu K, Ueshima H. : Comparability in coronary artery calcium scores on CT scan between two community-based cohort studies.
Int J Cardiol, 149 (2) : 244-245, 2011 PubMed Abstract
文献 [132]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Curb JD, Ueshima H, Rodriguez BL, He Q, Koropatnick TA, Nakagawa H, Sakata K, Saitoh S, Okayama A; INTERLIPID study group. : Differences in lipoprotein particle subclass distribution for Japanese Americans in Hawaii and Japanese in Japan: the INTERLIPID study.
J Clin Lipidol, 5 (1) : 30-36, 2011 PubMed Abstract
文献 [133]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadota A, Miura K, Okamura T, Hozawa A, Murakami Y, Fujiyoshi A, Takashima N, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H; NIPPON DATA90 Research Group. : Relationship of moderate metabolic risk factor clustering to cardiovascular disease mortality in non-lean Japanese: a 15-year follow-up of NIPPON DATA90.
Atherosclerosis, 215 (1) : 209-213, 2011 PubMed Abstract
文献 [134]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Murakami Y, Miura K, Okamura T, Ueshima H; EPOCH-JAPAN Research Group. : Population attributable numbers and fractions of deaths due to smoking: a pooled analysis of 180,000 Japanese.
Prev Med, 52 (1) : 60-65, 2011 PubMed Abstract
文献 [135]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sakurai M, Stamler J, Miura K, Brown IJ, Nakagawa H, Elliott P, Ueshima H, Chan Q, Tzoulaki I, Dyer AR, Okayama A, Zhao L; INTERMAP Research Group. : Relationship of dietary cholesterol to blood pressure: the INTERMAP study.
J Hypertens, 29 (2) : 222-228, 2011 PubMed Abstract
文献 [136]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Takashima N, Sugihara H, Morita Y, Matsui K, Okayama A, Miura K, Ueshima H. : Time lag to hospitalisation and the associated determinants in patients with acute myocardial infarction: the Takashima AMI Registry, Japan.
Emerg Med J, 28 (3) : 239-241, 2011 PubMed Abstract
文献 [137]: 学会抄録 記載言語:英語
Yasuyuki Nakamura, Yutaka Kiyohara, Tomonori Okamura, Aya Higashiyama, Makoto Watanabe, Aya Kadota, Shinya Nagasawa, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, for the NIPPON DATA Research Group : Saturated Fatty Acids Intake and Coronary Heart Disease Mortality in Japan: NIPPON DATA90 1990-2005
AHA(atolanta), --, 2011
文献 [138]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nobutaka Hirooka, J. David Curb , Emma J. M. Barinas-Mitchell, Rhobert W. Evans,Lewis H. Kuller,Kamal Masaki, Hirotsugu Ueshima, Kutsuyuki Miura, Akira Fujiyoshi, Jina Choo, R.N., Chol Shin, Akira Sekikawa : The Association of Visceral Adipose Tissue, Subcutaneous Adipose Tissue, BMI, and Waist Circumference with Lipoprotein Profile in Middle-Aged Japanese American, African American, and Korean Men
AHA(atolanta), --, 2011
文献 [139]: 学会抄録 記載言語:英語
Queenie Chan, Anisha Wijeyesekera, Ian J Brown, Ivan K Yap, Jeremiah Stamler, Martha L Daviglus, Katsuyuki Miura, Liancheng Zhao, Jeremy Nicholson, Elaine Holmes, Paul Elliott, for the INTERMAP Cooperative Research Group : Do urinary amino acid differences play a role in the reported lower coronary heart disease risk of moderate drinkers than teetotalers? The INTERMAP Study
AHA(atolanta), --, 2011
文献 [140]: 学会抄録 記載言語:英語
Ian J. Brown, Khalil Shariff, Queenie Chan, Liancheng Zhao, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, Linda Van Horn, Martha L. Daviglus, Jeremiah Stamler, Paul Elliott, for the INTERMAP Research Group : B Vitamin Intakes and Blood Pressure: INTERMAP Study
AHA(atolanta), --, 2011
文献 [141]: 学会抄録 記載言語:英語
Junko TAMAKI, Yuriko KIKUCHI, Tomonori OKAMURA, Toru TAKEBATASHI, Katsushi YOSHITA,Nagako CHIBA, Taichiro TANAKA, Junko MINAI, Takayo TADA, Takashi KADOWAKI, Katsuyuki MIURA, Akira OKAYAMA, Hirotsugu UESHIMA, High-Risk and Population Strategy for Occupational Health Promotion research group. : Increased sodium intake enhances the risk for developing hypertension in normotensive men and women: The HIPOP-OHP Study
AHA(atolanta), (--) --, 2011
文献 [142]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Akira Fujiyoshi, Akira Sekikawa, J. David Curb, Chol Shin, Takayoshi Ohkubo, Katsuyuki Miura, Takashi Kadowaki, Sayaka Kadowaki, Daniel Edmundowicz, Amber Shah, Rhobert W. Evans ,Emma JM Barnes-Mitchell, Jina Choo, Kiyoshi Murata, Lewis H. Kuller, Hirotsugu Ueshima, for the ERA JUMP Study Group : A cross-sectional association of visceral adipose tissue with coronary artery calcification among White, Japanese-American, Japanese, and Korean (the ERA JUMP Study)
AHA(atolanta), --, 2011
文献 [143]: 学会抄録 記載言語:英語
Shin-ya Nagasawa , Katsuyuki Miura , Takashi Kadowaki , J David Curb , Akira Fujiyoshi , Takayoshi Ohkubo , Sayaka Kadowaki , Aya Kadota , Naoyuki Takashima, Akira Sekikawa, Hirotsugu Ueshima for the ERA-JUMP Research Group : Relationship of plasma asymmetrical dimethylarginine to 7-year incidence of coronary artery calcification in Japanese: the ERA-JUMP Study
AHA(atolanta), --, 2011
文献 [144]: 学会抄録 記載言語:日本語
門田 文, 日本動脈硬化縦断研究(JALS)グループ : 糖尿病および耐糖能障害による心血管発症リスクの検討日本動脈硬化縦断研究(JALS)0次統合研究
糖尿病, 54 (supple 1) : S-321-S-321, 2011
文献 [145]: 学会抄録 記載言語:日本語
平川 洋一郎, 土井 康文, 清原 裕, 齋藤 重幸, 中川 秀昭, 岡村 智教, 岡山 明, 玉越 暁子, 坂田 清美, 三浦 克之, 村上 義孝, 長澤 晋哉, 上島 弘嗣 : 糖尿病が心血管病死に与える影響:EPOCH JAPAN
糖尿病, 54 (supple 1) : S-298-S-298, 2011
文献 [146]: 学会抄録 記載言語:日本語
藤吉 朗, 門脇 崇, 門脇 紗也佳, 関川 暁, 大久保 孝義, 三浦 克之, Daniel Edmundowicz, Matthew J. Budoff, 村田 喜代史, Kiang Liu, 上島 弘嗣 : 日米地域住民対象コホートにおけるCTによる冠動脈石灰化スコアの比較可能性検討
日本循環器病予防学会誌, 46 (2) : 143-143, 2011
文献 [147]: 学会抄録 記載言語:日本語
高嶋 直敬, 宮川 尚子, 村上 義孝, 門田 文, 大久保 孝義, 早川 岳人, 奥田 奈賀子, 岡村 智教, 上島 弘嗣, 岡山 明, 三浦 克之, NIPPON DATA2010研究グループ : 循環器病の予防に関する調査(NIPPON DATA2010)(第二報)結果集計
日本公衛誌 (第70回日本公衆衛生学会総会抄録集), , 2011
文献 [148]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島 弘嗣, 藤吉 朗, 門脇 紗也佳, 門脇 崇, 宮川 尚子, 門田 文, 大久保 孝義, 三浦 克之, 岡村 智教, the SESSA Research Group : 中年期男性の"ビール腹"はビールのせいではない
日本アルコール・薬物医学会雑誌(第46回日本アルコール・薬物医学会総会抄録集), , 2011
文献 [149]: 学会抄録 記載言語:日本語
宮川 尚子, 門田 文, 清水 めぐみ, 山澤 幸子, 宇野 裕子, 大黒 清夏, 今堀 初美, 上島 弘嗣, 三浦 克之, 岡村 智教 : 特定健診受診勧奨ツールの開発と受診率向上へ効果
日本循環器病予防学会誌, , 2011
文献 [150]: 学会抄録 記載言語:日本語
李 媛英,磯 博康,崔 仁哲,長澤 晋哉,村上 義孝,三浦 克之,上島 弘嗣 : 血中γ-GTPと循環器疾患死亡との関連:EPOCH-JAPAN
J Epidemiol, 21 (1) : 243-243, 2011
文献 [151]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Kadowaki T, Curb JD, Evans RW, Maegawa H, Abbott RD, Sutton-Tyrrell K, Okamura T, Shin C, Edmundowicz D, Kadota A, Choo J, El-Saed A, Ueshima H, Kuller LH; ERA JUMP Study group : Circulating levels of 8 cytokines and marine n-3 fatty acids and indices of obesity in Japanese, white, and Japanese American middle-aged men.
J Interferon Cytokine Res, 30 (7) : 541-548, 2010 PubMed Abstract
文献 [152]: 学会抄録 記載言語:英語
Kaori Funahashi, Imako Kondo, Meiko Nakagawa, Toshiyuki Ojima, Katsushi Yoshita, Yoshizaki Nakmura, Nagako Okuda, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, for the NIPPON DATA80,90 Research Group : Intake of food group in Japan :NIPPON DATA 80,90
J Epidemiol, 20 (Suppl 1) : S234-S234, 2010
文献 [153]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Turin TC, Rumana N, Miura K, Kita Y, Takashima N, Fujiyoshi A, Hayakawa T, Okamura T, Ueshima H. for the NIPPON DATA Research Group. : Risk factors for heart failure and coronary heart disease mortality over 24-year follow-up period in Japan: NIPPON DATA80
CVD Prevention and Control, 5 : 97-103, 2010
文献 [154]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Fujiyoshi A, Miura K, Hozawa A, Murakami Y, Takashima N, Okuda N, Kadowaki T, Kita Y, Okamura T, Nakamura Y, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H. : γ-Glutamyltransferase and mortality risk from heart disease and stroke in Japanese men and women: NIPPON DATA90.
CVD Prevention and Control , 5 : 27-34, 2010
文献 [155]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Kadowaki T, Curb JD, Evans RW, Maegawa H, Abbott RD, Sutton-Tyrrell K, Okamura T, Shin C, Edmundowicz D, Kadota A, Choo J, El-Saed A, Ueshima H, Kuller LH; ERA JUMP Study group. : Circulating levels of 8 cytokines and marine n-3 fatty acids and indices of obesity in Japanese, white, and Japanese American middle-aged men.
J Interferon Cytokine Res. , 30 (7) : 541-548, 2010
文献 [156]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tabara Y, Kohara K, Kita Y, Hirawa N, Katsuya T, Ohkubo T, Hiura Y, Tajima A, Morisaki T, Miyata T, Nakayama T, Takashima N, Nakura J, Kawamoto R, Takahashi N, Hata A, Soma M, Imai Y, Kokubo Y, Okamura T, Tomoike H, Iwai N, Ogihara T, Inoue I, Tokunaga K, Johnson T, Caulfield M, Munroe P; Global Blood Pressure Genetics Consortium, Umemura S, Ueshima H, Miki T. : Common variants in the ATP2B1 gene are associated with susceptibility to hypertension: the Japanese Millennium Genome Project.
Hypertension., 56 (5) : 973-980, 2010 PubMed Abstract
文献 [157]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
門田 文,三浦 克之,上島 弘嗣 : NIPPON DATAにおける糖尿病と心血管病
日本臨床, 68 (5) : 847-851, 2010 PubMed Abstract
文献 [158]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Takashima N, Sugihara H, Morita Y, Matsui K, Okayama A, Miura K, Ueshima H. : Time lag to hospitalisation and the associated determinants in patients with acute myocardial infarction: the Takashima AMI Registry, Japan.
Emerg Med J, 28 (3) : 239-241, 2010 PubMed Abstract
文献 [159]: 学会抄録 記載言語:英語
Aya Kadota, Robert D Abbott, Katsuyuki Miura, Takehito Hayakawa, Takashi Kadowaki, Tomonori Okamura, Akira Okayama, CUrb JD, Kamal H Masaki, Hirotsugu Ueshima : Impairments in Activities of Daily Living in Elderly Japanese Men in Hawaii and Japan
J Epidemiol, 20 (Supple) : S101-S101, 2010
文献 [160]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima Hirotsugu,EPOCH-JAPAN Research Group : Clustering of established crdiovascular risk factors and cardiovascular disease mortality: a pooled analysis of 41,000 Japanese(EPOCH-JAPAN)
J Epidemiol, 20 (suppl) : S182-S182, 2010
文献 [161]: 学会抄録 記載言語:英語
Naoyuki Takashima, Yoshikuni Kita, Yasuharu Tabara, Tanvir Chowdhury Turin, Tetsro MIki, Kenji Matsui, Yasuyuki Nakamura, Nahid Rumana, Fusako Katusrada, Hideaki Sugihara, Katuyuki MIura, Yutaka Morita, Masaharu Ichikawa, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima, Takshima Study Group : Genotype of protein affects Serum high sensitiveity C-reactive protein levels but does not affect the pulse wave velocity: the Takashima Study
J Epidemiol, 20 (Suppl) : s197-s197, 2010
文献 [162]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Kadowaki T, Curb JD, Evans RW, Maegawa H, Abbott RD, Sutton-Tyrrell K, Okamura T, Shin C, Edmundowicz D, Kadota A, Choo J, El-Saed A, Ueshima H, Kuller LH; ERA JUMP Study group. : Circulating levels of 8 cytokines and marine n-3 fatty acids and indices of obesity in Japanese, white, and Japanese American middle-aged men.
J Interferon Cytokine Res, 30 (7) : 541-548, 2010 PubMed Abstract
文献 [163]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Takashima N, Miura K, Hozawa A, Okamura T, Hayakawa T, Okuda N, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Nakamura Y, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Cigarette smoking in middle age and a long-term risk of impaired activities of daily living: NIPPON DATA80.
Nicotine Tob Res, 12 (9) : 944-949, 2010 PubMed Abstract
文献 [164]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Nakamura Y, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Okayama A, Miura K, Ueshima H. : Ischemic stroke subtypes in a Japanese population: Takashima Stroke Registry, 1988-2004.
Stroke, 41 (9) : 1871-1876, 2010 PubMed Abstract
文献 [165]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yatsuya H, Toyoshima H, Yamagishi K, Tamakoshi K, Taguri M, Harada A, Ohashi Y, Kita Y, Naito Y, Yamada M, Tanabe N, Iso H, Ueshima H; for the Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study (JALS) Group. : Body Mass Index and Risk of Stroke and Myocardial Infarction in a Relatively Lean Population: Meta-Analysis of 16 Japanese Cohorts Using Individual Data.
Circ Cardiovasc Qual Outcomes, 3 (5) : 498-505, 2010 PubMed Abstract
文献 [166]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Chadeau-Hyam M, Ebbels TM, Brown IJ, Chan Q, Stamler J, Huang CC, Daviglus ML, Ueshima H, Zhao L, Holmes E, Nicholson JK, Elliott P, De Iorio M. : Metabolic profiling and the metabolome-wide association study: significance level for biomarker identification.
J Proteome Res, 9 (9) : 4620-4627, 2010 PubMed Abstract
文献 [167]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Lam EK, Batty GD, Huxley RR, Martiniuk AL, Barzi F, Lam TH, Lawes CM, Giles GG, Welborn T, Ueshima H, Tamakoshi A, Woo J, Kim HC, Fang X, Czernichow S, Woodward M; on behalf of the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Associations of diabetes mellitus with site-specific cancer mortality in the Asia-Pacific region.
Ann Oncol, -in press, 2010 PubMed Abstract
文献 [168]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Azuma RW, Kadowaki T, El-Saed A, Ueshima H, Sutton-Tyrrell K, Nakamura Y, Edmundowicz D, Ueno Y, Evans RW, Kadota A, Kuller LH, Murata K, Takamiya T, Kadowaki S, Curb JD, Sekikawa A. : Associations of D-dimer and von Willebrand factor with atherosclerosis in Japanese and white men.
Acta Cardiol, 65 (4) : 449-456, 2010 PubMed Abstract
文献 [169]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Parr CL, Batty GD, Lam TH, Barzi F, Fang X, Ho SC, Jee SH, Ansary-Moghaddam A, Jamrozik K, Ueshima H, Woodward M, Huxley RR; on behalf of the Asia-Pacific Cohort Studies Collaboration. : Body-mass index and cancer mortality in the Asia-Pacific Cohort Studies Collaboration: pooled analyses of 424 519 participants.
Lancet Oncol, 11 (8) : 741-752, 2010 PubMed Abstract
文献 [170]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakata K, Choo J, Hopson MJ, Ueshima H, Curb JD, Shin C, Evans RW, Kadowaki T, Otake T, Kadota A, Kadowaki S, Miura K, El-Saed A, Edmundowicz D, Sutton-Tyrrell K, Kuller LH, Sekikawa A. : Stronger associations of sagittal abdominal diameter with atherogenic lipoprotein subfractions than waist circumference in middle-aged US white and Japanese men.
Metabolism, 59 (12) : 1742-1751, 2010 PubMed Abstract
文献 [171]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Kadota A, Matsui K, Sugihara H, Morita Y, Nakamura Y, Miura K, Ueshima H. : Brachial-ankle pulse wave velocity predicts all-cause mortality in the general population: findings from the Takashima study, Japan.
Hypertens Res, 33 (9) : 922-925, 2010 PubMed Abstract
文献 [172]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ogihara T, Saruta T, Rakugi H, Matsuoka H, Shimamoto K, Shimada K, Imai Y, Kikuchi K, Ito S, Eto T, Kimura G, Imaizumi T, Takishita S, Ueshima H; for the Valsartan in Elderly Isolated Systolic Hypertension Study Group. : Target Blood Pressure for Treatment of Isolated Systolic Hypertension in the Elderly. Valsartan in Elderly Isolated Systolic Hypertension Study.
Hypertension, 56 (2) : 196-202, 2010 PubMed Abstract
文献 [173]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tanabe N, Iso H, Okada K, Nakamura Y, Harada A, Ohashi Y, Ando T, Ueshima H; Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study Group. : Serum total and non-high-density lipoprotein cholesterol and the risk prediction of cardiovascular events - the JALS-ECC -.
Circ J, 74 (7) : 1346-1356, 2010 PubMed Abstract
文献 [174]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Takashima N, Miura K, Hozawa A, Kadota A, Okamura T, Nakamura Y, Hayakawa T, Okuda N, Fujiyoshi A, Nagasawa SY, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA 90 Research Group. : Population attributable fraction of smoking and metabolic syndrome on cardiovascular disease mortality in Japan: a 15-year follow up of NIPPON DATA90.
BMC Public Health, (10) : 306-306, 2010 PubMed Abstract
文献 [175]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Hayakawa T, Kanda H, Okayama A, Ueshima H : Medical expenditures of men with hypertension and/or a smoking habit: a 10-year follow-up study of National Health Insurance in Shiga, Japan.
Hypertens Res, 33 (8) : 802-807, 2010 PubMed Abstract
文献 [176]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Rumana N, Kita Y, Nakamura Y, Ueshima H. : Circannual periodicity of stroke: the interrelation between the stroke risk factors and stroke triggering factors.
Int J Stroke, 5 (2) : 133-134, 2010 PubMed Abstract
文献 [177]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Anderson CA, Appel LJ, Okuda N, Brown IJ, Chan Q, Zhao L, Ueshima H, Kesteloot H, Miura K, Curb JD, Yoshita K, Elliott P, Yamamoto ME, Stamler J. : Dietary sources of sodium in China, Japan, the United Kingdom, and the United States, women and men aged 40 to 59 years: the INTERMAP study.
J Am Diet Assoc, 110 (5) : 736-745, 2010 PubMed Abstract
文献 [178]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Batty GD, Barzi F, Woodward M, Jamrozik K, Woo J, Kim HC, Ueshima H, Huxley RR; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Adult height and cancer mortality in Asia: the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
Ann Oncol, 21 (3) : 646-654, 2010 PubMed Abstract
文献 [179]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Murakami Y, Miura K, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H. : Diurnal variation in onset of hemorrhagic stroke is independent of risk factor status: Takashima Stroke Registry.
Neuroepidemiology, 34 (1) : 25-33, 2010 PubMed Abstract
文献 [180]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Rumana N, Kita Y, Nakamura Y, Ueshima H. : Untreated or uncontrolled cardiovascular risk factors are associated with an increased risk of cerebral hemorrhage during colder periods.
Acta Neurol Scand, 121 (1) : 67-39, 2010 PubMed Abstract
文献 [181]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hozawa A, Okamura T, Tanaka T, Miura K, Kikuchi Y, Kadowaki T, Yoshita K, Takebayashi T, Tamaki J, Minai J, Tada T, Chiba N, Okayama A, Ueshima H. : Relation of Gamma-glutamyltransferase and alcohol drinking with incident diabetes: the HIPOP-OHP study.
J Atheroscler Thromb, 17 (2) : 195-202, 2010 PubMed Abstract
文献 [182]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Morimoto A, Miyamatsu N, Okamura T, Hozawa A, Kadota A, Morinaga M, Ogita M, Kashiwagi A, Ueshima H. : What Psychosocial Characteristics are Associated with Smoking Cessation Behavior and Readiness to Quit Smoking Among Japanese Male Ever-Smokers with Type 2 Diabetes Mellitus?
J Atheroscler Thromb, 17 (4) : 361-368, 2010 PubMed Abstract
文献 [183]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Rumana N, Kita Y, Nakamura Y, Miura K, Ueshima H. : Ambient weather conditions and the onset of acute myocardial infarction: The consociation between triggering factors and conventional risk factors.
J Cardiol, 55 (2) : 283-284, 2010 PubMed Abstract
文献 [184]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Guo Z, Miura K, Turin TC, Hozawa A, Okuda N, Okamura T, Saitoh S, Sakata K, Nakagawa H, Okayama A, Yoshita K, Kadowaki T, R Choudhury S, Nakamura Y, L Rodriguez B, Curb JD, Elliott P, Stamler J, Ueshima H. : Relationship of the Polyunsaturated to Saturated Fatty Acid Ratio to Cardiovascular Risk Factors and Metabolic Syndrome in Japanese: the INTERLIPID Study.
J Atheroscler Thromb, 17 (8) : 777-784, 2010 PubMed Abstract
文献 [185]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okuda N, Miura K, Yoshita K, Matsumura Y, Okayama A, Nakamura Y, Okamura T, Saitoh S, Sakata K, Ojima T, Turin TC, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. : Integration of data from NIPPON DATA80/90 and National Nutrition Survey in Japan: for cohort studies of representative Japanese on nutrition.
J Epidemiol, 20 (Suppl3) : s506-s514, 2010 PubMed Abstract
文献 [186]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Miura K, Okuda N, Turin TC, Takashima N, Nakagawa H, Nakamura K, Yoshita K, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. : Dietary salt intake and blood pressure in a representative Japanese population: baseline analyses of NIPPON DATA80.
J Epidemiol, 20 (Suppl 3) : s524-s530, 2010 PubMed Abstract
文献 [187]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Okuda N, Turin TC, Fujiyoshi A, Okamura T, Hayakawa T, Yoshita K, Miura K, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. : Fatty acids intakes and serum lipid profiles: NIPPON DATA90 and the national nutrition monitoring.
J Epidemiol, 20 (Suppl 3) : S544-S548, 2010 PubMed Abstract
文献 [188]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Okuda N, Miura K, Nakamura Y, Rumana N, Kadota A, Tamakoshi K, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. : Iron intake and associated factors in general Japanese population: NIPPON DATA80, NIPPON DATA90 and national nutrition monitoring.
J Epidemiol, 20 (Suppl 3) : s557-s566, 2010 PubMed Abstract
文献 [189]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Miura K, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H. : Circaseptan variation in case-fatality rate for patients with acute subarachnoid hemorrhage (Takashima Stroke Registry 1988-2003).
J Clin Neurosci, 17 (7) : 869-873, 2010 PubMed Abstract
文献 [190]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Katano S, Nakamura Y, Nakamura A, Murakami Y, Tanaka T, Nakagawa H, Takebayashi T, Yamato H, Okayama A, Miura K, Okamura T, Ueshima H. : Relationship among Physical Activity, Smoking, Drinking and Clustering of the Metabolic Syndrome Diagnostic Components.
J Atheroscler Thromb, 17 (6) : 644-650, 2010 PubMed Abstract
文献 [191]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Okuda N, Miura K, Nakamura Y, Rumana N, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. : Dietary intake of potassium and associated dietary factors among representative samples of Japanese general population: NIPPON DATA 80/90.
J Epidemiol, 20 (Suppl) : S567-S575, 2010 PubMed Abstract
文献 [192]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Okuda N, Turin TC, Fujiyoshi A, Okamura T, Hayakawa T, Matsumura Y, Miura K, Ueshima H; NIPPON DATA80/90 Research Group. : Comparison of the National Nutritional Survey in Japan estimated individual-based nutritional data and NIPPON DATA80 food frequency questionnaires.
J Epidemiol, 20 ( Suppl) : S582-S586, 2010 PubMed Abstract
文献 [193]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Choo J, Ueshima H, Curb JD, Shin C, Evans RW, El-Saed A, Kadowaki T, Okamura T, Nakata K, Otake T, Miura K, Abbott RD, Sutton-Tyrrell K, Edmundowicz D, Kuller LH, Sekikawa A. : Serum n-6 fatty acids and lipoprotein subclasses in middle-aged men: the population-based cross-sectional ERA-JUMP Study.
Am J Clin Nutr, 91 (5) : 1195-1203, 2010 PubMed Abstract
文献 [194]: 学会抄録 記載言語:英語
Imako Kondo, Kaori Funahashi, Mieko Nakamura, Toshiyuki Ojima, Katsushi Yoshita, Yoshikazu Nakamura, Nagako Okuda, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, for the NIPPON DATA Research Group : Associarion between food group intake and serum total cholesterol level in the Japanese population: NIPPON DATA80,90
J Epidemiol, 20 : S232-S232, 2010
文献 [195]: 学会抄録 記載言語:英語
Mieko Nakamura, Imako Kondo, Kaori Funahashi, Toshiyuki Ojima, Katsushi Yoshita, Yoshikazu Nakamura, Nagako Okuda, Katsuyuki Miura, Hirotsugu Ueshima, for the NIPPON DATA Research Group : Food group intake by birth cohort in the Japanese population
J Epidemiol, 20 (Suppl 1) : S230-S230, 2010
文献 [196]: 学会抄録 記載言語:英語
Katsuyuki Miura, Naoyuki Takashima , Nagako Okuda, Takehito Hayakawa, Takashi Kadowkai , Aya Kadota, Yoshikuni Kita, Tomonori Okamura, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima, For the NIPPON DATA Research Group : Sodium intake in middle age and future decline in activities of daily living: a 14-year follow-up of NIPPON DATA80
J Epidemiol, 20 : s102-s102, 2010
文献 [197]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hayakawa T, Okamura T, Okayama A, Kanda H, Watanabe M, Kita Y, Miura K, Ueshima H. : Relationship between 5-year decline in instrumental activity of daily living and accumulation of cardiovascular risk factors: NIPPON DATA90.
J Atheroscler Thromb, 17 (1) : 64-72, 2010 PubMed Abstract
文献 [198]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tamura U, Tanaka T, Okamura T, Kadowaki T, Yamato H, Tanaka H, Nakamura M, Okayama A, Ueshima H, Yamagata Z; HIPOP-OHP research group. : Changes in Weight, cardiovascular risk factors and estimated risk of coronary heart disease following smoking cessation in Japanese male workers: HIPOP-OHP study.
J Atheroscler Thromb, 17 (1) : 12-20, 2010 PubMed Abstract
文献 [199]: 総説 記載言語:日本語
門田 文,三浦 克之,上島 弘嗣 : 血清総コレステロール値と脳卒中リスク:ホノルルハートプログラムより
動脈硬化予防, 8 (4) : 16-21, 2010
文献 [200]: 総説 記載言語:日本語
門田 文, 喜多 義邦, 上島 弘嗣 : 喫煙と循環器疾患、血管への作用
内分泌・糖尿病・代謝内科, 30 (3) : 236-242, 2010
文献 [201]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
門田 文, 三浦 克之, 上島 弘嗣 : NIPPON DATAにおける糖尿病と心血管病
日本臨床, 68 (5) : 847-852, 2010 PubMed Abstract
文献 [202]: 学会抄録 記載言語:日本語
長澤 晋哉, 三浦 克之, 奥田 奈賀子, 藤吉 朗, Tanvir Chowdhury , 村上 義孝, 門脇 崇 , 門田文, 早川 岳人, 岡山 明, 上島 弘嗣 : 心電図P波異常と循環器疾患死亡リスクとの関連:NIPPON DATA80
J Epidemiol, 20 : s114-s114, 2010
文献 [203]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kengne AP, Nakamura K, Barzi F, Lam TH, Huxley R, Gu D, Patel A, Kim HC, Woodward M; Asia Pacific Cohort Study Collaboration. : Smoking, diabetes and cardiovascular diseases in men in the Asia Pacific region.
J Diabetes, 3 : 173-181, 2009 PubMed Abstract
文献 [204]: 学会抄録 記載言語:英語
米田 志保子、門田 文、田中 太一郎、安藤 大輔、奥田 奈賀子、三浦 克之、上島 弘嗣、岡村 智教 : 地域住民を対象とした非肥満高血圧者用健康教育プログラムの開発・実践
日本公衛誌, 56 (10) : 405, 2009
文献 [205]: 学会抄録 記載言語:英語
Tanvir Chowdhury Turin, Katsuyuki Miura, Nahid Rumana, Yasuyuki Nakamura, Yoshikuni Kita, Aya Higashiyama, Sayaka Kadowaki, Tomonori Okamura, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima : Undetected hypertension: Related factors and long term follow up in representative Japanese cohort. NIPPON DATA80 .
第32回日本高血圧学会総会抄録集, : 364, 2009
文献 [206]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hozawa A, Ueshima H : Blood pressure differences by race: the importance of assessing lifestyle.
Hypertens Res, 32 (12) : 1049-1050, 2009 PubMed Abstract
文献 [207]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Batty GD, Barzi F, Huxley R, Chang CY, Jee SH, Jamrozik K, Kim HC, Fang X, Lam TH, Woodward M; APCSC Writing Committee. : Obesity and liver cancer mortality in Asia: The Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
Cancer Epidemiol, 33 (6) : 469-472, 2009 PubMed Abstract
文献 [208]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueshima H, Kadota A, Hozawa A, Okamura T, Kadowaki S, Kadowaki T, Hayakawa T, Kita Y, Abbott RD, Okayama A; NIPPON DATA80 Research Group. : Alcohol intake and 19-year mortality in diabetic men: NIPPON DATA80.
Alcohol, 43 (8) : 635-641, 2009 PubMed Abstract
文献 [209]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Murakami Y, Miura K, Kita Y, Okamura T, Turin TC, Rodriguez B, Curb JD, Stamler J; International Study of Macro/Micronutrients and Blood Pressure, Japan and Hawaii Research Group. : Relation of serum leptin to blood pressure of Japanese in Japan and Japanese-Americans in Hawaii.
Hypertension, 54 (6) : 1416-1422, 2009 PubMed Abstract
文献 [210]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Miura K, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H. : The time interval window between stroke onset-to-hospitalization and its related factors.
Neuroepidemiology , 33 (3) : 240-246, 2009 PubMed Abstract
文献 [211]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hozawa A, Okamura T, Murakami Y, Kadowaki T, Okuda N, Takashima N, Hayakawa T, Kita Y, Miura K, Nakamura Y, Okayama A, Ueshima H. : High blood pressure in middle age is associated with a future decline in activities of daily living. NIPPON DATA80.
J Hum Hypertens, 23 (8) : 546-552, 2009 PubMed Abstract
文献 [212]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Miura K, Nakagawa H, Ohashi Y, Harada A, Taguri M, Kushiro T, Takahashi A, Nishinaga M, Soejima H, Ueshima H : Four blood pressure indexes and the risk of stroke and myocardial infarction in Japanese men and women: a meta-analysis of 16 cohort studies.
Circulation, 119 (14) : 1892-1898, 2009 PubMed Abstract
文献 [213]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Higashiyama A, Okamura T, Watanabe M, Murakami Y, Otsuki H, Adachi N, Kaneko C, Uehara E, Okayama A, Ueshima H. : Effect of chronic kidney disease on individual and population medical expenditures in the Japanese population.
Hypertens Res, 32 (6) : 450-454, 2009 PubMed Abstract
文献 [214]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Murakami Y, Miura K, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H. : Morning surge in circadian periodicity of ischaemic stroke is independent of conventional risk factor status: findings from the Takashima Stroke Registry 1990-2003.
Eur J Neurol., 16 (7) : 843-851, 2009 PubMed Abstract
文献 [215]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Stamler J, Brown IJ, Daviglus ML, Chan Q, Kesteloot H, Ueshima H, Zhao L, Elliott P; INTERMAP Research Group. : Glutamic acid, the main dietary amino acid, and blood pressure: the INTERMAP Study (International Collaborative Study of Macronutrients, Micronutrients and Blood Pressure).
Circulation, 120 (3) : 221-228, 2009 PubMed Abstract
文献 [216]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Sekikawa A, Kadowaki T, Kadota A, Kadowaki S, Maegawa H, Kita Y, Evans RW, Edmundowicz D, Curb JD, Ueshima H. : Visceral and subcutaneous adiposity and adiponectin in middle-aged Japanese men: the ERA JUMP study.
Obesity , 17 (6) : 1269-1273, 2009 PubMed Abstract
文献 [217]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
O'Seaghdha CM, Perkovic V, Lam TH, McGinn S, Barzi F, Gu DF, Cass A, Suh I, Muntner P, Giles GG, Ueshima H, Woodward M, Huxley R; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Blood pressure is a major risk factor for renal death: an analysis of 560 352 participants from the Asia-Pacific region.
Hypertension, 54 (3) , 2009 PubMed Abstract
文献 [218]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Takashima N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Miura K, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H. : The time interval window between stroke onset and hospitalization and its related factors.
Neuroepidemiology, 33 (3) : 240-246, 2009 PubMed Abstract
文献 [219]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Impact of cigarette smoking on the relationship between body mass index and coronary heart disease: a pooled analysis of 3264 stroke and 2706 CHD events in 378579 individuals in the Asia Pacific region.
Public Health, 13 (9) : 294-294, 2009 PubMed Abstract
文献 [220]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kita Y, Turin TC, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Rumana N, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H. : Trend of stroke incidence in a Japanese population: Takashima stroke registry, 1990-2001.
Int J Stroke., 4 (4) : 241-249, 2009 PubMed Abstract
文献 [221]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Hozawa A, Turin TC, Takashima N, Okamura T, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Miura K, Ueshima H. : Dietary Habits in Middle Age and Future Changes in Activities of Daily Living - NIPPON DATA80.
Gerontology., 55 (6) : 707-713, 2009 PubMed Abstract
文献 [222]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Sekikawa A, Kadowaki T, El-Saed A, Abbott RD, Curb JD, Edmundowicz D, Nakamura Y, Murata K, Kashiwagi A, Sutton-Tyrrell K, Evans RW, Zmuda JM, Maegawa H, Hozawa A, Mitsunami K, Nishio Y, Miljkovic-Gacic I, Horie M, Miyamatsu N, Murakami Y, Kuller LH, Ueshima H. : Cholesteryl ester transfer protein, coronary calcium, and intima-media thickness of the carotid artery in middle-age Japanese men.
Am J Cardiol., 104 (6) : 818-822, 2009 PubMed Abstract
文献 [223]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Sekikawa A, Kadowaki T, El-Saed A, Abbott RD, Curb JD, Edmundowicz D, Nakamura Y, Murata K, Kashiwagi A, Sutton-Tyrrell K, Evans RW, Zmuda JM, Maegawa H, Hozawa A, Mitsunami K, Nishio Y, Miljkovic-Gacic I, Horie M, Miyamatsu N, Murakami Y, Kuller LH, Ueshima H. :
動脈硬化予防, 8 (2) : 96-98, 2009
文献 [224]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : NIPPON DATA
Official Journal of Japan Society of Ningen Dock(人間ドック), 24 (2) : 611-611, 2009
文献 [225]: 学会抄録 記載言語:英語
Kadota A, Miura K, Sekikawa A, Rodoriguez BL, Kadowaki T, Sutton-Tyrrell K, UenoY, El-Saed A, Kadowaki S, Edmondwicz, D, Okamura T, Maegawa S, Nakamura Y, Kuller LH, UeshimaH, Curb JD : Assessment of subclinical atherosclerosis with carotid intima-media thickness in Japanese-American and Japanese in Japan with and without Metabolic Syndrome: ERA-JUMP Study
Circulation, 119 (10) : e341, 2009
文献 [226]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Motoyama KR, Curb JD, Kadowaki T, El-Saed A, Abbott RD, Okamura T, Evans RW, Nakamura Y, Sutton-Tyrrell K, Rodriquez BL, Kadota A, Edmundowicz D, Willcox BJ, Choo J, Katsumi N, Otake T, Kadowaki S, Kuller LH, Ueshima H, Sekikawa A. : Association of serum n-6 and n-3 polyunsaturated fatty acids with lipids in 3 populations of middle-aged men.
Am J Clin Nutr., 90 (1) : 49-55, 2009 PubMed Abstract
文献 [227]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Azuma K, Kadowaki T, Cetinel C, Kadota A, El-Saed A, Kadowaki S, Edmundowicz D, Nishio Y, Sutton-Tyrrell K, Okamura T, Evans RW, Takamiya T, Ueshima H, Curb JD, Abbott RD, Kuller LH, Kelley DE, Sekikawa A; for the ERA JUMP study group. : Higher liver fat content among Japanese in Japan compared with non-Hispanic whites in the United States.
Metabolism, 58 (8) : 1200-1207, 2009 PubMed Abstract
文献 [228]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Katsuyuki Miura, Hideaki Nakagawa, Yasuo Ohashi, Akiko Harada, Masataka Taguri, Toshio Kushiro, Atsuhiko Takahashi, MD, Masanori Nishinaga, Hirofumi Soejima, Hirotsugu Ueshima,for the Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study (JALS) Group : Four Blood Pressure Indexes and the Risk of Stroke and Myocardial Infarction in Japanese Men and Women. A Meta-Analysis of 16 Cohort Studies
Circulation., 119 (14) : 1892-1898, 2009 PubMed Abstract
文献 [229]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Murakami Y, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H. : Stroke case fatality shows seasonal variation regardless of risk factor status in a Japanese population: 15-year results from the Takashima Stroke Registry.
Neuroepidemiology, 32 (1) : 53-60, 2009 PubMed Abstract
文献 [230]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H. : Incidence, admission and case-fatality of acute myocardial infarction: weekend versus weekday in a Japanese population: 16-year results from Takashima AMI Registry (1988-2003).
Eur J Epidemiol, 24 (2) : 93-100, 2009 PubMed Abstract
文献 [231]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Brown IJ, Elliott P, Robertson CE, Chan Q, Daviglus ML, Dyer AR, Huang CC, Rodriguez BL, Sakata K, Ueshima H, Van Horn L, Zhao L, Stamler J; INTERMAP Research Group. : Dietary starch intake of individuals and their blood pressure: the International Study of Macronutrients and Micronutrients and Blood Pressure.
J Hypertens, 27 (2) : 231-236, 2009 PubMed Abstract
文献 [232]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asayama K, Ohkubo T, Yoshida S, Suzuki K, Metoki H, Harada A, Murakami Y, Ohashi Y, Ueshima H, Imai Y; Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study (JALS) group. : Stroke risk and antihypertensive drug treatment in the general population: the Japan arteriosclerosis longitudinal study.
J Hypertens, 27 (2) : 357-364, 2009 PubMed Abstract
文献 [233]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Liu L, Okamura T, Kadowaki T, Murakami Y, Hozawa A, Kita Y, Takashima N, Okuda N, Okayama A, Ueshima H. : Bundle branch block and other cardiovascular disease risk factors: US-Japan comparison.
Int J Cardiol, : in press, 2009 PubMed Abstract
文献 [234]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Higashiyama A, Hozawa A, Murakami Y, Okamura T, Watanabe M, Nakamura Y, Hayakawa T, Kadowaki T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H. : Prognostic value of q wave for cardiovascular death in a 19-year prospective study of the Japanese general population.
J Atheroscler Thromb, 16 (1) : 40-50, 2009 PubMed Abstract
文献 [235]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Statement.
J Atheroscler Thromb, 16 (1) : 1-5, 2009 PubMed Abstract
文献 [236]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Naganuma R, Sakurai M, Miura K, Yoshita K, Morikawa Y, Kido T, Ueshima H, Nakagawa H, Stamler J. : Relation of long-term body weight change to change in lipoprotein particle size in Japanese men and women: The INTERMAP Toyama Study.
Atherosclerosis, 206 (1) : 282-286, 2009 PubMed Abstract
文献 [237]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Lee CM, Barzi F, Woodward M, Batty GD, Giles GG, Wong JW, Jamrozik K, Lam TH, Ueshima H, Kim HC, Gu DF, Schooling M, Huxley RR; for The Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Adult height and the risks of cardiovascular disease and major causes of death in the Asia-Pacific region: 21 000 deaths in 510 000 men and women.
Int J Epidemiol, 38 (4) : 1060-1071, 2009 PubMed Abstract
文献 [238]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ogihara T, Kikuchi K, Matsuoka H, Fujita T, Higaki J, Horiuchi M, Imai Y, Imaizumi T, Ito S, Iwao H, Kario K, Kawano Y, Kim-Mitsuyama S, Kimura G, Matsubara H, Matsuura H, Naruse M, Saito I, Shimada K, Shimamoto K, Suzuki H, Takishita S, Tanahashi N, Tsuchihashi T, Uchiyama M, Ueda S, Ueshima H, Umemura S, Ishimitsu T, Rakugi H. : The Japanese Society of Hypertension Guidelines for the Management of Hypertension (JSH 2009).
Hypertens Res, 32 (1) : 3-107, 2009 PubMed Abstract
文献 [239]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
奥田奈賀子、岡村智教、門田文、村上義孝、宮松直美、田中太一郎、盛永美保、柳田昌彦、月野木ルミ、田中信子、高田桂子、船越傳、上島弘嗣 : 内臓脂肪減少を目的とした軽負担の保健指導が男性工場従業員の食習慣に及ぼす変化
日循予防誌 , 44 : 10-21, 2009
文献 [240]: 学会抄録 記載言語:日本語
環愼二、中村保幸、田原康玄、岡村智教、喜多義邦、辻田靖之、三浦克之、堀江稔、三木哲郎、上島弘嗣 : 高血圧と遺伝子多型
第32回日本高血圧学会総会 プログラム・抄録集, : 142-142, 2009
文献 [241]: 学会抄録 記載言語:日本語
門脇 崇, Akira Sekikawa, David Curb, 門脇 紗也佳, 門田 文, 岡村 智教, 三浦 克之, 上島 弘嗣 : メタボリックシンドロームと冠動脈石灰化の関連の日米比較:ERA JUMP Study
J Epidemiol, 19 (1) : 165, 2009
文献 [242]: 学会抄録 記載言語:日本語
門田 文, 三浦 克之, Rodriguez BL, 関川 暁, 門脇 崇, 門脇 紗也佳, 長澤 晋哉, 喜多 義邦, 前川 聡, 岡村 智教, 中村 保幸, Curb JD, 上島 弘嗣 : 日本人およびハワイ在住日系人におけるメタボリックシンドロームと頚部動脈硬化の関連:ERA-JUMP study
J Epidemiol, 19 (1) : 164, 2009
文献 [243]: 学会抄録 記載言語:日本語
門脇 紗也佳, 三浦 克之, Curb JD, 門脇 崇, 岡村 智教,中村 保幸,門田 文, 関川 暁,上島 弘嗣 : 日本人、ハワイ在住日系人、アメリカ在住白人の腹部脂肪分布の比較
J Epidemiol, 19 (1) -79, 2009
文献 [244]: 学会抄録 記載言語:日本語
長澤 晋哉, 三浦 克之, チョル シン, 門脇 崇, ナカタ カツミ, モトヤマ ケニス, オタケ テルオ, チョー ジナ, エバンス ロバート, クーラー ルイス, カーブ デイビッド, 上島弘嗣, 関川 暁 : n-6系多価不飽和脂肪酸の血清濃度と血圧との関連:日米韓共同研究 ERA-JUMP
第32回日本高血圧学会総会抄録集, : 211, 2009
文献 [245]: 学会抄録 記載言語:日本語
篠崎 智大, 大橋 靖雄, 上島 弘嗣, 日本動脈硬化縦断研究(JALS) : 脳卒中発症に対する経時的に測定された血圧の影響評価
第32回日本好悪血圧学会総会抄録集, : 210, 2009
文献 [246]: 学会抄録 記載言語:日本語
白根 直子、上島 弘嗣、大橋 靖雄 : JALS研究の目的とその意義
第32回日本高血圧学会総会抄録集, : 119, 2009
文献 [247]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 疫学的エビデンスをどう作りどう理解するか
第32回日本高血圧学会総会抄録集, : 118, 2009
文献 [248]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村 智教、早川 岳人、小久保 喜弘、岡山 明、上島 弘嗣 : 日本人の代表集団および都市部住民のおける循環器疾患の疫学研究(シンポジウム3-1)
日本公衛誌, 56 (10) , 2009
文献 [249]: 学会抄録 記載言語:日本語
早川 岳人、岡村 智教、岡山 明、三浦 克之、喜多 義邦、上島 弘嗣 : 5年間のADL低下もしくは死亡と循環器疾患危険因子のリスク集積との関連
日本公衛誌, 56 (10) : 228, 2009
文献 [250]: 学会抄録 記載言語:日本語
渡邉 至、東山 綾、岡村 智教、早川 岳人、奥田 奈賀子、三浦 克之、上島 弘嗣 : 蛋白質摂取量と血清アルブミンの関連についての検討-NIPPON DATA90-
日本公衛誌, 56 (10) : 337, 2009
文献 [251]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村 智教、村上 義孝、三浦 克之、上島 弘嗣 : 5年間追跡データによる特定保健指導の医療費適正化効果の試算1:試算ツールの活用
日本公衛誌, 56 (10) : 185, 2009
文献 [252]: 学会抄録 記載言語:日本語
村上 義孝、岡村 智教、三浦 克之、上島 弘嗣 : 5年間追跡データによる特定保健指導の医療費適正化効果の試算1:試算ツールの開発
日本公衛誌, 56 (10) : 185-185, 2009
文献 [253]: 学会抄録 記載言語:日本語
高嶋 直敬, 三浦 克之, 奥田 奈賀子, 藤吉 朗, 長澤 晋哉, 岡村 智教, 早川 岳人, : 中壮年男女における血圧レベルと24年間の病型別脳卒中死亡リスクとの関連:NIPPON DATA80 .
第32回日本高血圧学会総会抄録集, : 158, 2009
文献 [254]: 学会抄録 記載言語:日本語
奥田 奈賀子, 三浦 克之, Turin Tanvir C, 中川 秀昭, 中村 幸志, 由田 克士, 松村 康弘, 岡山 明, 上島 弘嗣 : 食塩摂取量と血圧の関連:NIPPON DATA80 国民栄養調査統合データセットより.
第32回日本高血圧学会総会抄録集, : 211, 2009
文献 [255]: 著書 記載言語:日本語
三浦 克之、上島 弘嗣 : 新しい診断と治療のABC20 高血圧 第1章 疫学 日本人の高血圧と高血圧合併症の疫学 (猿田 享男 ed.)
最新医学社, (大阪), , 9-15, 2009
文献 [256]: 総説 記載言語:日本語
門田 文、前川 聡、上島弘嗣 : 日本人糖尿病患者の血圧管理の現状
糖尿病, 52 (9) : 737-739, 2009
文献 [257]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
Murakami Y, Miura K, Ueshima H. : [Comparison of the trends and current status of obesity between Japan and other developed countries]
日本臨床, 67 (2) : 245-252, 2009 PubMed Abstract
文献 [258]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 特別企画日本高血圧治療ガイドライン2009(JSH2009)に答える Question1 疫学-高血圧はどこから危険か?
臨床高血圧, 15 (1) : 14-15, 2009
文献 [259]: 著書 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 生活習慣病キーワード③ NIPPON DATA80 コホート研究における因果の逆転 (及川 眞一 ed.)
医事出版社, (東京), , 42-43, 2009
文献 [260]: 学会抄録 記載言語:日本語
奥田 奈賀子, 三浦 克之, 門脇 崇, 上島 弘嗣, 岡山 明, 斎藤 重幸, 坂田 清美, 中川 秀昭, 由田 克士, Jeremiah Stamler : 日本における多量飲酒者の栄養摂取の特徴:INTERMAP Japan研究より
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 44 (4) : 358-359, 2009
文献 [261]: 学会抄録 記載言語:日本語
門脇 紗也佳 : 日本人男性における飲酒量と肝臓/脾臓CT値による脂肪肝の関連
日本アルコール・薬物医学雑誌, 44 (4) : 410-411, 2009
文献 [262]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : わが国における高血圧の疫学
医学のあゆみ, 230 (5) : 401-407, 2009
文献 [263]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : baPWVと総死亡危険度予測:JALS長期追跡調査成績より(第9回臨床血圧脈波研究会 特別講演)
Arterial Stiffness, 15 : 12-15, 2009
文献 [264]: 著書 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 「新・心臓病診療プラクティス14 心血管イベントのリスクファクターとその管理 」 Ⅱリスクファクターを疫学から識る 3.リスクファクターと長期予後-NIPPON DATA80・90を中心に- (小川 久雄, 土師 一夫 ed.)
文光堂, (東京), , 31-37, 2009
文献 [265]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 平成20年度日本医師会医学賞 国民を代表する集団の長期追跡調査による動脈硬化性疾患予防のための研究:NIPPON DATA80・90
日本医師会雑誌, 137 (10) : 56-59, 2009
文献 [266]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 久山町研究に期待するもの(2)
医学のあゆみ, 228 (4) : 304-304, 2009
文献 [267]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : Special Article 心血管リスクをどのように評価するか
内科, 103 (1) : 5-11, 2009
文献 [268]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
村上 義孝,三浦 克之, 上島 弘嗣 : 我が国にける肥満の動向 ー欧米との比較ー
日本臨床, 67 (2) : 245-252, 2009 PubMed Abstract
文献 [269]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Katsuhiko Kohara, Yasuharu Tabara, Jun Nakura, Yutaka Imai, Takayoshi Ohkubo, Akira Hata, Masayoshi Soma, Tomohiro Nakayama, Satoshi Umemura, Nobuhito Hirawa, Hirotsugu Ueshima, Yoshikuni Kita, Toshio Ogihara, Tomohiro Katsuya, Norio Takahashi, Katsushi Tokunaga, and Tetsuro Miki. : Systemic multiple candidate gene approach for identification of susceptible genes and susceptible pathways for hypertension: a millennium genome project for hypertension.
Hypertension Research, 31 (2) : 203-212, 2008 PubMed Abstract
文献 [270]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Barzi F, Lam TH, Huxley R, Feigin VL, Ueshima H, Woo J, Gu D, Ohkubo T, Lawes CM, Suh I, Woodward M; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Cigarette smoking, systolic blood pressure and cardiovascular diseases in the Asia-Pacific region.
Stroke, 39 (6) : 1694-1702, 2008 PubMed Abstract
文献 [271]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Hayakawa T, Hozawa A, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Abbott RD, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Lower levels of serum albumin and total cholesterol associated with decline in activities of daily living and excess mortality in a 12-year cohort study of elderly Japanese.
J Am Geriatr Soc, 56 (3) : 529-535, 2008 PubMed Abstract
文献 [272]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Ueshima H, Sutton-Tyrrell K, Kadowaki T, El-Saed A, Okamura T, Takamiya T, Ueno Y, Evans RW, Nakamura Y, Edmundowicz D, Kashiwagi A, Maegawa H, Kuller LH. : Intima-media thickness of the carotid artery and the distribution of lipoprotein subclasses in men aged 40 to 49 years between whites in the United States and the Japanese in Japan for the ERA JUMP study.
metabolism, 57 (2) : 177-182, 2008 PubMed Abstract
文献 [273]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Metabolic syndrome.
J Atheroscler Thromb, 15 (1) : 1-5, 2008 PubMed Abstract
文献 [274]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Treatment - therapeutic lifestyle modification.
J Atheroscler Thromb., 15 (3) : 109-115, 2008 PubMed Abstract
文献 [275]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study (JALS) Group. : Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study-Existing Cohorts Combine (JALS-ECC): rationale, design, and population characteristics.
Circ J., 72 (10) : 1563-1568, 2008 PubMed Abstract
文献 [276]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Women
J Atheroscler Thromb, 15 (6) : 283-285, 2008 PubMed Abstract
文献 [277]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadowaki S, Okamura T, Hozawa A, Kadowaki T, Kadota A, Murakami Y, Nakamura K, Saitoh S, Nakamura Y, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H; for the NIPPON DATA Research Group. : Relationship of elevated casual blood glucose level with coronary heart disease, cardiovascular disease and all-cause mortality in a representative sample of the Japanese population. NIPPON DATA80.
Diabetologia, 51 (4) : 575-582, 2008
文献 [278]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Naito M, Nakayama T, Okamura T, Miura K, Yanagita M, Fujieda Y, Kinoshita F, Naito Y, Nakagawa H, Tanaka T, Ueshima H; The HIPOP-OHP Research Group. : Effect of a 4-year workplace-based physical activity intervention program on the blood lipid profiles of participating employees: The high-risk and population strategy for occupational health promotion (HIPOP-OHP) study.
Atherosclerosis., 197 (2) : 784-790, 2008 PubMed Abstract
文献 [279]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Treatment--drug therapy.
J Atheroscler Thromb, 15 (4) : 167-178, 2008 PubMed Abstract
文献 [280]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Matsui K, Lie RK, Kita Y, Ueshima H. : Ethics of future disclosure of individual risk information in a genetic cohort study: a survey of donor preferences.
J Epidemiol., 18 (5) : 217-224, 2008 PubMed Abstract
文献 [281]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Ichikawa M, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H. : Case fatality of stroke and day of the week: is the weekend effect an artifact? Takashima stroke registry, Japan (1988-2003).
Cerebrovasc Dis, 26 (6) : 606-611, 2008 PubMed Abstract
文献 [282]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Naito M, Eguchi H, Okada R, Ishida Y, Nishio K, Hishida A, Wakai K, Tamakoshi A, Hamajima N; J-MICC Study Group. : Controls for monitoring the deterioration of stored blood samples in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study (J-MICC Study)..
Nagoya J Med Sci, 70 : 3-4, 2008 PubMed Abstract
文献 [283]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Elderly patients.
J Atheroscler Thromb., 15 (5) : 223-227, 2008 PubMed Abstract
文献 [284]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Rumana N, Kita Y, Turin TC, Murakami Y, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H. : Seasonal pattern of incidence and case fatality of acute myocardial infarction in a Japanese population (from the Takashima AMI Registry, 1988 to 2003).
Am J Cardiol, 102 (10) : 1307-1311, 2008 PubMed Abstract
文献 [285]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueshima H, Okamura T, Kadowaki T, Hayakawa T, Kita Y, Abbott RD, Okayama A; for National Integrated Project for Prospective Observation of Non-Communicable Diseases and its Trends in the Aged, 1980 Research Group. : A Japanese diet and 19-year mortality: National Integrated Project for Prospective Observation of Non-Communicable Diseases and its Trends in the Aged, 1980.
Br J Nutr., : in press, 2008 PubMed Abstract
文献 [286]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Dodge HH, Kita Y, Takechi H, Hayakawa T, Ganguli M, Ueshima H. : Healthy cognitive aging and leisure activities among the oldest old in Japan: Takashima study.
J Gerontol A Biol Sci Med Sci, 63 (11) : 1193-1200, 2008 PubMed Abstract
文献 [287]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Rumana N, Kita Y, Nakamura Y, Ueshima H. : Both acute and chronic cardiovascular conditions show seasonality: the need of looking beyond conventional risk factors.
Aust N Z J Public Health, 32 (6) : 581-582, 2008 PubMed Abstract
文献 [288]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ninomiya T, Kiyohara Y, Tokuda Y, Doi Y, Arima H, Harada A, Ohashi Y, Ueshima H; Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study Group. : Impact of kidney disease and blood pressure on the development of cardiovascular disease: an overview from the Japan Arteriosclerosis Longitudinal Study.
Circulation, 118 (25) : 2694-2701, 2008 PubMed Abstract
文献 [289]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadota A, Okamuta T, Hozawa A, Kadowaki T, Murakami Y, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H for the NIPPON DATA80 Research Group : Relationships between family histories of stroke and of hypertension and stroke mortality: NIPPON DATA80, 1980-1999
Hypertension Research, 31 : 1525-1531, 2008
文献 [290]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Abbott RD, Ueshima H, Hozawa A, Okamura T, Kadowaki T, Miura K, Okuda N, Nakamura Y, Okayama A, Kita Y, Rodriguez BL, Yano K, Curb JD : Risk factor effects and total mortality in older Japanese men in Japan and Hawaii
Ann Epidemiol , 18 : 913-918, 2008 PubMed Abstract
文献 [291]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H, Sekikawa A, Miura K, Turin TC, Takashima N, Kita Y, Watanabe M, Kadota A, Okuda N, Kadowaki T, Nakamura Y, Okamura T : Cardiovascular disease and risk factors in Asia: a selected review
Circulation , 118 : 2702-2709, 2008 PubMed Abstract
文献 [292]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Chiba N, Okuda N, Okayama A, Kadowaki T, Ueshima H : Development of a food frequency and quantity method for assessing dietary habits of Japanese individuals--comparison with results from 24hr recall dietary survey
J Atheroscler Thromb, 15 : 324-333, 2008 PubMed Abstract
文献 [293]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueshima H, Okuda N, Higashiyama A, Kita Y, Kadowaki T, Okamura T, Murakami Y, Okayama A, Choudhury SR, Rodriguez B, Curb JD, Stamler J; INTERLIPID Research Group. : Relation of dietary and other lifestyle traits to difference in serum adiponectin concentration of Japanese in Japan and Hawaii: the INTERLIPID Study.
Am J Clin Nutr, 88 (2) : 424-430, 2008 PubMed Abstract
文献 [294]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Woodward M, Martiniuk A, Ying Lee CM, Lam TH, Vanderhoorn S, Ueshima H, Fang X, Kim HC, Rodgers A, Patel A, Jamrozik K, Huxley R; for the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Elevated total cholesterol: its prevalence and population attributable fraction for mortality from coronary heart disease and ischaemic stroke in the Asia-Pacific region.
Eur J Cardiovasc Prev Rehabil, 15 (4) : 397-401, 2008 PubMed Abstract
文献 [295]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Curb JD, Ueshima H, El-Saed A, Kadowaki T, Abbott RD, Evans RW, Rodriguez BL, Okamura T, Sutton-Tyrrell K, Nakamura Y, Masaki K, Edmundowicz D, Kashiwagi A, Willcox BJ, Takamiya T, Mitsunami K, Seto TB, Murata K, White RL, Kuller LH; ERA JUMP (Electron-Beam Tomography, Risk Factor Assessment Among Japanese, U.S. Men in the Post-World War II Birth Cohort) Study Group. : Marine-derived n-3 fatty acids and atherosclerosis in Japanese, Japanese-American, and white men: a cross-sectional study.
J Am Coll Cardiol, 52 (6) : 417-424, 2008 PubMed Abstract
文献 [296]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tzoulaki I, Brown IJ, Chan Q, Van Horn L, Ueshima H, Zhao L, Stamler J, Elliott P; International Collaborative Research Group on Macro-/Micronutrients, Blood Pressure. : Relation of iron and red meat intake to blood pressure: cross sectional epidemiological study.
BMJ, 337 : 258, 2008 PubMed Abstract
文献 [297]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Shimano H, Arai H, Harada-Shiba M, Ueshima H, Ohta T, Yamashita S, Gotoda T, Kiyohara Y, Hayashi T, Kobayashi J, Shimamoto K, Bujo H, Ishibashi S, Shirai K, Oikawa S, Saito Y, Yamada N. : Proposed guidelines for hypertriglyceridemia in Japan with non-HDL cholesterol as the second target.
J Atheroscler Thromb, 15 (3) : 116-121, 2008 PubMed Abstract
文献 [298]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kamon Y, Okamura T, Tanaka T, Hozawa A, Yamagata Z, Takebayashi T, Kusaka Y, Urano S, Nakagawa H, Kadowaki T, Miyoshi Y, Yamato H, Okayama A, Ueshima H; the HIPOP-OHP Research Group. : Marital Status and Cardiovascular Risk Factors among Middle-aged Japanese Male Workers: The High-risk and Population Strategy for Occupational Health Promotion (HIPOP-OHP) Study.
J Occup Health, 50 (4) : 348-356, 2008 PubMed Abstract
文献 [299]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Barzi F, Huxley R, Jamrozik K, Lam TH, Ueshima H, Gu D, Kim HC, Woodward M. : Association of smoking and smoking cessation with major causes of mortality in the Asia Pacific Region: the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
Tob Control., 17 (3) : 166-172, 2008 PubMed Abstract
文献 [300]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Kanda H, Hayakawa T, Murakami Y, Okayama A, Ueshima H, For The Health Promotion Research Committee Of The Shiga National Health Insurance Organizations. : Medical expenditure for diabetic patients: A 10-year follow-up study of National Health Insurance in Shiga, Japan.
Public Health, 122 (11) : 1226-1228, 2008 PubMed Abstract
文献 [301]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Primary hyperlipidemia.
J Atheroscler Thromb, 15 (2) : 49-51, 2008 PubMed Abstract
文献 [302]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Murakami Y, Hozawa A, Okamura T, Ueshima H; Evidence for Cardiovascular Prevention From Observational Cohorts in Japan Research Group (EPOCH-JAPAN). : Relation of blood pressure and all-cause mortality in 180,000 Japanese participants: pooled analysis of 13 cohort studies.
Hypertension, 51 (6) : 1483-1491, 2008 PubMed Abstract
文献 [303]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hozawa A, Okamura T, Oki I, Murakami Y, Kadowaki T, Nakamura K, Miyamatsu N, Hayakawa T, Kita Y, Nakamura Y, Nakamura Y, Abbott RD, Okayama A, Ueshima H. : Relationship Between BMI and All-cause Mortality in Japan: NIPPON DATA80.
Obesity (Silver Spring), 16 (7) : 1714-1717, 2008 PubMed Abstract
文献 [304]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Rumana N, Kita Y, Turin TC, Murakami Y, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H. : Trend of increase in the incidence of acute myocardial infarction in a Japanese population: Takashima AMI Registry, 1990-2001.
Am J Epidemiol, 167 (11) : 1358-1364, 2008 PubMed Abstract
文献 [305]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yamamoto T, Nakamura Y, Hozawa A, Okamura T, Kadowaki T, Hayakawa T, Murakami Y, Kita Y, Okayama A, Abbott RD, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Low-risk profile for cardiovascular disease and mortality in Japanese.
Circ J, 72 (4) : 545-550, 2008 PubMed Abstract
文献 [306]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kohara K, Tabara Y, Nakura J, Imai Y, Ohkubo T, Hata A, Soma M, Nakayama T, Umemura S, Hirawa N, Ueshima H, Kita Y, Ogihara T, Katsuya T, Takahashi N, Tokunaga K, Miki T. : Identification of hypertension-susceptibility genes and pathways by a systemic multiple candidate gene approach: the millennium genome project for hypertension.
Hypertens Res, 31 (2) : 203-212, 2008 PubMed Abstract
文献 [307]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hozawa A, Okamura T, Murakami Y, Kadowaki T, Nakamura K, Hayakawa T, Kita Y, Nakamura Y, Abbott RD, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Joint impact of smoking and hypertension on cardiovascular disease and all-cause mortality in Japan: NIPPON DATA80, a 19-year follow-up.
Hypertens Res, 30 (12) : 1169-1175, 2008 PubMed Abstract
文献 [308]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Barzi F, Lam TH, Huxley R, Feigin VL, Ueshima H, Woo J, Gu D, Ohkubo T, Lawes CM, Suh I, Woodward M; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Cigarette smoking, systolic blood pressure, and cardiovascular diseases in the Asia-Pacific region.
Stroke, 39 (6) : 1694-1702, 2008 PubMed Abstract
文献 [309]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Elliott P, Kesteloot H, Appel LJ, Dyer AR, Ueshima H, Chan Q, Brown IJ, Zhao L, Stamler J; INTERMAP Cooperative Research Group. : Dietary phosphorus and blood pressure: international study of macro- and micro-nutrients and blood pressure.
Hypertension, 51 (3) : 669-675, 2008 PubMed Abstract
文献 [310]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hayashino Y, Fukuhara S, Okamura T, Yamato H, Tanaka H, Tanaka T, Kadowaki T, Ueshima H; HIPOP-OHP Research Group. : A prospective study of passive smoking and risk of diabetes in a cohort of workers: the High-Risk and Population Strategy for Occupational Health Promotion (HIPOP-OHP) study.
Diabetes Care, 31 (4) : 732-734, 2008 PubMed Abstract
文献 [311]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Murakami Y, Rumana N, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Abbott RD, Ueshima H. : Higher stroke incidence in the spring season regardless of conventional risk factors: Takashima Stroke Registry, Japan, 1988-2001.
Stroke, 39 (3) : 745-752, 2008 PubMed Abstract
文献 [312]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Holmes E, Loo RL, Stamler J, Bictash M, Yap IK, Chan Q, Ebbels T, De Iorio M, Brown IJ, Veselkov KA, Daviglus ML, Kesteloot H, Ueshima H, Zhao L, Nicholson JK, Elliott P. : Human metabolic phenotype diversity and its association with diet and blood pressure.
Nature, 15 (453) : 396-400, 2008 PubMed Abstract
文献 [313]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Miura K, Stamler J, Nakagawa H, Elliott P, Ueshima H, Chan Q, Brown IJ, Tzoulaki I, Saitoh S, Dyer AR, Daviglus ML, Kesteloot H, Okayama A, Curb JD, Rodriguez BL, Elmer PJ, Steffen LM, Robertson C, Zhao L; for the International Study of Macro-Micronutrients Blood Pressure Research Group. : Relationship of Dietary Linoleic Acid to Blood Pressure. The International Study of Macro-Micronutrients and Blood Pressure Study.
Hypertension., 52 (2) : 408-414, 2008 PubMed Abstract
文献 [314]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tamaki S, Nakamura Y, Tabara Y, Okamura T, Kanda H, Kita Y, Kadowaki T, Tsujita Y, Turin TC, Horie M, Miki T, Ueshima H : Association between polymorphism of the AGTR1 and cardiovascular events in a Japanese general sample (The Shigaraki Study)
Int J Cardiol, 136 (3) : 354-355, 2008 PubMed Abstract
文献 [315]: 著書 記載言語:日本語
上島 弘嗣(編著) : NIPPON DATAからみた循環器疾患のエビデンス
日本医事新報社, (東京), , -, 2008
文献 [316]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 日本人の危険因子ーリスクチャートを中心にー
カレントテラピー 特集 脂質異常症, 26 (1) : 13-17, 2008
文献 [317]: その他 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 動脈硬化性疾患の疫学
Medico, 39 (3) : 88-89, 2008
文献 [318]: 総説 記載言語:日本語
滋賀県医師会糖尿病実態調査委員会:柏木厚典、上島弘嗣、大西敦夫、岡本元純、折田雄一、高嶋直敬、西田保裕、前川 聡、三浦孝正、矢野秀樹、吉徳克仁 : 滋賀県内全医療機関を対象にした糖尿病実態調査-平成12年と18年の比較から-
日本医事新報, 4399 : 71-74, 2008
文献 [319]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 特集 高血圧治療ーエビデンスに基づいたアプローチ NIPPON DATAと高血圧
日本医師会雑誌, 137 (8) : 1686-1686, 2008
文献 [320]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
門脇 崇, 上島 弘嗣 : NIPPON DATA ー循環器疾患基礎調査の予後追跡
医学のあゆみ, 224 (2) : 139-142, 2008
文献 [321]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
中村 幸志, 岡村 智教, 上島 弘嗣 : 飲酒高血圧の占める割合
血圧, 15 (3) : 14-15, 2008
文献 [322]: 学会抄録 記載言語:日本語
藤吉 朗、寳澤 篤、村上 義孝、門脇 崇、高嶋 直敬、奥田 奈賀子、喜多 義邦、上島 弘嗣、岡村 智教、中村 保幸、早川 岳人、岡山 明 : 血清γ-GTP活性と総死亡との関連 -NIPPON DATA 90による検討-
J Epidemiol, 18 (1) : 146-146, 2008
文献 [323]: 学会抄録 記載言語:日本語
高嶋 直敬、寳澤 篤、奥田 奈賀子、村上 義孝、門脇 崇、喜多 義邦、上島 弘嗣、岡村 智教、早川 岳人、中村 保幸、岡山 明、for the NIPPON DATA80 Research Group : 中壮年期の喫煙行動と老年期の日常生活動作、総死亡の関連 -1980年循環器疾患基礎調査受検者の19年の追跡調査から(NIPPON DATA80)-
J Epidemiol, 18 (1) : 145-145, 2008
文献 [324]: 学会抄録 記載言語:日本語
村上 義孝、寳澤 篤、岡村 智教、高嶋 直敬、奥田 奈賀子、喜多 義邦、門脇 崇、上島 弘嗣、早川 岳人、岡山 明、for the NIPPON DATA90 Research Group : 60歳以降の男性における喫煙経験別にみた傷害なし平均余命 -NIPPON DATA90 による健康寿命の算定ー
J Epidemiol, 18 (1) : 70-70, 2008
文献 [325]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村 智教、東山 綾、寳澤 篤、高嶋 直敬、奥田 奈賀子、村上 義孝、門脇 崇、喜多 義邦、上島 弘嗣、早川 岳人、岡山 明、for the NIPPON DATA90 Research group : 血清HDLコレステロールと日常生活動作、総死亡の関連 -1990年循環器疾患基礎調査受検者の10年間の追跡調査から(NIPPON DATA90)-
J Epidemiol, 18 (1) : 69-69, 2008
文献 [326]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上田博子, 東山綾, 岡山明, 岡村智教, 奥田奈賀子, 由田克士, 斎藤重幸, 坂田清美, ソヘル・レザ・チョウドリ, 門脇崇, 喜多義邦, 三浦克之, 中川秀昭, 渡邊至, 上島弘嗣, INTERMAP研究 : 中年男性の肥満と脂肪エネルギー比率との関連 ~INTERMAP 日本における検討~
日本循環器病予防学会誌, 43 (2) : 123-131, 2008
文献 [327]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
笠置文善、片山博昭、児玉和紀、上島弘嗣 : 動脈硬化性疾患のリスク評価チャート
The Lipid, 19 (2) , 2008
文献 [328]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
笠置文善、片山博昭、児玉和紀、上島弘嗣 : 循環器疾患リスク評価チャートのPCソフトの開発
日本循環器病予防学雑誌, 43 (2) : 166-171, 2008
文献 [329]: 総説 記載言語:日本語
奥田奈賀子, 上島弘嗣 : 予防医学の視点からみた栄養の現状と対策の視点(健康日本21をふまえて)
栄養評価と治療, 25 (2) : 114-117, 2008
文献 [330]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Prevalence of diabetes mellitus and population attributable fractions for coronary heart disease and stroke mortality in the WHO South-East Asia and Western Pacific regions.
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, 16 : 187-192, 2007
文献 [331]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration (Writing committee: AP Kengne, A Patel, F Barzi, K Jamrozik, TH Lam, H Ueshima, T Ohkubo, XH Fang, HC Kim, M Woodward). : Cholesterol, diabetes and major cardiovascular diseases in Asia Pacific Region.
Diabetologia, 50 : 2289-2297, 2007
文献 [332]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration, Barzi F, Patel A, Gu D, Sritara P, Lam TH, Rodgers A, Woodward M. : Cardiovascular risk prediction tools for populations in Asia.
J Epidemiol Community Health, 61 (2) : 115-121, 2007 PubMed Abstract
文献 [333]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Cholesterol, diabetes and major cardiovascular diseases in the Asia-Pacific region.
Diabetologia, 50 (11) : 2289-2297, 2007 PubMed Abstract
文献 [334]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Woodward M, Barzi F, Feigin V, Gu D, Huxley R, Nakamura K, Patel A, Ho S, Jamrozik K; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Associations between high-density lipoprotein cholesterol and both stroke and coronary heart disease in the Asia Pacific regio
Eur Heart J, 28 (21) : 2653-2660, 2007 PubMed Abstract
文献 [335]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : The burden of overweight and obesity in the Asia-Pacific region.
Obes Rev, 8 (3) : 191-196, 2007 PubMed Abstract
文献 [336]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Huxley R, Jamrozik K, Lam TH, Barzi F, Ansary-Moghaddam A, Jiang CQ, Suh I, Woodward M; Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Impact of smoking and smoking cessation on lung cancer mortality in the Asia-Pacific region.
Am J Epidemiol, 165 (11) : 1280-1286, 2007 PubMed Abstract
文献 [337]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hozawa A, Okamura T, Kadowaki T, Murakami Y, Nakamura K, Hayakawa T, Kita Y, Nakamura Y, Okayama A; Hirotsugu Ueshima for NIPPON DATA80 Research group. : Is weak association between cigarette smoking and cardiovascular disease mortality observed in Japan explained by low total cholesterol? NIPPON DATA80.
Int J Epidemiol, 36 (5) : 1060-1067, 2007 PubMed Abstract
文献 [338]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M; Japan Atherosclerosis Society (JAS) Committee for Epidemiology and Clinical Management of Atherosclerosis. : Diagnostic criteria for dyslipidemia. Executive summary of Japan Atherosclerosis Society (JAS) guideline for diagnosis and prevention of atherosclerotic cardiovascular diseases for Japanese.
J Atheroscler Thromb, 14 (4) : 155-158, 2007 PubMed Abstract
文献 [339]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M, Committee for Epidemiology and Clinical Management of Atherosclerosis. : Goals of dyslipidemia management.
J Atheroscler Thromb, 14 (5) : 209-212, 2007 PubMed Abstract
文献 [340]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kato N, Miyata T, Tabara Y, Katsuya T, Yanai K, Hanada H, Kamide K, Nakura J, Kohara K, Takeuchi F, Mano H, Yasunami M, Kimura A, Kita Y, Ueshima H, Nakayama T, Soma M, Hata A, Fujioka A, Kawano Y, Nakao K, Sekine A, Yoshida T, Nakamura Y, Saruta T, Ogihara T, Sugano S, Miki T, Tomoike H. : High-density association study and nomination of susceptibility genes for hypertension in the Japanese National Project.
Hum Mol Genet, 17 (4) : 617-627, 2007 PubMed Abstract
文献 [341]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kawano Y, Ando K, Matsuura H, Tsuchihashi T, Fujita T, Ueshima H; Working Group for Dietary Salt Reduction of the Japanese Society of Hypertension. : Report of the Working Group for Dietary Salt Reduction of the Japanese Society of Hypertension: (1) Rationale for salt restriction and salt-restriction target level for the management of hypertension.
Hypertens Res, 30 (10) : 879-886, 2007 PubMed Abstract
文献 [342]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kawano Y, Tsuchihashi T, Matsuura H, Ando K, Fujita T, Ueshima H; Working Group for Dietary Salt Reduction of the Japanese Society of Hypertension. : Report of the Working Group for Dietary Salt Reduction of the Japanese Society of Hypertension: (2) Assessment of salt intake in the management of hypertension.
Hypertens Res, 30 (10) : 887-893, 2007 PubMed Abstract
文献 [343]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tanaka T, Okamura T, Yamagata Z, Takebayashi T, Tamura U, Kusaka Y, Urano S, Miyoshi Y, Okayama A, Ueshima H; HIPOP-OHP Research Group. : Awareness and treatment of hypertension and hypercholesterolemia in Japanese workers: the High-risk and Population Strategy for Occupational Health Promotion (HIPOP-OHP) study.
Hypertens Res, 30 (10) : 921-928, 2007 PubMed Abstract
文献 [344]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
El-Saed A, Sekikawa A, Zaky RW, Kadowaki T, Takamiya T, Okamura T, Edmundowicz D, Kita Y, Kuller LH, Ueshima H. : Association of lipoprotein-associated phospholipase A2 with coronary calcification among American and Japanese men.
J Epidemiol, 17 (6) : 179-185, 2007 PubMed Abstract
文献 [345]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H. : Explanation for the Japanese paradox: prevention of increase in coronary heart disease and reduction in stroke.
J Atheroscler Thromb, 14 (6) : 278-286, 2007 PubMed Abstract
文献 [346]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Risk factors of atherosclerotic diseases. Executive summary of Japan Atherosclerosis Society (JAS) guideline for diagnosis and prevention of atherosclerosis cardiovascular diseases for Japanese.
J Atheroscler Thromb, 14 (6) : 267-277, 2007 PubMed Abstract
文献 [347]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hozawa A, Okamura T, Kadowaki T, Murakami Y, Nakamura K, Hayakawa T, Kita Y, Nakamura Y, Okayama A, Ueshima H; The NIPPON DATA90 Research Group. : gamma-Glutamyltransferase predicts cardiovascular death among Japanese women.
Atherosclerosis. , 194 : 498-504, 2007 PubMed Abstract
文献 [348]: 学会抄録 記載言語:英語
奥田奈賀子, 上島弘嗣, 岡山明, 斎藤重幸, 中川秀昭, 坂田清美 : 減塩を実践している者とそうでない者での実際の食塩摂取量の差―INTERMAP研究(日本、中国、英国、米国)の24時間尿中Na排泄量データよりー
第30回日本高血圧学会抄録集, : 191--, 2007
文献 [349]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Choo J, Ueshima H, Jang Y, Sutton-Tyrrell K, El-Saed A, Kadowaki T, Takamiya T, Okamura T, Ueno Y, Nakamura Y, Sekikawa A, Curb JD, Kuller LH, Shin C. : Difference in Carotid Intima-Media Thickness Between Korean and Japanese Men.
Ann Epidemiol. , 18 (4) : 310-315, 2007 PubMed Abstract
文献 [350]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Abbott RD, Ueshima H, Masaki KH, Willcox BJ, Rodriguez BL, Ikeda A, Yano K, White LR, Curb JD. : Coronary Artery Calcification and Total Mortality in Elderly Men.
J Am Geriatr Soc., 55 (12) : 1948-1954, 2007 PubMed Abstract
文献 [351]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Hayakawa T, Hozawa A, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA90 Research Group. : The proportion of individuals with alcohol-induced hypertension among total hypertensives in a general Japanese population: NIPPON DATA90.
Hypertens Res, 30 (8) : 663-668, 2007 PubMed Abstract
文献 [352]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Nakamura K, Kanda H, Hayakawa T, Hozawa A, Murakami Y, Kadowaki T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H : Health Promotion Research Committee, Shiga National Health Insurance Organizations.Effect of combined cardiovascular risk factors on individual and population medical expenditures: a 10-year cohort study of national health insurance in a Japanese population
Circ J, 71 (6) : 807-813, 2007 PubMed Abstract
文献 [353]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Rumana N, Sugihara H, Morita Y, Tomioka N, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H. : Registration and Surveillance of Acute Myocardial Infarction in Japan: Monitoring an Entire Community by the Takashima AMI Registry.
Circ J., 71 (10) : 1617-1621, 2007 PubMed Abstract
文献 [354]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Abbott RD, Ueshima H, Rodriguez BL, Kadowaki T, Masaki KH, Willcox BJ, Sekikawa A, Kuller LH, Edmundowicz D, Shin C, Kashiwagi A, Nakamura Y, El-Saed A, Okamura T, White R, Curb JD : Coronary Artery Calcification in Japanese Men in Japan and Hawaii.
Am J Epidemiol., 166 (11) : 1280-1287, 2007 PubMed Abstract
文献 [355]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hayashino Y, Fukuhara S, Suzukamo Y, Okamura T, Tanaka T, Ueshima H : Normal fasting plasma glucose levels and type 2 diabetes: the high-risk and population strategy for occupational health promotion (HIPOP-CHP) study.
Acta Diabetol, 44 (3) : 164-166, 2007 PubMed Abstract
文献 [356]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Watanabe M, Okayama A, Shimamoto K, Ueshima H. : Short-term effectiveness of an individual counseling program for impaired fasting glucose and mild type 2 diabetes in Japan: a multi-center randomized control trial.
Asia Pac J Clin Nutr., 16 (3) : 489-497, 2007 PubMed Abstract
文献 [357]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Turin TC, Kita Y, Murakami Y, Rumana N, Sugihara H, Morita Y, Hirose K, Okayama A, Nakamura Y, Ueshima H : Increase of Stroke Incidence after Weekend Regardless of Traditional Risk Factors: Takashima Stroke Registry, Japan; 1988-2003.
Cerebrovasc Dis, 24 (4) : 328-338, 2007 PubMed Abstract
文献 [358]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Hayakawa T, Hozawa A, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Okayama A, Ueshima H; for the NIPPON DATA80, 90 Research Group : The proportion of individuals with obesity-induced hypertension among total hypertensives in a general Japanese population: NIPPON DATA80, 90
Eur J Epidemio, 22 (10) : 691-698, 2007 PubMed Abstract
文献 [359]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yoneyama S, Miura K, Itai K, Yoshita K, Nakagawa H, Shimmura T, Okayama A, Sakata K, Saitoh S, Ueshima H, Elliott P, Stamler J. : Dietary intake and urinary excretion of selenium in the Japanese adult population: the INTERMAP Study Japan.
Eur J Clin Nutr, 62 (10) : 1187-1193, 2007 PubMed Abstract
文献 [360]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueno Y, Tamaki S, Kadowaki T, Okamura T, Kita Y, Miyamatsu N, Sekikawa A, Takamiya T, El-Saed A, Sutton-Tyrrell K, Ueshima H. : Fish consumption and early atherosclerosis in middle-aged men.
Metabolism, 56 (8) : 1060-1064, 2007 PubMed Abstract
文献 [361]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hayashino Y, Fukuhara S, Suzukamo Y, Okamura T, Tanaka T, Ueshima H; HIPOP-OHP Research group : Relation between sleep quality and quantity, quality of life, and risk of developing diabetes in healthy workers in Japan: the High-risk and Population Strategy for Occupational Health Promotion (HIPOP-OHP) Study.
BMC Public Health, 7 : 129, 2007 PubMed Abstract
文献 [362]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Matsunaga-Irie S, Ueshima H, Zaky WR, Kadowaki T, Evans RW, Okamura T, Takamiya T, Kita Y, Kuller LH, Sekikawa A : Serum ghrelin levels are higher in Caucasian men than Japanese men aged 40-49 years.
Diabetes Obes Metab., 9 (4) : 591-593, 2007 PubMed Abstract
文献 [363]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration, Kengne AP, Patel A, Barzi F, Jamrozik K, Lam TH, Ueshima H, Gu DF, Suh I, Woodward M : Systolic blood pressure, diabetes and the risk of cardiovascular diseases in the Asia-Pacific region.
J Hypertens., 25 (6) : 1205-1213, 2007 PubMed Abstract
文献 [364]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H, Stamler J, Elliott P, Chan Q, Brown IJ, Carnethon MR, Daviglus ML, He K, Moag-Stahlberg A, Rodriguez BL, Steffen LM, Van Horn L, Yarnell J, Zhou B; INTERMAP Research Group. : Food omega-3 fatty acid intake of individuals (total, linolenic acid, long-chain) and their blood pressure: INTERMAP study.
Hypertension.;, 50 (2) : 313-319, 2007 PubMed Abstract
文献 [365]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ohsawa M, Okayama A, Okamura T, Itai K, Nakamura M, Tanno K, Kato K, Yaegashi Y, Onoda T, Sakata K, Ueshima H : Mortality risk attributable to atrial fibrillation in middle-aged and elderly people in the Japanese general population: nineteen-year follow-up in NIPPON DATA80
Circ J, 71 (6) : 814-819, 2007 PubMed Abstract
文献 [366]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nishi N, Sugiyama H, Kasagi F, Kodama K, Hayakawa T, Ueda K, Okayama A, Ueshima H. : Urban-rural difference in stroke mortality from a 19-year cohort study of the Japanese general population: NIPPON DATA80.
Social science & medicine, 65 (4) : 822-832, 2007 PubMed Abstract
文献 [367]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadota A, Hozawa A, Okamura T, Kadowak T, Nakmaura K, Murakami Y, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Nakamura Y, Kashiwagi A, Ueshima H; NIPPON DATA Research Group. : Relationship between metabolic risk factor clustering and cardiovascular mortality stratified by high blood glucose and obesity: NIPPON DATA90, 1990-2000.
Diabetes Care, 30 (6) : 1533-1538, 2007 PubMed Abstract
文献 [368]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y; Kita Y; Iso H; Ueshima H; Okada K, Konishi M; Inoue M, Tsugane S; The JPHC Study Group : Alcohol consumption, alcohol-induced flushing and incidence of acute myocardial infarction among middle-aged men in Japan-Japan Public Health Center-based prospective study.
Atherosclerosis., 194 : 512-516, 2007 PubMed Abstract
文献 [369]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yamazaki S, Fukuhara S, Suzukamo Y, Morita S, Okamura T, Tanaka T, Ueshima H. : Lifestyle and work predictors of fatigue in Japanese manufacturing workers.
Occup Med (Lond)., 57 (4) : 262-269, 2007 PubMed Abstract
文献 [370]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Kanda H, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H : Medical costs of obese Japanese: a 10-year follow-up study of National Health Insurance in Shiga, Japan.
Eur J Public Health, 17 (5) : 424-429, 2007 PubMed Abstract
文献 [371]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
A Hozawa, Y Murakami, T Okamura, T Kadowaki, K Nakamura, T Hayakawa, Y Kita, Y Nakamura, A Okayama, H Ueshima, The NIPPON DATA80 Research Group : Relation of Adult Height With Stroke Mortality in Japan NIPPON DATA80
Stroke, 38 : 22-26, 2007 PubMed Abstract
文献 [372]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Nakamura K, Kanda H, Hayakawa T, Hozawa A, Murakami Y, Kadowaki T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H; Health Promotion Research Committee, Shiga National Health Insurance Organizations. : Effect of combined cardiovascular risk factors on individual and population medical expenditures: a 10-year cohort study of national health insurance in a Japanese population.
Circ J. , 71 (6) : 807-813, 2007 PubMed Abstract
文献 [373]: その他 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Kanda H, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H, for the Health Promotion Research Committee of the Shiga National Health Insurance Organizations : Medical costs of individuals with proteinuria: a 10-year follow-up study of National Health Insurance in Shiga, Japan.
Public Health, 121 (3) : 174-176, 2007 PubMed Abstract
文献 [374]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Tanaka H, Miyamatsu N, Hayakawa T, Kadowaki T, Kita Y, Nakamura Y, Okayama A, Ueshima H, for the NIPPON DATA80 Research group : The relationship between serum total cholesterol and all-cause or cause-specific mortality in a 17.3-year study of a Japanese cohort.
Atherosclerosis , 190 (1) : 216-223, 2007 PubMed Abstract
文献 [375]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Martiniuk AL, Lee CM, Lawes CM, Ueshima H, Suh I, Lam TH, Gu D, Feigin V, Jamrozick K, Ohkubo T, Woodward M; Asaia-Pacific Cohort Studies Collaboration : Hypertension: its prevalence and population-attributable fraction for mortality from cardiovascular disease in the Asia-Pacific region.
J Hypertens, 25 (1) : 73-79, 2007 PubMed Abstract
文献 [376]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tamakoshi K, Toyoshima H, Yatsuya H, Matsushita K, Okamura T, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA Research Group : White blood cell count and risk of all-cause and cardiovascular mortality in nationwide sample of Japanese--results from the NIPPON DATA90.
Circ J , 71 (4) : 479-485, 2007 PubMed Abstract
文献 [377]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Higashiyama A, Murakami Y, Hozawa A, Okamura T, Hayakawa T, Kadowaki T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H : Does self-reported history of hypertension predict cardiovascular death? Comparison with blood pressure measurement in a 19-year prospective study.
J Hypertens, 25 (5) : 959-964, 2007 PubMed Abstract
文献 [378]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Murakami Y, Ueshima H, Okamura T, Kadowaki T, Hozawa A, Kita Y, Hayakawa T, Okayama A; NIPPON DATA Research Group : Life expectancy among Japanese of different smoking status in Japan: NIPPON DATA80.
J Epidemiol , 17 (2) : 31-37, 2007 PubMed Abstract
文献 [379]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Turin TC, Kita Y, Tamaki S, Tsujita Y, Kadowaki T, Murakami Y, Okamura T, Ueshima H : Associations of obesity measures with metabolic risk factors in a community-based population in Japan
Circ J , 71 (5) : 776-781, 2007 PubMed Abstract
文献 [380]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Ueshima H, Kadowaki T, El-Saed A, Okamura T, Takamiya T, Kashiwagi A, Edmundowicz D, Murata K, Sutton-Tyrrell K, Maegawa H, Evans RW, Kita Y, Kuller LH : Less subclinical atherosclerosis in Japanese men in Japan than in White men in the United States in the post-World War II birth cohort.
Am J Epidemiol, 165 (6) : 617-624, 2007 PubMed Abstract
文献 [381]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Tabara Y, Miki T, Tamaki S, Kita Y, Okamura T, Ueshima H. : Both angiotensinogen M235T and alpha-adducin G460W polymorphisms are associated with hypertension in the Japanese population.
J Hum Hypertens, 21 (3) : 253-255, 2007 PubMed Abstract
文献 [382]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yatsu K, Mizuki N, Hirawa N, Oka A, Itoh N, Yamane T, Ogawa M, Shiwa T, Tabara Y, Ohno S, Soma M, Hata A, Nakao K, Ueshima H, Ogihara T, Tomoike H, Miki T, Kimura A, Mano S, Kulski JK, Umemura S, Inoko H. : High-resolution mapping for essential hypertension using microsatellite markers.
Hypertension, 49 (3) : 446-452, 2007 PubMed Abstract
文献 [383]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teramoto T, Sasaki J, Ueshima H, Egusa G, Kinoshita M, Shimamoto K, Daida H, Biro S, Hirobe K, Funahashi T, Yokote K, Yokode M. : Executive Summary of Japan Atherosclerosis Society (JAS) Guideline for Diagnosis and Prevention of Atherosclerotic Cardiovascular Diseases for Japanese.
J Atheroscler Thromb , 14 (2) : 45-50, 2007 PubMed Abstract
文献 [384]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tsujita Y, Nakamura Y, Zhang Q, Tamaki S, Nozaki A, Amamoto K, Kadowaki T, Kita Y, Okamura T, Horie M, Ueshima H : The Association between High-Density Lipoprotein Cholesterol Level and Cholesteryl Ester Transfer Protein TaqIB Gene Polymorphism is Influenced by Alcohol Drinking in a Population-Based Sample
Atherosclerosis, 191 (1) : 199-205, 2007 PubMed Abstract
文献 [385]: 学会抄録 記載言語:日本語
寳澤篤, 岡村智教, 村上義孝, 中村幸志, 早川岳人, 喜多義邦, 中村保幸, アボット ロバート, 岡山明, 上島弘嗣 : 中壮年男性では高血圧と喫煙により60%の循環器疾患死亡が説明される。NIPPON DATA80
第30回日本高血圧学会抄録集, : 152--, 2007
文献 [386]: 学会抄録 記載言語:日本語
高嶋直敬, Sohel Reza Choudhury, 寳澤篤, 岡村智教, 門脇崇, 村上義孝, 中村幸志, 奥田奈賀子, 喜多義邦, 早川岳人, 中村保幸, 岡山明, 上島弘嗣, NIPPON DATA:Research Group : アルコール摂取頻度別の血圧と循環器死亡リスクーNIPPON DATA90-
第30回日本高血圧学会抄録集, : 192--, 2007
文献 [387]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 個人のオメガ3系脂肪酸摂取量(総計、リノレン酸、長鎖脂肪酸)と血圧との関連:INTERMAP研究より
第30回日本高血圧学会抄録集, : 265--, 2007
文献 [388]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 国民のさらなる血圧低下を図るために:INTERSALT,INTERMAP研究より
第30回日本高血圧学会抄録集, : 125--, 2007
文献 [389]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : NIPPON DATA:成立とその経過から学ぶもの
30回日本高血圧学会抄録集 , : 137--, 2007
文献 [390]: 総説 記載言語:日本語
東山綾, 寳澤篤, 上島弘嗣 : 自己申告高血圧の循環器疾患死亡予測における有用性
血圧, 14 (9) : 870-871, 2007
文献 [391]: 総説 記載言語:日本語
奥田奈賀子, 上島弘嗣 : 減塩のすすめ方
血圧, 14 (10) : 66-68, 2007
文献 [392]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : リスクチャートの読み方
治療学, 41 (9) : 57-61, 2007
文献 [393]: その他 記載言語:日本語
岡村 智教, 田中 太一郎, 由田 克士, 武林 亨, 大和 浩, 三浦克 之, 中川 秀昭, 日下 幸則 , 岡山 明, 山縣 然太朗, 上島 弘嗣 : 講座 職域におけるポピュレーション・アプローチを用いた生活習慣病危険因子」の改善(HIPOP-OHP 研究)
産業医学ジャーナル, 30 (2) : 59-64, 2007
文献 [394]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 米国の高血圧男性では飲酒と心血管リスクの相関なし 高血圧症の男性におけるアルコール摂取と冠動脈疾患の発症リスク (解説 選択バイアスの影響を受けている点に留意すべきだ)
MMJ, 3 (6) : 450-451, 2007
文献 [395]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : DEBATE 高血圧治療のために食塩制限6g/日未満は達成できるか 「達成できる」とする立場から
臨床高血圧, 13 (2) : 33-39, 2007
文献 [396]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : IIb型高脂血症における動脈硬化リスク集積と心血管死亡---コホート研究NIPPON DATA90での検討
厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 原発性高脂血症に関する調査研究 平成18年度総括研究報告書 (主任研究者 山田 信博), : 25-25, 2007
文献 [397]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 特集 アンチエイジングに迫る アンチエイジングを疫学から探る
Life Style Medicine, 1 (2) : 61-65, 2007
文献 [398]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : わが国の動脈硬化性疾患の特徴と予防対策の視点
医学のあゆみ , 221 (13) : 1033-1037, 2007
文献 [399]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (Interview)疫学研究と臨床の交流の場を求めて
Therapeutic Research , 28 (2) : 184-186, 2007
文献 [400]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本においても高心拍数および高血圧は、心血管死の予測因子です
Nikkei Medical, (472) , 2007
文献 [401]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : タボリックシンドロームとその関連要因―INTERMAPおよび潜在性動脈硬化症の日米比較研究より(第40回河口湖心臓討論会)
心臓, 39 (2) : 162-166, 2007
文献 [402]: 総説 記載言語:日本語
関川暁, 門脇崇, 上島弘嗣 : 早期臓器障害の新しい評価―その臨床的意義― 早期冠動脈硬化の同定にelectron beam tomography(EBT)は有効か?
Medical Practice, 24 (2) : 307-311, 2007
文献 [403]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患の今後の動向
綜合臨床, 56 (2) : 262-232, 2007
文献 [404]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
中村幸志, 岡村智教, 上島弘嗣 : Ⅲ最近の話題 4.高血圧症と医療費.
日本内科学会雑誌, 96 (1) : 101-105, 2007
文献 [405]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Body mass index and risk of diabetes mellitus in the Asia-Pacific region.
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, 15 : 127-133, 2006
文献 [406]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Coronary risk prediction for those with and without diabetes
European Journal of Cardiovascular Prevention and Rehabilitation, 13 : 30-36, 2006
文献 [407]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : The fraction of ischaemic heart disease and stroke attributable to smoking in the WHO Western Pacific and South-East Asian regions.
Tobacco Control, 15 : 181-188, 2006
文献 [408]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Central obesity and risk of cardiovascular disease in the Asia Pacific Region.
Asia Pacific Journal of Clinical Nutrition, 15 : 287-292, 2006
文献 [409]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration (Writing Committee: A Patel, F Barzi, M Woodward, C Ni Mhurchu, T Ohkubo, TH Lam, T Welborn). : An evaluation of metabolic risks for coronary death in the Asia Pacific region.
Research and Clinical Practice, 74 : 274-281, 2006
文献 [410]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Alireza Ansary-Moghaddam, Rachel Huxley, Federica Barzi, Carlene Lawes, Takayoshi Ohkubo, Xianghua Fang, Sun Ha Jee, Mark Woodward, and Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : The effect of modifiable risk factors on pancreatic cancer mortality in populations of the Asia-pacific region.
Cancer Epidemiology Biomarkers and Prevention, 15 : 2435-2440, 2006
文献 [411]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Woodward M, Barzi F, Martiniuk A, Fang X, Gu DF, Imai Y, Lam TH, Pan WH, Rodgers A, Suh I, Jee SH, Ueshima H, Huxley R (Ohasama: Imai Y, Ohkubo T, Hozawa A). : Cohort profile: the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
International Journal of Epidemiology, 35 : 1412-1416, 2006
文献 [412]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Takamiya T, Kadowaki T, Zaky WR, Ueshima H, Evans RW, Okamura T, Kashiwagi A, Nakamura Y, Kita Y, Tracy RP, Kuller LH, Sekikawa A : The determinants of plasma plasminogen activator inhibitor-1 levels differ for American and Japanese men aged 40-49.
Diabetes Res Clin Pract, 72 (2) : 176-182, 2006 PubMed Abstract
文献 [413]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H : Diureties Usage and Future Issues.
Hypertens Res, 29 (11) : 835-836, 2006
文献 [414]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
NIPPON DATA80 Research Group : Risk Assessment Chart for Death Form Cardiovascular Dsease Based on a 19-Year Follow-up Study of a Japanese Representative Population -NIPPON DATA 80-
Circulation Journal, 70 (10) : 1249-1255, 2006
文献 [415]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Miura K, Nakagawa H, Ueshima H, Okayama A, Saitoh S, Curb JD, Rodriguez BL, Sakata K, Okuda N, Yoshita K, Stamler J; INTERMAP Research Group; INTERLIPID Research Group : Dietary factors related to higher plasma fibrinogen levels of Japanese-americans in hawaii compared with Japanese in Japan
Arterioscler Thromb Vasc Biol, 26 (7) : 1674-1679, 2006 PubMed Abstract
文献 [416]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tamaki S, Nakamura Y, Tabara Y, Okamura T, Kita Y, Kadowaki T, Tsujita Y, Horie M, Miki T, Ueshima H. : Relationship between the metabolic syndrome and TRP64ARG polymorphism of the beta3 adrenergic receptor gene in a general sample: The Shigaraki study.
Hypertens Res, 29 (11) : 891-896, 2006 PubMed Abstract
文献 [417]: その他 記載言語:英語
Kadowaki T, Sekikawa A, Okamura T, Takamiya T, Kashiwagi A, Zaky WR, Maegawa H, El-Saed A, Nakamura Y, Evans RW, Edmundowicz D, Kita Y, Kuller LH, Ueshima H. : Higher levels of adiponectin in American than in Japanese men despite obesity.
Metabolism , 55 (12) : 1561-1563, 2006 PubMed Abstract
文献 [418]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadowaki T, Watanabe M, Okayama A, Hishida K, Okamura T, Miyamatsu N, Hayakawa T, Kita Y, Ueshima H. : Continuation of smoking cessation and following weight change after intervention in a healthy population with high smoking prevalence.
J Occup Health, 48 (5) : 402-406, 2006 PubMed Abstract
文献 [419]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Kanda H, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H, for the Health Promotion Research Committee of the Shiga National Health Insurance Organizations : Medical costs of patients with hypertension and/or diabetes: a 10-year follow-up study of National Health Insurance in Shiga, Japan.
J Hypertens, 24 (11) : 2305-2309, 2006 PubMed Abstract
文献 [420]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Hayakawa T, Kadowaki T, Kita Y, Ohnishi H, Saitoh S, Sakata K, Okayama A, Ueshima H; The NIPPON DATA90 Research Group : Chronic Kidney Disease is a Risk Factor for Cardiovascular Death in a Community-Based Population in Japan.
Circ J, 70 (8) : 954-959, 2006 PubMed Abstract
文献 [421]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Kadowaki T, Sekikawa A, Murata K, Miyamatsu N, Nakamura Y, El-Saed A, Kashiwagi A, Maegawa H, Nishio Y, Takamiya T, Kanda H, Mitsunami K, Kita Y, Edmundowicz D, Tamaki S, Tsujita Y, Kuller LH, Ueshima H : Alcohol consumption and coronary artery calcium in middle-aged Japanese men.
Am J Cardiol , 98 (2) : 141-144, 2006 PubMed Abstract
文献 [422]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ozawa T, Ito M, Tamaki S, Yao T, Ashihara T, Kita Y, Okamura T, Ueshima H, Horie M : Gender and Age Effects on Ventricular Repolarization Abnormality in Japanese General Carriers of a G643S Common Single Nucleotide Polymorphism for the KCNQ1 Gene.
Circulation Journal, 70 (6) : 645-650, 2006 PubMed Abstract
文献 [423]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kanda H, Okamura T, Turin TC, Hayakawa T, Kadowaki T, Ueshima H : Smoking scenes in popular Japanese serial television dramas: descriptive analysis during the same 3-month period in two consecutive years.
Health Promot Int , 21 (2) : 98-103, 2006 PubMed Abstract
文献 [424]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tanaka H, Yamato H, Tanaka T, Kadowaki T, Okamura T, Nakamura M, Okayama A, Ueshima H : Effectiveness of a low-intensity intra-worksite intervention for smoking cessation in Japanese employees: three-year intervention trial.
J Occup Health, 48 : 175-182, 2006 PubMed Abstract
文献 [425]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadowaki T, Sekikawa A, Murata K, Maegawa H, Takamiya T, Okamura T, El-Saed A, Miyamatsu N, Edmundowicz D, Kita Y, Sutton-Tyrrell K, Kuller LH, Ueshima H : Japanese men have larger areas of visceral adipose tissue than Caucasian men in the same levels of waist circumference in a population-based study.
International Journal of Obesity (London), 30 (7) : 1163-1165, 2006 PubMed Abstract
文献 [426]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadowaki T, Kanda H, Watanabe M, Okayama A, Miyamatsu N, Okamura T, Hayakawa T, Hishida K, Kita Y, Ueshima H : Are comprehensive environmental changes as effective as health education for smoking cessation?
Tob Control, 15 (1) : 26-29, 2006 PubMed Abstract
文献 [427]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tamaki J, Ueshima H, Hayakawa T, Choudhury SR, Kodama k, kita Y , Okayama A;NIPPON DATA 80 Research Group : Effect of conventional risk factors for excess cardiovascular death in men: NIPPON DATA80.
Circ J , 70 (4) : 370-375, 2006
文献 [428]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Dumas ME, Maibaum EC, Teague C, Ueshima H, Zhou B, Lindon JC, Nicholson JK, Stamler J, Elliott P, Chan Q, Holmes E : Assessment of analytical reproducibility of 1H NMR spectroscopy based metabonomics for large-scale epidemiological research: the INTERMAP Study.
Analytical Chemistry, 78 (7) : 2199-2208, 2006
文献 [429]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H : Differences in medical expenditure according to drug prices.
Hypertens Res, 29 (5) : 301-302, 2006
文献 [430]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Woodward M, Barzi F, Martiniuk A, Fang X, Gu DF, Imai Y, Lam TH, Pan WH, Rodgers A, Suh I, Lee CH, Ueshima H, Huxley R; Asaia-Pacific Cohort Studies Collaboration : Cohort profile: the Asia Pacific Cohort Studies Collaboration.
Int J Epidemiol, 35 (6) : 1412-1416, 2006
文献 [431]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Iso H, Kita Y, Ueshima H, Okada K, Konishi M, Inoue M, Tsugane S : Egg consumption, serum total cholesterol concentrations and coronary heart disease incidence: Japan Public Health Center-based prospective study.
Br J Nutr, 96 (5) : 920-928, 2006
文献 [432]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yanagita M, WIllcox BJ, Masaki KH, Chen R, He Q, Rodriguez BL, Ueshima H, Curb JD : Disability and depression: investigating a complex relation using physical performance measures.
American Journal of Geriatric Psychiatry, 14 (12) : 1060-1068, 2006
文献 [433]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Oki I, Nakamura Y, Okamura T, Okayama A, Hayakawa T, Kita Y, Ueshima H. : Body Mass Index and Risk of Stroke Mortality among a Random Sample of Japanese Adults: 19-Year Follow-Up of NIPPON DATA80.
Cerebrovasc Dis, 22 (5-6) : 409-415, 2006 PubMed Abstract
文献 [434]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Kanda H, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H : Medical costs of patients with hypertension and/or diabetes: a 10-year follow-up study of National Health Insurance in Shiga, Japan.
J Hypertens, 24 (11) : 2305-2309, 2006 PubMed Abstract
文献 [435]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Koshi Nakamura, Tomonori Okamura, Takehito Hayakawa, Takashi Kadowaki, Yoshikuni Kita, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima , for the NIPPON DATA90 Research Group : Electrocardiogram Screening for Left High R-Wave Predicts Cardiovascular Death in a Japanese Community-Based Population:NIPPON DATA 90.
Hypertens Res, 29 (5) : 353-360, 2006
文献 [436]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yasuyuki Nakamura, Takako Yamamoto, Tomonori Okamura, Takashi Kadowaki, Takehito Hayakawa, Yoshikuni Kita, Shigeyuki Saitoh, Akira Okayama, Hirotsugu Ueshima : Combined Cardiovascular Risk Factors and Outcome –NIPPON DATA80,1980-1994–
Circulation Journal, 70 (8) : 960-964, 2006
文献 [437]: 学会抄録 記載言語:英語
Shinji Tamaki, Yasuyuki Nakamura, Yasuharu Tabara, Yasuyuki Tsujita, Tomonori Okamura, Yoshikuni Kita, Takashi Kadowaki, Minoru Horie, Tetsurou Miki, Hirotsugu Ueshima : Relationship between a Metabolic Syndrome and the Polymorphism of the Beta3 Adrenergic Receptor Gene in a General Sample (S-town Study)
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [438]: 学会抄録 記載言語:英語
Yasuyuki Nakamura, Hirotsugu Ueshima, Nagako Okuda, Aya Higashiyama, Yoshikuni Kita, Tomonori Okamura, Akira Okayama, Sohel Choudhury, Beatriz Rodriguez, David Curb : Adiponectin and the Prevalence of the Metabolic Syndrome among Japanese Men and Women in Japan and Hawaii:the INTERLIPID Study.
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [439]: 学会抄録 記載言語:英語
Tanvir Chowdhury Turin, Yoshikuni Kita, Yoshitaka Murakami, Nahid Rumana, Yasuyuki Nakamura, Hirotsugu Ueshima : Weekend after Increase in Stroke Incidence among Old Age Japanese Population
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [440]: 学会抄録 記載言語:英語
Tomonori Okamura, Naomi Miyamatsu, Takashi Kadowaki, Yasuyuki Nakamura, Shinji Tamaki, Yasuyuki Tsujita, Tomoko Takamiya, Yoshikuni Kita, Akira Sekikawa, Daniel Edmundowicz, Kuller Lewis H, Hirotsugu Ueshima : The Relationship between Alcohol Intake and Coronary Calcification in Middle-aged Healthy Japanese Men.
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [441]: 学会抄録 記載言語:英語
Tomoya Ozawa, Makoto Ito, Shinji Tamaki, Takenori Yao, Takashi Ashihara, Hirotsugu Ueshima, Minoru Horie : The Prolongation of Transmural Dispersion of Ventricular Repolarization in Japanese Asymptomatic Carriers of G643S Single Nucleotide Polymorphism of KCNQ1 Gene
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [442]: 学会抄録 記載言語:英語
Katsushi Yoshita, Katsuyuki Miura, Nagako Okuda, Akira Okayama, Shigeyuki Saitoh, Hideaki Nakagawa, Kiyomi Sakata, Sujata Archer, Paul Elliott, Jeremiah Stamler, Hirotsugu Ueshima : Effects of Dietary Supplement Use on Average Total Micronutrient Intake in Middle-Aged Japanese: The INTERMAP Study
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [443]: 学会抄録 記載言語:英語
Katsuyuki Miura, Hideaki Nakagawa, Hirotsugu Ueshima, Akira Okayama, Shigeyuki Saitoh, David Curb, Beatriz Rodriguez, Kiyomi Sakata, Nagako Okuda, Katsushi Yoshita, Jeremiah Stamler : Dietary Factors Related to the Plasma Fibrinogen Difference Between Japanese in Japan and Japanese-Amrricans in Hawaii: The INTERLIPID Study
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [444]: 学会抄録 記載言語:英語
Akira Sekikawa, Hirotsugu Ueshima, Kim Sutton-Tyrrell, Takashi Kadowaki, Tomoko Takamiya, Tomonori Okamura, Aiman El-Saed, Yoshikuni Kita, Yasuyuki Nakamura, J David Curb, Chol shin, Lewis H Kuller : Differences in the Distribution of NMR Lipoproteins Did Not Explain the Lower Carotid IMT in Men Aged 40-49 in the Japanese in Japan as Compared to Whites in the US
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [445]: 学会抄録 記載言語:英語
Takashi Kadowaki, Akira Sekikawa, Hirotsugu Ueshima, Tomoko Takamiya, Yasuyuki Nakamura, Aiman El-Saed, Tomonori Okamura, Kim Sutton-Tyrrell, Yoshikuni Kita, Lewis H Kuller : Lower Levels of Adiponectin Among Japanese than American Men After Adjusting for Abdominal Obesity
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [446]: 学会抄録 記載言語:英語
Tomoko Takamiya, Akira Sekikawa, Hirotsugu Ueshima, Aiman El-Saed, Takashi Kadowaki, Daniel Edmundowics, Tomonori Okamura, Rhobert W Evans, Yoshikuni Kita, Kim Sutton-Tyrrell, Yasuyuki Nakamura, J David Curb, Chol shin, Lewis H Kuller : Ethnic Differences in the Association of Carotid Intima-Media Thickness with Abdominal Fat Accumulation in Men Aged 40-49 from Population-Based Samples
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [447]: 学会抄録 記載言語:英語
Yasuyuki Nakamura, Hirotsugu Ueshima, Nagako Okuda, Aya Higashiyama, Yoshikuni Kita, Tomonori Okamura, Akira Okayama, Sohel R Choudhury, Beatriz L Rodriguez, David J Curb : Adiponectin and the Prevalence of the Metabolic Syndrome Among Japanese Men and Women in Japan and Hawaii: The INTERLIPID Study
Abstracts of the 46th Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention in Association with the Council on Nutrition,Physical Acotivity,and Metabolism(Phoenix), , 2006
文献 [448]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ktsuyuki Miura, Hideaki Nakagawa, Hirotsugu Ueshima, Akira Okayama, Shigeyuki Saitoh, J.David Curb, Beatriz L. Rodriguez, Kiyomi Sakata, Nagako Okuda, Kattsushi Yoshita, Jeremiah Stamler, the INTERMAP, INTERLIPID research Group : Dietary Factors Related toHigher Plasma Fibrinogen levels of Japanese-Americans in Hawaii Compared with Japanese in Japan.
Arterioscler Thromb Vasc Biol, : 1674-1679, 2006
文献 [449]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okayama A, Kadowaki T, Okamura T, Hayakawa T, Ueshima H, NIPPON DATA 80 Research Group : Age-specific effects of systolic and diastolic blood pressures on mortality due to cardiovascular diseases among Japanese men (NIPPON DATA80*)
J Hypertens, 24 (3) : 459-462, 2006 PubMed Abstract
文献 [450]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Elliott P, Stamler J, Dyer RA, Appel L, Dennis B, Kesteloot H, Ueshima H, Okayama A, Chan Q, Garside BD, Zhou B, INTERMAP Cooperative Research Group : Association Between Protein Intake and Blood Pressure. The INTERMAP Study
Archives of Internal Medicine, 166 : 79-87, 2006
文献 [451]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Kanda H, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H; Health Promotion Research Committee of the Shiga National Health Insurance Organizations : The value of combining serum alanine aminotransferase levels and body mass index to predict mortality and medical costs: a 10-year follow-up study of National Health Insurance in Shiga, Japan.
J Epidemiol., 16 (1) : 15-20, 2006 PubMed Abstract
文献 [452]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Hayakawa T, Kadowaki T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H. : The inverse relationship between serum high-density lipoprotein cholesterol level and all-cause mortality in a 9.6-year follow-up study in the Japanese general population.
Atherosclerosis, 184 (1) : 143-150, 2006 PubMed Abstract
文献 [453]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 肥満の疫学
Bio Clinical , 21 (8) : 668-673, 2006
文献 [454]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 急性心筋梗塞罹患率の性差とその要因
性差と医療, 3 (9) : 929-934, 2006
文献 [455]: 総説 記載言語:日本語
中村幸志, 上島弘嗣 : 日本の高脂血症人工は?
肥満と糖尿病, 5 (3) : 395-396, 2006
文献 [456]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣の修正:JSH2004
血圧, 13 (10) : 1055-1062, 2006
文献 [457]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : Special Article 高血圧の疫学
内科, 98 (3) : 398-404, 2006
文献 [458]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本臨床 増刊号 高血圧(第3版)下 , NIPPON DAAT ((株)日本臨床社 ed.)
(株)日本臨床社, (大阪), , 108-111, 2006
文献 [459]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本臨床 増刊号 高血圧(第3版)上 ,高血圧の疫学 ((株)日本臨床社 ed.)
(株)日本臨床社, (大阪), , 13-18, 2006
文献 [460]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 低コレステロールは死亡率を高めるか
からだの科学, 248 : 59-62, 2006
文献 [461]: 総説 記載言語:日本語
中村幸志, 岡村智教, 上島弘嗣 : 防医学の導入による医療費抑制
BIO Clinica, 21 (5) : 80-84, 2006
文献 [462]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 冠動脈疾患プロフェッション5 冠動脈疾患の予防戦略 1章 冠動脈疾患の疫学 JALS(日本動脈硬化縦断研究) (代田浩之 ed.)
中山書店, (東京), , 28-31, 2006
文献 [463]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 冠動脈疾患プロフェッション 5 冠動脈疾患の予防戦略 1章 冠動脈疾患の疫学 世界の動向と日本の現状 (代田浩之 ed.)
中山書店, (東京), , 2-5, 2006
文献 [464]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 最新医学 第61巻 増刊号 メタボリックシンドローム(前編)  総説 日本人と日系米人の比較疫学-メタボリックシンドロームとその関連要因 (中尾一和 ed.)
最新医学社, (大阪), , 42-50, 2006
文献 [465]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 新 目でみる循環器病シリーズ8 高血圧 わが国における高血圧の疫学 (島本和明 ed.)
(株)メジカルビュー社 , (東京 ), , 10-18, 2006
文献 [466]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 性差からみた女性の循環器疾患診療 疫学的(Epidemiolgy)からみた違い (天野恵子、山口徹 ed.)
(株)メジカルビュー社 , (東京), , 34-40, 2006
文献 [467]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : わが国の循環器疾患の動向とその危険因子との関連
Therapeutic Research, 27 (1) : 35-42, 2006
文献 [468]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Smoking, quitting and the risk of cardiovascular disease amongst women and men in the Asia-Pacific region.
International Journal of Epidemiology, 34 : 1036-1045, 2005
文献 [469]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Joint effects of systolic blood pressure and serum cholesterol on cardiovascular disease in the Asia Pacific Region.
Circulation, 112 : 3384-3390, 2005
文献 [470]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Horibe H, Kasagi F, Kagaya M, Matsutani Y, Okayama A, Ueshima H; The NIPPON TATA80 Research Group; Working Group of Electrocardiographic Coding for the National Survey of Circulatory Disorders, 1980. : A nineteen-year cohort study on the relationship of electrocardiographic findings to all cause mortality among subjects in the national survey on circulatory disorders, NIPPON DATA80.
J Epidemiol. , 15 (4) : 125-134, 2005 PubMed Abstract
文献 [471]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Saito I, Okamura T, Fukuhara S, Tanaka T, Suzukamo Y, Okayama A, Ueshima H. : A cross-sectional study of alcohol drinking and health-related quality of life among male workers in Japan.
J Occup Health, 47 (6) : 496-503, 2005 PubMed Abstract
文献 [472]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueshima H, Okamura T, Kadowaki T, Hayakawa T, Kita Y, Tamaki S, Okayama A, NIPPON DATA80 Research Group : Association between fish consumption and all-cause and cause-specific mortality in Japan: NIPPON DATA80, 1980-99
Am J Med, 118 (3) : 239-245, 2005 PubMed Abstract
文献 [473]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ohsawa M, Okayama A, Sakata K, Kano K, Itai K, Onoda T, Ueshima H : Rapid Increase in Estimated Number of Persons with Atrial Fibrillation in Japan: An analysis from National Surveys on Cardiovascular Diseases in 1980, 1990 and 2000.
Journal of Epidemiology, 15 (5) : 194-197, 2005
文献 [474]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura K, Okamura T, Kanda H, Hayakawa T, Kadowaki T, Okayama A, Ueshima H; Health Promotion Research Committee of the Shiga National Health Insurance Organizations : Impact of hypertension on medical economics: a 10-year follow-up study of National Health Insurance in Shiga, Japan.
Hypertens Res., 28 (11) : 859-864, 2005 PubMed Abstract
文献 [475]: 著書 記載言語:英語
Nakamura Y, Okamura T, Tamaki S, Ueshima H : Genetic Polymorphism and Environment. Trends in Cholesterol Research (Kramer MA ed.)
NOVA Science Publisher, (New York), , 1-26, 2005
文献 [476]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tamaki S, Nakamura Y, Tabara T, Okamura T, Kita Y, Kadowaki T, Tsujita Y, Horie M, Miki T, Ueshima H : Combined Analysis of Polymorphisms in Angiotensinogen and Adducin gene and Their Effects on Hypertension in a Japanese Sample: The Shigaraki Study
Hypetens Res, 28 (8) : 645-650, 2005 PubMed Abstract
文献 [477]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Matsui K, Kita Y, Ueshima H : Informed concent, participation in,and withdrawal from a population based cohort study involving genetic analysis.
J Med Ethics, : 385-392, 2005
文献 [478]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Uno T, Kobayashi E, Suwazono Y, Okubo Y, Miura K, Sakata K, Okayama A, Ueshima H, Nakagawa H, Nogawa K : Heakth effects of cadmium exposure in the general environment in Japan with special reference to the lower limit of the benchmar
Scand J Work Environ Health, 31 (4) : 307-315, 2005
文献 [479]: 学会抄録 記載言語:英語
Ohsawa M, Sakata K, Onoda T, Itai K, Kato K, Okayama A, Ueshima H : Rapid Increase in Estimated Number of Persons with Atrial Fibrillation in Japan: An Analysis from National Survey on Cardiovasc
Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention.(WashigtonDC), : 307-307, 2005
文献 [480]: 学会抄録 記載言語:英語
Yamamoto T, Nakamaura Y, Okamura T, Kadowaki T, Kita Y, Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H : Lower Mortality and Longer Life Expectancy of Those With Low Risk Status for Cardiovascular Disease:Nippon Data80,1980-94.
Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention.(WashingtonDC), : 133-133, 2005
文献 [481]: 学会抄録 記載言語:英語
Shin C, Jang Y, Park S, Curb D, Sekikawa A, Ueshima H, Kimm k, Lee T : Association of Obstructive Sleep Apnea with Aortic Calcification in Middle-Aged Korean Men.
Abstracts of the 45th Annual Conference on Crdiovascular Disease Epidemiology and Prevention(WashigtonDC), : 128-128, 2005
文献 [482]: 学会抄録 記載言語:英語
Stamler J, Daviglus LM, Ueshima H, Elliott P, Dyer RA, Chan Q, Masaki K, Zhou B : Relation of Dietary Arachidonic Acid to Blood Pressure: The INTERMAP Study
Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention.(Washigton DC), : 109-109, 2005
文献 [483]: 学会抄録 記載言語:英語
Takamiya T, Sekikawa A, El-Saed A, Edmundowics D, Evans W R, Sutton-Tyrrell K, Kadowaki T, Ueshima H, Curb D, Shin C, Kuller H : Metabolic Syndrome did not Give a Better Predictive Value of Coronary Calcificationin American Men Aged 40-49 From a Population-
Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention(WashingtonDC), : 85-85, 2005
文献 [484]: 学会抄録 記載言語:英語
Sekikawa A, Ueshima H, El-Saed A, Kadowaki T, Okamura T, Sutton-Tyrrell K, Nakamura Y, Takamiya T, Kashiwagi A, Evans WR, Murata K : levels of Subclinical Atherosclerosis Assessed by Coronary Artery Calcium,Intima Media Thickness of the Carotid Arteries, and P
Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention(Washington DC), : 25-25, 2005
文献 [485]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H, Sekikawa A, Kadowaki T, El-Saed A, Okamura T, Edmundowicz D, Nakamura Y, Takamiya T, Kashiwagi A, Evans WR, Murata K : Compartson of Lipoprotein Subclass Between Japanese Men Aged 40-49 with Lower Coronary Calcium Score.
Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention(WashingtonDC), : 55-55, 2005
文献 [486]: 学会抄録 記載言語:英語
Kadowaki T, Sekikawa A, Ueshima H, El-Saed A, Okamura T, Edmundowicz D, Nakamura Y, Takamiya T, Kashiwagi A, Miyamatsu N, Evans RW, Murata K, Sutton-Tyrrell K, Kita Y, Curb DJ, Shin C, Kuller LF. : Diffrent Associations of Coronary Calcification with Abdiminal Fat Distributions Among Caucasian,African-American,and Japanese
Abstracts of the 45th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention Abstracts(Washington DC), : 34-34, 2005
文献 [487]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yoshida M, Kita Y, Nakamura Y, Nozaki A, Okayama A, Sugihara H, Kasamatsu T, Hirose k, Kinoshita M, Ueshima H : Incidence of Acute Myocardial Infarction in Takashima,Shiga,Japan.
Circulation Journal, 69 (4) : 404-408, 2005
文献 [488]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Tanihara S, Hayakawa T, Oki I, Nakamura Y, Sakata K, Okayama A, Fujita Y, Ueshima H, NIPPON DATA Research Group : Proteinuria in a Prognostic Maker for CArdiovasculaer Mortality:NIPON DATA80,1980-1999.
J Epidemiol, 15 (4) : 146-153, 2005
文献 [489]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yoshita K, Miura K, Okayama A, Okuda N, Schakel SF, Dennis B, Saitoh S, Sakata K, Nakagawa H, Stamler J, Ueshima H : A Validation Study on Food Composition Table for the International Cooperative INTERMAP Study inJapan
Environmental health and Preventive Medicine, 10 : 150-156, 2005
文献 [490]: 著書 記載言語:英語
Ueshima H : Coronary Heart Disease Epidemiology From aetiology to public health (Chapter7 Trends in Asia) (Marmot M, Elliott P ed.)
OXFORD University Press, (UK), , 102-112, 2005
文献 [491]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okuda N, Ueshima H, Okayama A, Saitoh S, Nakagawa H, Rodriguez BL, Sakata K, Choudhury SR, Curb JD, Stamler J; INTERLIPID Research Group : Relation of long chain n-3 polyunsaturated fatty acid intake to serum high density lipoprotein cholesterol among Japanese men in Japan and Japanese-American men in Hawaii: the INTERLIPID study.
Atherosclerosis, 178 : 371-379, 2005
文献 [492]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 岡村智教 : コレステロールを下げる健康教育 教材を用いた実践的プログラム
株式会社保健同人社, (東京), , -, 2005
文献 [493]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : わが国における疫学-心血管病は減少?不変?それとも増加?-
Medical Practice, 22 (11) : 1871-1876, 2005
文献 [494]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康長寿およびADL,QOL低下に影響を与える要因の分析と健康寿命危険度評価テーブル作成に関する研究:NIPPON DATA80・90の19年、10年の追跡より. . 厚生労働省研究費補助金長寿科学総合研究事業 総合研究報告書
, , 2005
文献 [495]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : のばそう健康寿命-老化と老年病を防ぎ、介護状態を予防する- Advance in Aging and Health Research 2004 [動脈硬化をふせぐ] , 2004 , 愛知 , 財)長寿科学振興財団
, : 73-83, 2005
文献 [496]: 報告書 記載言語:日本語
上島 弘嗣, 環 慎二, 中村 保幸, 喜多 義邦, 岡村 智教 : 地域住民における高血圧、脂質代謝異常の遺伝要因と生活習慣との関連に関する研究. 文部科学省科学研究費 特定領域研究「ゲノム」4領域 2003年度報告書 -
, : 151, 2005
文献 [497]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康日本21
栄養 評価と治療, : 61-63, 2005
文献 [498]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
中村保幸, 上島弘嗣 : 高血圧の遺伝疫学
血圧, 12 (8) : 23-26, 2005
文献 [499]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : なぜ女性は長寿かーその鍵は女性の生活習慣にある
性差と医療, 2 (6) : 3-3, 2005
文献 [500]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 特集 JSH2004ガイドラインの検証 高血圧の疫学
血圧, 12 (4) : 39-44, 2005
文献 [501]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高血圧の性差
動脈硬化予防, 4 (1) : 36-41, 2005
文献 [502]: 総説 記載言語:日本語
神田秀幸, 喜多義邦, 岡村智教, 上島弘嗣 : 早期心不全予防を目的とした新しい心機能評価法の地域スクリーニング応用に関する研究
(財)明治安田厚生事業団第20回健康医科学研究助成論文集, : 56-64, 2005
文献 [503]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本人の飲酒量は少ないか:INTERMAPより
日本アルコール・薬物雑医学会雑誌, 40 (1) : 27-33, 2005
文献 [504]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
笠置文善, 児玉和紀, 早川岳人, 岡山明, 上島弘嗣, NIPPON DATA80 研究班 : NIPPON DATA80を用いた健康評価チャート作成:脳卒中および冠動脈疾患
日循予防誌, 40 (1) : 22-27, 2005
文献 [505]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本人の高血圧およびその関連疾患の疫学
THERAPEUTIC RESEARCH, 25 (12) : 2301-2330, 2005
文献 [506]: 学会抄録 記載言語:日本語
宮松直美, 早川岳人, 門脇紗也佳, 門脇崇, 山川正信, 上島弘嗣 : 高齢者の認知機能と生活の質の維持との関連についての検討:安土町スタデイ(3)
日本公衆衛生学雑誌, 52 (8) : 788-788, 2005
文献 [507]: 学会抄録 記載言語:日本語
門脇紗也佳, 早川岳人, 門脇崇, 宮松直美, 山川正信, 上島弘嗣 : 高齢者の手段的日常生活動作の維持に関連する要因の検討:安土町スタデイ(2)
日本公衆衛生学雑誌, 52 (8) : 787-787, 2005
文献 [508]: 学会抄録 記載言語:日本語
門脇崇, 早川岳人, 宮松直美, 門脇紗也佳, 山川正信, 上島弘嗣 : 高齢者の日常生活動作に関する調査:安土町スダデイ(1)
日本公衆衛生学雑誌, 52 (8) : 787-787, 2005
文献 [509]: 学会抄録 記載言語:日本語
西信雄, 杉山裕美, 児玉和紀, 早川岳人, 岡山明, 上島弘嗣 : 市街地居住者と農漁村
日本公衆衛生学雑誌, 52 (8) : 309-609, 2005
文献 [510]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 田中太一郎, 武林亨, 菊池有利子, 由田克士, 喜多義邦, 三浦克之, 上島弘嗣, 中川秀昭 : 働き盛りの農村住民、都市部勤務者の循環器疾患危険因子の比較研究
日本公衆衛生学雑誌, 52 (8) : 607-607, 2005
文献 [511]: 学会抄録 記載言語:日本語
渡邉至, 岡山明, 上島弘嗣 : 耐糖能異常個別健康教育の栄養、身体活動における短期的影響:無作為割付介入研究
日本公衆衛生学雑誌, 52 (8) : 599-599, 2005
文献 [512]: 学会抄録 記載言語:日本語
田中太一郎, 岡村智教, 竹林亨, 中川秀昭, 大和浩, 由田克士, 上島弘嗣 : 青壮年者を対象とした生活習慣病長期介入研究(第22報)-4年間の危険因子の推移
日本公衆衛生学雑誌, 52 (8) : 358-358, 2005
文献 [513]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : わが国における高血圧の実態
医学のあゆみ, 214 (5) : 285-290, 2005
文献 [514]: 総説 記載言語:日本語
岡村智教, 宮松直美, 早川岳人, 上島弘嗣 : NIPPON DATA-その後の研究の発展とエビデンスの構築
The Lipid, 16 (4) : 383-387, 2005
文献 [515]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 早川岳人, 門脇崇, 喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣 : 日本人の代表集団におけるHDLコレステロールと総死亡の関連:NIPPON DATA90における10年間の追跡による検討
第37回日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, : 269-269, 2005
文献 [516]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 関川暁, 岡村智教, 門脇崇, 柏木厚典 : 一般住民を対象とした冠動脈石灰化病変の日米比較英学研究
第37回日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, : 267-267, 2005
文献 [517]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡村智教, 喜多義邦, 門脇崇, 早川岳人, 岡山明 : 日本のエビデンスNIPPON DATA
第37回日本動脈硬化学会総会プログラム・抄録集, : 147-147, 2005
文献 [518]: 学会抄録 記載言語:日本語
齋藤重行, 大西浩文, 高木覚, 島本和明, 上島弘嗣, 岡村智教, 岡山明, 小野田敏行, 坂田清美, NIPPON DATA解析グループ : 一般住民における高齢糖尿病者の生命予後:NIPPON DATA90より
日本老年医学会雑誌, 42 : 85-85, 2005
文献 [519]: 報告書 記載言語:日本語
上島 弘嗣, 中村 保幸, 環 慎二, 辻田 靖之, 天本 健司, 岡村 智教 : 地域住民における高血圧、脂質代謝異常の遺伝要因と生活習慣との関連に関する研究
文部科学省科学研究費 特定領域研究「ゲノム」4領域 2002年度報告書, : 125-125, 2005
文献 [520]: 総説 記載言語:日本語
岡村 智教, 神田 秀幸, 上島 弘嗣 : 壮年期男性勤務者における血清C反応性蛋白、α-トコフェロール濃度とbaPWVとの関連
Arterial Stiffness, 7 : 26-27, 2005
文献 [521]: 学会抄録 記載言語:日本語
坂田清美, 橋本勉, 玉置淳子, 上島弘嗣, 岡山明 : 血清尿酸と悪性新生物死亡、循環器疾患死亡との関連-NIPPON DATA 80,1980-1999-
Journal of Epidemiology, 13 (1) : 113-113, 2005
文献 [522]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration (Ohasama: Imai Y, Ohkubo T, Hozawa A). : Body mass index and cardiovascular disease in the Asia-Pacific region: an overview of 33 cohorts involving 310,000 participants.
International Journal of Epidemiology, 33 : 1-8, 2004
文献 [523]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Body mass index and cardiovascular disease in the Asia-Pacific region: an overview of 33 cohorts involving 310,000 participants.
International Journal of Epidemiology, 33 : 1-8, 2004
文献 [524]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Barzi F, Woodward M : Imputations of missing values in practice: results from imputations of serum cholesterol in 28 cohort studies.
American Journal of Epidemiology, 160 : 34-35, 2004
文献 [525]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Blood Glucose and Risk of Cardiovascular Disease in the Asia Pacific Region.
Diabetes Care, 27 : 2836-2842, 2004
文献 [526]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
J. David Curb, Hirotsugu Ueshima , Beatriz L.Rodriguez, Robert D.Abbott, Akira Sekikawa, Gina Belleau, Katsuhiko Yano. : Coronary heart disease in Japanese and Japanese Americans:dose it provide clues for prevention?
International Congress Series , 1262 : 586-589, 2004
文献 [527]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Patel A, Barzi F, Jamrozik K, Lam TH, Ueshima H, Whitlock G, Woodward M. Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Serum Triglycerides as a Risk Factor for Cardiovascular Diseases in the Asia-Pacific Region.
Circulation , 110 : 2678-2686, 2004
文献 [528]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ni Mhurchu C, Rodgers A, Pan WH, Gu DF, Woodward M.Asia Pacific Cohort Studies Collaboration. : Body mass index and cardiovascular disease in the Asia-Pacific region: an overview of 33 cohorts involving 310,000 participants.
International Journal of Epidemiology, 33 : 751-758, 2004 PubMed Abstract
文献 [529]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Conway R, Robertson C, Dennis B, Stamler J, Elliott P; INTERMAP Research Group. : Standardised coding of diet records: experiences from INTERMAP UK.
Br J Nutr., 91 (5) : 765-771, 2004 PubMed Abstract
文献 [530]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Zhao L, Stamler J, Yan LL, Zhou B, Wu Y, Liu K, Daviglus ML, Dennis BH, Elliott P, Ueshima H, Yang J, Zhu L, Guo D; INTERMAP Research Group. : Blood pressure differences between northern and southern Chinese: role of dietary factors: the International Study on Macronutrients and Blood Pressure.
Hypertension., 43 (6) : 1332-1337, 2004 PubMed Abstract
文献 [531]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Dyer AR, Greenland P, Elliott P, Daviglus ML, Claeys G, Kesteloot H, Chan Q, Ueshima H, Stamler J; INTERMAP Research Group. : Estimating laboratory precision of urinary albumin excretion and other urinary measures in the International Study on Macronutrients and Blood Pressure.
Am J Epidemiol., 160 (3) : 287-294, 2004 PubMed Abstract
文献 [532]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H, Choudhury SR, Okayama A, Hayakawa T, Kita Y, Kadowaki T, Okamura T, Minowa M, Iimura O. : Cigarette Smoking as a Risk Factor for Stroke Death in Japan. NIPPON DATA80.
Stroke, 35 (8) : 1836-1841, 2004 PubMed Abstract
文献 [533]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Okamura T, Tamaki S, Kadowaki T, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H; NIPPON DATA80 Research Group. : Egg consumption, serum cholesterol, and cause-specific and all-cause mortality: the National Integrated Project for Prospective Observation of Non-communicable Disease and its Trends in the Aged, 1980 (NIPPON DATA80).
Am J Clin Nutr, 80 (1) : 58-63, 2004 PubMed Abstract
文献 [534]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H, Choudhury SR, Okayama A, Hayakawa T, Kita Y, Kadowaki T, Okamura T, Minowa M, Iimura O : Cigarette smoking as a risk factor for stroke death in Japan: NIPPON DATA80
Stroke, 35 (8) : 1836-1841, 2004 PubMed Abstract
文献 [535]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Hayakawa T, Kadowaki T, Kita Y, Okayama A, Elliott P, Ueshima H; NIPPONDATA80 Research Group. : Resting heart rate and cause-specific death in a 16.5-year cohort study of the Japanese general population.
Am Heart J., 147 (6) : 1024-1032, 2004 PubMed Abstract
文献 [536]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ozawa T, Ito M, Tamaki S, Yao T, Ashihara T, Kita Y, Ueshima H, Horie M : Advances in Electrocardiology : Ventricular repolarization abnormality in Japanese carriers of G643S single nucleotide polymorph
World Scientific Publishing, : 131-133, 2004
文献 [537]: 学会抄録 記載言語:英語
Kadowaki T, Sekikawa A, Ueshima H, Zaky WR, Okamura T, Edmundowicz D, Nakamura Y, Kashiwagi A, Kim S, Kuller HL : Electron-beam CT and Risk Factor Assessment among Japanese and US Men in the Post World War II Birth Cohort (ERA-JUMP)
Circulation(44th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention), 109 (6) : 61-61, 2004
文献 [538]: 学会抄録 記載言語:英語
Nakamura Y, Ueshima H, Okamura T, Kadowaki T, Hayakawa T, Kita Y, Tamaki S, Okayama A : Fish consumption,cause-specific and all-cause mortality:NIPPON DATA80,1980-99
Circulation(44th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention), 109 (6) : 46-46, 2004
文献 [539]: 学会抄録 記載言語:英語
Daviglus LM, Stamler J, Ueshima H, Camethon M, Dyer AR, Garside D, Greenland P, Masaki K, Mong-Stahlberg A, Liu K, Steffen L : Dietary intake of Long-chain N-3 Polyunsaturated Fatty Acids and Blood Pressure:The INTERMAP Study
Circulation(44Th Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiolgy and Prevention, 109 (6) : 46-46, 2004
文献 [540]: 学会抄録 記載言語:英語
JD. Curb, Ueshima H, Beatriz LR, Nakagawa H, Sakata K, Saitoh S, Okayama A, Robert DA : Differences in Small,Dense LDL between Japanese in Hawaii and Japan:The INTERLIPID Study
Circulation(44th Annual Conference Cardiovasucular Disease Epidemiology and Prevention(SanFrancisco)), 109 (6) : 46-46, 2004
文献 [541]: 学会抄録 記載言語:英語
Okamura T, Tanaka T, Saito I, Okayama A, Ueshima H : Which type of lifestyle relates to wine drinking in Japan?
Alcohol Clin Exp Res, 28 : 47A-47A, 2004
文献 [542]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Teague C, Holmes E, Maibaum E, Nicolson J, Tang H, Chan Q, Elliott P, Stamler J, Ueshima H, Zhou B, Wilson I : Ethyl glucoside in human urine following dietary exposure: detection by 1H NMR spectroscopy as a result of metabonomic screening
Analyst, 129 (5) : 259-264, 2004
文献 [543]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okayama A, Chiba N, Ueshima H : Non-pharmacological Intervention Study of Hypercholesterolemia among Middle-Aged People
Environmental Health and Preventive Medicine, 9 : 165-169, 2004
文献 [544]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kadowaki T, Okamura T, Funakoshi T, Okayama A, Kanda H, Miyamatsu N, Ueshima H : Effectiveness of Annual Interventions for Smoking Cessation in an Occupational Setting in Japan
Environmental Health and Preventive Medicine, 9 : 161-164, 2004
文献 [545]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura M, Masui S, Oshima A, Okayama A, Ueshima H : Effects of Stage-matched Repeated Individual Counseling on Smoking Cessation: A Randomized Controlled Trial for the High-risk St
Environmental Health and Preventive Medicine, 9 : 152-160, 2004
文献 [546]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Yoshita K, Tanaka T, Kikuchi Y, Takebayashi T, Chiba N, Tamaki J, Miura K, Kadowaki T, Okamura T, Ueshima H : The Evaluation of Materials to Provide Health-Related Information as a Population Strategy in the Worksite: The High-Risk and Po
Environmental Health and Preventive Medicine, 9 : 144-151, 2004
文献 [547]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okamura T, Tanaka T, Takebayashi T, Nakagawa H, Yamato H, Yoshita K, Kadowaki T, Okayama A, Ueshima H : Methodological issues for a large-scale intervention trial by lifestyle modification: Interim assessment of The High-risk and Population Strategy for Occupational Health Promotion (HIPOP-OHP) Study.
Environmental Health and Preventive Medicine, 9 : 137-143, 2004
文献 [548]: 総説 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : Q&A 心筋梗塞の国際比較は?日本人は他の国と比較して心筋梗塞は多いですか?
肥満と糖尿病, 3 (4) : 574-576, 2004
文献 [549]: 総説 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : メタボリック症候群の治療 -生活習慣の改善-
血圧, 11 (6) : 65-68, 2004
文献 [550]: 総説 記載言語:日本語
中村 保幸, 環 愼二, 上島 弘嗣 : 高血圧の遺伝疫学研究
BIO Clinica, 19 (10) : 42-47, 2004
文献 [551]: 総説 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 日本人の冠危険因子. Risk factors for coronary heart disease in Japanese
Heart View, 8 (9) : 8-14, 2004
文献 [552]: 総説 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : 日本と世界の循環器疾患の動向
MEDICO, 35 (2) : 24-27, 2004
文献 [553]: 著書 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : Ⅷ.コホート研究の実例.13.個人データを基にしたメタアナリシス.1)Asia Pacific Cohort Studies Collaboration(APCSC).循環器疾患コホート研究の手引き (小澤 利男, 上島 弘嗣, 大橋 靖雄 ed.)
メジカルビュー社, (東京), , 174-175, 2004
文献 [554]: 著書 記載言語:日本語
岡山 明, 上島 弘嗣 : Ⅷ.コホート研究の実例.9.NIPPON DATA 80.循環器疾患コホート研究の手引き (小澤 利男, 上島 弘嗣, 大橋 靖雄 ed.)
メジカルビュー社, (東京), , 154-157, 2004
文献 [555]: 著書 記載言語:日本語
喜多 義邦 : Ⅶ.コホート研究の立案から実施まで.12.データベースの管理.循環器疾患コホート研究の手引き (小澤 利男, 上島 弘嗣, 大橋 靖雄 ed.)
メジカルビュー社, (東京), , 74-80, 2004
文献 [556]: 著書 記載言語:日本語
松井 健志, 喜多 義邦 : Ⅶ.コホート研究の立案から実施まで.11.地域コホート研究にかかわる法制度および倫理課題.循環器疾患コホート研究の手引き (小澤 利男, 上島 弘嗣, 大橋 靖雄 ed.)
メジカルビュー社, (東京), , 66-73, 2004
文献 [557]: 著書 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : Ⅴ.コホート研究の目的.循環器疾患コホート研究の手引き (小澤 利男, 上島 弘嗣, 大橋 靖雄 ed.)
メジカルビュー社, (東京), , 20-21, 2004
文献 [558]: 著書 記載言語:日本語
上島 弘嗣 : Ⅳ.観察研究と介入研究. 循環器疾患コホート研究の手引き (小澤 利男, 上島 弘嗣, 大橋 靖雄 ed.)
メジカルビュー社, (東京), , 18-19, 2004
文献 [559]: 総説 記載言語:日本語
岡村 智教, 宮松 直美 : アルコール飲料の種類と血圧
血圧, 11 (5) : 8, 2004
文献 [560]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
常松典子, 上島弘嗣, 奥田奈賀子, 由田克士, 岡山 明, 斎藤重幸, 坂田清美, 岡村智教, ソヘル レザ チュウドリ, 門脇 崇, 喜多義邦, 中川秀昭 : 減塩食実施者は通常の食生活の人に比べ食塩摂取量がどの程度少ないか?~INTERMAP日本より~
日本循環器病予防学会誌, 39 (3) : 149-156, 2004
文献 [561]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
早川 岳人, 岡村 智教, 上島 弘嗣, 谷原 真一, 岡山 明, 喜多 義邦, 藤田 委由 : 国民の代表サンプルを用いた高齢者日常生活動作の5年間の推移
厚生の指標, 51 (13) : 7-12, 2004
文献 [562]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
Ueshima H : 「健康日本21」の推進と循環器疾患予防
循環器専門医, 12巻2号 : 227-233, 2004
文献 [563]: 総説 記載言語:日本語
中村保幸, 環 慎二, 岡村智教, 門脇 崇, 早川 岳人, 喜多義邦, 上島弘嗣 : 卵摂取と健康
治療, 86 (6) : 150-152, 2004
文献 [564]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本の冠動脈心疾患は増えているか
日本冠疾患学会雑誌, 10 (1) : 31-34, 2004
文献 [565]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
奥田奈賀子, 岡村智教, 門脇崇, 田中太一郎, 上島弘嗣 : 医学部公衆衛生実習で実施した循環器疾患ハイリスク者に対する減量指導の試み
日本公衆衛生雑誌, 51 (7) : 552-560, 2004
文献 [566]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : たばこと健康
からだの科学 特別企画 最新たばこの医学 上島弘嗣編, 237 : 18-22, 2004
文献 [567]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 動脈硬化予防の栄養学 特集1 国際的な視点からみた栄養と心血管疾患予防との関係
動脈硬化予防, 3 : 7-11, 2004
文献 [568]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣, 中村治雄, 柴田博 : 日本人の食生活と動脈硬化
動脈硬化予防, 3 : 60-71, 2004
文献 [569]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本臨床増刊 高血圧と高血圧性臓器障害-臓器障害の予防と管理- Ⅰ疫学研究-心血管疾患の危険因子としての高血圧-1.NIPPON DATA80
株式会社日本臨床社, (大阪), , 9-13, 2004
文献 [570]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
小野田敏行, 西信雄, 岡山明, 斎藤重幸, 上島弘嗣 : 耐糖能異常が病型別脳卒中死亡に及ぼす影響:日本人の代表的集団NIPPPON DATA80の19年間の追跡結果より
厚生の指標, 51 (2) : 10-16, 2004
文献 [571]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Blood pressure and cardiovascular disease in the Asia Pacific region.
Journal of Hypertension, 21 : 707-716, 2003
文献 [572]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Blood Pressure Indices and Cardiovascular Disease in the Asia Pacific Region. A Pooled Analysis.
Hypertension, 42 : 69-75, 2003
文献 [573]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : Cholesterol, coronary heart disease and stroke in the Asia Pacific region.
International Journal of Epidemiology, 32 : 563-572, 2003
文献 [574]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA Research Group : Impact of elevated blood pressure on mortality from all causes,cardiovascular disease,heart disease and stroke among Japanese:
J Hum Hypertens, 17 : 851-857, 2003
文献 [575]: 学会抄録 記載言語:英語
Tamaki S, Nakamura Y, Tsujita Y, Ueno Y, Amamoto K, Kadowaki T, Kita Y, Okamura T, Ueshima H : Polymorphism of the Angiotensinogen Gene and Hypertension in a Japanese General Population(the Shigaraki Study)
Circulation Journal, 67 (Suppl 1) : 571-571, 2003
文献 [576]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Woodward M, Zhang X, Barzi F, Pan W, Ueshima H, Rodgers A, MacMahon S, Asia Pacific Cohort Studies Collaboration : The effects of diabetes on the risks of major cardiovascular diseases and death in the Asia-Pacific region.
Diabetes Care, 26 : 360-366, 2003
文献 [577]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Dyer AR, Elliott P, Stamler J, Chan Q, Ueshima H, Zhou BF, INTERMAP Research Group : Dietary intake in male and female smokers,ex-smokers ,and never smokers:INTERMAP Study
J Hum Hypertens, 17 : 641-654, 2003
文献 [578]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H, Okayama A, Saitoh S, Nakagawa H, Rodriguez B, Sakata K, Okuda N, Choudhury SR, Curb JD, INTERMAP Reserch Group : Differences in cardiovascular disease risk factors between Japanese in Japan and Japanese-Americans in Hawaii: the INTERLIPID st
J Hum Hypertens, 17 (9) : 631-639, 2003
文献 [579]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Stamler J, Elliott P, Dennis B, Kesteloot H, Liu K, Ueshima H, Zhou BF, INTERMAP Research Group : INTERMAP:background,aims,design,methods,and descriptive statistics(nondietary)
J Hum Hypertens, 17 : 591-608, 2003
文献 [580]: 総説 記載言語:日本語
Ueshima H : 高脂血症の概念・定義 高脂血症の臨床疫学:(1)高コレステロール血症と動脈硬化性疾患
最新医学, 別冊 新しい診断 : 25-34, 2003
文献 [581]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病について
ザ・クインテッセンス, 22 (3) : 47-52, 2003
文献 [582]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣, 平盛勝彦, 吉川純一 : 虚血性心疾患発症と危険因子:その現状と将来
動脈硬化予防, 1 (3) : 62-73, 2003
文献 [583]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本人における心筋梗塞の疫学
総合臨床, 52 (4) : 1405-1411, 2003
文献 [584]: 学会抄録 記載言語:日本語
坂田清美, 橋本勉, 玉置淳子, 上島弘嗣, 岡山明 : 血清尿酸と悪性新生物死亡、循環器疾患死亡との関連-NIPPON DATA 80,1980-1999-
Journal of Epidemiology, 13 (1) : 113-113, 2003
文献 [585]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
中村保幸, 吉田道明, 喜多義邦, 上島弘嗣, 木之下正彦 : 我が国における虚血性心疾患の疫学
日本臨床, 61 : 719-725, 2003
文献 [586]: 学会抄録 記載言語:日本語
門脇崇, 上島弘嗣, 岡村智教, 喜多義邦, 神田秀幸, 中村保幸, 柏木厚典, 村田喜代史, 三ッ浪健一, Sekikawa A, Wahild R Z, Lewis H K, ERA-JUMP Group : 日本の若年男性の冠動脈石灰化スコアは米国より小さい:ERA-JUMP
Journal of Epidemiology, 13 (1) : 74-74, 2003
文献 [587]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣, 阿彦忠之, 伊木雅之, 岩室紳也, 大木いずみ, 岡山明, 尾島俊之, 岸本拓治, 車谷典男, 児玉和紀, 坂田清美, 祖父江友孝, 谷原真一, 土井由利子, 中村好一, 馬場園明, 藤内修二, 松田晋哉, 三浦宣彦, 山縣然太郎 : 地域保健活動のための疫学
財団法人日本公衆衛生協会, , 2003
文献 [588]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
神田秀幸, 岡村智教, 門脇崇, 早川岳人, 喜多義邦, 上島弘嗣 : テレビドラマにおける喫煙描写場面の実態
日本公衆衛生雑誌, 50巻 : 62-70, 2003
文献 [589]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
神田秀幸, 早川岳人, 岡村智教, 上島弘嗣 : 滋賀県の国民健康保険加入者における透析患者の外来受療動向
滋賀医学, 25巻 : 92-98, 2003
文献 [590]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
川南勝彦, 簑輪眞澄, 岡山明, 早川岳人, 上島弘嗣, NIPPON DATA80研究グループ : 喫煙習慣の善死因、がん、肺がん死亡への影響に関する研究:NIPPON DATA80
日本衛生学雑誌, 57 : 669-673, 2003
文献 [591]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣, 平盛勝彦, 吉川純一 : 虚血性心疾患発症と危険因子
動脈硬化予防, 1 : 62-73, 2003
文献 [592]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : 大規模長期観察研究にみる合併症:NIPPON DATA80
日医雑誌, 第130号 第9 : 7-9, 2003
文献 [593]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 海外の雑誌から
動脈硬化予防, 4 (1) : 96-101, 2003
文献 [594]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 中国内蒙古自治区内における生活習慣病に関わる食品栄養学的研究
平成14年度受賞者研究報告書, 第40号 : 44-47, 2003
文献 [595]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
関川暁, 岡村智教, 門脇崇, 三ツ浪健一, 村田喜代史, 柏木厚典, 中村保幸, 神田秀幸, Edmundowicz Daniel, Sutton-Tyrrell Kim, Curb J.David, Kuller Lewis H, 上島弘嗣 : 潜在的動脈硬化所見の早期発見とその公衆衛生的意義
日本公衆衛生雑誌, 50巻 : 183-193, 2003
文献 [596]: 総説 記載言語:日本語
早川岳人, 上島弘嗣 : NIPPONDATA と高齢者ADL
総合臨床, 52 : 2174-2178, 2003
文献 [597]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 早川岳人 : NIPPON DATA80研究内容とその成果
厚生労働科学研究研究費補助金がん克服戦略研究事業 大規模地域・職域健診データに基づくがん予防とがん対策への活用と評価 平成14年度総括・分担研究報告書, : 13-16, 2003
文献 [598]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : コレステロールの上昇を抑えるごはん食
知って得する!からだと健康ゼミナール, : 44-44, 2003
文献 [599]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 節酒のススメ
Multi Care, 17 : 12-15, 2003
文献 [600]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコールと心血管疾患
臨床検査, 47 : 655-658, 2003
文献 [601]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, Akira Sekikawa, 門脇崇, 岡村智教, 喜多義邦, 神田秀幸, 中村保幸, 村田喜代史, 柏木厚典, 三ツ波健一, Wahid R Zaky, Lewis H Kuller, ERA-JUMP Group : 超高速 CT およびエコーを用いた臨床前動脈硬化症の日米比較研究:ERA-JUNP
Journal of Epidemiology, 13 (1) : 73-73, 2003
文献 [602]: 学会抄録 記載言語:日本語
玉置淳子, 菊池有利子, 由田克士, 千葉良子, 竹林亨, 田中太一郎, 岡村智教, 笠置文義, 上島弘嗣 : 行動変容ステージとそれに関連する因子の検討-High Risk and Population Strategy for Occupation Health Promotion study.(HI-POP-study)ベースラインデータより
Journal of Epidemiology, 13 (1) : 42-42, 2003
文献 [603]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器New Trendシリーズ5 虚血性心疾患のリスクファクターと予防戦略 わが国における虚血性心疾患の疫学:死亡率・罹患率の動向と国際比較 (島本和明 ed.)
株式会社メジカルビュー社, (東京), , 10-16, 2003
文献 [604]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣, 佐倉弘重, 佐々木淳, 井藤英喜 : 日本で行うこれからの疫学介入試験
The Lipid, 14 (1) : 14-24, 2003
文献 [605]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Amamoto K, Okamura T, Tamaki S, Kita Y, Tsujita Y, Kadowaki T, Nakamura Y, Ueshima H : Epidemiologic study of the association of low-Km mitochondrial acetaldehyde dehydrogenase genotypes with blood pressure level and the prevalence of hypertension in a general population
Hypertens Res, 25 (6) : 857-864, 2002 PubMed Abstract
文献 [606]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H, Okayama A, Oguri S, Matsuura Y, Kita Y, Okamura T, Kadowaki T, Yanagawa H : Influence of Keys Score,Dieary Fiber and Body Mass Index on Serum Total Cholesterol in Japanese Young to Middle-Aged People:Nat
The Genomics Revolution:Bench to Bedside to Community and the 42nd Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and, , 2002
文献 [607]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H, Curb D, Okayama A, Nakagawa H, Saito S, Hashimoto T, Okuda N, Rodriguez B : Gender DIfference in Risk Factors for Cardiovascular Disease between Japanese in Japan and Japanese Americans in Hawaii: The INT
The Genomics Revolution:Bench to Bedside to Community and the 42nd Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and, , 2002
文献 [608]: 学会抄録 記載言語:英語
Tsujita Y, Tamaki S, Ueno Y, Nakamura Y, Kinoshita M, Kita Y, Okamura T, Ueshima H : Association among Taq1B CETP gene polymorphism,HDL-C level and ischemic change on ECG in a population-based sample:the Shigaraki Study
Circulation Journal, 66 Suppl : 506-506, 2002
文献 [609]: 学会抄録 記載言語:英語
Nakamura Y, Tamaki S, Tsujita Y, Ueno Y, Kinoshita M, Amamoto K, Kita Y, Okamura T, Ueshima H : Genetic Variation in Aldehyde Dehydrogenase 2 and Effect of Alcohol Consumption on Cholesterol Metabobolism
Circulation Journal, 66 Suppl : 227-227, 2002
文献 [610]: 学会抄録 記載言語:英語
Kadowaki T, Hayakawa T, Okamura T, Ueshima H, Kita Y : Isolated Systolic Hypertesion and Risk of Cardiovascular Disease:NIPPON DATA 80
J Hypertens, 20 Suppl : S318-S318, 2002
文献 [611]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : Factors contributing to the decline in population blood pressure and the prevalence of hypertension in Japan
J Hypertens, 20 Suppl , 2002
文献 [612]: 学会抄録 記載言語:英語
Okamura T, Tanaka T, Kadowaki T, Kita Y, Ueshima H : Lifestyle Factors and Urinary Electrolytes Associated With Blood Pressure Level in Japanese Working POpulation
J Hypertens, 20 Suppl : S332-S332, 2002
文献 [613]: 学会抄録 記載言語:英語
J Stamler, Ueshima H, INTERMAP Research Group : The Inverse Relation ofEducation to Systolic BP in NOn-Hispanic White and African-Americans:Role of Multiple Dietary Factors--Th
American Heart Association, , 2002
文献 [614]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Watanabe M, Barzi F, Neal B, Ueshima H, Miyoshi Y, Okayama A, Choudhury SR : Alcohol consumption and the risk of diabetes by baby mass index levels in a cohort of 5,656 Japanese.
Diabetes Research and Clinical Practice, 57 : 191-197, 2002
文献 [615]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Amamoto K, Tamaki S, Okamura T, Tsujita Y, Ueno Y, Kita Y, Kinoshita M, Ueshima H : Genetic Variation in aldehyde dehydrogenase 2 and the effect of alcohol consumption on cholesterol levels
Atherosclerosis, 164 (1) : 171-177, 2002 PubMed Abstract
文献 [616]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Morikawa Y, Nakagawa H, Okayama A, Sakata K, Miura K, Ishizaki M, Yoshita K, Naruse Y, Kagamimori S, Hashimoto T, Ueshima H : A cross-sectional study on association of calcium intake with blood presure in Japanese population
J Hum Hypertens, 16 : 105-110, 2002
文献 [617]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 産業医学実践講座   (26章健康教育と健康の保持増進--A健康教育 B健康調査票 ) (日本産業衛生学近畿地方会 ed.)
株式会社南江堂, (東京), , 329-336, 2002
文献 [618]: 記事 記載言語:日本語
尾前照雄, 児玉和紀, 上島弘嗣 : 脳卒中の予防-21世紀」の‘戦略と実践‘- 第5回国際循環器病予防会議の成果を踏まえて
老年病予防, 1 : 64-74, 2002
文献 [619]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 海外の雑誌から 減塩の効果 減塩の降圧効果論争に終止符
老年病予防, 1 : 100-102, 2002
文献 [620]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 海外の雑誌から 脳卒中および一過性脳虚血性発作既往者に対する降圧治療による脳卒中再発予防効果に関する臨床試験(proguress)
動脈硬化予防, 1 : 101-103, 2002
文献 [621]: 学会記 記載言語:日本語
上島弘嗣 : BP Control in Develiping Countries
2002 ISH HIGHLIGHT, : 100-103, 2002
文献 [622]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 改訂第6版 内科学書 (島田馨 ed.)
株式会社中山書店, (東京), , -, 2002
文献 [623]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 新臨床内科学第8版 (高久史麿, 尾形悦郎, 黒川清, 矢崎義雄 ed.)
株式会社医学書院, (東京), , -, 2002
文献 [624]: 学会記 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 第19回国際高血圧学会を聴いて
Arterial Stiffness 動脈壁の硬化と老化, 2002 No3 : 31-32, 2002
文献 [625]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康日本21」の進展--地域計画の推進にむけて--
日本公衆衛生雑誌, 49 (10) : 65-65, 2002
文献 [626]: 学会抄録 記載言語:日本語
由田克士, 三浦克之, 田中太一郎, 岡村智教, 千葉良子, 玉置淳子, 菊地有利子, 竹林亨, 吉田稔美, 中川秀昭, 上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第12報)-食事バランス改善のためのキャンペーン結果より-
日本公衆衛生雑誌, 49 (10) : 379-379, 2002
文献 [627]: 学会抄録 記載言語:日本語
田村右内, 山縣然太朗, 薬袋淳子, 田中太一郎, 吉田稔美, 岡村智教, 岡山明, 上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第11報)-山梨県H事業所における全体介入の取り組み-
日本公衆衛生雑誌, 49 (10) : 379-379, 2002
文献 [628]: 学会抄録 記載言語:日本語
田中太一郎, 岡村智教, 由田克士, 柳田昌彦, 三浦克之, 門脇崇, 大和浩, 吉田稔美, 浦野澄郎, 上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第10報)-健康な従業員も含めた全従業員に対する生活習慣病予防対策の実践例-
日本公衆衛生雑誌, 49 (10) : 378-378, 2002
文献 [629]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 田中太一郎, 吉田稔美, 門脇崇, 上島弘嗣, 上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第8報)-正常血圧者の血圧レベルと尿中電解質排泄量の関連-
日本公衆衛生雑誌, 49 (10) : 377-377, 2002
文献 [630]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 田中太一郎, 吉田稔美, 門脇崇, 上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第9報)-職場分煙に対する喫煙習慣別の意見の相違-
日本公衆衛生雑誌, 49 (10) : 378-378, 2002
文献 [631]: 学会抄録 記載言語:日本語
杉田尚子, 神田秀幸, 小川暢弘, 呉屋五十二, 塩路裕子, 陳博敏, 広田京子, 松原亜季子, 依田尚子, 岡村智教, 上島弘嗣 : テレビドラマにおける喫煙シーンの放映状況
日本公衆衛生雑誌, 49 (10) : 373-373, 2002
文献 [632]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, Group JALS : 大規模多施設共同コホート研究(JALS)立ち上げのための合意形成過程
第25回日本高血圧学会総会 プログラム・抄録集, : 78-78, 2002
文献 [633]: 学会抄録 記載言語:日本語
田中太一郎, 岡村智教, 上島弘嗣 : 男性勤務者における高血圧の認識状況および治療状況
第25回日本高血圧学会総会 プログラム・抄録集, : 78-78, 2002
文献 [634]: 学会抄録 記載言語:日本語
斎藤重幸, 島本和明, 上島弘嗣, 岡村智教, 早川岳人, 岡山明, 児玉和紀, NIPPON DATA80 解析グループ : 高血圧と食後高血糖の合併における循環器疾患死亡の疫学研究-NIPPON DATA80より-
第25回日本高血圧学会総会 プログラム・抄録集, : 71-71, 2002
文献 [635]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高血圧とカルシウム
第25回日本高血圧学会総会 プログラム・抄録集, : 21-21, 2002
文献 [636]: 学会抄録 記載言語:日本語
辻田靖之, 張奇山, 環慎二, 中村保幸, 喜多義邦, 岡村智教, 野崎昭彦, 上島弘嗣 : 地域住民におけるCETP TaqlB遺伝子多型と血清HDLコレステロール値、虚血性心疾患との関係(信楽研究)
第34回日本動脈硬化学会総会 プログラム・抄録集, : 208-208, 2002
文献 [637]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病対策フォーラム 死の四重奏の頻度とその対策の実践例
第34回日本動脈硬化学会総会 プログラム・抄録集, : 34-34, 2002
文献 [638]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病への介入試験における肥満対策の方法とその成績
肥満研究, 8 : 62-62, 2002
文献 [639]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣改善による「がん予防」
がん講演会 テキスト, : 5-5, 2002
文献 [640]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病について:生活習慣の改善とその効果
日本学術会議 研連シンポジウム テキスト, , 2002
文献 [641]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 第19回国際高血圧学会・第12回欧州高血圧学会特集より "生下時体重が血圧に関連"仮説に興味
Medical Tribune, 2002.8.1 : 44-44, 2002
文献 [642]: 学会抄録 記載言語:日本語
田中太一郎, 岡村智教, 上島弘嗣 : 日本人成人男性における飲酒状況--節酒を必要とする高血圧、肝機能障害、高尿酸血症者における状況
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 37 (4) : 376-377, 2002
文献 [643]: 報告書 記載言語:日本語
門脇崇, 早川岳人, 上島弘嗣, 岡村智教, 山川正信, 仙波秀三, 安田正美 : 高齢者の健康・ADL・QOL・痴呆度と生命予後に関する追跡調査
大阪ガスグループ福祉財団 研究・調査報告集, 15 : 95-99, 2002
文献 [644]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣の改善は薬に匹敵する効果もある
日経ヘルス, 2002.6 : 109-109, 2002
文献 [645]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中を予防する生活習慣 Ⅲ
JSA News, 第9号 : 13-13, 2002
文献 [646]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : KEY WORD 分子高血圧 (「NIPPON DATA」) (荻原俊男, 島本和明, 日和田邦男, 藤田敏郎 ed.)
株式会社 先端医学社, (東京), , 292-293, 2002
文献 [647]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : KEY WORD 分子高血圧 (「健康日本21」) (荻原俊男, 島本和明, 日和田邦男, 藤田敏郎 ed.)
株式会社 先端医学社, (東京), , 250-251, 2002
文献 [648]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 喫煙による健康障害と禁煙による効果
日本医師会雑誌, 127 (7) : 1055-1058, 2002
文献 [649]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 橋本勉, 坂田清美, 中川秀昭, 岡山明, 喜多義邦, Sohel Reza Choudhury : 高血圧予防のためのライフスタイルのあり方に関する疫学共同研究--国際共同研究INTERMAPの一環として--
平成9年度~平成12年度科学研究費補金(基盤研究(A)(1))研究成果報告書, : 1-447, 2002
文献 [650]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 科学的根拠に基づくクモ膜下出血診療ガイドラインの策定に関する研究
平成13年度厚生科学研究費補助金21世紀型医療開拓推進研究事業「EBM分野」, , 2002
文献 [651]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 先生からのアドバイス
ごはんで作る健康な体, : 4-4, 2002
文献 [652]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : わが国の循環器疾患の動向と血圧低下の意義
第3回東北臨床血圧測定研究会 プログラム, , 2002
文献 [653]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高血圧を改善する生活習慣四つのポイント 減塩、運動、肥満防止だけでも血圧は下がる
暮らしと健康, 2002.2 : 22-23, 2002
文献 [654]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 西田保裕 : 糖尿病実態調査
糖尿病調査研究事業報告書 平成11年4月~平成14年3月, : 8-17, 2002
文献 [655]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : はじめて学ぶやさしい疫学 -疫学への招待- (田中平三, 能勢隆之, 上島弘嗣 ed.)
株式会社南江堂, (東京), , 1-112, 2002
文献 [656]: 学会抄録 記載言語:日本語
斎藤重幸, 島本和明, 上島弘嗣, チョウドリーソヘル, 奥田奈賀子, 岡山明, 中川秀昭, 三浦克之, 橋本勉, 坂田清美, 由田克士 : 脂肪摂取とグリコヘモグロビンA1cレベル:INTERLIPID Study
糖尿病, 45 : S-95-S-95, 2002
文献 [657]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 青・壮年者対象の生活習慣病予防
教育医事新聞, 2002 4/2 : 15-15, 2002
文献 [658]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高血圧治療ガイドライン Q&A (藤島正敏, 阿部圭志 ed.)
株式会社医薬ジャーナル社, (東京), , 14-15, 2002
文献 [659]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 虚血性心疾患の動向とその予防の視点
第2回愛媛生活習慣病を考える会テキスト, , 2002
文献 [660]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 多因子疾患における国内・国際共同研究のすすめ方とゲノム疫学
第6回箱根山セミナーテキスト, , 2002
文献 [661]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 中村保幸, 岡村智教, 木之下正彦, 環慎二 : 地域住民における高血圧関連遺伝子多型と生活習慣病との交互作用に関する研究
文部科学省科学研究費特定領域研究C「ゲノム」4領域2001年度報告書, : 141-141, 2002
文献 [662]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : Q:血糖降下の効果は? A:
Q&Aでわかる 肥満と糖尿病 「特集 糖尿病予備軍」, 1.2 : 28-30, 2002
文献 [663]: 総説 記載言語:日本語
早川岳人, 喜多義邦, 岡村智教, 門脇崇, 上島弘嗣 : 循環器:循環器疾患死亡とADL低下予防における血圧管理の重要性
最新医学 6月増刊 生活習慣病(後編)--1次予防から治療まで--, 57 : 86-94, 2002
文献 [664]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中の国際比較--わが国の脳卒中死亡率・罹患率とその特徴
老年病予防 Preventive Gerontology, 1.1 : 10-15, 2002
文献 [665]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中予防の新しい考え方  脳卒中発症の危険因子--どういう人が脳卒中になりやすいか--
健康事業総合財団, 12 : 34-48, 2002
文献 [666]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : あなたでも出来る脳卒中・心筋梗塞の予防
長寿科学シンポジウム 脳卒中・心筋梗塞予防のための市民公開講座 テキスト, : 1-1, 2002
文献 [667]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病講座 Ⅱ生活習慣病 D高血圧
臨床雑誌「内科」, 89・2 : 357-360, 2002
文献 [668]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 特集 予防医学の確立をめざして --青・壮年を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究--
Medical Tribune, 2002.1.3 : 55-57, 2002
文献 [669]: 学会抄録 記載言語:日本語
神田秀幸, 王培玉, 天本健司, 上島弘嗣, 佐藤章夫 : 中国内モンゴル自治区における遊牧民・農村民の循環器疾患危険因子の相違
Supplement to Journal of Epidemilolgy, 12・1 : 192-192, 2002
文献 [670]: 学会抄録 記載言語:日本語
王培玉, 神田秀幸, 天本健司, 金子誉, 上島弘嗣, 佐藤章夫 : 中国・内モンゴル遊牧民および農民における糖尿病の疫学調査
Supplement to Journal of Epidemiology, 12・1 : 113-113, 2002
文献 [671]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 大規模臨床試験体制
Medical Tribune, 2002.1.3 , 2002
文献 [672]: 著書 記載言語:日本語
岡村 智教, 上島 弘嗣 : 高血圧の発見・管理・治療.臨床高血圧. (矢崎義雄, 島田和幸 ed.)
朝倉書店, (東京), , 19-24, 2002
文献 [673]: 総説 記載言語:日本語
岡村智教, 茅旭, 上島弘嗣 : わが国におけるHDLの公衆衛生学的インパクト-その動脈硬化性疾患発症への寄与-
The Lipids, 13 : 143-148, 2002
文献 [674]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sakata K, Hashimoto T, Ueshima H, Okayama A, For the NIPPON DATA 80 Research Group : Absence of an association between serum uric acid and mortality from cardiovascular disease:NIPPON DATA 80,1980-1994
Eur J Epidemiol, 17 : 461-468, 2001
文献 [675]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Satoh T, Hayakawa T, Ueshima H, Kuller LH : Coronary heart disease mortality among men aged 35-44 years by prefecture in Japan in 1995-1999 compared with that among white m
Jpn Circ J, 65 : 887-892, 2001
文献 [676]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okayama A, Ueshima H, Marmot M, Elliott P, Choudhury SR, Kita Y : Generational and Regional Differences in Trends of Mortality from Ischemic Heart Disease in Japan from 1969 to 1992
Am J Epidemiol, 153 : 1191-1198, 2001
文献 [677]: 学会抄録 記載言語:英語
Amamoto K, Kita Y, Okamura T, Ueshima H : Polymorphism of the angiotensin converting enzyme gene and hypertension in a Japanese general population (the Shigaraki study)
Japanesen Circulation Journal, 65/Suppl (Suppl I-A) : 240-240, 2001
文献 [678]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患基礎調査の有効活用に関する研究
平成12年度厚生科学研究費補助金特別研究事業研究報告書, : 5-43, 2001
文献 [679]: セミナー 記載言語:日本語
岡村智教, 上島弘嗣, 上田一雄, 岡山明, 斎藤重幸 : 飲酒に適量はあるのか
長寿科学シンポジウム 市民公開講座 テキスト, : 1-2, 2001
文献 [680]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣, 上田一雄, 岡山明, 斎藤重幸, 岡村智教 : 健康長寿で元気はつらつ--NIPPON DATA 研究成果より--
長寿科学シンポジウム 市民公開講座 テキスト, : 1-6, 2001
文献 [681]: 学会抄録 記載言語:日本語
足立己幸, Watson P.R. C, 上島弘嗣, Mamo C.L. J, 荒木英爾, Binnns W.C : 高齢社会における健康・栄養戦略---日豪ジョイントシンポジウム2000からの発題
女子栄養大学紀要, 32 : 114-115, 2001
文献 [682]: 学会抄録 記載言語:日本語
門脇崇, 早川岳人, 岡村智教, 上島弘嗣, 山川正信, 間宮恵子, 畑野相子 : 高齢者の生きがい・満足度と生命予後に関する追跡調査--安土町スタデイ
日本公衆衛生雑誌, 48・10(特別 : 635-635, 2001
文献 [683]: 学会抄録 記載言語:日本語
西本美和, 早川岳人, 上島弘嗣, 山川正信, 井下英二, 田崎正善, 角野文彦, 寺尾敦史 : 大津市民の生活習慣や健康意識に関する調査
日本公衆衛生雑誌, 48・10(特別 : 365-365, 2001
文献 [684]: 学会抄録 記載言語:日本語
田中太一郎, 岡村智教, 由田克士, 柳田昌彦, 三浦克之, 門脇崇, 大和浩, 浦野澄郎, 上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究--M事業所における全体介入の実例--
日本公衆衛生雑誌, 48・10(特別 : 257-257, 2001
文献 [685]: 報告書 記載言語:日本語
上田一雄, 上島弘嗣, 児玉和紀, 櫻井秀也, 澤井廣量, 島本和明 : 基本健診査の項目並びに指導区分の検討「高血圧の指導区分に関する検討」
保険事業第4次計画推進のための技術的事項に関する調査研究事業--循環器疾患の指導区分に関する調査研究事業, 平成13年3月 : 1-7, 2001
文献 [686]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 早川岳人, 門脇 崇, 天本健司, 喜多義邦, 上島弘嗣 : 飲酒量の変化に伴う虚血性心疾患発症・死亡の相対・絶対リスク変化量の推計に関する疫学研究
動脈硬化(Supplement), 29 : 212-212, 2001
文献 [687]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 田中太一郎, 門脇 崇, 玉置淳子, 由田克士, 千葉良子, 菊地有利子, 武林 亨, 坂口由己子, 上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第1報)-研究の概要とベースライン所見-
栄養学雑誌(特別附録), 59 : 357-357, 2001
文献 [688]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 上島弘嗣, 田中太一郎, 門脇 崇, 喜多義邦, 玉置淳子, 岡山 明 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究-ベースライン所見の比較と介入1年後の効果についての検討
日本公衆衛生雑誌(特別附録), 48 (10) : 257-257, 2001
文献 [689]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
岡村智教, 早川岳人, 門脇 崇, 天本健司, 喜多義邦, 岡山 明, 上島弘嗣 : 日本人の代表集団における飲酒量の変化に伴う循環器疾患死亡の相対リスク・絶対リスク変化量の推計-NIPPON DATA-
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 36 (6) : 586-595, 2001
文献 [690]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : お酒と健康を考える
関西アルコール関連問題学会滋賀大会抄録集, 第10回 : 57-60, 2001
文献 [691]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康日本21と福祉栄養士の役割
平成13年度全国福祉栄養士協議会研修会テキスト, , 2001
文献 [692]: 報告書 記載言語:日本語
門脇孝, 野田光彦, 佐々木敏, 大橋靖雄, 上島弘嗣 : 厚生省多目的コホート班との共同による糖尿病実態および発症要因の研究 上五島地区コホートにおける循環器疾患登録の悉皆性の検討
平成12年度厚生科学研究費補助金健康科学総合研究事業研究報告書 , : 42-47, 2001
文献 [693]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 国保直診と医療費 --国保直診設置市町村と未設置市町村との医療費比較-- 分析結果を踏まえて
滋賀の国保, 2001.8 : 36-37, 2001
文献 [694]: 著書 記載言語:日本語
松下正明, 福山秀直, 中村治雄, 上島弘嗣, 高崎絹子, 平野隆之, 村川浩一, 林理之, 川村佐和子, 芳賀博, 林玉子 : 別冊総合ケア 高齢者の病気と生活支援 痴呆・高脂血症・神経系難病    「生活習慣改善の効果を検証する」 (亀山正邦, 琵琶湖長寿科学シンポジウム実行委員会 ed.)
医歯薬出版株式会社, (東京), , 28-32, 2001
文献 [695]: 学会抄録 記載言語:日本語
環慎二, 中村保幸, 辻田靖之, 天本健司, 喜多義邦, 岡村智教, 上島弘嗣, 木之下正彦 : 地域一般住民における候補遺伝子の検討  --信楽研究--
第24回 日本高血圧学会総会 プログラム・抄録, : 130-130, 2001
文献 [696]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 田中太一郎, 門脇崇, 上島弘嗣 : 本邦健常人集団における塩分・カリウム摂取量を含む生活習慣と血圧値の関連についての疫学的検討
第24回 日本高血圧学会総会 プログラム・抄録集, : 74-74, 2001
文献 [697]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 別冊 医学のあゆみ 脳血管障害--臨床と研究の最前線 「脳卒中危険因子としての喫煙」 (東儀 英夫 ed.)
医歯薬出版株式会社, (東京), , 35-39, 2001
文献 [698]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 門脇崇 : 別冊 医学のあゆみ 脳血管障害--臨床と研究の最前線 「減塩とカリウム摂取増加による高血圧予防と治療」
医歯薬出版株式会社, (東京), , 31-34, 2001
文献 [699]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 米飯を食する習慣と血清脂質値との関連に関する疫学研究
ごはん食基礎データ蓄積事業報告書, 平成12年度 委 : 57-64, 2001
文献 [700]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコールと循環器疾患-日本人には予防的に働くか-
第16回Pros & Cons in Cardiology テキスト, , 2001
文献 [701]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : わが国の循環器疾患の動向とその危険因子の推移---脳卒中減少と心筋梗塞増加抑制の背景に迫る---
第1回群馬血管疫学研究会テキスト, , 2001
文献 [702]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中発症の危険因子--どういう人が脳卒中になりやすいか--
脳卒中の新しい考え方シンポジウムテキスト, , 2001
文献 [703]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 新動脈硬化ガイドラインが問う スタンチン投与の適否
Nikkei Medical, 9/2001 : 56-57, 2001
文献 [704]: 報告書 記載言語:日本語
岡村智教, 上島弘嗣, 岡山明, 日下幸則, 竹林亨, 山縣然太郎, 浦野澄み郎 : 生活習慣の改善による循環器疾患予防のための多施設・長期介入研究
Japan Arterioclerosis Prevention Fund 公益信託日本動脈硬化予防研究基金 平成12年度研究報告集, : 66-67, 2001
文献 [705]: 学会記 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 第5回国際循環器病予防会議(5th ICPC)を終えて
日本疫学会ニュースレター, 18 : 11-11, 2001
文献 [706]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 第1回禁煙推進プロジェクト委員会
NHK教育テレビ サイエンスアイ, , 2001
文献 [707]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生きがいを持つには
NHKきょうの健康, 6 : 66-69, 2001
文献 [708]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : たばこ1日1箱で老化が10年進む
NHKきょうの健康, 6 : 62-65, 2001
文献 [709]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 自己血圧を知る大切さ
第1回身近な医療学習会知って得する血圧のお話テキスト, , 2001
文献 [710]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康いきいき21」とこれからのたばこ対策
世界禁煙デーフォーラムin滋賀 喫煙と健康について考えるつどいテキスト, , 2001
文献 [711]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : Ⅳ推進方策 5.アルコール
校正科学特別研究事業:健康日本21推進の方策に関する研究  健康日本21推進ガイドライン, , , 224-232, 2001
文献 [712]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 21世紀の日本人の健康づくり--健康日本21
第66回生活習慣病予防講演会テキスト, : 9-9, 2001
文献 [713]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康日本21」の自治体における展開  循環器疾患対策
滋賀の国保, 156 : 6-9, 2001
文献 [714]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 食生活状況調査
個別健康教育指導者養成研修テキスト, , 2001
文献 [715]: 学会抄録 記載言語:日本語
Okamura T, Hayakawa T, Kadowaki T, Kita Y, Ueshima H, Nakamura M, Iida M, Okayama A : Combined Value of serum cholesterol and alubum was a predictive maker for ADL decline;14-year follow-up from NIPPON DATA 80
日本循環器病予防学会雑誌, 36・Suppl : 164-164, 2001
文献 [716]: 学会抄録 記載言語:日本語
Amamoto K, Okamura T, Ueshima H, Kita Y, Nakamura Y, Kinoshita M, Nozaki A, Tamaki S, Tsujita Y, Kadowaki T : The Relationship between Polymorphism of the Aldehyde Dehydorogenase 2 Enzyme (ALDH2) Genotype and Cardiovascular Risk Factors in a Rural Japanese Population
日本循環器病予防学会雑誌, 36・Suppl : 99-99, 2001
文献 [717]: 学会抄録 記載言語:日本語
Mao X, Okamura T, Choudhury SR, Kadowaki T, kita Y, Okayama A, Ueshima H : Health-Related Factors Associated with Low Serum Total Cholesterol in A Rural Japanese Population
日本循環器病予防学会雑誌, 36・Suppl : 93-93, 2001
文献 [718]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 早川岳人, チョウドリSR, 門脇崇, 喜多義邦, 上島弘嗣 : コホート研究(NIPPON DATA)による日本人の脳卒中死亡の絶対リスクに関する推計
日本循環器病予防学雑誌, 36・2 : 88-88, 2001
文献 [719]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康日本21」と循環器疾患対策の展開
日本循環器病予防学雑誌, 36・2 : 135-139, 2001
文献 [720]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 虚血性心疾患と健康日本21
心臓, 33・4 : 363-364, 2001
文献 [721]: 著書 記載言語:日本語
日和田邦男, 阿部陽一, 上島弘嗣, 荒川規矩男, 家森幸男, 今井潤, 藤井潤 : 健康の科学シリーズ12 高血圧の予防と管理 (「生活習慣の改善で高血圧を予防する」)
学会センター関西, (大阪府豊中市), , 29-52, 2001
文献 [722]: 報告書 記載言語:日本語
吉峰俊樹, 上島弘嗣, 大本蕘史, 小川彰, 河瀬斌, 桐野高明, 小林茂昭, 斎藤勇, 種子田護, 永田泉, 貫井英明, 橋本信夫, 山浦晶, 山口武典, 山田和雄, 吉本高志 : 科学的根拠に基づくクモ膜下出血診療ガイドラインの策定に関する研究 平成12年度厚生科学研究費補助金医療技術評価総合事業研究報告書
科学的根拠に基づくクモ膜下出血診療ガイドラインの策定に関する研究 平成12年度厚生科学研究費補助金医療技術評価総合事業研究報告書, , 2001
文献 [723]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 滋賀医科大学医学部福祉保健医学講座 -疫学研究を公衆衛生学の学問体系の柱として-
血圧 Journal of Blood Pressure, 8 ・ 3 : 82-83, 2001
文献 [724]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 日本と米国の循環器病疫学について -収縮期高血圧のコントロールの重要性-
CLINICAL HYPERTENSION, 2001/8 , 2001
文献 [725]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 21世紀における健康づくり運動 -「健康日本21」がめざすもの-
健康日本21推進に向けての研修会テキスト, , 2001
文献 [726]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康長寿をめざした食生活
お米健康サミット, , 2001
文献 [727]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : あなたもできる生活習慣の改善による脳卒中の予防
別冊 Medical ASAHI, 2001May : 2-2, 2001
文献 [728]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康日本21で心も身体もすこやかに
健康日本21地域シンポジウムテキスト, , 2001
文献 [729]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 外食栄養成分表示の意義 ~健康滋賀21の展開として~
健康づくり情報誌 元気UP滋賀, 11 , 2001
文献 [730]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康の最前線 若年者と動脈硬化
Healthcare Information, 2001/ 45 , 2001
文献 [731]: 報告書 記載言語:日本語
岡村智教, 上島弘嗣, 早川岳人, 門脇崇, 喜多義邦 : 飲酒の循環器疾患への影響に関する疫学・臨床疫学研究  ー血清脂質に対する年齢別の影響
「アルコールと健康」研究会 研究報告書 1999年度, 第9巻 : 183-189, 2001
文献 [732]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 心臓財団虚血性心疾患セミナー 虚血性心疾患と健康日本21
心臓, 33・4 : 363-364, 2001
文献 [733]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 臨床医のための食事療法のポイント31 健康長寿をめざした食生活指導のポイント
日本医師会雑誌, 125・4 , 2001
文献 [734]: 総説 記載言語:日本語
寺尾敦史, 早川岳人, 岡村智教, 上島弘嗣 : 日本における大規模疫学試験からわかったことNIPPON DATA
The Lipid, 12/3 : 69-74, 2001
文献 [735]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 若年者と動脈硬化
Health Information, 2001 /45 : 1-4, 2001
文献 [736]: 学会抄録 記載言語:日本語
王培玉, 天本健司, 呉和平, 李彩萍, 上島弘嗣, 佐藤章夫 : 中国・内モンゴル遊牧民の高血圧の疫学調査
日本衛生学雑誌, 56・1 : 196-196, 2001
文献 [737]: 学会抄録 記載言語:日本語
王培玉, 天本健司, 李彩萍, 呉和平, 上島弘嗣, 佐藤章夫 : 中国・内モンゴル遊牧民の飲酒習慣、ALDH2の多型およびアルコール依存症
日本衛生学雑誌, 56・1 : 161-161, 2001
文献 [738]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究 -個別介入と全体介入(生活環境の改善)による介入効果の長期的維持を目指して
平成12年度厚生科学研究 健康科学総合研究成果発表会プログラム, : 4-4, 2001
文献 [739]: 学会抄録 記載言語:日本語
斎藤重幸, 高木覚, 小原史生, 大西浩文, 島本和明, 岡山明, 上島弘嗣 : 循環器疾患死亡における高血圧及び高脂血症合併糖尿病の意義:1980年循環器疾患基礎調査追跡研究(NIPPON DATA 80)解析成績より
糖尿病, 44・Suppl : S-130-S-130, 2001
文献 [740]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : いつまでも快適な生活を続けるための高血圧改善マニュアル
シルバーライフの快適暮らし情報誌 お元気ですか, 2001春 : 10-11, 2001
文献 [741]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 栄養・健康科学シリーズ 公衆栄養学 E.栄養状態の評価 (田中平三 ed.)
株式会社 南江堂, (東京都), , 236-245, 2001
文献 [742]: 学会抄録 記載言語:日本語
王培玉, 天本健司, 渡邊至, 上島弘嗣, 佐藤章夫 : 中国・内モンゴル遊牧民における糖尿病の疫学調査
産業衛生学雑誌, 43 Suppl : 294-294, 2001
文献 [743]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患対策の展開
公衆衛生, 65/3 : 209-213, 2001
文献 [744]: 総説 記載言語:日本語
門脇崇, 岡村智教, 上島弘嗣 : 喫煙による脂質代謝異常
日本臨床, 59・Suppl : 214-219, 2001
文献 [745]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「疫学からみた動脈硬化」-我が国の虚血性心疾患の動向とその背景因子-
第1回 動脈硬化教育フォーラム プログラム(神戸), 第1回 : 4-4, 2001
文献 [746]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 特集生活習慣病としての高血圧 飲酒と高血圧
血圧, 8 : 27-33, 2001
文献 [747]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Ueshima H, Satoh T, Kuller Lewis H. : Rise in Mortarity from Cornary Heart Disease among Post-World War II Birth Cohorts in Japan?
Epidemiology, 11 : 738-738, 2000
文献 [748]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hayakawa T, Okayama A, Ueshima H, Kita Y, Choudury SR : Prervalence of Impaired Activities of Daily Living and the Impact of Stroke and Lower Limb Fracture in Elderly Persons in Japan
CVD Prevention, 3 : 187-194, 2000
文献 [749]: 学会抄録 記載言語:英語
BH. Dennis, IM. Buzzard, B. Zhou, Ueshima H, P. Elliott, H. Kesteloot, J. Stamler : Nutrient intake assessmnet by multiple 24hour recall and urine collections in the INTERMAP Study
4th International Conference on Dietary Assessment, 1 : 1-1, 2000
文献 [750]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康日本21と健康滋賀のめざすところ ~健康滋賀21プランの策定にむけて~
健康づくり情報誌 元気UP滋賀, 10 , 2000
文献 [751]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)の推進について
21世紀における国民健康づくり(健康日本21)研修会テキスト, , 2000
文献 [752]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 国民の代表集団による高齢者のADL,生活の質低下の予防に関するコホート研究 NIPPON DATA
平成12年度厚生科学研究費補助金長寿科学総合研究事業 研究報告書, : 1-150, 2000
文献 [753]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣 : KYORIN-Symposia『EBMからみた高血圧治療(1)』 健康日本21
ドクターサロン(ラジオたんぱ), 44・9 : 54-57, 2000
文献 [754]: 学会抄録 記載言語:日本語
川南勝彦, 簑輪眞澄, 岡山明, 上島弘嗣, NIPPON DATA80研究グループ : 喫煙のがん、肺がん死亡への影響に関する研究:NIPPON DATA80
Journal of Epidemiology, 11/1 : 151-151, 2000
文献 [755]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中や心筋梗塞を予防する鍵は米飯と魚介類を中心とした食生活にある
食のネットワーク, 55 , 2000
文献 [756]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健保が担う健康日本21 第8回 循環器疾患予防は生活習慣の改善から
月刊 けんぽ, 2000 Nov : 30-31, 2000
文献 [757]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中を予防する生活習慣病Ⅱ「アルコールはほどほどに」
JSA News(日本脳卒中協会会報), 2000.6 : 8-9, 2000
文献 [758]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中を予防する生活習慣病Ⅰ「高血圧を防ぎましょう」
JSA News(日本脳卒中協会会報, 2000.5 : 10-11, 2000
文献 [759]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病とは?「健康日本21」のめざすところ
CLINICIAN, 47 (495) : 8-12, 2000
文献 [760]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : たばこのやめ方
知っておきたい循環器病あれこれ 18 たばこのやめ方, 18 : 2-16, 2000
文献 [761]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康日本21」と生活習慣病対策
第46回産業安全衛生講習会テキスト, , 2000
文献 [762]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 今、改めて一次予防の取り組みとは  ・  健康教育の様々な手法を考える
平成12年度「厚生連保健活動推進セミナー」テキスト, , 2000
文献 [763]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康日本21」から「地域保健の施策化へ」
第20回和歌山県公衆衛生学会 プログラム, : 8-10, 2000
文献 [764]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康寿命の延伸と健康・栄養政策--「健康日本21」の科学的実証
第2回ジョイントシンポジウム(女子栄養大学、カーテイン大学)高齢社会における健康・栄養戦略 プログラム, , 2000
文献 [765]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患予防は生活習慣の改善から
月刊 けんぽ, 487 : 30-31, 2000
文献 [766]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 門脇崇 : 禁煙の個別健康教育 (岡山明, 喜多義邦 ed.)
株)保健同人社, (東京), , -, 2000
文献 [767]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 地域保健活動のための疫学 第4章介入研究の例 (柳川洋, 中村好一, 児玉和紀, 三浦宜彦 ed.)
財)日本公衆衛生協会, (東京), , -, 2000
文献 [768]: 学会記 記載言語:日本語
上島弘嗣 : Epidemiology,Stroke and Cardiovascular Risk.
2000 ISH HIGHLIGHTS, 2000 11 : 150-153, 2000
文献 [769]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣 : Lecture 健康日本21と薬剤師11 健康日本21循環病分科委員に聞く
調剤と情報, 6 . 12 : 38-43, 2000
文献 [770]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康日本21」から「地域保健の施策化」へ
第20回和歌山県公衆衛生学会 プログラム, 第20回 : 8-8, 2000
文献 [771]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣改善の効果を検証する
第15回琵琶湖長寿科学シンポジウム プログラム, 第15回 : 3-3, 2000
文献 [772]: 記事 記載言語:日本語
尾前照雄, 上島弘嗣, 田中平三, 仲村英一 : シリーズ特集 EBH(根拠に基つく医療)3 高血圧のリスクファクターと疫学研究
Arcs, 17.Autum : 4-11, 2000
文献 [773]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病対策としての「健康日本21」の展開
第37回日本糖尿病学会近畿地方会・第36回日本糖尿病協会近畿地方会 プログラム, 2000 : 11.78-11.78, 2000
文献 [774]: 学会抄録 記載言語:日本語
小野田敏行, 岡山明, 斉藤重幸, 早川岳人, 上島弘嗣 : 脳卒中病型別死亡に及ぼす耐糖能異常の影響
日本公衆衛生雑誌, 47.11 : 475-475, 2000
文献 [775]: 学会抄録 記載言語:日本語
畑中美和子, 早川岳人, 上島弘嗣, 岡山明, 玉置淳子, 岡村智教 : 死因、年齢別の死亡前医療費:健診成績と国保レセプトの解析
日本公衆衛生雑誌, 47.11 : 325-325, 2000
文献 [776]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : 平成11年度個別健康教育試行事業とその成果
日本公衆衛生雑誌, 47.11 : 261-261, 2000
文献 [777]: 学会抄録 記載言語:日本語
由田克士, 千葉良子, 玉置淳子, 竹林亨, 中川秀昭, 岡村智教, 上島弘嗣, 岡山明 : 青.壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第4報) -集団を対象とした栄養介入の進め方について-
日本公衆衛生雑誌, 47.11 : 237-237, 2000
文献 [778]: 学会抄録 記載言語:日本語
田中太一郎, 岡村智教, 上島弘嗣, 玉置淳子, 岡山明 : 青.壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第3報) -随時のスポット尿を用いた塩分・カリウム摂取量の推定-
日本公衆衛生雑誌, 47.11 : 236-236, 2000
文献 [779]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 上島弘嗣, 田中太一郎, 門脇崇, 喜多義邦 : 青.壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第2報) -全体介入-
日本公衆衛生雑誌, 47.11 : 236-236, 2000
文献 [780]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡村智教, 上島弘嗣, 田中太一郎, 門脇崇, 喜多義邦, 玉置淳子, 岡山明 : 青.壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究(第1報) -研究の概要-
日本公衆衛生雑誌, 47.11 : 235-235, 2000
文献 [781]: 学会抄録 記載言語:日本語
佐藤徹, 岡山明, 勝山彰, 雫石礼子, 喜多義邦, 門脇崇, 上島弘嗣 : 個別健康教育試行的事業禁煙指導の効果(1)禁煙成功率とその要因
日本公衆衛生雑誌, 47.11 : 198-198, 2000
文献 [782]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 早川岳人, 喜多義邦, 門脇崇, 岡村智教 : NIPPON DATA 80
血圧, 7・5 : 421-426, 2000
文献 [783]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 第41回 日本心臓財団予防賞(日本循環器管理研究協議会賞)受賞業績概要報告 生活習慣の改善による循環器疾患の一次予防に関する研究と実践
日本循環器管理研究協議会雑誌, 35・1 : 52-56, 2000
文献 [784]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 喜多義邦, 早川岳人, Sohel Reza Choudhury : 甲南町における機能予後からみた生命予後に関する研究
平成11年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による 高齢者死亡に影響を及ぼす要因に関する調査研究事業報告書, 2000・3月 : 107-117, 2000
文献 [785]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 早川岳人, 岡山明, 岡村智教, 喜多義邦, 門脇崇 : NIPPON DATA: 高齢者の循環器疾患による生活習慣の質低下予防に関する研究
循環器科, 48 : 139-145, 2000
文献 [786]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 歴史に学ぶ循環器病予防対策 みのらなった経験をみる
第13回 日本循環器予防セミナー, , 2000
文献 [787]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高血圧症の疫学的理解
平成12年度 老人保健健康増進事業 個別健康教育指導者養成研修, , 2000
文献 [788]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康日本21」における生活習慣病対策
プライマリ・ケア (第23回日本プライマリ・ケア学会抄録集), 23・Suppl : 46-46, 2000
文献 [789]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 三浦克之, 門脇崇 : 高血圧の個別健康教育 指導者マニュアル
株式会社 保健同人社, (東京), , -, 2000
文献 [790]: 著書 記載言語:日本語
岡山明, 島本和明, 斉藤重幸, 渡邊至, 上島弘嗣 : 耐糖能異常の個別健康教育 指導者マニュアル
株式会社 保健同人社, (東京), , -, 2000
文献 [791]: 総説 記載言語:日本語
門脇崇, 上島弘嗣 : 米国の男性医師における軽度~中度の飲酒と脳卒中のリスク
血圧, 7・4 : 56(392)-58(394), 2000
文献 [792]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高血圧の生活習慣法
からだの科学, 211 : 75-78, 2000
文献 [793]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中の危険因子としての喫煙
治療, 82・2 : (263)63-(268)68, 2000
文献 [794]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 国民の代表集団による高齢者のADL、生活の質低下の予防に関するコホート研究 NIPPON DATA
平成11年度厚生科学研究費補助金長寿科学総合研究事業 研究報告書, 1999 , 2000
文献 [795]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : ライフスタイルの改善による血清総コレステロール値の低下
動脈硬化 The Journal of Japan Atherosclerosis Society, 28 Suppl : 96-96, 2000
文献 [796]: 学会抄録 記載言語:日本語
渡邊至, 岡山明, 島本和明, 上島弘嗣 : 軽症耐糖能異常者に関する個別健康教育による多施設無作為割付介入研究
糖尿病 Journal of the Japan Diabetes Society, 43 suppl : s-101-s-101, 2000
文献 [797]: 学会抄録 記載言語:日本語
早川岳人, 門脇崇, 上島弘嗣, SRチョウドリ, 岡山明, 喜多義邦, 岡村智教 : 仕事の労働状況とADLの低下の関連:NIPPON DATA80
日本循環器管理研究協議会雑誌, 35/2 : 111-111, 2000
文献 [798]: 学会抄録 記載言語:日本語
門脇崇, 早川岳人, 上島弘嗣, SRチョウドリ, 岡山明, 喜多義邦, 岡村智教 : ISH(Isolated Systolic Hypertension)が循環器疾患に及ぼす影響:NIPPON DATA80
日本循環器管理研究協議会雑誌, 35/2 : 111-111, 2000
文献 [799]: 学会抄録 記載言語:日本語
喜多義邦, 上島弘嗣, SRチョウドリ, 中村保幸, 吉田道明 : 滋賀県における脳卒中罹患率の推移
日本循環器管理研究協議会, 35/2 : 110-110, 2000
文献 [800]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, SRチョウドリ, 早川岳人, 喜多義邦, 門脇崇, 岡村智教, 岡山明 : 循環器疾患死亡に及ぼす喫煙のリスク
日本循環器管理研究協議会雑誌, 35/2 : 111-111, 2000
文献 [801]: 学会抄録 記載言語:日本語
吉田道明, 中村保幸, 木之下正彦, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明 : 急性心筋梗塞発症率の実態調査 滋賀県高島郡における悉皆登録研究 その方法と中間報告
Japanese Circulation Journal, 64 Suppl : 193-193, 2000
文献 [802]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 中高年齢者における「健康日本21」の展開
日本衛生学雑誌, : 408-408, 2000
文献 [803]: 学会抄録 記載言語:日本語
田中太一郎, 玉置淳子, 三浦克之, 上島弘嗣, 藤田委由, 中川秀昭, 橋本勉 : スポット尿を用いた集団の塩分摂取量の推定 -国際共同研究INTERSALT,Japanによる妥当性の検討-
Supplement to Journal of Epidemiology, 10/1 : 108-108, 2000
文献 [804]: 学会抄録 記載言語:日本語
笠置文善, 児玉和紀, 岡山明, 上島弘嗣 : 国民の血圧レベルの推移におけるpopulation strategy と high risk strategy の寄与
Supplement to Journal of Epidemiology, 10/1 : 52-52, 2000
文献 [805]: 学会抄録 記載言語:日本語
玉置淳子, 上島弘嗣, 児玉和紀, S.R.チョウドリ, 岡山明, 喜多義邦, 早川岳人, NIPPON DATA80研究班 : 女性の循環器疾患死亡に対する危険因子とその影響の強さに関する検討-NIPPON DATA80より
Supplement to Journal of Epidemiology, 10/1 : 38-38, 2000
文献 [806]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Asian Pacific Cohort Studies Collaboration : Determinants of cardiovascular disease in the Asian Pacific region: Protocol for a collaborative overview of cohort studies.
Cardiovascular disease prevention, 2 : 281-289, 1999
文献 [807]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : Mortality and Morbidity of CVD in Japan: trends and its explanation
The 2nd Japan-Korea Joint Semunar on Epidemiology, : 3-3, 1999
文献 [808]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : Why Japanese people live longer inspite of increase of serum total cholesterol level?
7th World Congres on Clinical Nutrition, , 1999
文献 [809]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Kita Y, Okayama A, Ueshima H, Wada M, Nozaki A, Choudhury SR, Bonita R, Inamoto Y, Kasamatsu T : Stroke incidence and case fatality in Shiga, Japan 1989-1993
Int J Epidemiol, 28 : 1059-1065, 1999
文献 [810]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Sekikawa A, Kuller LH, Ueshima H, Park JE, Suh I, Jee SH, Pan WH : Coronary heart disease mortality trends in men in the post World War II birth cohorts aged 35-44 in Japan,South Korea and Taiwa
Int J Epidemiol, 28 : 1044-1049, 1999
文献 [811]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : Why stroke mortality declined greatly in Japan.
International Symposium on Hypertension & Related Diseases Abstracts, 1999 : 13-13, 1999
文献 [812]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : Changing nutrition and changing cardiovascular mortality in Japan
Congress of the European Sciety of Cardioligy Abstract Book, 1999 : 1-1, 1999
文献 [813]: 学会抄録 記載言語:英語
UESHIMA HIROTSUGU : Trends in Circulatory Disease and Risk Factors in Japan(NIPPON DATA)
Asian Pacific Society of Atherosclerosis and Vasucular Disease 1999April Workshop in Osaka Abstract Book, 1999 : 2-2, 1999
文献 [814]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Liu Longian, Choudhury SR, Okayama A, Hayakawa T, Kita Y, Ueshima H : Changes in Body Mass Index and its Relationships to Other Cardiovascular Risk Factors among Japanese Population:Results from the
Journal of Epidemiology, 9-3 : 163-174, 1999
文献 [815]: 学会抄録 記載言語:英語
Choudhury SR, Ueshima H, Okayama A, Iimura O, Hashimoto T, Horibe H, Iida M, Kodama K, Minowa M, Sawai K, Shibata S, Tanaka S, Ueda K, Yanagawa H : Alcohol drinking and mortality in Japanese men:an analysis from NIPPON DATA
Journal of Epidemiology, 9 (1) : 86-86, 1999
文献 [816]: 学会抄録 記載言語:英語
Liu L, Ueshima H, Okayama A, Nakamura Y, Choudhury SR, Kita Y, Hayakawa T, Kadowaki T, Watanabe M : Differences in dietary habits and relative body weight by smoking status:results from Japan 1990 national cardiovascular survey
Journal of Epidemiology, 9 (1) : 83-83, 1999
文献 [817]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 血圧コントロール
(財)健康・体力づくり事業財団 地域保健活動における生活習慣教育講習会, , 1999
文献 [818]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康教育と健康増進
産業衛生講座講演集, , 1999
文献 [819]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣改善の視点とその評価
動脈硬化, , 1999
文献 [820]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 食生活から10年後のあなたの健康が見える---10年後のあなたは健康でいられますか?
朝日食生活フォーラム, , 1999
文献 [821]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 産業保健の場における生活習慣病対策の視点とその効果
NTT西日本産業保健研究会, , 1999
文献 [822]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : これからの地域保健活動---健康日本21踏まえて
財)日本公衆衛生協会 平成11年度地域保健法関連研修「保健所機能強化職員研修」(指定都市・中核市・政令市・特別区ブロック), , 1999
文献 [823]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 地域健康づくり検討委員会における医療費分析 ~基本健康診査結果と医療費の関係~ 予防的視点からの保健事業の展開のために
滋賀県国民健康保険連合会 市町村保健婦・事務担当者 合同研修会, , 1999
文献 [824]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 疫学データの地方行政への応用
第12回 日本循環器病予防セミナー, , 1999
文献 [825]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 臓器別にみた危険因子の差異  
第12回 日本循環器予防セミナー, , 1999
文献 [826]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣の改善による脳卒中・心臓病の予防
大阪地区第35回労働衛生研修会-, , 1999
文献 [827]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 酒との上手なつきあい方
第64回 生活習慣病予防講演会, , 1999
文献 [828]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康づくりの数値目標の視点と地域における健康増進方策
第38回 日本公衆衛生学会近畿地方会 口演 示説要旨集, : 4-5, 1999
文献 [829]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康日本21が目指すもの
健康日本21 朝日食生活フォーラム, , 1999
文献 [830]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康教育の効果と評価
平成11年度社団法人鳥取県栄養士会研修会要項, , 1999
文献 [831]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康教育とアルコール
予防医学, 41 : 12-17, 1999
文献 [832]: 総説 記載言語:日本語
門脇崇, 早川岳人, 渡邊至, 岡山明, 上島弘嗣 : 循環器疾患と予防
臨床検査, 43・9 : 989-994, 1999
文献 [833]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : II高血圧治療 1.非薬物治療 C.アルコール摂取量
循環器科, 46(Suupl : 387-395, 1999
文献 [834]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 澤井廣量, 飯田稔, 柳川洋, 飯村攻 : 厚生省循環器疾患基礎調査の追跡調査の成果とその意義
厚生の指標, 1999・7 : 17-20, 1999
文献 [835]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 減塩と運動と飲酒について尋ねられたとき
季刊 今日の高血圧治療, 3・2 : 20-21, 1999
文献 [836]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : 老人の健康度評価システム
医学のあゆみ, 189・11 : 902-903, 1999
文献 [837]: 著書 記載言語:日本語
石井當男, 上島弘嗣 : 降圧剤の上手な使い方 (日本における高血圧症の疫学) (梅村 敏 ed.)
株式会社 南山堂, (東京), , 12-20, 1999
文献 [838]: 報告書 記載言語:日本語
門脇孝, 野田光彦, 山本精一郎, 大橋靖雄, 上島弘嗣 : 厚生省多目的コホート班との共同による糖尿病実態及び発症要因の研究:有川保健所コホートにおける脳卒中登録の悉皆性の検討
平成11年度厚生科学研究費補助金健康科学総合研究事業研究報告書 厚生省多目的コホート班との共同による糖尿病実態及び発症要因の研究, 1999 : 23-26, 1999
文献 [839]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 青・壮年者を対象とした生活習慣病予防のための長期介入研究
平成10年度厚生科学研究費補助金健康科学総合研究事業 研究報告書, : 1, 1999
文献 [840]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : KEY WORD 1999-2000 高血圧 (日和田 邦男 ed.)
株式会社 先端科学社, (東京), , 186-187, 1999
文献 [841]: 学会抄録 記載言語:日本語
堀田直子, 石原久美子, 福井良江, 喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣 : 事業所における禁煙支援センター方式を用いた介入研究
滋賀県公衆衛生学会抄録, 1999 : 1-1, 1999
文献 [842]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣の改善の視点とその効果
動脈硬化 , 27・Suppl : 96-96, 1999
文献 [843]: 学会抄録 記載言語:日本語
奥田奈賀子, 上島弘嗣, 岡山明, 由田克士, 石下康子, 森野厚子, 志辺好, 斉藤重幸, 中川秀昭, 三浦克之, 橋本勉, 坂田清美 : 国際共同研究インターマップにおける栄養調査(第1報)-調査概要・栄養調査の組織と概要-
第46回日本栄養改善学会 講演要旨, 第46回 : 265-265, 1999
文献 [844]: 学会抄録 記載言語:日本語
城美幸, 岩本あけみ, 尾田信俊, 坂田清美, 盛岡聖次, 橋本勉, 長谷川和美, 福田秋美, 吉居富美子, 三浦克之, 中川秀昭, 岡山明, 上島弘嗣 : 血圧低下教育プログラムによる地域における介入研究」-第2報:介入の効果
日本公衆衛生雑誌, 46・10 : 439-439, 1999
文献 [845]: 学会抄録 記載言語:日本語
長谷川和美, 福田秋美, 吉居富美子, 三浦克之, 中川秀昭, 岩本あけみ, 城美幸, 尾田信俊, 坂田清美, 盛岡聖次, 橋本勉, 岡山明, 上島弘嗣 : 血圧低下教育プログラムによる地域における介入研究-第一報:介入方法
日本公衆衛生雑誌, 46/10 : 438-439, 1999
文献 [846]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣改善による心臓病の一次予防
The47th Annual Meeting of the Japanese College of CARDIOLOGY Abustract Book, 47 : 43-43, 1999
文献 [847]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 脳卒中 ブレインアタックの制圧を目指して
ライフサイエンス出版 治療学, 33 (5) : 97-107, 1999
文献 [848]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦 : 保健活動の新しい目標設定と介入マニュアル
(財)日本公衆衛生協会平成10年度厚生省老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業分) 保健活動における介入の有効性に関する研究事業 報告書, , 1999
文献 [849]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 早川岳人, Choudhury SR, 茅旭, 中園恵美子 : 甲南町における高齢者の追跡調査による1年後の機能および生命予後に関する検討
(社)日本循環器管理研究協議会平成10年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による「循環器疾患患者の日常生活動作阻害要因 ・ 予後と今後予想される社会的負担事業」報告書, : 108-118, 1999
文献 [850]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣改善の進め方―多施設共同研究の介入研究から学ぶ―
ラージュ, : 3-3, 1999
文献 [851]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : リスクファクターの臨床展開 アルコールと生活習慣病
診断と治療, 87 (3) : 412-418, 1999
文献 [852]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 内科学書改定第5版 Standard Textbook of Internal Medicine (島田 馨 ed.)
株式会社 中山書店, (東京), , 91-98, 1999
文献 [853]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康日本21」とEvidence-Based Medicine
Osaka Heart Club, 22/8 : 1-2, 1999
文献 [854]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 斉藤重幸, 田中繁道, 中村好一, 蓑輪眞澄, 堀部博, 飯田稔, 寺尾敦史, 児玉和紀, 草野文嗣 : 循環器病研究委託費7指―2 高齢者の循環器疾患による生活の質の低下予防策に関する研究
日本循環器管理研究協議会雑誌, 34 (1) : 58-63, 1999
文献 [855]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, Choudhury SR, 喜多義邦, 門脇崇, 渡邊至 : [飲酒と健康]健康的な飲酒習慣
臨床科学, 35 (1) : 51-57, 1999
文献 [856]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, Choudhury SR, 門脇崇, 早川岳人, 渡辺至 : 実際の臨床 高血圧の合併症―本邦の実態―
Cardiac Practice 特集 高血圧 -合併症の予防をめざした治療―, : 37-42, 1999
文献 [857]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 1万人14年間の追跡調査より
第25回日本医学会総会学術講演要旨, : 436-436, 1999
文献 [858]: 学会抄録 記載言語:日本語
千葉良子, 上島弘嗣, 岡山明, 奥田奈賀子, 喜多義邦, Choudhury SR : 調理法による食物摂取状況の比較―4回の24時間思い出し法と量・頻度法―
日本衛生学雑誌, 54 (1) : 96-96, 1999
文献 [859]: 学会抄録 記載言語:日本語
国重めぐみ, 古城奈緒子, 平方栄一, 松井健志, 山田麻紀, 山中浩嗣, 渡辺愛子, 喜多義邦, 上島弘嗣 : 我が国の栄養表示の問題点とその改善について
第29回滋賀県公衆衛生学会口演集, : 47-47, 1999
文献 [860]: 学会抄録 記載言語:日本語
清水潤子, 喜多義邦, 甲斐恵子, 岡山明, Choudhury SR, 川島淳子, 上島弘嗣 : 市役所職員への無作為割付による禁煙介入研究
日本公衆衛生雑誌, 46・1 : 3-13, 1999
文献 [861]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
L Liu, Ueshima H, Okayama A, Nakamura Y, Choudhury SR, KIta Y, Hayakawa T, Kadowaki T, Watanabe M : Diffrences in Diietary Habits and Relative Body Weight According to Smoking Status:Results from the 1990 National Cardiovascular
CVD Prevention, 1/4 : 282-289, 1998
文献 [862]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Hiramatsu M, Hayashi A, Hidaka H, Ueshima H, Kanno T : Enzyme immunoassay of urinary mevalonic acid and its clinical application
Clinical Chemistry, 44 : 2152-2157, 1998
文献 [863]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Choudhury SR, Ueshima H, Okayama A, Kita Y, Miyoshi Y : Relationship between blood pressure and alcohol consumption on the previous day in Japanese men
Hypertension Research, 21 (3) : 175-178, 1998
文献 [864]: 学会抄録 記載言語:英語
Sekikawa A, Kuller LH, Ueshima H, Pan WH, Suh I, Park JE : Decreasing trend of acute myocardial infarction mortality in young men in Japan
American Journal of Epidemiology, 147 (11) : s49-s49, 1998
文献 [865]: 学会抄録 記載言語:英語
Yoshida Y, Ueshima H, Nozaki A, Kita Y, Watanabe M, Okayama A, Choudhury SR, Lin K, Hayakawa T, Ando R : Drinkers have higher 24-hour and night-time blood pressure than non-drinkers
Journal of Hypertension, 16 (2) : s255-s255, 1998
文献 [866]: 学会抄録 記載言語:英語
Choudhury SR, Ueshima H, Okayama A, Kita Y, Hayakawa T : Population attributable fraction of alcohol drinking for hypertension in Japanese men
Journal of Hypertension, 16 (2) : s253-s253, 1998
文献 [867]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H, Okayama A, Sawai K, Kodama K, Ueda K, Tanaka S, Yanagawa H, Hashimoto T, Horibe H, shibata S, Minowa M, Iida M, Imura H. : Factors for maintaining active health up to age 80:NIPPON DATA
Journal of Hypertension, 16 (12) : s219-s219, 1998
文献 [868]: 学会抄録 記載言語:英語
Saitoh S, Takagi S, Shimamoto K, Ueshima H, Okayama A : Frequency of impaired glucose tolerance in cases of hypertension in general Japanese population and its effect on life prognosis
Journal of Hypertension, 16 (2) : s28-s28, 1998
文献 [869]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : Fourteen-year follow-up study of Japanese national cardiovascular survey : NIPPON DATA
Atherosclerosis, 136 : s27-s27, 1998
文献 [870]: 学会抄録 記載言語:英語
Okuda N, Okayama A, Choudhury SR, Lin XZ, Ueshima H : Evaluation of 24-hour dietary recall data in INTERMAP STUDY of shiga,Japan,using urinary electrolyte excretion
Journal of Epidemiology, 8 (1) : 73-73, 1998
文献 [871]: 学会抄録 記載言語:英語
Choudhury SR, Ueshima H, Horibe H, Okayama A, Kita Y, Hayakawa T : Relationship between electrocardiographic(ECG) ischemic changes and coronary heart disease risk factors in a middle aged japanes
Journal of Epidemiology, 8 (1) : 49-49, 1998
文献 [872]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : From the experience of a cooperative large scale intervention trial on lifestyle modification
Journal of Epidemiology, 8 (1) : 89-89, 1998
文献 [873]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Naruse Y, Nakagawa H, Kagamimori S, Fujita Y, Hashimoto T, Kasamatsu T, Mikawa K, Ueshima H : Relationship of parental history of high blood pressure to blood pressure:combined findings of Japanese population samples, the
J Hum hypertens, 12 : 215-220, 1998
文献 [874]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 良薬とするための大前提は「適量飲酒」
日経ヘルス, 1998.12 : 26-27, 1998
文献 [875]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 中高年の健康管理
近畿医師会連合産業医基礎研修会, , 1998
文献 [876]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : ワインブームの背景と問題点
臨床高血圧 Clinical Hypertension, : 39-44, 1998
文献 [877]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
岡山明, 喜多義邦, 船越傳, 上島弘嗣 : 循環器疾患・がん予防のための喫煙習慣への介入効果に関する研究-参加希望者を対象とした小規模な禁煙教育が集団全体の喫煙率に及ぼす影響-
(財)協栄生命健康事業団 協栄生命研究助成論文集, ⅩⅣ : 79-84, 1998
文献 [878]: 報告書 記載言語:日本語
Ueshima H : 7A-2 Prevention of the loss of quality quality of life among the elderly caused by cardiovascular diseases
国立循環器センター平成9年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集 英文概要, : 627-627, 1998
文献 [879]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 斉藤重幸, 中村好一, 蓑輪眞澄, 堀部博, 飯田稔, 飯田稔, 児玉和紀, 草野文嗣 : 7指-2 高齢者の循環器疾患による生活の質の低下予防策に関する研究
国立循環器センター平成9年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 42-56, 1998
文献 [880]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
上島弘嗣, 斉藤重幸, 田中繁道, 中村好一, 蓑輪眞澄, 堀部博, 飯田稔, 寺尾敦史, 児玉和紀, 草野文嗣 : 循環器病研究委託費7 指-2高齢者の循環器疾患による生活の質の低下予防策に関する研究
日本循環器管理研究協議会雑誌, 34 (1) : 58-63, 1998
文献 [881]: 総説 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 喜多義邦 : 健康度評価による禁煙指導
日本医事新報, 3891 : 37-42, 1998
文献 [882]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, Choudhury SR, 千葉良子, 奥田奈賀子 : がん予防のための食生活改善への効果的な介入に関する研究
厚生省がん研究助成金9-4 がん一次予防のための生活習慣への効果的な介入に関する研究 平成10年度研究中間報告書, : 11-16, 1998
文献 [883]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (私の海外印象記)留学により発展した世界的な繋がり
循環科学, 18 (10) : 986-987, 1998
文献 [884]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康教育とその評価(第15回関西産業健康管理研究会 講演)
銀杏, 10 , 1998
文献 [885]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : マルチプルリスクファクター症候群と冠状動脈硬化
循環科学, 18 (9) : 834-836, 1998
文献 [886]: 報告書 記載言語:日本語
徳留信寛, 石川秀樹, 上島弘嗣, 清水弘之, 田島和雄, 中地敬 : 9-4がん一次予防のための生活習慣への効果的な介入に関する研究
国立がんセンター 厚生省がん研究助成金による研究報告集(平成9年度), : 269-273, 1998
文献 [887]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 早川岳人 : わが国における高血圧と標的臓器障害:NIPPON DATAから
ACE阻害薬と臓器保護作用, , , 55-63, 1998
文献 [888]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 節酒指導の実際
循環科学, 18 (10) : 962-964, 1998
文献 [889]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患の介入試験の歴史
循環科学, 18 (10) : 902-905, 1998
文献 [890]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣, 瀧下修一, 中村保幸, 福原武久 : 我が国の介入試験の現状と今後の展望
循環科学, 18 (10) : 938-951, 1998
文献 [891]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (第8回高血圧患者の生活指導)禁煙指導
血圧, 5 (10) : 1093-1098, 1998
文献 [892]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (患者教育ー高血圧患者の生活指導6)飲酒と高血圧
循環科学, 18 (9) : 866-868, 1998
文献 [893]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 喜多義邦, 岡山明, Choudhury SR : 適量飲酒の循環器への影響―虚血性疾患に対する予防作用―
「アルコールと健康」研究会研究報告書, 7 : 7-22, 1998
文献 [894]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : コレステロールからみた生活習慣病の予防
栄養日本増刊号, 41(8-2) : 34-49, 1998
文献 [895]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (第5回高血圧患者の生活指導)節酒指導とその効果
血圧, 5 (7) : 802-806, 1998
文献 [896]: 報告書 記載言語:日本語
田中平三, 江指隆年, 佐藤洋, 伊達ちぐさ, 櫃本真一, 吉池信男, 米増國雄, 中村雅一, 上島弘嗣, 田辺直仁, 辻一郎, 大島明 : (総括研究報告)健康増進分野における健康教育等介入による経済的効果に関する研究
平成9年度厚生科学研究費補助金健康増進調査研究事業健康増進分野における健康教育等介入による経済的効果に関する総括研究報告書, , 1998
文献 [897]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (第4回高血圧患者の生活指導)減塩とカリウム摂取の指導
血圧, 5 (6) : 690-695, 1998
文献 [898]: 報告書 記載言語:日本語
嶋本喬, 田中平三, 飯村攻, 飯田稔, 上島弘嗣, 上田一雄, 小澤秀樹, 児玉和紀, 澤井廣量, 柴田茂男, 島本和明, 西尾一郎, 柊山幸志郎, 堀部博 : 地域在住脳卒中・心臓病高齢患者のQOL・ADLの実態調査とそれに基づくQOL・ADL向上対策の確立事業
(社)日本循環器管理研究協議会 平成9年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による地域在住脳卒中・心臓病高齢患者のQOL・ADLの実態調査とそれに基づくQOL・ADL向上対策の確立事業報告書, , 1998
文献 [899]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 飯田稔, 大島明, 日下幸則, 中川秀昭, 中村保幸, 岡山明, 鏡森定信, 橋本勉, 勝野眞吾, 川畑徹朗, 岡井崇, 千葉喜英, 名取道也, 野田洋一 : 循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究
平成9年度厚生科学研究費補助金長期慢性疾患総合研究事業生活習慣病班循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究平成9年度研究報告書, , 1998
文献 [900]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 平成7年度厚生省循環器病研究委託費による高齢者の循環器疾患による生活の質の低下予防策に関する研究報告書
平成7年度厚生省循環器病研究委託費による高齢者の循環器疾患による生活の質の低下予防策に関する研究報告書, , 1998
文献 [901]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
吉田康弘, 岡山明, 三河一夫, 上島弘嗣, 喜多義邦, 藤田委由, 坂田清美, 柳川洋, 中川秀昭, 森河裕子, 成瀬優知 : 1990年代前半の日本の3集団における栄養摂取状況及びその血清総コレステロール値との関連:-NTERSALT II研究より-
滋賀医科大学雑誌, 13 : 63-79, 1998
文献 [902]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 渡辺至, 上島弘嗣, 船越傳 : 小規模の禁煙教育が集団全体の喫煙率に及ぼす影響について
日本循環器管理研究協議会, 33 (2) : 102-102, 1998
文献 [903]: 学会抄録 記載言語:日本語
西側昌孝, 早川岳人, 岡山明, 上島弘嗣 : NIPPON DATAから作成した健康度評価システム
日本循環器管理研究協議会雑誌, 33 (2) : 102-102, 1998
文献 [904]: 学会抄録 記載言語:日本語
堀部博, 松谷康子, 加賀谷みえ子, 青木伸雄, 中村美詠子, 上島弘嗣, 岡山明 : 全国調査による心電図所見の生命予後に関する研究
日本循環器管理研究協議会雑誌, 34 (1) : 101-101, 1998
文献 [905]: 学会抄録 記載言語:日本語
奥田奈賀子, 岡山明, Choudhury SR, 林賢宗, 上島弘嗣 : 24時間思い出し法による食塩摂取量の推定について インターマップ調査結果より
日本循環器管理研究協議会雑誌, 33 (2) : 99-99, 1998
文献 [906]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高齢者の循環器疾患による生活の質の低下予防策に関する研究:7指―2の循環器病研究委託費による研究より
日本循環器管理研究協議会雑誌, 33 (2) : 109-109, 1998
文献 [907]: 学会抄録 記載言語:日本語
林賢宗, 岡山明, Choudhury SR, 上島弘嗣 : 栄養摂取と血清コレステロールとの関連
日本公衆衛生雑誌, 45 (10) : 679-679, 1998
文献 [908]: 学会抄録 記載言語:日本語
早川岳人, 岡山明, 上島弘嗣, 喜多義邦 : わが国の高齢者の日常生活動作能力低下状況と脳卒中、下肢骨折の既往との関連
日本公衆衛生雑誌, 45 (10) : 537-537, 1998
文献 [909]: 学会抄録 記載言語:日本語
吉田康弘, 上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 渡辺至, 林賢宗, 野崎昭彦 : 自由行動下血圧と生活習慣に関する研究―飲酒による急性期血圧効果について
日本公衆衛生雑誌, 45 (10) : 408-408, 1998
文献 [910]: 学会抄録 記載言語:日本語
坂巻弘之, 上島弘嗣, 長谷川敏彦 : 高血圧の疫学と医療経済学的分析
日本公衆衛生雑誌, 45 (10) : 288-288, 1998
文献 [911]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 飯田稔, 大島明, 中川秀昭, 日下幸則, 中村保幸 : 循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究(第5報):高コレステロール血症への介入効果
日本公衆衛生雑誌, 45 (10) : 224-224, 1998
文献 [912]: 学会抄録 記載言語:日本語
飯田稔, 上島弘嗣, 岡山明, 大島明, 中川秀昭, 日下幸則, 中村保幸 : 循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究(第4報):高血圧への介入効果
日本公衆衛生雑誌, 45 (10) : 223-223, 1998
文献 [913]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 飯田稔, 大島明, 中川秀昭, 日下幸則, 中村保幸 : 循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究(第2報):デザインと研究の概要
日本公衆衛生雑誌, 45 (10) : 223-223, 1998
文献 [914]: 学会抄録 記載言語:日本語
大島明, 上島弘嗣, 岡山明, 飯田稔, 中川秀昭, 日下幸則, 中村保幸 : 循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究(第3報):禁煙への介入効果
日本公衆衛生雑誌, 45 (10) : 214-214, 1998
文献 [915]: 学会抄録 記載言語:日本語
安東里真, 惣門早苗, 岡山明, 吉田康弘, 上島弘嗣 : 職域における節酒プログラムの効果
第38回近畿産業衛生学会, : 36-37, 1998
文献 [916]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 食生活が基本
第45回日本栄養改善学会講演集, : 48-48, 1998
文献 [917]: 学会抄録 記載言語:日本語
菱田加代子, 門脇崇, 渡辺至, 岡山明, 上島弘嗣 : 事業所での禁煙キャンペーンの取り組み…実施一年後の成果
産業衛生学雑誌, 40 : 168-168, 1998
文献 [918]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 門脇崇, 渡辺至, 上島弘嗣, 船越傳 : 小規模の禁煙教育が事業場全体の喫煙率に及ぼす影響について
産業衛生学雑誌, 40 : 166-166, 1998
文献 [919]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 働く人と喫煙 喫煙による循環器疾患への影響と禁煙の効果
第16回産業医科大学学会総会学術講演・展示抄録集, : 1-1, 1998
文献 [920]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 澤井廣量, 児玉和紀, 上田一雄, 田中繁道, 橋本勉, 堀部博, 柴田茂男, 飯田稔, 飯村攻 : 80歳まで元気で自立した生活を送ることのできる要因:NIPPON DATA80よりみた血圧の影響
第21日本高血圧学会総会-プログラム・抄録集-, : 95-95, 1998
文献 [921]: 学会抄録 記載言語:日本語
Choudhury SR, 上島弘嗣, 喜多義邦, 岡山明, 早川岳人 : 日本人における高血圧と飲酒習慣との関連
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 33 (4) : 478-479, 1998
文献 [922]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 健康的な飲酒習慣とは
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 33 (4) : 424-425, 1998
文献 [923]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病を考える
日本消化器集団検診学会雑誌, 36 (6) : 655-656, 1998
文献 [924]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患一次予防のための生活指導の方法:循環器病研究班からの経験
糖尿病, 41 (1) : 141-141, 1998
文献 [925]: 学会抄録 記載言語:日本語
西側昌孝, 渡辺至, 岡山明, 上島弘嗣, 三好裕司, 田中敏子, 鈴木寿子 : 職域における生活習慣と血圧上昇
産業衛生学雑誌, 40 : 590-590, 1998
文献 [926]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 飯田稔, 大島明, 日下幸則, 中川秀昭 : 職域における健康教育による大規模介入研究
産業衛生学雑誌, 40 : 365-365, 1998
文献 [927]: 学会抄録 記載言語:日本語
菱田加代子, 渡辺至, 門脇崇, 岡山明, 上島弘嗣 : 全従業員を対象とした禁煙教育の取り組みとその効果
産業衛生学雑誌, 40 : 269-269, 1998
文献 [928]: 学会抄録 記載言語:日本語
斉藤重幸, 高木覚, 島本和明, 上島弘嗣, 岡山明 : 日本人における高血圧と耐糖能異常の合併頻度とその生命予後―1990年循環器疾患基礎調査成績(NIPPON DATA90)より
Japanese Circulation Journal, 62 (1) : 191-191, 1998
文献 [929]: 学会抄録 記載言語:日本語
千葉良子, 三河一夫, 岡山明, 奥田奈賀子, 吉田康弘, 上島弘嗣 : 調査法による栄養素摂取量の違い―24時間思い出し法と食事記録法の比較―
日本衛生学雑誌, 53 (1) : 274-274, 1998
文献 [930]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 飯田稔, 大島明, 中川秀昭, 日下幸則 : 保健指導者による循環器疾患危険因子の大規模介入研究
日本衛生学雑誌, 53 (1) : 73-73, 1998
文献 [931]: 学会抄録 記載言語:日本語
吉岡正子, 布施治美, 山本和代, Choudhury SR, 林賢宗, 森野厚子, 関谷陽子, 奥田奈賀子, 岡山明, 上島弘嗣 : 愛東町における国際共同研究インターマップの実施と循環器疾患危険因子の水準
滋賀県公衆衛生学会口演集, : 48-48, 1998
文献 [932]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 酒は多量に飲むと血圧を上げるが一合程度にすれば高い血圧の下がる人が多い
開花, 2 : 48-49, 1998
文献 [933]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 減塩とカリウム摂取指導の実際
循環科学, 18 : 572-574, 1998
文献 [934]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 書評
予防医学のストラテジー生活習慣病対策と健康増進, , 1998
文献 [935]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活診断と指導のポイント
循環科学, 18 : 378-380, 1998
文献 [936]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活診断のポイントとその方法
血圧, 5 : 97-100, 1998
文献 [937]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 飲酒と高血圧:その影響から生活指導まで
高血圧の基礎から臨床まで-1997年第17回高血圧シンポジウム-, : 1-8, 1998
文献 [938]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, ソヘル・レザ・チョウドリ, 早川岳人, 喜多義邦, 林賢宗, 茅旭, 田中太一郎, 中園恵美子 : 甲南町における高齢者の日常生活動作と生活の質に関する検討
地域在住脳卒中・心臓病高齢患者のQOL・ADLの実態調査とそれに基づくQOL・ADL向上対策の確立事業報告書, : 150-158, 1998
文献 [939]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 安東里真, 吉田康弘 : 高血圧者に対する節酒プログラム
厚生科学・健康増進調査研究事業平成9年度報告書, , 1998
文献 [940]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 「健康診査を活用した総合健康リスクの評価方法に関する研究」に関する研究報告書
(財)健康・体力づくり委託事業財団平成9年度健康づくり委託事業(老人保健総合研究事業), : 1-13, 1998
文献 [941]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : タバコとアルコールはやめるべきか?
心臓病診療プラクティス, : 230-231, 1998
文献 [942]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 疫学指標[a]-頻度の測定
疫学-基礎から学ぶために, , , 5-14, 1998
文献 [943]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病としての高血圧と生活指導
血圧, 5 : 149-155, 1998
文献 [944]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 介入研究のレビュー
疫学ハンドブック-重要疾患の疫学と予防, : 157-162, 1998
文献 [945]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 喫煙による健康影響(2)循環器疾患を中心に
臨床科学, 34 : 160-164, 1998
文献 [946]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : 健康危険度評価の患者教育への応用
循環科学, 18 : 74-76, 1998
文献 [947]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣病としての循環器病
千里ライフサイエンス振興財団ニュース, 29 : 7-8, 1998
文献 [948]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, ソヘル・レザ・チョウドリ, 吉田康弘, 早川岳人, 渡辺至 : 循環器疾患の疫学と予防
最新医学, 53 : 29-35, 1998
文献 [949]: 学会抄録 記載言語:英語
Okayama A, Okuda N, Ueshima H : (Poster session) Development of an integrated food databasa as Japanese food table for the international cooprative INTERMAP STU
The Canadian Journal of Cardiology (Abstract), 13 : 84B-84B, 1997
文献 [950]: 学会抄録 記載言語:英語
Kadowaki T, Funakoshi T, Okayama A, Ueshima H : (Poster session) Repeated small scale smoking cessation program in a factory gave significant impact on the entire smoking rate
The Canadian Journal of Cardiology (Abstract), 13 : 358B-358B, 1997
文献 [951]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H, Choudhry SR, Tanaka S, Kita Y, Okayama A, Hayakawa T : (Poster session) Relationship between HBA and other CVD risk factors: DATA from national surver of Japan
The Canadian Journal of Cardiology (Abstract), 13 : 199B-199B, 1997
文献 [952]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H, Okayama A, NIPOON DATA Research Group : (Poster session) Effect of blood sugar level on stroke and coronary heart disease mortality-NIPPON DATA 1980
The Canadian Journal of Cardiology (Abstract), 13 : 371B-371B, 1997
文献 [953]: 学会抄録 記載言語:英語
Kita Y, Wada M, Okayama A, Ueshima H, Inamoto Y, Morita Y : (Poster session) Stroke incidence in the west side of lake Biwa, Japan:Biwako redistry
The Canadian Journal of Cardiology (Abstract), 13 : 181B-181B, 1997
文献 [954]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Beevers DG, Messerli FH, Ueshima H : The Journal of Human Hypertension: looking back over 10 years of research and thinking of the future
J Hum Hypertens, 11 : 1-5, 1997
文献 [955]: 学会抄録 記載言語:日本語
奥田奈賀子, Choudhury SR, 林賢宗, 岡山明, 上島弘嗣, 布施治美, 吉岡正子, 山本和代 : 国際共同研究(INTERMAP)の実施―滋賀県愛東町保健センターでの取り組み―
日本公衆衛生雑誌, 44 (10) : 1321-1321, 1997
文献 [956]: 学会抄録 記載言語:日本語
宮田克子, 西田厚子, 畑野相子, 上島弘嗣, 山川正信 : 在宅高齢者のADL維持に関連する要因と保健指導
日本公衆衛生雑誌, 44 (10) : 952-952, 1997
文献 [957]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 飯田稔, 大島明, 日下幸則, 中川秀昭 : 循環器ハイリスク集団への介入研究―生活習慣改善
日本公衆衛生雑誌, 44 (10) : 628-628, 1997
文献 [958]: 学会抄録 記載言語:日本語
中園恵美子, 中村義男, 細井喜美子, 曽羽久恵, 橋本郁子, 喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣, 中尾千鶴子, 北川浩子, 伊地知世理子, 福井かおり, 田中智子 : 効果的な健康教室の取り組みについて~高脂血症教室「きれいな血にしよう教室」実施結果から~
日本公衆衛生雑誌, 44 (10) : 616-616, 1997
文献 [959]: 学会抄録 記載言語:日本語
早川岳人, 鎌田昭二郎, 谷口郁美, 上田朋宏, 堀井とよみ, 山本尚, 大林豊子, 山川正信, 上島弘嗣 : 滋賀県甲賀郡における尿失禁に関する実態調査
日本公衆衛生雑誌, 44 (10) : 539-539, 1997
文献 [960]: 学会抄録 記載言語:日本語
中川雅史, 中村正和, 上島弘嗣, 岡山明, 大島明 : 適正飲酒指導用教材の開発
日本公衆衛生雑誌, 44 (10) : 325-325, 1997
文献 [961]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : わが国における循環器疾患死亡率の低下要因-一次予防の視点から-
社会医学研究, 15 : 35-39, 1997
文献 [962]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコール摂取
心臓病診療プラクティス, : 183-185, 1997
文献 [963]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 飲酒習慣と高血圧の発症・予防
栄養と料理, 63 : 141-147, 1997
文献 [964]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : Cardiovascular trialを検証する-No.7
Hyoertension Review, 2 : 5-6, 1997
文献 [965]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, ソヘル・レザ・チョウドリ, 喜多義邦 : カルシウム拮抗薬を用いた大規模臨床試験の行方
Clinocal Calcium, 7 : 21-26, 1997
文献 [966]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, ソヘル・レザ・チョウドリ : インターマップ中間報告
広報あいとう9月号, 272 : 2-7, 1997
文献 [967]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, ソヘル・レザ・チョウドリ, 林賢宗, 茅旭 : 甲南町民の栄養と生活実態調査報告書
甲南町民の栄養と生活実態調査報告書, : 1-51, 1997
文献 [968]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコールの取りすぎ循環器への影響
NHKきょうの健康11月号, 116 : 106-109, 1997
文献 [969]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
奥田奈賀子, 岡山明, ソヘル・レザ・チョウドリ, 上島弘嗣 : 国際共同研究(INTERMAP)のための食品成分表の標準化について
日本循環器管理研究協議会雑誌, 32 (2) : 124-129, 1997
文献 [970]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患の発症と予後に与える要因の研究
平成8年度厚生省循環器病研究委託による研究報告, : 139-139, 1997
文献 [971]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 田中繁道, 斉藤重幸, 中村好一, 箕輪眞澄, 堀部博, 飯田稔, 寺尾敦史, 児玉和紀, 草野文嗣, 芦田亨子, 中山博文, 粂房子, 嵐谷佳代子 : 7指ー2 高齢者の循環器疾患による生活の質の低下予防策に関する研究
平成8年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 299-300, 1997
文献 [972]: 報告書 記載言語:日本語
飯村攻, 戸嶋裕徳, 柊山幸志郎, 上田一雄, 嶋本喬, 上島弘嗣, 馬場俊六, 飯田稔, 飯野耕三, 木下直和, 奥田聡, 宮沢幸仁, 高松道生, 重藤紀和, 西崎良和 : 6指ー5 循環器疾患の予後に影響する環境諸因子に関する研究
平成8年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 132-133, 1997
文献 [973]: 報告書 記載言語:日本語
小川浩, 中村正和, 上島弘嗣, 清水弘之, 川根博司, 小笹昇太郎 : 禁煙関連がんの一次予防のための禁煙習慣への介入に関する研究
厚生省がん研究助成金による研究報告集 平成8年度, : 91-95, 1997
文献 [974]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, ソヘル・レザ・チョウドリ, 千葉良子, 奥田奈賀子 : 量頻度法と24時間思い出し法による食物摂取状況の比較
厚生省がん研究助成金9ー4がん一次予防のための生活習慣への効果的な介入に関する研究 平成9年度研究中間報告書, : 13-17, 1997
文献 [975]: 報告書 記載言語:日本語
徳留信寛, 石川秀樹, 上島弘嗣, 清水弘之, 田島和雄, 中地敬 : がん一次予防のための生活習慣への効果的な介入に関する研究
厚生省がん研究助成金9-4がん一次予防のための生活習慣への効果的な介入に関する研究 平成9年度研究中間報告書, : 1-6, 1997
文献 [976]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣, 高原亮治 : 循環器疾患における検診の意味
Arcs(アークス), 11 : 4-11, 1997
文献 [977]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 上島弘嗣 : ライフスタイルを改善し生活習慣病(成人病)を克服する
週刊朝日(別冊) 新しい挑戦 , : 138-143, 1997
文献 [978]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 吉田康弘, 喜多義邦, ソヘル・レザ・チョウドリー, 渡邊至 : 適量飲酒の循環器疾患への影響ー飲酒と高血圧に関する疫学研究ー
「アルコールと健康」研究報告書 第6巻(1996年度), 6 : 103-150, 1997
文献 [979]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患の危険因子:NIPPON DATAより
第10回日本循環器病予防セミナー, : 208-215, 1997
文献 [980]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 介入研究
第10回日本循環器病予防セミナー, : 90-98, 1997
文献 [981]: 記事 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高血圧にならないためにそのコツとは・・・
週間朝日, : 92-93, 1997
文献 [982]: 学会抄録 記載言語:日本語
Yoshida Y, Okayama A, Mikawa K, Ueshima H, Fujita Y, Sakata K, Nakagawa H, Morikawa Y, Kita Y, Yamakawa M, Naruse Y, Kagaminori : (Poster session) Relationship between the dietary factor of keys and serum total cholesterol: INTERSALT ・ Study of Japan
The Canadian Journal of Cardiology (Abstract), 13 : 237B-237B, 1997
文献 [983]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患死亡とADL低下を来す要因について-NIPPON DATA 80より
日本循環器管理研究協議会雑誌, 32 : 11-11, 1997
文献 [984]: 学会抄録 記載言語:日本語
早川岳人, 山川正信, 上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦 : 在宅高齢者のADLと3年生存率
日本衛生学雑誌, 52 : 334-334, 1997
文献 [985]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 箕輪真澄, 橋本勉, 飯田稔, 嶋本喬, 柳川洋, 堀部博, 柴田茂男, 児玉和紀 : 喫煙の循環器疾患死亡に及ぼす寄与危険度
日本衛生学雑誌, 52 : 82-82, 1997
文献 [986]: 学会抄録 記載言語:日本語
川南勝彦, 箕輪真澄, 上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 飯田稔, 児玉和紀, 柴田茂男, 嶋本喬, 橋本勉, 堀部博, 柳川洋 : 喫煙の肺癌死亡に及ぼす影響 NIPPON DATA 1980より
日本衛生学雑誌, 52 : 232-232, 1997
文献 [987]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 澤井廣量, 飯田稔, 飯村攻, 田中繁道, 児玉和紀, 笠置文善, 堀部博, 上田一雄 : 喫煙の循環器疾患死亡に及ぼす影響--1万人14年間の追跡調査より、NIPPON DATA--
Japanese Circulation Journal Supplement, 61 : 191-191, 1997
文献 [988]: 学会抄録 記載言語:日本語
青山真也, 田中繁道, 斎藤重幸, 島本和明, 飯村攻, 上島弘嗣, 岡山明 : HbAlcに基ずいた耐糖能分類と循環器疾患死-第4次循環器疾患基礎調査(平成2年)に基ずく予後調査成績(NIPPON DATA90)より
Japanese Circulation Journal Supplement, 61 : 193-193, 1997
文献 [989]: 学会抄録 記載言語:日本語
喜多義邦, 和田光正, 野崎昭彦, 吉田康弘, 門脇崇, 岡山明, 上島弘嗣 : (ポスターセッション)脳卒中の生命予後と機能予後 滋賀県における脳卒中登録(BIWAKO REGISTRY)から
脳卒中, , 1997
文献 [990]: 学会抄録 記載言語:日本語
林賢宗, Choudhury SR, 岡山明, 喜多義邦, 野崎昭彦, 吉田康弘, 上島弘嗣 : 住民検診成績からみたECG所見と他の危険因子の関連
滋賀県公衆衛生学会口演集, : 27-27, 1997
文献 [991]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 喜多義邦 : わが国の脳卒中死率の減少は都市部で特に鈍化している--都市部とその他の地区との違い
Supplement to Journal of Epidemiology, 7 : 96-96, 1997
文献 [992]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 早川岳人 : 社会資本の充実度とADL,生活充実度,QOLの頻度について
平成8年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による老年者のADL阻害要因とQOL調査に基づく介護福祉対策事業報告書, : 112-121, 1997
文献 [993]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, ソヘル レザ チョウドリィ : (臨床編 高血圧症―診断学,疫学―)現代日本における高血圧症の疫学
日本臨床, 55 : 2028-2033, 1997
文献 [994]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 早川岳人 : (特集 循環器病予防と疫学)1980年循環器疾患基礎調査の追跡成績(NIPPON DATA)
循環器科, 41 : 577-583, 1997
文献 [995]: 総説 記載言語:日本語
岡山明, 喜多義邦, 上島弘嗣 : 高血圧のリスク―疫学的見地から―
綜合臨牀, 46 : 1695-1701, 1997
文献 [996]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコールと健康障害
教職員の生涯設計, 16 : 4-5, 1997
文献 [997]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 早川岳人 : 在宅高齢者のADL,QOLの断面調査による状況および3年後の追跡調査によるQOLからみたADLの変化
平成8年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による老年者のADL阻害要因とQOL調査に基づく介護福祉対策事業報告書, : 207-219, 1997
文献 [998]: 報告書 記載言語:日本語
中川雅史, 中村正和, 上島弘嗣, 岡山明, 大島明 : 節酒指導プログラム 指導者用マニュアル
平成8年度老人保健健康増進等事業 健康診断後の早期疾病予防・健康増進に使用する生活習慣改善教材の開発と制作事業報告書, : 7-43, 1997
文献 [999]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 肥満の総死亡,循環器疾患死亡に与える影響―NIPPON DATAより
日本肥満学会・厚生省健康増進栄養課「肥満に関する疫学的研究」平成8年度研究報告書, : 79-82, 1997
文献 [1000]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信, 岡山明, 喜多義邦, 早川岳人 : 健診情報解析法等の開発研究
平成8年度滋賀県委託研究報告書, , 1997
文献 [1001]: 報告書 記載言語:日本語
喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信, 千葉良子 : 健康づくりに活用できる栄養調査方法の開発と妥当性の検討
平成6年度科学研究費補助金(一般研究C)研究成果報告書, , 1997
文献 [1002]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 飯田稔, 大島明, 岡山明, 日下幸則, 中川秀昭, 中村保幸 : 厚生省長期慢性疾患総合研究事業「循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究班」平成8年度研究報告書
厚生省長期慢性疾患総合研究事業「循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究班」平成8年度研究報告書, , 1997
文献 [1003]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 飲酒による高血圧と節酒指導
QOL & Hypertension, 7号 : 8-10, 1997
文献 [1004]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 門脇崇 : (アルコールに関する疫学的,社会学的事項)飲酒習慣と死亡率
日本臨床, 55Suppl : 517-521, 1997 PubMed Abstract
文献 [1005]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高脂血症の健康教育に必要な知識
保健同人生活教育, 41 : 11-15, 1997
文献 [1006]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 新しい健康教育の基本的な考え方
保健同人生活教育, 41 : 8-10, 1997
文献 [1007]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (第31回日本循環器管理研究協議会総会記録特別報告)1980年循環器疾患基礎調査の追跡研究(NIPPON DATA)
日本循環器管理研究協議会雑誌, 31 : 231-237, 1997
文献 [1008]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
三浦久美子, 宮田陽子, 島林慶子, 野村みどり, 伊地知かつ美, 川嶋和江, 下村葉子, 岡山明, 喜多義邦, 上島弘嗣 : (公衆衛生活動報告)「薬に頼らずコレステロールを下げよう教室」の取り組みについて
日本循環器管理研究協議会雑誌, 31 : 224-227, 1997
文献 [1009]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
野崎昭彦, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 平尾勝代, 杉本知恵美, 斉藤美緒, 石堂民栄, 西田裕紀子 : (調査報告)地域の成人病検診を活用した循環器疾患の疫学研究・循環器疾患死亡率の変化からみた本疫学研究の有用性に関する検討・
日本循環器管理研究協議会雑誌, 31 : 216-223, 1997
文献 [1010]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
黒沢豊, 成瀬優知, 鏡森定信, 三川一夫, 上島弘嗣 : 節酒と赤血球膜Na+-K+-ATPase活性
日本衛生学雑誌, 51 : 749-754, 1997
文献 [1011]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (患者教育―禁煙指導)患者教育としての禁煙指導のすすめ
循環科学, 17 : 74-77, 1997
文献 [1012]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコールと循環器疾患
からだの科学, 192 : 47-50, 1997
文献 [1013]: 学会抄録 記載言語:英語
Hayakawa T, Ueshima H, Okayama A, On behalf of NIPPON DATA Research : Effect of systolic blood pressure on activity of dialy living(ADL) among aged people,Results from a 14-year follow-up study(NIP
The XIV International Scientific Meeting of the International Epidemiological Association Program,Nagoya, 1996 : 205-205, 1996
文献 [1014]: セミナー 記載言語:英語
Ueshima H : The impact of high blood pressure and smoking on crdiovascular disease mortality in Japan:14-year follow-up study of 10,000 peo
Austlaria, , 1996
文献 [1015]: セミナー 記載言語:英語
Ueshima H : Recent trends of serum lipid levels in Japan.
Symposium of International Chinese Heart Health Network, , 1996
文献 [1016]: その他 記載言語:英語
Ueshima H : Rapid increase in the elderly population and preventive strategy for cardiovascular disease in Japan
CVD Newsletter, 52 : 6-6, 1996
文献 [1017]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Nakamura Y, Yamaoka O, Uchida K, Morigami N, Sugimoto Y, Fujita T, Inoue T, Fuchi T, Hachisuka M, Ueshima H, Shimakawa H, Kinoshita M : Pravastatin reduces restenosis after coronary angioplasty of high grade stenotic lesions: Results of SHIPS (SHIga Pravastatin Study)
Cardiovascular Drugs and Therapy, 10 : 475-483, 1996
文献 [1018]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコール研究の現況と将来:衛生・公衆衛生学分野
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 31 : 33-53, 1996
文献 [1019]: 学会抄録 記載言語:日本語
山川正信, 上島弘嗣, 早川岳人, 岡山明, 喜多義邦 : 日米在住の在宅高齢者のADLと3年生存率の比較ー安土研究とHonolulu Heart Programの比較から
日本公衆衛生雑誌, 43 : 655-655, 1996
文献 [1020]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : 随時血糖の脳卒中・虚血性心疾患死亡に及ぼす影響について(NIPPON DATA 1980による解析)
日本公衆衛生雑誌, 43 : 436-436, 1996
文献 [1021]: 学会抄録 記載言語:日本語
平尾勝代, 杉本知恵美, 斉藤美緒, 石堂民栄, 西田裕紀子, 野崎昭彦, 喜多義邦, 吉田康弘, 上島弘嗣, 岡山明 : 信楽町における循環器疾患および骨関節疾患に関する疫学研究(第10報)重点地区検診後の禁煙活動と地区活動
日本公衆衛生雑誌, 43 : 431-431, 1996
文献 [1022]: 学会抄録 記載言語:日本語
野崎昭彦, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 吉田康弘, ソヘル・レザ・チョウドリー, 平尾勝代, 杉本知恵美, 斉藤美緒, 石堂民江, 西田裕紀子 : 信楽町における循環器疾患および骨関節疾患に関する疫学研究(第8報)追跡調査開始時データの解析:血圧と心電図所見について
日本公衆衛生雑誌, 43 : 429-429, 1996
文献 [1023]: 学会抄録 記載言語:日本語
早川岳人, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信 : (ポスター)健診成績・生活習慣と入院日数・外来受療日数・医療費との関連:国保レセプトからみた解析結果のまとめ
日本公衆衛生雑誌, 43 : 398-398, 1996
文献 [1024]: 学会抄録 記載言語:日本語
大槻秀美, 金子ちあき, 中尾真樹, 喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣, 中村正和 : 氷上町における禁煙教育ー禁煙に導くために何が必要かー(第2報)
日本公衆衛生雑誌, 43 : 182-182, 1996
文献 [1025]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦 : 厚生省循環器基礎調査にもとずく、肥満の循環器疾患合併の頻度とその推移
日本肥満学会誌(プログラム・抄録集), 2 : 73-73, 1996
文献 [1026]: 学会抄録 記載言語:日本語
篠崎一哉, 日高秀樹, 柏木厚典, 吉川隆一, 岡山明, 上島弘嗣 : 糖尿病患者における尿中メバロン酸排泄--健常者との比較--
日本糖尿病学会近畿地方会, , 1996
文献 [1027]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 高齢者の血圧値と生命予後
国際長寿化学シンポジウム記録集, : 74-75, 1996
文献 [1028]: 学会抄録 記載言語:日本語
喜多義邦, 野崎昭彦, 吉田康弘, 岡山明, ソヘル・レザ・チョウドリー, 上島弘嗣, 平尾勝代, 杉本智恵美, 斉藤美緒, 石堂民恵, 西田裕紀子 : 信楽町における循環器疾患および骨関節疾患に関する疫学研究(第9報)追跡調査開始時データの解析;脂質について
日本公衆衛生雑誌, 43 : 430-430, 1996
文献 [1029]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 飯村攻, 田中繁道 : 血圧の脳卒中死亡に及ぼす影響評価とその改善効果の危険度評価システム--国民の代表標本の14年間のフォローアップ調査結果(NIPPON DATA 1980)--
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, , 1996
文献 [1030]: 学会抄録 記載言語:日本語
Choudhury SR, 上島弘嗣, 喜多義邦, 岡山明, 早川岳人, 吉田康弘 : (ポスターセッション)1990年循環器疾患基礎調査成績を用いた飲酒と循環器疾患リスクファクターとの関連に関する研究
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 31 : 306-307, 1996
文献 [1031]: 学会抄録 記載言語:日本語
早川岳人, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信 : 健診成績と入院日数・外来受療日数・医療費との関連:国保連合会レセプトからみた解析結果
社会医学研究, : 29-30, 1996
文献 [1032]: 学会抄録 記載言語:日本語
喜多義邦, 吉田康弘, 和田光正, 野崎昭彦, 岡山明, 上島弘嗣 : (ポスターセッション)BIWAKOREGISTRY-急性心筋梗塞発症者の生命予後について
日本循環器管理研究協議会雑誌, 31 : 24-24, 1996
文献 [1033]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 1980年循環器疾患基礎調査の追跡研究(NIPPON DATA)
日本循環器管理研究協議会雑誌, 31 : 14-14, 1996
文献 [1034]: 学会抄録 記載言語:日本語
奥田奈賀子, 岡山明, ソヘル・レザ・チョウドリ, 上島弘嗣 : (ポスターセッション)国際共同研究(INTERMAP)のための食品成分表の標準化について
日本循環器管理研究協議会雑誌, 31 : 25-25, 1996
文献 [1035]: 学会抄録 記載言語:日本語
三浦久美子, 宮田陽子, 島林慶子, 野村みどり, 伊地知かつ美, 川嶋和江, 下村葉子, 岡山明, 喜多義邦, 上島弘嗣 : (ポスターセッション)「薬に頼らずコレステロールを下げよう教室」の取り組みについて
日本循環器管理研究協議会雑誌, 31 : 25-25, 1996
文献 [1036]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 飯田稔, 田中平三 : 職域の循環器疾患ハイリスク集団に対する健康教育の大規模介入研究-その目的と方法
産業衛生学雑誌, 38 : S161-S161, 1996
文献 [1037]: 学会抄録 記載言語:日本語
鈴木寿子, 三好祐司, 喜多義邦, 上島弘嗣 : 喫煙状態別にみた10年間の循環器疾患の危険因子の変化
産業衛生学雑誌, 38 : S160-S160, 1996
文献 [1038]: 学会抄録 記載言語:日本語
船超傳, 明比昭幸, 奥田智子, 宮原サチエ, 上島弘嗣, 岡山明 : 学生による企業内禁煙指導2年間の喫煙率の変化について
産業衛生学雑誌, 38 : S141-S141, 1996
文献 [1039]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (シンポジウム)職場の成人病と疫学--循環器疾患を対象として
産業衛生学雑誌, 38 : S28-S29, 1996
文献 [1040]: 学会抄録 記載言語:日本語
吉田康弘, 岡山明, 三河一夫, 上島弘嗣, 藤田委由, 坂田清美, 中川秀昭, 森河裕子, 喜多義邦, 山川正信, 鏡森定信, 柳川洋 : インターソルト研究2(1):循環器疾患の危険因子の性、年齢別、地域の比較
日本衛生学雑誌, 51 : 107-107, 1996
文献 [1041]: 学会抄録 記載言語:日本語
中川秀昭, 森河裕子, 岡山明, 藤田委由, 吉田康弘, 三河一夫, 坂田清美, 石崎昌夫, 三浦克之, 田畑正司, 西条旨子, 成瀬優知, 鏡森定信, 橋本勉, 上島弘嗣, 柳川洋 : インターソルト研究2(2):血圧と食塩、K摂取量の8年間の推移
日本衛生学雑誌, 51 : 108-108, 1996
文献 [1042]: 学会抄録 記載言語:日本語
森河裕子, 中川秀昭, 岡山明, 藤田委由, 吉田康弘, 三河一夫, 坂田清美, 石崎昌夫, 三浦克之, 田畑正司, 西条旨子, 成瀬優知, 鏡森定信, 橋本勉, 上島弘嗣, 柳川洋 : インターソルト研究2(3):地域別にみた血圧と電解質との関連
日本衛生学雑誌, 51 : 109-109, 1996
文献 [1043]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特別講演)成人病の予防からみた学校保健の課題
滋賀県学校保健学会, : 12-12, 1996
文献 [1044]: 学会抄録 記載言語:日本語
中村好一, 尾島俊之, 田清美, 柳川洋, 喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣 : 飲酒習慣と喫煙習慣との関連ー飲酒と喫煙は互いに交絡因子?
Supplement to Journal of Epidemiology, 6 : 212-213, 1996
文献 [1045]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 日本循環器管理研究協議会「1980年循環器疾患基礎調査」追跡調査 : NIPPON DATAによる血圧の治療状況別の総死亡、循環器疾患死亡への影響について
Supplement to Journal of Epidemiology, 6 : 84-85, 1996
文献 [1046]: 学会抄録 記載言語:日本語
喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣, 和田正光, 野崎昭彦, 吉田康弘, 稲本康彦, 杉原秀樹, 児島豊明 : BIWAKO REGISTRY 脳卒中発症登録の悉皆性に関する検討
Supplement to Journal of Epidemiology, 6 : 80-81, 1996
文献 [1047]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究―その意図するもの―
NEWS LETTER(日本がん予防研究会), 10号 : 9-10, 1996
文献 [1048]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 奥田奈賀子, 岡山明, 千葉良子 : 栄養摂取と血圧に関する国際共同研究(INTERMAP):標準食品成分表の統合データベース作成
協栄生命研究助成論文集, 12 : 55-60, 1996
文献 [1049]: 報告書 記載言語:日本語
小川浩, 中村正和, 上島弘嗣, 清水弘之, 川根博司, 小笹晃太郎 : 研究報告(計画研究);7-6 喫煙関連がんの一次予防のための喫煙習慣への介入に関する研究
厚生省がん研究助成金による研究報告集平成7年度, : 273-276, 1996
文献 [1050]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 禁煙教育の実践と普及に向けて
保健同人生活教育, 40 : 8-10, 1996
文献 [1051]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 早川岳人, 吉田康弘 : 高齢者の日常生活動作能の低下と循環器疾患の危険因子に関する研究
平成7年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 518-518, 1996
文献 [1052]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 田中繁道, 中村好一, 簑輪眞澄, 堀部博, 飯田稔, 寺尾敦史, 児玉和紀, 草野文嗣, 芦田享子, 中山博文, 霜貞子, 山田泰子 : 7指-2高齢者の循環器疾患による生活の質の低下予防策に関する研究
平成7年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 516-517, 1996
文献 [1053]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 喜多義邦, 吉田康弘, 岡山明, 和田光正, 野崎昭彦, 山川正信, 門脇崇, 稲本康彦, 杉原秀樹, 児島豊明 : 循環器疾患の発症と予後に与える因子の研究
平成7年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 354-354, 1996
文献 [1054]: 報告書 記載言語:日本語
飯村攻, 戸嶋裕徳, 柊山幸志郎, 上田一雄, 嶋本喬, 上島弘嗣, 馬場俊六, 飯田稔, 飯野耕三, 木下直和, 奥田聡, 宮沢幸仁, 高松道生, 重藤紀和, 西崎良知 : 6指-5 循環器疾患の予後に影響する環境諸因子に関する研究
平成7年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 347-348, 1996
文献 [1055]: 報告書 記載言語:日本語
小西正光, 小池和子, 佐藤真一, 上島弘嗣, 青野裕士, 太田壽城, 川村孝, 五十嵐丈記, 實成文彦, 錦見尚道, 吉野孝司, 酒井喜久男, 高窪義昭, 矢野孝 : 5公-5 循環器疾患予防のための生活環境改善の効果に関する研究(3年間の研究のまとめ)
平成7年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 644-646, 1996
文献 [1056]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 喜多義邦, 岡山明, 三好裕司 : 循環器疾患の危険因子改善のための生活習慣の介入研究
平成7年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 207-207, 1996
文献 [1057]: 報告書 記載言語:日本語
小西正光, 小池和子, 佐藤真一, 上島弘嗣, 青野裕士, 太田壽城, 川村孝, 五十嵐丈記, 實成文彦, 錦見尚道, 吉野孝司, 酒井喜久男, 高窪義昭 : 5公-5 循環器疾患予防のための生活環境改善の効果に関する研究
平成7年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 202-203, 1996
文献 [1058]: 報告書 記載言語:日本語
青山英康, 上島弘嗣, 岡山明 : 保健事業評価マニュアル
平成7年度厚生省老人保健事業推進費等補助金(老人保健健康増進等事業分)保健事業評価マニュアル作成研究班報告書, , 1996
文献 [1059]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 早川岳人, 吉田康弘 : 1980年厚生省循環器疾患基礎調査にもとづく肥満の頻度と生命予後
日本肥満学会 厚生省健康増進栄養課 肥満に関する疫学的研究 平成7年度研究報告書, : 28-28, 1996
文献 [1060]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 飯田稔 : 血圧コントロール指導プログラム
平成7年度老人保健健康増進等事業補助金(財団法人 日本公衆衛生協会の委託)健康診断後の早期疾病予防・健康増進に使用する生活習慣改善教材開発・制作事業報告書, : 5-47, 1996
文献 [1061]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : 第二部 循環器疾患の一次予防ガイドライン E.飲酒 3.一次予防としての飲酒対策
平成7年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による「循環器疾患基礎調査成績に基づく医療のガイドライン作成事業」報告書, : 201-217, 1996
文献 [1062]: 報告書 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : 第二部 循環器疾患の一次予防ガイドライン E.飲酒 2.飲酒と健康障害
平成7年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による「循環器疾患基礎調査成績に基づく医療のガイドライン作成事業」報告書, : 198-200, 1996
文献 [1063]: 報告書 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : 第二部 循環器疾患の一次予防ガイドライン E.飲酒 1.わが国の飲酒習慣の特徴と飲酒量の変化
平成7年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による「循環器疾患基礎調査成績に基づく医療のガイドライン作成事業」報告書, : 194-197, 1996
文献 [1064]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 飯田稔, 大島明, 岡山明, 小澤秀樹, 田中平三 : 厚生省長期慢性疾患総合研究事業「循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究班」平成7年度研究報告書
厚生省長期慢性疾患総合研究事業「循環器疾患ハイリスク集団への生活習慣改善によるリスク低下のための介入研究班」平成7年度研究報告書, , 1996
文献 [1065]: 報告書 記載言語:日本語
毛利一平, 上島弘嗣, 莇昭三, 川口貞勝, 岩田伸彦, 上田耕造 : 「被災者」の健康被害個人調査.被災者の健康と新しい街づくりを願って
阪神・淡路大震災健康被害調査報告, : 18-33, 1996
文献 [1066]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 莇昭三, 岩田伸彦, 川口貞勝, 畠中正昭, 早川和男, 岡本光男, 安川忠通 : 「避難所」の生活環境調査.被災者の健康と新しい街づくりを願って
阪神・淡路大震災健康被害調査報告, : 5-17, 1996
文献 [1067]: その他 記載言語:日本語
岡山明, 喜多義邦, 上島弘嗣 : 日本人の死亡に及ぼす血圧,血清総コレステロール,喫煙,飲酒の影響 (1980年循環器疾患基礎調査追跡研究の結果から)
保健同人生活教育, 40 : 35-47, 1996
文献 [1068]: 総説 記載言語:日本語
岡山明, 喜多義邦, 上島弘嗣 : (疫学入門)第12回保健指導の実際
産業衛生学雑誌, 38 : A211-A214, 1996
文献 [1069]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 早川岳人, 喜多義邦 : 循環器疾患の予防―1万人14年間の追跡調査(NIPPON DATA)―
治療, 78 : 177-179, 1996
文献 [1070]: 総説 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : (疫学入門)第11回保健指導の組立方とその効果判定 その2 保健指導の企画と評価
産業衛生学雑誌, 38 : A135-A138, 1996
文献 [1071]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦 : (疫学入門)第10回保健指導の組立方とその効果判 その1 健康教育・学習に関する基本事項
産業衛生学雑誌, 38 : A97-A100, 1996
文献 [1072]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 アルコール性障害の臨床)アルコールと循環器疾患・高血圧
日本医師会雑誌, 116 : 69-72, 1996
文献 [1073]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦 : (疫学入門)第9回多変量解析と危険因子(リスクファクター)の考え方
産業衛生学雑誌, 38 : A69-A72, 1996
文献 [1074]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコールは血圧を上げる
食生活, 90 : 84-89, 1996
文献 [1075]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 早川岳人, 喜多義邦 : 日本人における高血圧症の評価と対策:NIPPON DATA より
最新医学, 51 : 73-81, 1996
文献 [1076]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 喜多義邦, 岡山明, 山川正信, 和田光正, 野崎昭彦 : (特集 心筋梗塞―発症から1時間,6時間,そして―)急性期死亡をまぬがれた心筋梗塞患者の予後
綜合臨床, 45 : 730-735, 1996
文献 [1077]: 総説 記載言語:日本語
喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣 : (疫学入門)第8回疾病登録の目的とその実際
産業衛生学雑誌, 38 : A41-A44, 1996
文献 [1078]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦 : (疫学入門)第7回患者対照研究
産業衛生学雑誌, 38 : A5-A8, 1996
文献 [1079]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 第2章 A.分母と分子の定義.B.有病率.C.罹患率.D.累積罹患率 (日本疫学会 ed.)
疫学・基礎から学ぶために, (東京), , 5-16, 1996
文献 [1080]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : History and problems of governmental hypertension control program in Japan
The Korean Society of Hypertension, : 13-14, 1995
文献 [1081]: 学会抄録 記載言語:英語
Okayama A, Ueshima H, Choudhury SR, Yamakawa M, Kita Y : Slowdown in the decline for mortality from stroke in urban area of Japan from 1969 to 1992
The11th Asian-Pacific Congress of Cardiology, : 68-68, 1995
文献 [1082]: 学会抄録 記載言語:英語
Yoshida Y, Okayama A, Sasaki S, Choudhury SR, Kita Y, Yamakawa M, Ueshima H, Niki I, Ikemura J : Dietary habits and cardiovascular risk factors amang socioeconomically different populations in a town in Japan
The11th Asian-Pacific Congress of Cardiology, : 186-186, 1995
文献 [1083]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Choudhury SR, Okayama A, Kita Y, Ueshima H, Yamakawa M, Niki I, Sasaki S : The associations between alcohol drinking and dietary habits and blood pressure in Japanese men
J Hypertens, 13 : 587-593, 1995
文献 [1084]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okayama A, Ueshima H, Kita Y, Marmot MG, Elliott P, Yamakawa M : Different trends in serum cholesterol levels among rural and urban populations aged 40-59 in Japan from 1960 to 1990
J Clin Epidemiol, 48 : 329-337, 1995
文献 [1085]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
三ッ浪健一, 下池仁志, 木之下正彦, 森野元次, 川嶋剛史, 隠岐良達, 松尾信郎, 上林俊明, 佐竹喜三雄, 遠藤繁, 上島弘嗣 : 本態性高血圧症に対するnitrendipine(バイロテンシン)の臨床評価-quality of lifeに及ぼす影響-
Therapeutic Research, 16 : 1151-1160, 1995
文献 [1086]: 学会抄録 記載言語:日本語
Choudhury SR, 上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 山川正信, 三好裕司 : 飲酒の昇圧機序:前日の飲酒の血圧に対する影響
Supplement to Journal of Epidemiology, 5 : 69-69, 1995
文献 [1087]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : (シンポジウム)1980年厚生省循環器疾患基礎調査にもとずく肥満の頻度と生命予後
日本肥満学会誌(プログラム・抄録集), 1 : 50-50, 1995
文献 [1088]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 佐々木敏, 山川正信, 喜多義邦, 循環器疾患基礎調査追跡研究班を代表して : 血圧の総死亡,循環器疾患死亡に与える影響の性,年齢別の比較:1980年循環器疾患基礎調査の14年間の追跡
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, : 73-73, 1995
文献 [1089]: 学会抄録 記載言語:日本語
佐々木敏, 岡山明, 上島弘嗣, 早川岳人, 山川正信, 喜多義邦 : 喫煙の総死亡.悪性新生物死亡に及ぼす影響:1980年循環器疾患基礎調査追跡研究(4)
日本公衆衛生雑誌, 42 : 755-755, 1995
文献 [1090]: 学会抄録 記載言語:日本語
喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 佐々木敏, 早川岳人, 山川正信 : 喫煙の循環器疾患死亡,脳卒中死亡に及ぼす影響:1980年循環器疾患基礎調査追跡研究(5)
日本公衆衛生雑誌, 42 : 756-756, 1995
文献 [1091]: 学会抄録 記載言語:日本語
斉藤美緒, 野崎昭彦, 平尾勝代, 杉本知恵美, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信 : 信楽町における循環器疾患および骨関節疾患に関する疫学研究(第7報)喫煙習慣と肥満および血圧との関連についての検討
日本公衆衛生雑誌, 42 : 760-760, 1995
文献 [1092]: 学会抄録 記載言語:日本語
田中敏子, 鈴木寿子, 三好祐司, 喜多義邦, 上島弘嗣 : 喫煙状態別にみた10年間の体重,BMI,血圧の変化
日本公衆衛生雑誌, 42 : 324-324, 1995
文献 [1093]: 学会抄録 記載言語:日本語
早川岳人, 上島弘嗣, 岡山明, 佐々木敏, 山川正信, 喜多義邦 : 高齢者の日常生活動作能の調査方法と性,年齢別自立度の実態:1980年循環器疾患基礎調査追跡研究(2)
日本公衆衛生雑誌, 42 : 753-753, 1995
文献 [1094]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 佐々木敏, 早川岳人, 山川正信, 喜多義邦 : 国民の代表サンプルを用いた14年間の追跡研究の概要:1980年循環器疾患基礎調査追跡研究(1)
日本公衆衛生雑誌, 42 : 752-752, 1995
文献 [1095]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 佐々木敏, 早川岳人, 山川正信, 喜多義邦 : 低コレステロール血症.高コレステロール血症と総死亡,循環器疾患死亡1980年循環器疾患基礎調査追跡研究(3)
日本公衆衛生雑誌, 42 : 754-754, 1995
文献 [1096]: 学会抄録 記載言語:日本語
清水潤子, 荒川桂, 甲斐恵子, 喜多義邦, Choudhury SR, 岡山明, 上島弘嗣, 山川正信, 中村正和, 大島明 : 近江八幡市における禁煙成功者のその後
日本公衆衛生雑誌, 42 : 314-314, 1995
文献 [1097]: セミナー 記載言語:日本語
Ueshima H : Forteen-year follow-up study of the national cardiovasucular survey of Japan in 1980: NIPPON DATA
環太平洋高血圧カンファレンス抄録, : 3-3, 1995
文献 [1098]: 学会抄録 記載言語:日本語
吉田康弘, 喜多義邦, 岡山明, 山川正信, 上島弘嗣 : 地域における飲酒習慣と栄養摂取状況
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 30 : 286-287, 1995
文献 [1099]: 学会抄録 記載言語:日本語
山川正信, 上島弘嗣, 岡山明, 早川岳人, 喜多義邦, 吉田康弘, (1980年年循環器疾患基礎調査追跡研究を代表して) : 14年間の追跡調査からみた飲酒習慣と死亡率(1980年循環器疾患基礎調査追跡研究)
日本アルコール・薬物医学会雑誌, 30 : 288-289, 1995
文献 [1100]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : 循環器疾患基礎調査追跡研究の方法と経過 2.保健所の対応と今後の課題  日循協追跡調査研究班を代表して
日本循環器管理研究協議会雑誌, 30 : 12-12, 1995
文献 [1101]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : 循環器疾患基礎調査追跡研究の方法と経過 1.その目的と追跡の工夫  日循協追跡調査研究班を代表して
日本循環器管理研究協議会雑誌, 30 : 11-11, 1995
文献 [1102]: 学会抄録 記載言語:日本語
三河一夫, 犬塚勉, 上島弘嗣 : 循環器疾患の家族歴の有無からみた成人病検診データの検討
日本保険医学会ニュース, 75 : 26-26, 1995
文献 [1103]: 学会抄録 記載言語:日本語
船越傳, 明比昭幸, 上島弘嗣, 岡山明 : 学生実習による企業内禁煙指導について
産業衛生学雑誌, 37 : S289-S289, 1995
文献 [1104]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : 職域における循環器疾患と危険因子==その動向と予防
産業衛生学雑誌, 37 : S68-S69, 1995
文献 [1105]: 学会抄録 記載言語:日本語
川島淳子, 岡山明, 上島弘嗣, 明比昭幸, 船越傳, 奥田智子, 梶岡恵子, 幸田晴美, 宮原サチエ : 喫煙習慣と肥満度の関連についてー禁煙は肥満を招くか?
産業衛生学雑誌, 37 : S283-S283, 1995
文献 [1106]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (シンポジウム)アルコールと循環器障害
日本医学会総会学術講演要旨, : 226-226, 1995
文献 [1107]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 山川正信, 喜多義邦 : 地域・職域を対象とした医学生による禁煙教育
日本衛生学雑誌, 50 : 403-403, 1995
文献 [1108]: 学会抄録 記載言語:日本語
山川正信, 上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦 : 追跡調査による在宅高齢者のADL低下に影響する要因
日本衛生学雑誌, 50 : 360-360, 1995
文献 [1109]: 学会抄録 記載言語:日本語
喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣, 山川正信, 大島明, 中村正和 : 禁煙による循環器疾患リスク・ファクターの変化
Supplement to Journal of Epidemiology, 5 : 109-109, 1995
文献 [1110]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 飲酒による高血圧と節酒指導;節酒効果は2、3週間で現われる
キューピーニュース, 260号 : 1-13, 1995
文献 [1111]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 山川正信, 喜多義邦, 大島明, 中村正和 : 事業所における禁煙のための介入研究の試み:ランダマイズド・コントロール試験
第3回アジア太平洋たばこ対策会議記録, : 198-200, 1995
文献 [1112]: 報告書 記載言語:日本語
小川浩, 中村正和, 上島弘嗣, 清水弘之, 皆川興栄, 村松常司 : 総合研究報告(計画研究)研究終了分;5-41 喫煙関連がんの一次予防のための喫煙習慣への介入に関する研究
厚生省がん研究助成金による研究報告集平成6年度, : 703-705, 1995
文献 [1113]: 報告書 記載言語:日本語
小川浩, 中村正和, 上島弘嗣, 清水弘之, 皆川興栄, 村松常司 : 研究報告(計画研究);5-41 喫煙関連がんの一次予防のための喫煙習慣への介入に関する研究
厚生省がん研究助成金による研究報告集平成6年度, : 283-287, 1995
文献 [1114]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信, 岡山明, 喜多義邦 : 高齢者の社会活動および疾病が日常生活動作能力の変化におよぼす影響:安土町追跡悉皆調査
大阪ガスグループ福祉財団研究・調査報告集(平成5年度事業報告), 8 : 55-60, 1995
文献 [1115]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (アドバイス)節酒指導のコツとその効果
実験治療, 638号 : 44-46, 1995
文献 [1116]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (論説)健康教育・学習の視点
産業衛生学雑誌, 37 : A29-A29, 1995
文献 [1117]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : セルフケア・シリーズ 健康な生活をおくるために コレステロールをコントロールする
セルフケア・シリーズ 健康な生活をおくるために コレステロールをコントロールする, , 1995
文献 [1118]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 喜多義邦, 岡山明, Choudhury SR, 山田恵子, 清水潤子, 福永知子, 井口早苗, 荒川桂 : 近江八幡市ヘルスパイオニアタウン事業「禁煙を目的とした介入事業」報告
近江八幡市ヘルスパイオニアタウン事業「禁煙を目的とした介入事業」報告, , 1995
文献 [1119]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 飯田稔, 上田一雄, 岡山明, 児玉和紀, 澤井廣量, 柴田茂男, 田中繁道, 橋本勉, 堀部博, 簑輪眞澄, 柳川洋, 川南勝彦, 嶋本喬, 竹内敏博, 長谷部碩, 草野文嗣 : 平成6年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による「脳卒中などによる寝たきり・死亡の健康危険度評価システム開発事業」「1980年循環器疾患基礎調査」追跡調査報告書
平成6年度厚生省老人保健事業推進費等補助金による「脳卒中などによる寝たきり・死亡の健康危険度評価システム開発事業」「1980年循環器疾患基礎調査」追跡調査報告書, , 1995
文献 [1120]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 節酒指導とその効果
第17回日本高血圧学会総会・生涯教育講座(1994年10月31日国立京都国際会館)高血圧治療の最前線;ライフスタイルの是正と薬物治療, : 6-7, 1995
文献 [1121]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (地域保健システムに即した医師・保健婦教育とは)大学との協力で新しい風を
医療'95, 11 : 46-46, 1995
文献 [1122]: 総説 記載言語:日本語
岡山明, 喜多義邦, 上島弘嗣 : (疫学入門)第6回前向き研究その2 前向き研究の意義と信頼性
産業衛生学雑誌, 37 : A189-A192, 1995
文献 [1123]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 早川岳人, 佐々木敏, 1980年循環器疾患基礎調査追跡調査委員会を代表して : (日本の高血圧世界の高血圧(7))自立を保つ要因:NIPPON DATA (National integrated project for prospective observation of non-communicable disease and it
血圧, 2 : 96-100, 1995
文献 [1124]: 総説 記載言語:日本語
佐々木敏, 岡山明, 上島弘嗣 : (特集 高血圧)生活習慣の適正化の意義
カレントテラピー, 13 : 87-92, 1995
文献 [1125]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (虚血性心疾患と高脂血症 日本の現状)減少している虚血性心疾患の死亡率
日経メディカル, 331号 : 119-123, 1995
文献 [1126]: 総説 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : (疫学入門)第5回前向き研究その1 前向き研究の理解に必要な疫学知識
産業衛生学雑誌, 37 : A161-A164, 1995
文献 [1127]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : (特集 合併症を有する高血圧の治療)非薬物治療の効果と限界
治療, 77 : 65-70, 1995
文献 [1128]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : アルコールと高血圧
日本薬剤師会雑誌, 47 : 1399-1405, 1995
文献 [1129]: 総説 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : (日本の高血圧世界の高血圧(6))血圧と主要栄養素の関係
血圧, 2 : 94-99, 1995
文献 [1130]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 アルコールをめぐる医学的諸問題について)アルコールと循環器疾患
カレントテラピー, 13 : 57-62, 1995
文献 [1131]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : (疫学入門)第4回相関分析と多群の比較
産業衛生学雑誌, 37 : A89-A92, 1995
文献 [1132]: 総説 記載言語:日本語
佐々木敏, 岡山明, 上島弘嗣 : (日本の高血圧世界の高血圧(5))ミクロニュートリエント(ミネラル)摂取量と血圧値
血圧, 2 : 74-80, 1995
文献 [1133]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (Q&A)循環器疾患のリスクファクターとしての喫煙と飲酒
循環科学, 15 : 86-88, 1995
文献 [1134]: 総説 記載言語:日本語
山川正信, 岡山明, 上島弘嗣 : (疫学入門)第3回断面調査その2 平均値率の比較
産業衛生学雑誌, 37 : A59-A62, 1995
文献 [1135]: 総説 記載言語:日本語
佐々木敏, 岡山明, 上島弘嗣 : (日本の高血圧世界の高血圧(4))文明未開地域住民の血圧と生活習慣の特徴
血圧, 2 : 98-103, 1995
文献 [1136]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特別講演)禁煙による循環器疾患の予防
第4回ニコチン依存研究会(1994.4.23京都)記録集, : 1-9, 1995
文献 [1137]: 総説 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : (疫学入門)第2回断面調査その1 率と標準化
産業衛生学雑誌, 37 : A35-A38, 1995
文献 [1138]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (疫学入門)第1回疫学研究と因果関係
産業衛生学雑誌, 37 : A7-A10, 1995
文献 [1139]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (日本の高血圧世界の高血圧(3))飲酒と高血圧に関する研究と節酒指導
血圧, 2 : 86-93, 1995
文献 [1140]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
三河一夫, 犬塚勉, 上島弘嗣 : 循環器疾患の家族歴の有無からみた成人病検診データの検討
日本保険医学会誌, 93 : 123-132, 1995
文献 [1141]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
山川正信, 上島弘嗣, 嘉村里美, 角野文彦, 岡山明, 喜多義邦 : 健診受診群と未受診群の日常生活動作能力、受療状況、血圧値の比較;某山村における在宅高齢者の場合
日本公衆衛生雑誌, 42 : 769-776, 1995
文献 [1142]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
堀部博, 飯田稔, 磯村孝二, 上島弘嗣, 上田一雄, 小澤秀樹, 加藤孝之, 小西正光, 笹出千秋, 澤井廣量, 柴田茂男, 嶋本喬, 杉本恒明, 戸嶋裕徳, 土井光徳, 松崎俊久, 柳川洋, 渡辺隆, 渡辺佳彦 : わが国における心電図所見頻度の地域差についての検討
日本循環器管理研究協議会雑誌, 29 : 190-197, 1995
文献 [1143]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 3章-13 アルコール (藤田敏郎 ed.)
高血圧(実験医学別冊 メディカル用語ライブラリー), (東京), , 164-165, 1995
文献 [1144]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 16.2 循環器疾患の疫学 (杉本恒明 ed.)
内科学, (東京), , 421-423, 1995
文献 [1145]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 疫学と予防;疫学の概念と方法、予防医学 (島田馨 ed.)
内科学書, (東京), , 88-95, 1995
文献 [1146]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : E. 栄養状態の評価 (田中平三 ed.)
栄養・健康科学シリーズ 公衆栄養学, (東京), , 235-245, 1995
文献 [1147]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H : (Chairman) Time trends in coronary risk factors and incidence
XII World Congress and XVIth Congress of the European Society of Cardiology, : 264-264, 1994
文献 [1148]: 学会抄録 記載言語:英語
Ueshima H, Kita Y, Okayama A, Choudhury SR, Yamakawa M, Niki I : Hemoglobin concentration relates to blood pressure independent of body mass index, ?
Journal of Hypertension, 12 : S68-S68, 1994
文献 [1149]: 学会抄録 記載言語:英語
Okayama A, Kita Y, Ueshima H, Choudhury SR, Yamakawa M, Niki I : Effect of drinking and dietary habits on blood pressure in Japan.
Journal of Hypertension, 12 : S78-S78, 1994
文献 [1150]: 学会抄録 記載言語:英語
Marmot MG, Eliliott P, Shipley MJ, Dyer AR, Ueshima H, Beevers DG, Stamler R, Kesteloot H, Stamler J : Alcohol and blood pressure:THE INTERSALT STUDY
Journal of Hypertension, 12 : S68-S68, 1994
文献 [1151]: 総説 記載言語:英語
Ueshima H : Prevention of cardiovascular diseases by smoking cessation.
Asian Medical Journal, 37 : 564-569, 1994
文献 [1152]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Choudhury SR, Ueshima H, Kita Y, Kobayashi KM, Okayama A, Yamakawa M, Hirao Y, Ishikawa M, Yuji M : Alcohol intake and serum lipids in a Japanese population.
Int J Epidemiol, 23 : 940-947, 1994
文献 [1153]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Marmot MG, Elliott P, Shipley MJ, Dyer AR, Ueshima H, Beevers DG, Stamler R, Kesteloot H, Rose G, Stamler J : Alcohol and blood pressure: the INTERSALT study
BMJ, 308 : 1263-1267, 1994
文献 [1154]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Inoue M, Okayama A, Fujita M, Enomoto T, Sakata M, Tanizawa O, Ueshima H : Clinicopathological characteristics of p53 overexpression in endometrial cancers.
Int. J. Cancer, 58 : 14-19, 1994
文献 [1155]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Inoue M, Okayama A, Fujita M, Enomoto T, Tanizawa O, Ueshima H : A case-control study on risk factors for uterine endometrial cancer in Japan.
Jpn. J. Cancer Res., 85 : 346-350, 1994
文献 [1156]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okayama A, Ueshima H, Yamakawa M, Kita Y : Low-Km aldehyde dehydrogenase deficiency does not influence the elevation of blood pressure by alcohol.
J Hum Hypertens, 8 : 205-208, 1994
文献 [1157]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Mikawa K, Ueshima H, Hashimoto T, Fujita Y, Naruse Y, Nakagawa H, Kasamatsu T, Kagamimori S : An INTERSALT study investigation: relationship between body mass index and blood pressure in the combined populations of three l
J Hum Hypertens, 8 : 101-105, 1994
文献 [1158]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (シンポジウム)成人の食生活の変遷と健康
日本民族衛生学会, : 38-39, 1994
文献 [1159]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信, 岡山明, 喜多義邦 : 高齢者の血圧と知的機能評価スケールとの関連
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, : 27-27, 1994
文献 [1160]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (シンポジウム)循環器疾患の一次・二次・三次予防の成果-地域保健の専門性を問う-わが国の循環器疾患の死亡率の動向とその危険因子の推移-特に血圧水準の低下と高血圧者の頻度の低下の意義-
日本公衆衛生雑誌, 41 : 43-43, 1994
文献 [1161]: 学会抄録 記載言語:日本語
清水潤子, 荒川桂, 甲斐恵子, 喜多義邦, Choudhury SR, 岡山明, 上島弘嗣, 山川正信 : 禁煙教育をめざした健康教育の効果
日本公衆衛生雑誌, 41 : 306-306, 1994
文献 [1162]: 学会抄録 記載言語:日本語
野崎昭彦, 平尾勝代, 杉本智恵美, 小林美緒, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信 : 信楽町における循環器疾患および骨関節疾患に関する疫学研究 第5報:運動習慣と血圧および血清脂質との関連に関する研究
日本公衆衛生雑誌, 41 : 604-604, 1994
文献 [1163]: 学会抄録 記載言語:日本語
千葉良子, 岡山明, 上島弘嗣, 山川正信, 喜多義邦, 船越傳 : 高脂血症の健康教育における栄養指導のシステム化
日本公衆衛生雑誌, 41 : 282-282, 1994
文献 [1164]: 学会抄録 記載言語:日本語
池村淳子, 釜谷恵美子, 曽羽久恵, 仁木偉瑳夫, Choudhury SR, 岡山明, 喜多義邦, 上島弘嗣 : 甲南町5地区における社会的経済的特徴と食習慣について
日本公衆衛生雑誌, 41 : 1183-1183, 1994
文献 [1165]: 学会抄録 記載言語:日本語
片山由美, 上島弘嗣, 山川正信, 畑野相子, 西田厚子, 宮田克子, 金本恵美子, 間宮恵子, 中澤幸子 : 高齢者の日常生活と血圧(安土町訪問追跡調査 第2報)
日本公衆衛生雑誌, 41 : 891-891, 1994
文献 [1166]: 学会抄録 記載言語:日本語
平尾勝代, 野崎昭彦, 杉本智恵美, 小林美緒, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信 : 信楽町における循環器疾患および骨関節疾患に関する疫学研究 第6報 食習慣と血圧および血清脂質との関連に関する検討
日本公衆衛生雑誌, 41 : 605-605, 1994
文献 [1167]: 学会抄録 記載言語:日本語
畑野相子, 上島弘嗣, 山川正信, 西田厚子, 宮田克子, 金本恵美子, 間宮恵子, 中澤幸子, 片山由美 : 高齢者の日常生活と生活の満足度(安土町訪問追跡調査 第1報)
日本公衆衛生雑誌, 41 : 890-890, 1994
文献 [1168]: 学会抄録 記載言語:日本語
宇田久美子, 野崎昭彦, 平尾勝代, 杉本智恵美, 小林美緒, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信 : 重点地区活動としてのコレステロール低下教室の成果-指導前後の栄養摂取量の変化-
日本公衆衛生雑誌, 41 : 606-606, 1994
文献 [1169]: 学会抄録 記載言語:日本語
山川正信, 上島弘嗣, 喜多義邦, 岡山明 : 高齢者における飲酒と血圧の関係
アルコール研究と薬物依存, 29 : 404-405, 1994
文献 [1170]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (シンポジウム)全身的視野からみたアルコール性臓器障害:適度の飲酒とは?-循環器疾患との関わりにおいて-
アルコール研究と薬物依存, 29 : 250-251, 1994
文献 [1171]: 学会抄録 記載言語:日本語
Okayama A, Ueshima H, Marmot MG, Eliliott P, Choudhury SR, Yamakawa M, Kita Y : (ポスター)Generation and urban-rural differences in declining trends for mortality from ischaemic heart disease of Japan from 1968 t
XII World Congress and XVIth Congress of the european Society of Cardiology, : 279-279, 1994
文献 [1172]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 山川正信, 喜多義邦 : 公衆衛生学における能動的学習への試みと反省点
医学教育, 25 : 36-36, 1994
文献 [1173]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (シンポジウム)節酒、高脂血症予防食の効用と負担
日本医学会総会学術講演要旨, : 16-16, 1994
文献 [1174]: 学会抄録 記載言語:日本語
喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 和田光正, 野崎昭彦, 山川正信 : 脳卒中の病型別にみた生命および機能予後-滋賀県湖西地区の循環器疾患登録から
日本循環器管理研究協議会雑誌, 29 : 8-8, 1994
文献 [1175]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特別講演)禁煙による循環器疾患発症リスクの低下
ニコチン依存研究会抄録集, : 13-13, 1994
文献 [1176]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 山川正信, 喜多義邦 : 血清コレステロール値の地域差とその経年推移;国民栄養調査との比較
日本衛生学雑誌, 49 : 478-478, 1994
文献 [1177]: 学会抄録 記載言語:日本語
山川正信, 上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦 : 満60歳以上住民における健診受診者と未受診者の血圧・ADLの比較
日本衛生学雑誌, 49 : 360-360, 1994
文献 [1178]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 喜多義邦 : (ポスターセッション)日本の虚血性心疾患死亡率の大都市と東北地域の地域格差の推移と危険因子との関連
Japanese Circulation Journal Supplement, 58 : 399-399, 1994
文献 [1179]: 学会抄録 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣, 船越傳, 明比昭幸 : 某工場における循環器疾患による1ヵ月以上の休業者の推移;脳卒中から心筋梗塞へ
産業医学, 36 : S80-S80, 1994
文献 [1180]: 学会抄録 記載言語:日本語
和田光正, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 野崎昭彦, 山川正信, 角野文彦 : 滋賀県湖西地域の脳卒中患者の生命予後からみた寝たきり予防
脳卒中, 16 : 552-552, 1994
文献 [1181]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : これからの健康教育の課題:健康的な生活習慣を確立するために
中国・四国ブロック衛生教育研修会, : 39-43, 1994
文献 [1182]: 学会抄録 記載言語:日本語
金本恵美子, 真宮恵子, 中澤幸子, 山川正信, 上島弘嗣, 同4回生 : 在宅高齢者のADLと予後について
滋賀県公衆衛生学会口演集, : 25-25, 1994
文献 [1183]: 学会抄録 記載言語:日本語
青谷光恵, 河野文子, 水田和代, 山川正信, 上島弘嗣, 同4回生 : 医療機関未受診者の要医療者について
滋賀県公衆衛生学会口演集, : 14-14, 1994
文献 [1184]: 学会抄録 記載言語:日本語
荒川桂, 清水潤子, 山田恵子, 中江義一, 甲斐恵子, 喜多義邦, 岡山明, 上島弘嗣 : 喫煙者と非喫煙者の喫煙に関する知識の周知度の比較
滋賀県公衆衛生学会口演集, : 18-18, 1994
文献 [1185]: 学会抄録 記載言語:日本語
Choudhury SR, 岡山明, 喜多義邦, 山川正信, 上島弘嗣, 仁木偉瑳夫 : 食習慣を考慮した飲酒と血圧との関係
Supplement to Journal of Epidemiology, 4 : 101-102, 1994
文献 [1186]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信, 岡山明, 喜多義邦 : 飲酒と高血圧に関する疫学研究:65歳以上の高齢者の飲酒と血圧
協栄生命研究助成論文集, 10 : 11-16, 1994
文献 [1187]: その他 記載言語:日本語
岡山明, 上島弘嗣 : ストレス、カテコラミンと高血圧
Physicians' Therapy Manual, 7 , 1994
文献 [1188]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣, 喜多義邦 : (質疑応答)喫煙率調査の留意点
日本医事新報, 3665号 : 134-135, 1994
文献 [1189]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 老年者脳血管障害の危険因子 危険因子の時代的推移
日医ニュース, 782号 : 12-12, 1994
文献 [1190]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信, 岡山明, 喜多義邦 : 地域における高齢者の健康的な日常生活を阻害する要因の解明とその対策に関する研究
平成4年度科学研究費補助金(一般研究B)研究成果報告書, , 1994
文献 [1191]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (健康づくりのための行動変容教育教材調査;外国の事情も含めて)適正飲酒用教材
平成5年度老人保健健康増進等事業補助金(健康保険組合連合会の委託)職域・地域における健康づくりの基盤整備のための調査研究事業報告書, : 436-459, 1994
文献 [1192]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣と健康;栄養
公衆衛生, 58 : 856-860, 1994
文献 [1193]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 節酒・高脂血症予防食の効用と負担
第99回日本医学会シンポジウム記録集(高齢化社会の健康問題;ライフ・スタイルへの介入), : 40-46, 1994
文献 [1194]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 喫煙と循環器疾患:禁煙による循環器疾患の予防
Pharma Medica, 12 : 49-54, 1994
文献 [1195]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (日本の高血圧世界の高血圧(2))国民の血圧水準の低下と循環器疾患死亡率の減少
血圧, 1 : 194-201, 1994
文献 [1196]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : (虚血性心疾患の疫学)虚血性心疾患の発生要因:総論
Coronary, 11 : 197-204, 1994
文献 [1197]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (日本の高血圧世界の高血圧(1))インターソルト・スタディの結果とその予防医学上の意味
血圧, 1 : 92-97, 1994
文献 [1198]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 アルコールと喫煙・アルコールと疾患)アルコールと高血圧
nanoGIGA, 3 : 40-45, 1994
文献 [1199]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (ライフスタイル・モディフィケーション)節酒・禁煙と高血圧
医学のあゆみ, 169 : 575-580, 1994
文献 [1200]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (高血圧 最近の治療指針)アルコールと血圧
循環科学, 14 : 232-236, 1994
文献 [1201]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 高血圧をめぐる最近の話題)アルコール摂取と血圧
循環器科, 35 : 116-121, 1994
文献 [1202]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (患者指導の実際)節酒、禁煙プログラム
Current Circulation, 5 : 14-15, 1994
文献 [1203]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
三河一夫, 上島弘嗣, 犬塚勉, 立澤惇 : 飲酒・喫煙習慣を考慮した血圧と平均赤血球容積(MCV)に関する検討
日本保健医学会誌, 92 : 229-235, 1994
文献 [1204]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
角野文彦, 上島弘嗣, 山川正信, 岡山明, 喜多義邦, 本郷節哉 : 滋賀県今津保健所管内における突然死の年齢病型別にみた死亡場所に関する検討
日本循環器管理研究協議会雑誌, 29 : 89-94, 1994
文献 [1205]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
山川正信, 上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 辻橋幹恵, 三上房江, 佐藤美由紀, 西田厚子, 畑野相子, 宮田克子 : 訪問悉皆調査による在宅高齢者のADL(日常生活動作能力)の実態
日本公衆衛生雑誌, 41 : 987-996, 1994
文献 [1206]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 前田博明 : 大津保健所管内における脳卒中退院連絡制度 (多田羅浩三 ed.)
公衆衛生資料集 No.4 脳卒中発症者に対する地域ケアネットワークの確立, (東京), , 85-95, 1994
文献 [1207]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : コレステロールを下げる健康教育;新しいプログラムの手引き (上島弘嗣, 岡山明 ed.)
コレステロールを下げる健康教育;新しいプログラムの手引き, (東京), , -, 1994
文献 [1208]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (シンポジウム1 たばこと健康)禁煙による循環器疾患の予防 (渡辺昌(監修) ed.)
1993年世界禁煙デー記念シンポジウム ヘルスサービス:たばこのない世界を開く窓, (東京), , 41-54, 1994
文献 [1209]: その他 記載言語:英語
Okayama A, Chiba N, Ueshima H, Funakoshi T, Yamakawa M, Kita Y : Randomized controlled intervention trial for reducing serum total cholesterol by nonpharmacological means among healthy people i
CVD EPIDEMIOLOGY NEWSLETTER Winter 1992/1993, 48 : 55-55, 1993
文献 [1210]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Okayama A, Ueshima H, Marmot MG, Nakamura M, Kita Y, Yamakawa M : Changes in total serum cholesterol and other risk factors for cardiovascular disease in Japan1980-1989
Int J Epidemiol, 22 : 1038-1047, 1993
文献 [1211]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H, Mikawa K, Baba S, Sasaki S, Ozawa H, Tsushima M, Kawaguchi A, Omae T, Katayama Y, Kayamori Y, Ito K : Effect of reduced alcohol consumption on blood pressure in untreated hypertensive men
Hypertension, 21 : 248-252, 1993
文献 [1212]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特別講演)滋賀県における疾病の現状と予防について
滋賀県国保地域医療学会会誌, : 9-25, 1993
文献 [1213]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 中村恭子 : 滋賀県下5町での健康教育の実践による保健婦研修の評価
日本公衆衛生雑誌, 40 : 366-366, 1993
文献 [1214]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 山川正信, 喜多義邦 : 受診率の低下を克服する地域保健活動
社会医学研究, : 53-53, 1993
文献 [1215]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 山川正信, 喜多義邦 : 公衆衛生学教育における能動的学習の試み
医学教育, 24 : 345-346, 1993
文献 [1216]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信, 喜多義邦, 岡山明, 角野文彦 : 滋賀県湖西地区における突然死の年令,病型別にみた死亡場所
日本循環器管理研究協議会雑誌, 28 : 13-13, 1993
文献 [1217]: 学会抄録 記載言語:日本語
Ueshima H : (Parallel session) Summary of risk factors and dietary changes over the last 20-30 years.
国際心臓病予防会議, , 1993
文献 [1218]: 学会抄録 記載言語:日本語
Mikawa K, Ueshima H : The lowering effect of decreasing alcohol consumption on blood pressure in non-treated mild hypertensives based on the combined
国際心臓病予防会議, , 1993
文献 [1219]: 学会抄録 記載言語:日本語
Okayama A, Chiba N, Ueshima H, Hunakoshi T, Yamakawa M, Kita Y : (Poster session) Randomized controlled trial for reducing total serum cholesterol levels by non-pharmacological means among heal
国際心臓病予防会議, , 1993
文献 [1220]: 学会抄録 記載言語:日本語
Chiba N, Okayama A, Ueshima H, Hunakoshi T, Yamakawa M, Kita Y : (Poster session) A quantitative detection of the changes in dietary habits using a food frequency method with food models in an
国際心臓病予防会議, , 1993
文献 [1221]: 学会抄録 記載言語:日本語
Kita Y, Ueshima H, Okayama A, Yamakawa M, Wada M, Nozaki A : (Poster session) Findings from a registration for cardiovascular disease on the Western Side of Lake Biwa, Japan
国際心臓病予防会議, , 1993
文献 [1222]: セミナー 記載言語:日本語
Ueshima H, Okayama A, Yamakawa M, Kita Y, Nakamura M, Oshima A : (円卓会議)A randomized controlled trial for quitting smoking in the workplace.
アジア太平洋たばこ対策会議, : 198-200, 1993
文献 [1223]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 禁煙による循環器疾患の予防
世界禁煙デー記念シンポジウム, , 1993
文献 [1224]: セミナー 記載言語:日本語
Ueshima H : (Symposium)Changes in Dietary Habits Cardiovascular Risk Factors and Mortality in Japan
延世大学循環器病センター国際シンポジウム, , 1993
文献 [1225]: セミナー 記載言語:日本語
Ueshima H : (Symposium)Changes in Dietary Habits Cardiovascular Risk Factors and Mortality in Japan.
日韓合同循環器病会議, , 1993
文献 [1226]: セミナー 記載言語:日本語
Ueshima H : A Study of the occurrece of cardiovascular disease and subsequent physical inability using the cardiovascular disease registara
疾病モニタリングワークショップ, , 1993
文献 [1227]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 動脈硬化症の現状と最近の進歩
滋賀医科大学雑誌, 9 : 77-78, 1993
文献 [1228]: 報告書 記載言語:日本語
神谷哲郎, 上島弘嗣 : 先天性心疾患に対する修復術後状態の評価とそれに基づく術後の管理基準の確立
平成4年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 130-130, 1993
文献 [1229]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 喜多義邦, 山川正信, 和田光正, 野崎昭彦, 稲本康彦, 杉原秀樹, 狩野康之 : 滋賀県高島郡における循環器疾患の登録・管理・追跡システムの研究
平成4年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 240-240, 1993
文献 [1230]: 報告書 記載言語:日本語
磯村孝二, 飯村攻, 鈴木一夫, 上島弘嗣, 木村慶, 馬場俊六, 斎藤寛, 柊山幸志郎 : 地域ベースの長期フォローシステムの研究
平成4年度厚生省循環器病研究委託費による研究報告集, : 235-236, 1993
文献 [1231]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (回転扉)健康教育学習の推進に向けて
大阪公衆衛生, 63号 : 1-1, 1993
文献 [1232]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣, 梅田勝, 大島明, 佐藤敏信, 中川米造, 中村正和, 宗像恒次, 柳川洋, 山川正信 : 「'92健康教育・学習ワークショップ」記録
「'92健康教育・学習ワークショップ」記録 , , 1993
文献 [1233]: 報告書 記載言語:日本語
戸嶋裕徳, 矢野亨, 石川高明, 糸氏英吉, 上島弘嗣, 澤井廣量, 田中平三, 岩塚徹, 富永忠弘, 原岡昭一, 斉藤大治, 柳川洋, 伊藤敏, 佐治公明, 松本幸三, 簗瀬正邦, 杉浦壽康, 山中陽一, 福島功, 樋口隆三 : 平成3・4年度厚生省老人保健健康増進事業「慢性疾患患者生活習慣改善支援事業」報告書
平成3・4年度厚生省老人保健健康増進事業「慢性疾患患者生活習慣改善支援事業」報告書, , 1993
文献 [1234]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信 : 老人保健事業基本健康診査における食後時間と血液検査成績の関係
平成4年度滋賀県今津保健所委託研究報告書, , 1993
文献 [1235]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 突然死の実態とその原因
日本医事新報, 3587号 : 134-135, 1993
文献 [1236]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 高脂血症の健康教育)健康教育の対象としての高脂血症
保健同人生活教育, 37 : 9-13, 1993
文献 [1237]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 成人病予防のための学校保健の課題
滋賀医学, 16 : 8-16, 1993
文献 [1238]: 総説 記載言語:日本語
渡辺昌, 浅野牧茂, 岩森茂, 上島弘嗣, 大島明, 小川浩, 小林友美子, 久保田英, 坂上正道, 富永祐民 : (1993年世界禁煙デー記念シンポジウム ヘルスサービス:たばこのない世界を開く窓)総合討論
日本医師会雑誌, 110 : 1181-1187, 1993
文献 [1239]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (1993年世界禁煙デー記念シンポジウム ヘルスサービス:たばこのない世界を開く窓 たばこと健康)禁煙による循環器疾患の予防
日本医師会雑誌, 110 : 1153-1156, 1993
文献 [1240]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明 : (特集 変わりつつある脳血管障害)脳血管障害のリスクが変わってきた
臨床と研究, 70 : 3042-3047, 1993
文献 [1241]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 生活習慣と高血圧―肥満,飲酒,食塩摂取量,喫煙
臨床看護, 19 : 1464-1470, 1993
文献 [1242]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 明日の医師像と医学教育)公衆衛生教育の課題と展望
公衆衛生, 57 : 390-393, 1993
文献 [1243]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 老年病の予防とライフスタイル)―嗜好と老年病―アルコール
Geriatric Medicine, 31 : 445-453, 1993
文献 [1244]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 長期降圧療法の再評価)高血圧と飲酒・喫煙
総合臨床, 42 : 662-666, 1993
文献 [1245]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (高血圧の原因)飲酒・喫煙と高血圧
からだの科学増刊 高血圧, : 40-44, 1993
文献 [1246]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信 : 滋賀県における骨髄バンクに関する意識調査からみた登録を促進する要因の分析
日本公衆衛生雑誌, 40 : 1038-1046, 1993
文献 [1247]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
野崎昭彦, 喜多義邦, 上島弘嗣, 岡山明, 山川正信, 平尾勝代, 杉本知恵美 : 滋賀県の一農山村地域における独居老人,老夫婦世帯老人および在宅寝たきり老人の健康状態についての比較研究有病率,血圧,心電図,血液検査所見を中心に
日本公衆衛生雑誌, 40 : 850-858, 1993
文献 [1248]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
喜多義邦, 上島弘嗣, 和田光正, 岡山明, 山川正信, 野崎昭彦, 稲本康彦, 杉原秀樹, 狩野康之 : 滋賀県湖西地域における循環器疾患の発症状況と発症1年後の機能予後に関する検討
日本循環器管理研究協議会雑誌, 28 : 42-49, 1993
文献 [1249]: 学術雑誌原著 記載言語:英語
Ueshima H, Ozawa H, Baba S, Nakamoto Y, Omae T, Simamoto T, Komachi Y : Alcohol drinking and high blood pressure; data from a 1980 national cardiovascular survey of Japan.
J Clin Epidemiol, 45 : 667-673, 1992
文献 [1250]: 著書 記載言語:英語
Ueshima H : Trends in fat and cholesterol intake, serum cholesterol levels and cardiovascular disease in Japan. (Gold P ed.)
Cholesterol and Coronary Heart Disease: The Great Debate, ( Lancs & New Jersey), , 63-83, 1992
文献 [1251]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信, 岡山明, 喜多義邦, 大島明, 中村正和 : 事業所における禁煙のための介入研究の試み;ランダマイズド・コントロール試験
日本公衆衛生雑誌, 39 : 46-46, 1992
文献 [1252]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 三河一夫, 成瀬優知, 橋本勉, 中川秀昭, 藤田委由, 笠松隆洋, 鏡森定信 : 食塩は血圧と飲酒の関連における公絡因子か;日本におけるIntersalt Studyの成績より
日本高血圧学会総会プログラム・抄録集, : 47-47, 1992
文献 [1253]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : いわゆる過労死とその疫学研究の問題点
社会医学研究, : 38-38, 1992
文献 [1254]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特別講演) 成人病予防の観点からみた学校保健の諸問題
東北学校保健・学校医大会, , 1992
文献 [1255]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特別講演)疫学的方法;厚生省委託研究費班会議での共同研究
若年者心疾患対策協議会研究会, : 21-21, 1992
文献 [1256]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 滋賀県湖西地区の脳卒中,心筋梗塞発症登録システムによる病型別発症割合とその予後
日本循環器管理研究協議会雑誌, 27 : 12-12, 1992
文献 [1257]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 山川正信, 岡山明, 喜多義邦 : 老人の健康を障害する要因と生活の質(安土町訪問悉皆調査);(その2)生活の満足度と家族関係、社会活動及び収入
日本衛生学雑誌, 47 : 394-394, 1992
文献 [1258]: セミナー 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特別講演)毎日の健康作戦
豊の国健康な町づくりシンポジウム, , 1992
文献 [1259]: 学会抄録 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 山川正信, 杉原秀樹, 稲本康彦, 中村正一, 狩野康之 : (示説)琵琶湖湖西地域における脳心事故発症登録からみた脳心事故比と1年後の生存予後
Supplement to Journal of Epidemiology, 2 : 87-87, 1992
文献 [1260]: 報告書 記載言語:日本語
柳沼淑夫, 浅香昭雄, 上島弘嗣, 桑島巌, 西尾一郎, 吉田勝美 : 高血圧と宿主要因に関するマニュアル
平成3年度労働省作業関連疾患総合対策研究 第2班 高血圧と宿主要因に関する研究(主任 柳沼淑夫)報告書, , 1992
文献 [1261]: 報告書 記載言語:日本語
上島弘嗣, 岡山明, 千葉良子, 山川正信, 喜多義邦 : 食生活,飲酒,喫煙,身体活動,肥満度がHDLコレステロール値に及ぼす影響
第37回(平成2年度)社会厚生事業助成研究報告集(千代田生命健康開発事業団), : 60-61, 1992
文献 [1262]: その他 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (ねたきりを防ぐ;ねたきりの対策と予防)はじめに
別冊総合ケア, : 38-38, 1992
文献 [1263]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (危険因子からみた循環器疾患の日常生活管理)喫煙・飲酒
循環科学, 12 : 570-757, 1992
文献 [1264]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 節酒の降圧効果は何によるのか アルコールの昇圧機序を探る
JAMA日本語版, 150号 : 71-74, 1992
文献 [1265]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 介入研究のデザインと評価法
日本循環器管理研究協議会雑誌, 27 : 64-66, 1992
文献 [1266]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特集 アルコールと成人病)アルコールと高血圧
臨床成人病, 22 : 493-498, 1992
文献 [1267]: 総説 記載言語:日本語
上島弘嗣 : (特別企画 リスクファクターと健康生活)アルコールおよび嗜好飲料
からだの科学, 162 : 44-48, 1992
文献 [1268]: 著書 記載言語:日本語
上島弘嗣 : 第2章 日本人の飲酒特性とパターン (糸川嘉則 ed.)
アルコールと栄養;お酒とうまく付き合うために, (東京), , 37-57, 1992
文献 [1269]: 学術雑誌原著 記載言語:日本語
Maegawa H, Hidaka H, Okayama A, Kikkawa R, Kobayashi M, Kashiwagi A, Ueshima H, Shigeta Y : 愛東study-前向きコホート研究による糖尿病罹患率とその危険因子の解析
糖尿病, 35 : 241-248, 1992
【戻る】