文部科学省 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン「次代を担うがん研究者・医療人養成プラン」


トップページ > コース概要

コース概要

がん専門医療人養成コース

本コースは、医学系研究科(博士課程)医学専攻の中に設置されており、4コースに分かれています。

コース概要図
新しいがん診断・治療法開発を担う研究者養成コース(責任者:醍醐 弥太郎教授)
がんの薬物療法に精通したチーム医療を担うスタッフ等(医師、看護師等の医療技術者もしくは研究者)であるとともに、がんの新たな診断・治療薬開発研究に従事することができる高度かつ学際的な研究能力を備えた人材を育成する。
新しい外科医療開発・応用を担う研究者養成コース(責任者:谷 眞至教授)
がんの手術療法開発の研究者及び新しい手術療法を実践する外科医、専門医、一般企業の研究員や工学系研究人を対象とする。新たな手術方法・機器システム研究開発を目的としたデータ蓄積・解析等に従事し、新治療法を確立し医療に反映できる研究能力を備えた人材を育成する。また、消化器や乳腺・一般外科等の専門医育成も目的とする。
地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース(責任者:寺田 智祐教授)
がん化学療法、支持療法、緩和薬物療法等、がん薬物療法全般に精通し、がん拠点病院と地域中核病院や保険薬局に勤務する薬剤師との連携を図りながら、薬剤業務の質的向上と地域医療における臨床問題(研究課題の設定も含む)の解決に貢献できる薬剤師の育成を目的とする。
地域の放射線治療を支える専門医養成コース(責任者:村田 喜代史教授)
基礎的な放射線治療法に習熟しているばかりでなく、定位放射線治療、強度変調放射線治療などの高度放射線治療にも対応できる高い知識と技能を持った放射線治療医、及び地域医療機関での放射線治療の質的向上のために、他職種とのチーム医療や教育にも熱意と能力を持った放射線治療医を育成する。
↑Page Topへ

インテンシブ・コース

地域のがん薬物療法を支える薬剤師養成コース(インテンシブ)、高度放射線治療を担う医療人養成コース(インテンシブ)の2コースがあり、大学で実施する各コース関連のセミナー等を受講することができます。受講希望者は、滋賀医科大学学生課大学院教育支援係(お問い合わせ先参照)にお申し出ください。

↑Page Topへ