Table of Contents Table of Contents
Previous Page  60 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 60 / 156 Next Page
Page Background

消化器外科

消化器外科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 消化器外科は上部消化管、下部消化管、肝胆膵外科の3部門からなり、専門性の高い

治療を行うことができます。一部の疾患については一般外科と共同で診療をおこなっ

ています。診察は、月曜から金曜まで、外来担当医表のとおり毎日行っています。

部  門

対  象

上部消化管部門 食道、胃、十二指腸、脾臓の疾患の他、病的肥満症に対する外科手術治療を担当しています。

下部消化管部門 小腸、大腸、腹膜炎及び炎症性腸疾患手術治療を担当しています。

肝胆膵外科部門 肝臓、胆道、膵臓、脾臓(門脈圧亢進症)の疾患に対する外科手術治療を行っています。

 手術方針は、多数の専門医が集まり、総合的な見知で決定しています。さらに消化器内科医・放射線科医

および病理医との合同の検討会もおこなっています。

診療内容・専門分野

〈食道疾患〉

 食道癌の外科的切除は頚部 胸部 腹部の多領域にわたる侵襲の大きい手術です。腹腔鏡や胸腔鏡を利用し

た手術方法の改良と周術期管理の工夫により、治療成績が向上し、合併症が減少しています。また、一部の

早期食道癌には内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を行っています。切除不能な例に対しては、化学放射

線治療をおこない、切除可能となった場合には、サルベージ手術(救済手術)も積極的に行っています。その他、

食道粘膜下腫瘍、突発性食道破裂、食道アカラシア、食道裂孔ヘルニアなどの手術を行っています。

〈胃十二指腸疾患〉

 胃癌はかつて日本の癌死亡の1位でしたが次第に早期癌がふえるようになってきました。胃癌の切除例の

約半数を占める早期胃癌や粘膜下腫瘍に対しては、腹腔鏡下切除術を行っています。胃癌は癌のひろがって

いる範囲を特定するのが難しい症例が多く、消化器内科・放射線科との合同カンファレンスで正確な診断を

行っています。その中で術後は病理とのカンファレンスを行い、術後の治療方針を決定するようにしています。

〈病的肥満症〉

 内科・精神科・麻酔科・集中治療部など多くの診療科と、NSTや心理療法士、各種専門看護師からなるチー

ムを編成し、肥満症治療の一環として行っています。減量効果のみならず、メタボリック症候群に対して、

保険診療として、腹腔鏡下スリーブ状胃切除を、また、さらに効果の高い腹腔鏡下スリーブ・バイパス手術

にも取り組んでいます。

〈大腸疾患〉

 初発結腸・直腸癌の切除例は年間100例に及び、ほとんどの症例は腹腔鏡下手術を行っています。下部直

腸では、肛門括約筋温存手術である内肛門括約筋切除術・結腸肛門吻合により、極めて肛門に近い腫瘍につ

いても自然肛門を残す手術が可能となっています。

 2014年6月より直腸癌に対して、ロボット支援腹腔鏡下大腸切除術【保険適用外】を導入しました。現在、

倫理委員会承認のもと、臨床試験としてロボット手術を行っています。

59

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内