• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

消化器外科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 消化器外科は上部消化管外科、下部消化管外科、肝胆膵外科の3部門による専門診療を行っています。また、一般外科や他の診療科と共同で診療をおこなっています。診察は、月曜から金曜まで、外来担当医表のとおり毎日行っています。

診療方針
部門 対象

上部消化管部門

食道、胃、十二指腸、脾臓の疾患の他、病的肥満症に対する外科手術治療を担当しています。

下部消化管部門

小腸、大腸、腹膜炎及び炎症性腸疾患手術治療を担当しています。
肝胆膵外科部門 肝臓、胆道、膵臓、脾臓(門脈圧亢進症)の疾患に対する外科手術治療を行っています。

 手術方針は、多数の専門医が集まる診療科検討会で決まります。さらに消化器内科医・放射線科医および病理医との合同の検討会もおこなっており、どの診療科を受診しても同じ治療方針です。
年間手術件数は約700例以上に及んでいます。

診療内容・専門分野

食道疾患

 食道癌の外科的切除は年間10数例をこえ、腹腔鏡や胸腔鏡を利用した手術方法の改良と周術期管理の工夫により、治療成績が向上し、合併症が減少しています。また、一部の早期食道癌には内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を行っています。切除不能な例に対しては、化学放射線治療をおこない、切除可能となれば、サルベージ手術(救済手術)も積極的に行っています。その他、食道粘膜下腫瘍、突発性食道破裂、食道アカラシア、食道裂孔ヘルニアなどの手術を行っています。

胃十二指腸疾患

 胃癌の切除例は年間80例をこえ、そのうち約半数を占める早期胃癌や粘膜下腫瘍に対しては、腹腔鏡下切除術を行っています。また、進行癌には手術だけでなく抗がん薬治療が重要となります。

病的肥満症

 減量効果のみならず、メタボリック症候群に対して、著明な改善効果をもつ腹腔鏡下スリーブ状胃切除を保険診療として行っています。本治療は、内科・精神科・麻酔科・集中治療部など多くの診療科と、NSTや心理療法士、各種専門看護師からなるチームを編成し、肥満症治療の一環として行っています。

腹腔鏡下スリーブ状胃切除とは?

腹腔鏡下スリーブ状胃切除とは?

 病的肥満症の患者さんに対して、腹腔鏡を使って胃を一部切除し、細長いチューブ(袖)状にします。開腹手術と比べて体への負担が小さくて済みます。

 減量効果はもちろんのこと、糖尿病などのメタボリック症候群に対する改善効果もみられます。

大腸疾患

 初発結腸・直腸癌の切除では約95%は腹腔鏡下手術を行っています。下部直腸では、肛門括約筋温存手術である内肛門括約筋切除術・結腸肛門吻合により、極めて肛門に近い腫瘍についても自然肛門を残す手術が可能となっています。
高度進行大腸癌、肝転移や再発症例については、抗がん薬を併用することで根治をめざした治療を行っています。潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性疾患などの良性疾患の手術も腹腔鏡下手術を導入しています。

2014年6月より直腸癌に対して、ロボット支援腹腔鏡下大腸切除術【保険適用外】を導入しました。(倫理審査委員会承認)

肝、胆、膵疾患

 当院は日本肝胆膵外科学会高度技能医修練施設に認定されており、肝胆膵領域においても特に専門性の高い高難度手術を中心におこなっています。

  • 肝がんに対する拡大肝葉切除、肝葉切除
  • 胆道癌(胆管癌・胆嚢癌)に対する拡大肝葉切除
  • 血管合併切除を伴う肝切除術
  • 肝切除を伴う膵頭十二指腸切除術
  • 膵癌に対する亜全胃温存膵頭十二指腸切除術
  • 血管合併切除を伴う膵切除・膵頭十二指腸切除術・膵体尾部切除術
診療方針

 胆のう結石についてはほとんどの方に腹腔鏡下手術としています。クリニカルパスを用い、手術後は3日程度で退院していただくことが可能です。

肝腫瘍

 原発性肝癌、転移性肝癌に対し、肝切除、腹腔鏡下肝切除、MRガイド下マイクロ波凝固療法を行っています。

膵がん・肝道がん

 膵頭部癌、胆管癌、十二指腸乳頭部癌に対して胃を温存する亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を実施しています。その他、腹腔鏡補助下肝切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、膵良性腫瘍低悪性精度腫瘍に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術、慢性膵炎に対する膵管空腸吻合術(Partington手術、Frey手術)、重症急性膵炎に対するドレナージ術などを行っています。

小児疾患

 小児外科専門医が、新生児疾患や悪性腫瘍をはじめ、多くの小児外科手術をおこなっています。鼠径(そけい)ヘルニアに対して短期入院による手術を行っています。

ナビゲーション外科

ナビゲーション外科

  • オープンMR装置による画像誘導下手術(IVMR)我が国初の開放型MR装置が最先端の診断治療装置として導入され、術中に治療効果の判定が可能になってきました。肝腫瘍、腹腔内腫瘍、骨盤内腫瘍に対して、MR画像誘導下手術を導入しています。
  • 術中リアルタイムMRIナビゲーションシステム小さな肝腫瘍に対しては、術中リアルタイムにMRIによる画像検査を行いながら正確な穿刺とマイクロ波による凝固療法を行う手術を行っています。これは、開腹での肝切除術に比べて低侵襲であり、肝細胞癌での5年生存率は他施設に比べ20%上回る成績となっています。
内視鏡外科
内視鏡外科

 手術室には、高画質4画面モニターを備えた、内視鏡外科手術室を完備しています。当科では、以下のような内視鏡外科手術を積極的に取り入れています。

  • 胃全摘術を含む胃切除術
  • 大腸切除術
  • 胆嚢摘出術
  • 臓摘出術
  • 小腸切除術
  • 腹腔鏡補助下肝切除術
  • 膵良性腫瘍低悪性精度腫瘍に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術
  • イレウス(癒着性腸閉塞)解除術など
  • そけいヘルニア

主な検査・医療設備

家族性腫瘍関連遺伝子検査(リンチ症候群)について

 大腸がんのなかに、遺伝性に発症するリンチ症候群(HNPCC、遺伝性非ポリポーシス大腸がん)と呼ばれるものがあります。リンチ症候群は大腸がんだけでなく、その他のがんを発症するリスクが高いことが知られています。

 当院では、検査の内容、結果をよく理解し、将来に役立てていただくための遺伝カウンセリングとともに、家族性腫瘍関連遺伝子検査を導入しました。

 詳細はこちらをご覧ください。

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

お問い合わせ先