Table of Contents Table of Contents
Previous Page  149 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 149 / 156 Next Page
Page Background

薬剤部

薬剤部

診療・業務内容

 病気の治療や予防、健康の維持などのために、薬は私たちの生活に欠かせないものになっています。そのため、

例えば、飲み薬だった薬が貼り薬になったり、1日3回服用しなければならなかった薬が、1日1回の服用で

よくなったりと、様々な工夫が施されてきました。一方、薬は、「両刃の剣」と呼ばれるように、用い方によっ

ては薬にも毒にもなります。薬の使い方が便利になったからといって、副作用が全くなくなった訳ではありま

せん。

〈くすりの専門家として、心ある良質な医療を提供する〉

 薬剤部では、「くすりの専門家として、心ある良質な医療を提供する」を理念とし、本院で取り扱う全ての

医薬品について全責任を持ち、専門知識を生かした質の高い医療の実現を目指しています。例えば、全病棟に

病棟担当薬剤師を配置し、患者さんが入院時に持ってこられたお薬、いわゆる持参薬のチェックを行い、安全

管理の徹底に努めています。また、抗がん剤、高カロリー輸液等の混合、あるいは薬物血中濃度の測定を通し

て、質の高い薬物治療への支援にも注力しています。さらに、緩和ケアチーム、感染対策チーム、栄養サポー

トチームなどの多職種からなる医療チームに参画し、薬の専門家としてチーム医療の実践に寄与しています。

〈薬学的ケアの実践〉

 私たち薬剤師は、様々な薬剤業務を通して、医療過誤のない安全・安心な医療の提供に努めています。これ

からも、医師や看護師とは異なる観点、すなわち薬学的ケアの実践を通して、患者さんの揺れる心に寄り添え

るように、日々努力を続けていきたいと思います。

最近の話題

〈病棟薬剤業務〉

 病棟薬剤業務として、各病棟に2~3名の薬剤師が所属し、患者さんや医療スタッフに対して、薬物治療に

必要な情報をお伝えしています。またICU(集中治療室)やNICU(新生児集中治療室)などのハイケアユニッ

トにおいても、患者さんの薬物治療を支援できるよう注力しています。

〈院外処方箋への検査値表示〉

 平成27年5月より、本院から患者さんへお薬の院外処方箋を発行した場合、処方箋の右側に患者さんの検

査値が記載されるようになりました。お薬は身体の状態によって副作用が現れやすくなることがありますし、

検査値からお薬の効き目がわかる場合もあります。そのため、かかりつけ薬局の薬剤師がお薬の内容と検査値

を照らし合わせて、患者さんの身体状態を把握し、改めて有効性・安全性を確認することができます。

 この取り組みが実りあるものとなるよう、本院で薬局薬剤師との勉強会を開催したり、臨床薬剤業務の実地

研修を受けていただいたりして、病院・薬局間の連携を深めています。

病棟スタッフへの情報提供:

薬剤の適正使用をサポートして

います。

抗がん剤のミキシング:

測り取った量が正しいかダブル

チェックしています。

146

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内