Table of Contents Table of Contents
Previous Page  21 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 21 / 156 Next Page
Page Background

診療・業務内容

セカンドオピニオン外来の目的

 本院以外の医療機関の診療を受けている方を対象に、「他の医師の意見も

聞き納得して治療を受けたい。」というご要望に応え、現在の主治医から与

えられた診断・治療の資料から、今後の治療に関する意見を提供し、参考

にしていただくことを目的とします。

セカンドオピニオンの対象者

 原則、患者さん本人とします。ただし、同意書があれば家族の方も可能です。

なお、対象者が未成年の場合には、続柄を確認できる書類(健康保険証等)が併せて必要となります。

相談内容

 診察ではないので、検査や治療行為(薬剤投与、処置)は行いません。

 なお、セカンドオピニオン終了後は、ご紹介元の主治医に送付する報告書をもとに、今後の治療方針につ

いて決定していただきます。また、セカンドオピニオンは、今後行う治療についての意見や判断の提供です

ので、今まで行った治療に対するものは相談の対象ではありません。

 相談内容の例示は以下のとおりです。

  ・外科的治療法と内科的治療法で迷われているとき

  ・現在の治療法に不安を感じるとき

  ・大きな外科的手術を受けるように勧められているとき

  ・その他

相談内容としてお受けできない事項

  ・過去の医療に関する事項で主治医等に対する不満、転医希望等

  ・医療訴訟の問題等、直接の治療以外に関するもの

  ・医療費の内容、医療給付に関わること

料金及び相談時間など

  ・自由診療です(健康保険は使用できませんのでご注意ください)。

  ・1回につき32,400円です。

  ・相談時間は、原則として30分以上60分以内で、完全予約制です。

  ・相談担当医当該疾患の専門知識を有する医師が相談をお受けしますが、対応できる専門医が本院に不

在の場合、お受けできないこともあります。

その他

  ・相談内容によってセカンドオピニオン外来よりも一般外来の受診をお勧めする場合があります。

   また、治療方針についての相談が該当科にそぐわない場合は、依頼をお断りすることがあります。

  ・料金はセカンドオピニオン外来終了後にお支払いいただきます。なお、お問い合わせ、ご予約には料

金はかかりません。

セカンドオピニオン外来

医療訴訟

医 療 費

20

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内