Table of Contents Table of Contents
Previous Page  79 / 156 Next Page
Information
Show Menu
Previous Page 79 / 156 Next Page
Page Background

脳神経外科

脳神経外科

診療・業務内容

〈診療方針〉

 1979年に開設以来37年間に延べ10,000名を超える入院患者さんの治療にあ

たってきました。その内訳は約1/3が脳血管障害、1/3が脳腫瘍で、脊髄脊椎疾

患や小児先天奇形、機能的疾患、外傷の治療にも成果をあげています。それぞ

れの疾患別に専門のスタッフがおり、高度な診断治療が可能です。

 当科では24時間救急に対応しております。脳卒中が強く疑われる場合や緊急

手術を要する場合は下記にご連絡ください。

  •077-548-3543 (脳神経外科病棟:昼間 病棟医長、夜間 当直医)

  •077-548-2588 (脳神経センター:9-12時 外来医長、病棟医長、診療科長)

  •090-7871-8739(上記で連絡がとれない場合)

 患者さんの機能予後を重視し、脳機能イメージング、術中電気生理学モニタ

リング、ナビゲーションシステム、覚醒下手術、内視鏡下手術など、最新の設備・

機器・技術を駆使しながら、安全性の高い外科治療を心がけています。また1

つの治療法にこだわらず,各患者さんに応じた適切な医療、他科との共同による

集学的医療を提供しています。

 通常の疾患はもちろんのこと、治療困難な脳動脈瘤、脳血管奇形、深部・頭蓋底脳腫瘍、複合治療を要す

る悪性脳腫瘍など、すべての疾患に対応しています。

〈対象疾患〉

•脳腫瘍

 神経膠腫、髄膜腫、聴神経腫瘍、頭蓋底腫瘍、松果体部腫瘍、下垂体腫瘍など

•脳血管障害

 脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頚動脈狭窄・閉塞、硬膜動静脈瘻、脳出血、脳梗塞など

•脊椎脊髄疾患

脊髄腫瘍、脊髄血管奇形、脊髄空洞症、変形性頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰椎椎間板

ヘルニア、脊椎管狭窄症など

•機能疾患

 三叉神経痛、顔面痙攣、痙性対麻痺など

•先天奇形

 水頭症、髄膜瘤、頭蓋早期癒合症、キアリ奇形など

〈専門外来〉

脊椎・脊髄、小児脳神経外科

 手足のしびれや運動障害の原因として脊髄の疾患も少なくありません。セカンドオピニオンを含めて気

軽に受診してください。小児水頭症、脊髄破裂などの専門外来も行っています。

血管内治療外来

 頭頚部領域における血管内治療は日々発達しており、脳動脈瘤、頚部頚動脈狭窄症、硬膜動静脈奇形、

脳腫瘍や脳動静脈奇形の術前塞栓術などを行っています。

間脳・下垂体

 間脳・下垂体病変、ホルモン分泌異常の専門外来です。視力視野障害、乳汁漏出症、月経不順、尿崩症

などの症状がある場合、下垂体腺腫をはじめとする腫瘍性病変などが疑われます。手術や放射線療法、化

78

滋賀医科大学医学部附属病院診療案内