Table of Contents Table of Contents
Previous Page  105 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 105 / 156 Next Page
Page Background

ペインクリニック科

ペインクリニック科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 ペインクリニック科は専門性の高い診療を行うため、平成19年6月から附属病院の麻酔科から分かれまし

た。ペインクリニック科の外来業務は、ペインクリニック科の助教以上の常勤医および数名の非常勤講師で行っ

ています。外来診療は、原則としてすべて完全予約制としています。初めて受診される方は、紹介状を持参し

ていただくことと、患者支援センターを通して受診の予約をしていただきますようにお願いいたします。

 さまざまな痛みの患者さんに対して、薬物療法、神経ブロック療法をバランスよく組み込み、各々の患者

さんにあった治療を提供しています。

 慢性の痛みの医療では、患者さんの精神心理状態、社会生活の状態、日常生活の活動度を考慮して、日常

生活のQOL(生活の質)を向上することを目標としています。また、様々な先進医療に準じる治療や先進的

医療を実施しています。脳機能画像(MRIを使ったMRS、VBM)を慢性の痛みの標価法を組み込む先進的

医療も実施しています。

診療内容・専門分野

・脊椎疾患:慢性腰痛、頸椎・腰椎の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、脊椎手術後の痛みなど

・神経障害性疼痛:帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛、開胸手術後痛、幻肢痛など

・その他:三叉神経痛、CRPS(複合性局所疼痛症候群)、慢性頭痛、癌の痛みなど

〈学際的痛み治療センター〉

 痛み治療のエキスパートが、痛みの身体的、精神的、社会的な相互関係を多方面から評価し、各専門医学

領域と連携して、患者さん一人ひとりに適した治療を選択することで、集学的なアプローチを行っていくこ

とを目的としており、総合的に体と心の痛みを緩和して、生活の質(QOL)を向上することを目指しています。

 平成23年度から始まった、厚生労働省の「慢性の痛み対策事業」の指定研究に基づいて、滋賀医科大学を

含めた全国の拠点大学病院19施設で、慢性痛の治療に対して、診療科を横断した学際的な痛みセンターを構

築しています。

〈学際的痛み治療センターでの治療〉

 滋賀医大病院では、麻酔科・ペインクリニック医、整形外科医、脊椎外科医、リハビリテーション医、産

業衛生医、基礎医科学者、看護師、理学療法士、臨床心理士など多職種が連携して診察し、カンファレンス

で治療方針を考える「痛みの学際的カンファレンス」を行っています。この治療方針を参考に、外来担当医が、

理学療法士、臨床心理士などと連携しながら診療を引き続き行っています。

・神経ブロック療法とは?

 痛みの原因となっている神経の部位やその周りに細い特殊な神経ブロック針で局所麻酔薬や抗炎症薬

などを注入する治療法です。

104

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内

ペインクリニック科