Table of Contents Table of Contents
Previous Page  112 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 112 / 156 Next Page
Page Background

歯科口腔外科

歯科口腔外科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 歯科口腔外科では顎顔面外傷や口腔がんなど口腔、顎骨、およびその周囲の顔面、頸部の疾患を診療対象

とし、総合病院の機能を生かした診療を行っています。

 口腔と口腔周囲の疾患を全身との関わりでとらえ、エビデンスに基づいた診断を行い、十分なインフォー

ムドコンセントを得て治療を進めています。また、全身疾患を有する患者さんへの対応も関係各科と連携し

て行っています。

 現在、地域医療機関の先生方のご協力にて数多くのご紹介を頂いていますが、今後は、当科から地域医療

機関の先生方への逆紹介率をさらに向上させ、「双方向性のある連携システム」の確立を目標にしています。

地域医療機関と密に連携し、歯科医療の機能分担とレベルの向上を促進していきたいと考えています。

診療内容・専門分野

・抜歯:

埋伏智歯、埋伏歯などの抜歯、再植・移植術や他医院での偶発症例への対応などを行っています。短期入

院下での多数歯抜歯や全身麻酔下での処置も行っています。

・有病者の歯科治療:

重篤な全身疾患を有する患者さんに対しては、関係各科と連携した上で治療を行っています。

・口腔粘膜疾患:

白板症、扁平苔癬(へんぺいたいせん)、難治性口内炎などの粘膜疾患に対して専門的な治療を行っています。

・顎関節症:

スプリント治療などの保存的治療から外科的治療まで、専門外来を設けて幅広く対応しています。

・顎顔面領域の外傷・骨折:

顎骨骨折、顔面口腔裂創、歯牙脱臼、歯牙破折に対して、審美的にかつ顎咬合機能を重視した治療を行っ

ています。

・嚢胞および良性腫瘍:

顎骨嚢胞、顎骨良性腫瘍、軟部組織嚢胞、軟部組織良性腫瘍、粘液嚢胞に対し、外科的治療を行っています。

外科処置後の顎骨欠損に対して、骨再生術も行っています。

・口腔がん:

外科的治療、化学療法、放射線療法など、集約的治療を行っています。

・口腔感染症:

顔面、顎下部の腫脹、蜂窩織炎(ほうかしきえん)などの急性炎症に対し、入院を含めた全身的、局所的

な投薬処置、外科処置を行っております

〈インプラント治療〉

 以前は、歯がなくなった時の治療法として義歯(入れ歯)やブリッジ(健康な歯を削って連続した金属冠

を入れる治療法)が主流でした。しかし、最近では顎骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に

補綴(ほてつ)物を装着する「インプラント治療」が発達し、この治療を受ける患者さんが多くなってきて

います。

 当科ではこの「インプラント治療」に力を入れています。また歯槽骨の吸収した患者さんに対しても、以

前は骨の存在する部位にインプラントを埋入する外科主導型インプラントが主流でしたが、当科では補綴主

導型インプラントを目指し、GBR(骨再生誘導療法)、サイナスフロアエレベーション(サイナスリフト)、

111

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内