Table of Contents Table of Contents
Previous Page  57 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 57 / 156 Next Page
Page Background

皮膚科

皮膚科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 当科は、地域の基幹病院となりうる総合病院の一部門としての性格を意識した運営を行っています。すな

わち、医学的な観点から「皮膚科学」の分野を網羅的にカバーできることを第一の目標としています。これ

により、地域のさまざまな病院、診療所などからの、診断依頼や治療依頼に応えることができると考えてい

ます。「標準治療の提供」が第一の運営目標です。

 このような運営を行う中で、現在勤務しているスタッフの、疾病に対する関心度の濃淡に応じて、それぞ

れがサブスペシャリティーを持つように考えています。サブスペシャリティーは、専門外来として掲げるよ

うにしており、専門外来担当医は、一歩踏み込んだ診断と治療ができることを目的としています。

 病院の持つ「地域の分業体制」から考えて、紹介状をお持ちの患者さんの診察が優先されます。紹介状を持っ

て受診される方は、診療所や病院では検査や治療が難しい方、つまり入院の適応になる方が多く含まれている

ことを知っているからです。地域の病院機能の持つ役割分担から考えて、逆紹介を積極的に行っています。

〈外来について〉

 外来は月曜日から金曜日まで毎日3ないし4診を開設しています。紹介状をお持ちの新来患者さんはでき

る限り、教授・准教授・講師が診察し、診断・治療方針が決まり次第、各曜日の担当医が診療を継続します。

 各患者さんの臨床経過を的確に把握できるように、外来主治医制をとっています。若い医師に対しては、

経験の深い専門医が補佐できる体制をとっています。

 診察室は独立性を高めてあり、プライバシーの保護に配慮しています。さらに診察室内にカーテンルームを設け、

患者さんのプライバシー保護に配慮しています。診断や治療方針の決定は、診断・治療に検討が必要な症例では

臨床像を外来にて記録し、併せて病理組織検査を行い、医局員全員が参加する症例検討会において、より深い検

討を行います。待ち時間はどうしても長くなりますが、その分、丁重に診ているとご理解いただくと幸甚です。

診療内容・専門分野

•湿疹群、アトピー性皮膚炎、じんましん

•角化症と炎症性角化症、特に魚鱗癬と乾癬

•水疱症、膿疱症、特に水疱症(診断精度を高めるように工夫しています)

•腫瘍性疾患(腫瘍、母斑を含みます)、皮膚外科を必要とする疾患群、ならびに皮膚悪性リンパ腫

•いわゆる膠原病全身性の膠原病と膠原病類縁疾患としての皮膚の膠原病類症

•医療美容皮膚科 ケミカルピーリング、レーザー治療など

〈湿疹、接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎、じんましん〉

 パッチテスト(貼付試験)・光パッチテスト(光貼付試験)やプリックテスト(単穿刺試験)などをおこな

い、「カブレの原因」や、「外因性のじんましん」の原因物質をさがす検査をしています。重症の湿疹やアトピー

性皮膚炎では約2週間の入院加療を原則として行っています。

〈光線療法と乾癬(かんせん)〉

 光線療法は皮膚科に独特の治療法です。尋常性乾癬などに用いて、よい効果を得ています。生物学的製剤は、

施設認可と個人認可の両方が揃っている施設でのみ認められていますが、当科は、その両者の認可を取得し

ており、生物学的製剤による治療が可能です。

・生物学的製剤とは?

 最新のバイオテクノロジー技術を駆使して開発された新しい薬で、生物が産生した蛋白質を利用して

作られています。

56

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内