Table of Contents Table of Contents
Previous Page  135 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 135 / 156 Next Page
Page Background

救急・集中治療部

腫瘍センター

診療・業務内容

〈診療方針〉

 腫瘍センターは、附属病院と地域のがん医療を活性化し、高度がん医

療の推進と均てん化を進める組織として活動しており、社会の要請であ

るがん専門医・医療スタッフの育成と先進的ながん医療の普及に貢献で

きる基盤を構築しています。

 当センターは、がん医療を包括的に支える7部門(化学療法、緩和ケア、

がん登録、がん相談支援、診療連携、教育・研修、先進医療推進の各部門)

で構成され、関係する4委員会(腫瘍センター会議、化学療法プロトコール審査委員会、化学療法委員会、緩

和ケア委員会)とともに、本学のがん診療・教育・研究を分野横断的に連携させ、県内外の医療機関と協力し

て、がんと診断されたときから切れ目なく続く質の高いがん医療の推進をめざしています。また、本学の先進

的がん医療に取り組んでいます。

〈腫瘍センターの活動〉

腫瘍センター化学療法室の運営と標準的薬物療法、高度集学的医療の提供

 腫瘍センターのがん治療に携わる専門医療チームが化学療法室を運営しており、がん治療に関わる診療科と

連携して、質の高い高度がん医療を提供しています。

化学療法プロトコール審査委員会・化学療法委員会活動

 腫瘍センター及びがん診療科の医師、薬剤師、看護師が、本院で行うがん薬物療

法と支持療法について、その妥当性、安全性、最適な運用方法を審査、検討してい

ます。

緩和ケア委員会・緩和ケアチーム活動

 腫瘍センター及びがん診療科の医師、薬剤師、看護師、理学療法士、ソーシャルワー

カーなどで構成される緩和ケアチームが、がんの早期の段階より、がん性疼痛と身

体症状や患者・家族が抱える精神的苦痛への対処を行い、生活の質(QOL)の維

持・向上に向けて包括的なサポートをしています。

•緩和ケアチーム活動・研究紹介

 

(http://www.shiga-med.ac.jp/hospital/doc/department/central_clinic/tumor/files/1109.pdf

キャンサーボードミーティングの開催

 腫瘍センター及びがん診療科の医師、放射線科医、病理医、薬剤師、看護師、地域連携に関わるスタッフな

どが一堂に集まり、治療困難症例における最適の治療方針を検討しています。

がんプロフェッショナル養成基盤推進プランの支援

 本学は文部科学省の支援のもと、がん専門医療人を育成する「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」

を実施しています。腫瘍センターはがん薬物療法の実施と開発に臨床及び研究面で活躍する人材の養成に向け

て、学内各部門および他大学・病院より医師・医療スタッフ・大学院生・学部学生を受け入れて教育・研修・

研究指導を行っており、臨床・研究両面で、地域のがん医療に長期にわたり貢献できる専門医および医療スタッ

フを育成しています。

がん拠点病院活動

 地域がん診療連携拠点病院、滋賀県がん診療連携協議会構成病院、滋賀県がん診療連携拠点病院・がん診療

高度中核拠点病院として、がん登録実施、地域への最新のがん医療情報の提供とがん診療連携クリニカルパス

の運用、セカンドオピニオンの提供、がんサロンの運営支援、医療従事者及び市民向けの各種教育講座、研修

会の開催等を行い、地域がん医療における人材育成と均てん化、高度医療の普及に関わる活動を行っています。

132

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内

腫 瘍 セ ン タ ー