Table of Contents Table of Contents
Previous Page  131 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 131 / 156 Next Page
Page Background

救急・集中治療部

光学医療診療部

診療・業務内容

〈診療方針〉

 光学医療診療部は、内視鏡を使用した検査や治療を行う大学病院内の中央診療部門であり、その対象疾患は

多岐にわたります。消化器内視鏡検査は、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、下部消化管内視鏡検査(大腸カ

メラ)、超音波検査を同時に行う超音波内視鏡検査、胆道膵臓系の内視鏡検査などがあります。最近では、こ

れまで内視鏡検査が困難であった小腸の検査を行うカプセル内視鏡検査や小腸内視鏡検査も積極的に行ってい

ます。更に肺疾患を精査する気管支鏡検査も光学医療診

療部で行っています。

 最近の動向としては、食道、胃、大腸の腫瘍切除術、

消化管出血に対する内視鏡的止血術、胃瘻造設術などの

治療内視鏡治療を積極的に行っており、年々治療内視鏡

治療の件数は増加してきています。なお、胆膵の検査や

治療、イレウス管挿入術等のX線撮影が必要なものは病

院1階の放射線部で行います。地域の診療所や中核病院

で対処が困難であった内視鏡治療にも対応しています。

診療内容・専門分野

〈検査/治療〉

 上部消化管の診断や治療は年間約5,000例、下部消化管は約2,200例、胆道系約250例、呼吸器系約150例で、

年間7500例あまりの診断や治療を行っています。また、早期食道がんや早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下

層剥離術(ESD)は年間約100例以上を数えており、滋賀

県下で有数の治療数を誇ります。

〈内視鏡検査を受けるには〉

 当院で行われている内視鏡検査は、総合的な診療中の

一つの検査となります。検査の必要性は各診療科の担

当医師が判断しておりますが、特定の診療科への紹介が

ない場合は消化器内科を受診して担当医師とご相談くだ

さい。光学医療診療部の医師も消化器内科外来を担当し

ております。患者さんから直接光学医療診療部への検査

申し込みはお受けしておりませんので注意をしてくださ

い。

128

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内

光学医療診療部