Table of Contents Table of Contents
Previous Page  109 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 109 / 156 Next Page
Page Background

放射線科

放射線科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 放射線科専門医が画像診断および放射線治療を担当しています。画像診断部門では、単純X線写真、CT、

MRI、超音波、消化管や尿路の造影検査等、大部分の画像診断検査の画像診断を担当し、PACS(画像保存

通信システム)によって画像とレポートを院内に配信しています。

 他院からの画像診断検査の依頼にも患者支援センターを介して対応しています。また、IVR-CTを使用し、

各診療科からの血管造影やインターべンショナル・ラジオロジー(IVR)の依頼に対応しています。

 当放射線科のIVRの特徴として、新しい治療材料や治療手技の開発に重点を置き、そのための基礎研究を

続けながら、臨床応用を目指している点を挙げることができます。一方、放射線治療部門では、CTや治療計

画用コンピュータを駆使した高精度の放射線治療(外照射、小線源治療)を実施しています。

 大学病院ではありますが、画像診断部門、放射線治療部門、ともに放射線科と各診療科との連携が緊密で

ある点に特色があり、各診療科との合同カンファレンスを定期的に開催し、診療にあたっています。

診療内容・専門分野

〈IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)〉

 肝腫瘍に対しては、CTアンギオなどの精密な画像診断とともに、選択的肝動脈塞栓術や抗癌剤動注、ある

いはラジオ波焼灼術を行っています。

 また、血管狭窄性病変に対しては血管形成術やステント留置術、下肢静脈血栓症に対しては下大静脈フィ

ルター留置術、あるいは交通外傷に対する止血術等、救急症例を含め、IVRの適応症例には迅速に対応して

います。IVR-CTを用いた各種生検、膿瘍ドレナージ、経皮的椎体形成術などのIVRも積極的に行っています。

〈放射線治療〉

 頭頸部癌、肺癌、乳癌、泌尿生殖器癌などの放射線治療を行っています。特殊な治療としては、脳腫瘍に

対するリニアックを用いた定位放射線治療(エックスナイフ)、肺癌に対する呼吸同期下での定位放射線治療

を実施しています。 前立腺癌に対しては、治療計画用コンピュータを駆使した強度変調放射線治療(IMRT)

や、ヨウ素125密封小線源永久挿入療法を行っています。他に、骨髄移植のための全身照射も実施しています。

・IVRとは?

 エックス線透視や超音波像、CTを見ながら体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す新

しい治療法です。

・リニアックとは?

 高エネルギーの放射線を照射する装置で、体の外側から目的の腫瘍に集中的に放射線を当てることに

より、細胞を死滅させ腫瘍の縮小や根絶を図ります。

108

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内