Table of Contents Table of Contents
Previous Page  45 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 45 / 156 Next Page
Page Background

神経内科

神経内科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 神経内科は、脳卒中に代表される救急疾患から、原因や治療法がいまだ確定・確立していない、いわゆる

難病まで、脳神経系の疾患(精神疾患を除く)の診断と治療に携わる診療科です。

 診断・治療ともに困難であったこの分野でも近年目覚しい進歩があり、診断可能な、あるいは治療可能な

疾患が増えてきています。また、社会の高齢化とともに、脳卒中・パーキンソン病・認知症が増え、神経内

科に対する社会的ニーズも高まっています。これらの疾患に対して、早期診断・早期治療が欠かせません。

 高度な診断・治療技術だけではなく、患者さんお一人お一人のニーズに対するよりきめ細かな対応がで

きるよう、各地域の中核病院・診療所・医院の先生方、在宅介護において主導的な立場であるケアマネー

ジャー・訪問看護師・理学療法士・ヘルパーの方々とも症例検討会をもちながら、相補的な診療を行ってい

ます。診療時間内の救急対応についても、外来診療担当医とは別に人員を配備しておりますので、急患への

対応も速やかです。

 急性期を乗り切り、リハビリテーションが必要な患者さんには理学療法や作業療法・言語療法を早期から

導入し、関連病院の回復期病棟をご紹介しています。また、他の疾患に関しても、リハビリテーション科に

神経内科専門医を配置することにより、最適なリハビリテーションを提供できるよう体制を整えています。

診療内容・専門分野

•脳血管障害(脳梗塞・脳出血など)

•神経免疫疾患(重症筋無力症・ギランバレー症候群・多発性硬化症など)

•ボツリヌス治療対象疾患(顔面痙攣・眼瞼攣縮・痙性斜頸・ジストニアなど)

•痙性対麻痺(けいせいついまひ)

•神経難病(パーキンソン病、ALSなどの運動ニューロン障害、脊髄小脳変性症など)

•てんかん

•末梢神経障害(免疫性神経障害、糖尿病性神経障害など)

•筋疾患(筋炎・筋ジストロフィーなど)

•頭痛・めまい・ふらつき・しびれ等の初期診断

〈脳血管障害〉

 脳血管の動脈解離が最近話題になっていますが、当科でも動脈解離と診断される症例が従来よりも増えて

います。疾患が増加したということではなく、MRI・MRA検査による診断能力が向上した結果であろうと考

えられます。

 動脈解離は脳梗塞も起こしますが、何といってもくも膜下出血の原因になりますので、診断は重要です。

慢性頭痛や時折のめまいといった、日常診療でよく遭遇する患者さんの中に、「かくれ動脈解離」が潜んでい

る可能性があります。検査を受けておられない患者さんにはMR検査をお勧めします。

 また、急を要する脳血管障害の患者さんについては、超急性期で血栓溶解の適応のある患者さんに線溶療

法が実施できるように、脳神経外科および救急集中治療医学講座と連携できる体制を整えております。

〈神経免疫疾患(重症筋無力症・ギランバレー症候群・多発性硬化症など)〉

 神経免疫疾患に対する治療として、ガンマグロブリン大量療法、血漿交換、インターフェロン自己注射導

入などを行っています。

 昨年、当科は京滋の単一施設としては重症筋無力症の特定疾患申請数で最多となりました。また、クリー

44

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内