Table of Contents Table of Contents
Previous Page  40 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 40 / 156 Next Page
Page Background

糖尿病内分泌内科

糖尿病内分泌内科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 現在、ライフスタイルの欧米化に伴い、糖尿病890万人、高血圧3,100万人、脂質異常症(高脂血症)3,000

万人など生活習慣病が急増しております。

 当科は、「生活習慣病センター」の1部門として、糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満症の患者さんを診療

し、心筋梗塞、脳卒中、末梢循環障害などの動脈硬化性疾患の発症予防、また、糖尿病網膜症や糖尿病腎症

などの糖尿病性合併症の予防のための診療を行っています。

診療内容・専門分野

•Ⅰ型糖尿病を含めコントロール困難な糖尿病患者の管理(インスリンポンプ含む)

•糖尿病患者さんの合併症精査

•持続血糖モニター(CGM)を用いた血糖管理

•内分泌疾患の診断、治療

〈外来について〉

 糖尿病合併症や早期動脈硬化症の評価のための糖尿病経過外来を行っています。内分泌代謝性疾患として

は、甲状腺疾患、内分泌性高血圧症(原発性アルドステロン症など)、下垂体疾患、副腎疾患、肥満症、高血

圧症、高尿酸血症などの診療を行っています。

 その他、生活習慣病センター外来では、禁煙外来や生活習慣介入外来などの専門外来で食事や運動など生

活習慣改善の具体的方法の指導を行っています。

〈入院について〉

•糖尿病1週間入院

 病診連携の推進をはかるため、直接電話で入院日が決まる糖尿病1週間入院(水曜日入院、翌週水曜日

退院)を行っており、糖尿病患者さんのインスリン導入、合併症精査、食事指導などの教育を行っていま

す(お近くの開業医の先生より直接病棟に予約いただけます。TEL.077-548-2386)。

•通常入院

 重症糖尿病患者さんの血糖管理とともに心血管、脳血管、末梢循環障害の精密検査にて血管合併症の集

学的管理を行っています。地域から重篤な糖尿病患者さんをお引き受けし、病態に関して専門的に評価し、

治療方法などを提案し、わかりやすい統一したレポートとして結果報告をさせていただいています。

•短期インスリン導入入院

 平日3日間コース、土日4日間コースをご用意しています。

臨床研究

〈医師主導臨床研究〉

 糖尿病や糖尿病合併症について、これまで多くの研究から予防方法や治療方針が分かってきています。

また、近年の医学の進歩により新しい薬剤が次々と開発され、患者様の選択肢は拡大しています。しかし

・持続血糖モニター(CGM)とは?

 24時間連続して血糖値を計れる装置で、お腹に細いセンサー(針)を刺し血糖値を5分毎にモニター

します。

39

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内