Table of Contents Table of Contents
Previous Page  143 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 143 / 156 Next Page
Page Background

放射線部

リハビリテーション部

診療・業務内容

〈基本方針〉

 リハビリテーション部は滋賀県内唯一の大学病院および特定機能病院として、高機能医療に対応した先進的

なサービスを提供することを目標にしています。基本方針として全人間的復権を理念に、安全に「患者さんの

できることを見出し、見守り、見届ける」ことを掲げています。

 治療上の原則として、リハビリテーション科医師とセラピストの協議により治療方針を決定します。また、

リハビリテーション部内のみならず、依頼を受けた診療科との連携を図りながら診療を進めます。非常に幅広

い種類の疾患を対象としています。

 急性期の治療における各診療科からのリハビリテーションニーズは日々高まっており、より早期からの対応

が必須となっています。リハビリテーション部ではこれらの期待にお応えできるようスタッフ一同一丸となり、

日々全力で頑張っています。

〈主な対象疾患〉

・整形外科疾患の理学療法・作業療法

・脳血管障害、神経筋疾患の理学療法・作業療法・言語聴覚療法

・心臓外科術後、心不全等の循環器疾患の運動療法

・がんなどの治療・手術に伴う廃用症候群に対する理学療法、作業療法

・あらゆる疾患により生じる摂食嚥下障害に対する摂食嚥下機能療法

・精神科疾患による廃用症候群の運動療法と精神的アプローチ

・呼吸器疾患の理学療法

・糖尿病・肥満に対する運動療法

・リンパ浮腫に対する複合的理学療

・ICU、NICUにおける理学療法

〈理学療法部門〉

 検査、測定に基づき、疾病に起因する筋力、関節可動域、起き上がりや立ち上がりな

どの基本動作能力、歩行能力、運動耐容能等の機能低下に対して、運動療法を中心とし

たアプローチで改善を図っていきます。また術後あるいは発症早期の対応として、病状

や呼吸機能、循環動態をチェックしながら早期離床に向けたアプローチを行います。

〈作業療法部門〉

 上肢を中心にした運動機能障害、種々の疾患に由来した日常生活動作障害、脳血

管障害等に起因する高次脳機能障害に対して、必要な運動・認知機能訓練、日常生

活動作や家事訓練、復職に向けた職業前訓練などを行います。精神面やQOL(生活

の質)に十分配慮しながらゴール設定や治療プログラムを立案します。

〈言語聴覚療法部門〉

 脳血管障害を中心とした失語症、構音障害に対し言語療法を行います。また、脳

血管障害や廃用症候群等に起因する摂食嚥下機能低下に対して摂食嚥下機能療法を

行います。その他耳鼻科において聴力検査等の検査業務にも従事しています。

〈心臓リハビリテーション部門〉

 心臓リハビリテーションでは、エルゴメーター(負荷をかけてトレーニングを行う

器具)を用いて自転車こぎ、トレッドミル等を用いて歩行訓練を中心に行っています。

評価では心肺運動負荷試験を積極的に実施し、患者さんの症状、運動耐容能に応じた

適切な運動負荷量を決定しています。ここでは心臓の疾患だけでなく、呼吸器、糖尿病、

肥満等幅広い疾患について、適切な運動処方と運動療法を実施しています。

140

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内

リハビリテーション部