Table of Contents Table of Contents
Previous Page  72 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 72 / 156 Next Page
Page Background

呼吸器外科

呼吸器外科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 呼吸器外科は、呼吸に携わる肺疾患だけでなく、胸部に起こる疾患

全般(肺癌をはじめとする肺・胸壁・縦隔腫瘍、気胸などの囊胞性疾

患、気道狭窄、胸部外傷、手掌多汗症、漏斗胸など)を対象に、診断

から手術療法まで行っています。常に最新・最良の医療を提供できる

環境を整えるよう努めており、病状にあわせた様々な治療の選択が可

能です。

 当科では、低侵襲である胸腔鏡下手術から合併切除を伴う拡大手術まで、幅広い手術術式を行っています。

特に肺癌の診療では、集学的治療として化学療法(抗癌剤)や放射線療法の併用など、積極的な治療方法で

対応しております。

 健康診断や検査で胸部に異常を指摘された方は、精密検査による確定診断から治療方針の決定まで、いつ

でもご相談を承ります。

診療内容・専門分野

〈肺癌〉

 肺癌は現在も増加傾向にあり、本邦の悪性腫瘍による死因の内、男性は第1位、女性は第2位を占めてい

ます。当科は肺癌の克服(根治)を目指し、県内でもトップクラスの呼吸器外科手術症例数を有する施設と

して、肺癌に対する治療に取り組んでおります。

 早期肺癌の患者さんには、ほぼ全例で低侵襲な胸腔鏡下手術を行っています。近年、小型肺癌に対しては、

肺機能の温存を目的とした積極的縮小手術が行われるようになってきており、当科では根治性にも考慮した

胸腔鏡下肺区域切除術にも取り組んでいます。また、進行肺癌に対して、手術切除が可能となるよう薬物療

法(抗癌剤)と放射線療法を併用し、さらに他科との協力のもと、根治性を高めた拡大手術も行っています。

気道狭窄を合併した局所進行肺癌に対して、気道の確保を目的とした気管支鏡下での腫瘍切除およびステン

ト留置などの対症療法も積極的に行っております。

 肺癌治療は、手術療法のみでなく抗癌剤治療や放射線治療も絶対に欠かせません。当科では、肺癌診療に

携わる全ての診療科を有する大学病院の利点を生かし、呼吸器内科や腫瘍内科、放射線科などと緊密な連携

のもと、一貫した様々な治療が可能となっています(施設によっては手術は可能でも、その後、必要となる

放射線療法や追加治療などが行えない場合があります)。尚、治療についてお悩みの方は、セカンドオピニオ

ンも行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

〈転移性肺腫瘍〉

 胸腔鏡手術での切除を基本としていますが、両側や多発症例など患者さんのご病状にあわせて手術選択を

しています。肺転移巣の切除率を高めるべく、様々な手術術式で対応しています。

・胸腔鏡下手術とは?

 胸腔鏡という細いカメラを胸腔内に入れ、テレビモニターに映し出された画面を見ながら手術を行う

方法です。

 開胸手術のように大きく胸を切開したり肋骨を切ったりしないので、傷が小さく(4㎝程度)痛みも

少なくてすみます。

71

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内