• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

小児科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 新生児から思春期に至るまで、あらゆる年齢の小児を診療しています。各分野の専門医を擁し、最新かつ高度な医療を実践しています。

外来について

 外来診療は月曜日から金曜日まで、総合外来と各領域ごとの専門医による外来(予約制)を開いています。滋賀県内をはじめ近隣の医療機関から紹介され、高次医療を必要とする患児に対しては、24時間体制で受け入れています。

入院について

 入院は、未熟児・新生児、血液・悪性腫瘍、神経、心臓、代謝内分泌、腎臓、アレルギー、感染症などの各領域の治療だけではなく、心臓カテーテル検査、腎生検、内分泌疾患の負荷試験など、検査のための入院も行っています。
小児科病棟には院内学級(大津市立瀬田東小学校、同瀬田中学校)が併設され、子どもたちに良好な教育環境を提供しています。病棟保育士を配し、乳幼児の社会性発達にも配慮しています。

院内学級(大津市立瀬田東小学校)

小児科病棟

診療内容・専門分野

神経外来

診療方針

 てんかんなどの痙攣性疾患、脳炎、脳症、血管障害などの急性疾患、遺伝性脳変性疾患、神経筋疾患の診療を行っています。

発達外来

 主に、注意欠如多動症(ADHD)、自閉症スペクトラムなどの神経発達障害の診療を行い、学校や地域の発達支援センターと連携しています。

血液・腫瘍外来

 貧血、血小板減少症、血友病、各種出血性素因などの血液疾患から白血病、神経芽腫、横紋筋肉腫、軟部組織肉腫、骨腫瘍、脳腫瘍などの悪性疾患まで幅広く診療しています。造血幹細胞移植、自己免疫疾患、各種感染症などの診療も行っています。セカンドオピニオンも受付けています。

循環器外来

 先天性心疾患、不整脈、川崎病、心筋疾患(心筋炎、心筋症)の専門外来を開設しています。トレッドミル(ルームランナー)、心エコー検査、心臓カテーテル検査も定期的に行っています。

新生児外来

 ハイリスク新生児のその後の発達、発育のフォローアップを行っています。

アレルギー外来

新生児外来

 気管支喘息、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーなどの治療を行っています。夏期には保護者の方々を対象とした小児アレルギー疾患公開講座を行っています。

代謝・内分泌外来

 日本内分泌学会の認定教育施設となっており、広く内分泌・代謝疾患の診療を小児内分泌専門医が中心となって行っています。先天性代謝異常症のマススクリーニングで陽性となった新生児の精密検査や成長ホルモン治療の指導も行っています。小児1型糖尿病ではインスリンポンプ療法やカーボカウントといった先端医療も行っています。

成長ホルモン治療とは?

 成長障害(低身長)に対する治療法で、1日1回程度就寝前に自宅で成長ホルモンを注射します。

成長ホルモン治療とは?

腎臓外来

 小児腎臓病専門医が複数で診療にあたる、滋賀県内で唯一の施設です。頻回に再発したり、免疫抑制剤を使用する必要がある難治性小児ネフローゼ症候群の診療経験が豊富です。
小児の急性・慢性透析(腹膜透析・血液透析とも)に対応できます。全国の腎臓移植施設とも連携して、腎移植前後の管理を行っています。小児ネフローゼ症候群のよりよい治療法確立のため、全国の小児腎疾患専門施設と共同で臨床研究を行っています。

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

最近の話題

 医師主導試験・臨床試験を積極的に行っています。
滋賀県新生児医療相互援助グループ(NMCG)WEBサイト(http://nmcg.shiga-med.ac.jp)では、県下14施設の周産期救急ベッド(含NICU)の空床情報を毎日提供しています。

お問い合わせ先