Table of Contents Table of Contents
Previous Page  120 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 120 / 156 Next Page
Page Background

病理診断科

病理診断科

診療・業務内容

〈基本方針〉

 病理診断科(病理部)は、形態検査手法を用いての病理・細胞診断を日常業務としています。また、診療

における様々な問題・疑問点を形態学的側面より解明する部門です。

 適切な治療は正確な病理診断に基づいて行われます。病理診断件数は増加の一途ではありますが、病理診

断を専門とする「病理医」の不足は極めて深刻です。当科では大学内外、国内外の施設と協力して病理専門医,

細胞診専門医を育成・輩出したいと思っております。また、形態学を基本とした研究を支援・推進します。

〈業務内容〉

 病理医と細胞検査士を配置し、日々の病理検査業務に対応しています。組織検査は年間約8,000件、細胞

診検査は約6,000件、術中迅速診断検査は約700件実施しています。

〈病理診断(病理組織診と細胞診)について〉

 外来、病棟、手術室から提出されるすべての細胞、組織、

臓器について形態診断を行っており、国立大学病院の病理診

断科としても診断精度を高いレベルに保つ役割を担っていま

す。

 病理診断はいきなり顕微鏡で標本をみるのではなく,十分

な臨床情報のもと摘出された臓器をレントゲンや内視鏡の画

像と対比させながら肉眼的に観察することから始まります。

その後,臨床検査技師と臨床医の協力のもと,病理医主導で

病変部やその周辺部を切り出し,標本化します。

 病理標本の作成は、HE(ヘマトキシリン・エオジン)染

色標本が基本ですが、必要に応じて特殊染色,免疫組織化学さらにin situ hybridization(ISH法)などの

特殊検査を加えて詳細に検討し報告する体制を整えています。我々が専門・得意とする分野については外部

医療機関からコンサルテーションを随時受け付けていますし、稀少がんなど当科で確定診断が困難な症例に

関しては臆せず外部の専門家にコンサルテーションしています。

 剥離細胞診や穿刺吸引細胞診などの細胞診も病理診断科の重要な業務であり、細胞検査士とともに正確で

迅速なスクリーニング結果と診断を提供できるよう日々努めており,細胞診専門医と細胞検査士の研修施設

としての役割も担っています。

 病理解剖(剖検)も病理診断科の大切な業務のひとつです。臨床診断・治療の妥当性を検証するとともに、

学生の卒前・卒後医学教育にとっても極めて重要な分野です。病理解剖は病理学講座とともに分担して担当

しています。

〈精度向上・医療安全への取り組み〉

 診断をする前に何よりも重要なことは「医療安全」であり、当科では検体の取り違え事故などがないよう

「指差喚呼」による「確認」を徹底しています。

 また、病理・細胞診断結果が妥当であったかどうか検証する必要があります。病理学的な所見と臨床デー

タとの整合性を十分に対比・検討するため臨床各科や院外とのカンファレンスを積極的に行っています。

・形態検査とは?

 摘出された臓器を肉眼的に観察、顕微鏡標本(組織標本)を作成、病変の形、大きさ、位置関係など

を総合的に評価し、診断・治療に役立てます。

119

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内