Table of Contents Table of Contents
Previous Page  137 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 137 / 156 Next Page
Page Background

検査部

検査部

診療・業務内容

〈基本方針〉

 臨床検査は近年の医学の発達とともに長足の進歩と変化を遂げており、病

気の診断、治療方針の決定及び経過観察などを行う上で重要な指標となって

います。検査部門において最も大切なことは、「安全、正確、迅速な検査」を

基本理念として、「正確」な検査結果を「迅速」に提供することです。現在、

病理部や輸血部と合同で運営を行い、医師・臨床検査技師のスタッフで臨床

検査業務(検体検査及び生理機能検査)に携わっています。

 また、質の高い技術や知識を持った認定資格取得技師によって大学病院として教育・研究支援を行い、地域

基幹病院の最終医療機関として地域医療にも積極的に貢献しています。

 検査部では、診療科独自の特殊検査を除き、外来および入院患者さんの検査全般を受け持っています。教授

以下の医師スタッフは、特に病理組織診および細胞診について精通しているこ

とから、検査のみならず、臨床医の要望に応じてコンサルテーションにも随時

対応しています。

 また、緊急検体検査、救急外来患者に関する輸血検査(血液型検査および交

差適合試験)についても、24時間対応で診療支援を行っています。

〈検体検査〉

 検査部では患者サービスの一環として、診察カードを専用の受付機を通すだけで採血・採尿が一括受付でき

るように検査自動受付システムを導入しています。そのことで検体検査においては検査受付から採血および検

査までの流れが簡略化され、患者さんの負担も大幅に軽減されました。

•血液・化学・免疫血清検査:

 血液検体は大部分を自動分析装置で測定していますが、それらの検査機器も飛躍的に発展しており、コ

ンピューターの進歩とともにシステム化も進んでいます。当院でも検査の迅速化や効率化を目的として検

査機器を自動的に繋いだ検体検査搬送システムを導入しています。

•形態検査:

 血液検査では特殊な疾患を中心として血液標本を顕微鏡で観察し、貧血や血液疾患などの情報を検査結

果として報告しています。また、病理検査室では病理標本の作製や細胞診検査を主に行っており、病理診

断科と共同で形態検査手法を用いた診断業務に努めています。

 •微生物検査:

 患者さんから採取された材料(尿、喀痰、便など)を用いて、顕微鏡検査、培養検査、免疫検査や遺伝

子検査などを駆使して、感染症の原因となっている細菌を明らかにし、治療に有効な薬剤を調べています。

検査の結果は、患者さんの今後の治療方針に役立てるとともに、院内感染を防止するために迅速に報告し

ています。

 すべての検査情報は、医療情報システムで患者情報として一元管理しています。また、感染制御チーム(ICT)

および栄養管理サポートチーム(NST)などのチーム医療にも積極的に参画しています。

134

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内