Table of Contents Table of Contents
Previous Page  33 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 33 / 156 Next Page
Page Background

消化器内科

消化器内科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 消化器内科は胃や大腸などの消化管だけでなく、肝臓や膵臓など複数の臓器の病気を診療する内科です。

一般的な消化器診療から専門分野に至るまで幅広い疾患に対応出来るよう研鑽に努めております。

 診療科長以下、スタッフ・医員が一丸となって出来るだけ早く正確な診断を行い、そして適切な治療が行

えるように日々の診療を行っております。多面的なアプローチから患者さんとともに問題解決を行って参り

ます。

 また、地域の医療機関の医師と連携(病病連携・病診連携)することで効率的な診療体制の強化を図って

おります。

診療内容・専門分野

〈炎症性腸疾患センター〉

 当科の特徴として、まず潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患(IBD)診療があります。

本院はIBDの滋賀県の難病医療拠点病院であり、平成17年には栄養治療部・消化器外科等関連診療科・部と

集約的に連携して「炎症性腸疾患(IBD)センター」を創設し、滋賀県のIBD診療の拠点としての役割を果

たすとともに、その体制のさらなる充実を図っています。

 外来では火曜から金曜までの午後にIBD外来を開設し、常に専門医が紹介・セカンドオピニオンへの対応

ができる体制を敷いています。

 また、厚労省難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する研究班」に属し、診療ガイドライ

ンの策定、新たな治療法の開発、病因・病態解明に取り組むとともに、臨床治験や医師主導臨床試験を積極

的に実施しています。

 現在、

Clostridium difficle

関連疾患への糞便移植を本院で実施しております。

〈ヘリコバクターピロリ診療〉

 2013年2月に公知申請によりピロリ菌の感染が確認された方は2回まで保険診療で除菌治療を行うことが

認可されました。ピロリ菌は消化性潰瘍や胃がんの最大の原因であり、除菌治療を積極的に行うことにより、

発症の予防を行うことが重要と考えられています。当科では、通常の除菌治療に加え、保険診療内の2回の除

菌治療で除菌できなかった方や、ペニシリンアレルギーの方など、保険診療外の除菌治療も自費診療となり

ますが、対応しています。

〈消化管内視鏡診療〉

 消化器診療で大きな部分を占める消化管内視鏡診療(検査・治療)の件数は年々増加の一途をたどってお

り、現在、年間約7,000件の内視鏡を用いた診断・治療を光学医療診療部において行っています。

 特に、早期消化管癌に対する内視鏡治療を積極的に推進しています。早期食道癌や早期胃癌(腺腫を含む)

に対する内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)をこれまでに多数(平成27年度;胃癌75例、食道癌13例、

大腸腫瘍40例)実施しており、安全かつ良好な治療成績を積み上げてきています。

・糞便移植とは?

 抗菌剤の使用などを誘因に腸内の細菌叢のバランスが壊れ、それにより引き起こされる腸炎(偽膜性腸

炎などの

Clostridium difficile

関連腸炎)に対して糞便移植が著効することは既に明らかとなっています。

 炎症性腸疾患に対する効果は不明ですが、糞便移植による治療効果が期待されています。

32

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内