• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

診療科一覧

放射線科

スタッフ紹介

外来診察医予定表

診療・業務内容

診療方針

 放射線科専門医が画像診断および放射線治療を担当しています。画像診断部門では、単純X線写真、CT、MRI、超音波、消化管や尿路の造影検査等、大部分の画像診断検査の画像診断を担当し、PACS(画像保存通信システム)によって画像とレポートを院内に配信しています。

 他院からの画像診断検査の依頼にも患者支援センターを介して対応しています。また、IVR-CTを使用し、各診療科からの血管造影やインターべンショナル・ラジオロジー(IVR)の依頼に対応しています。

 当放射線科のIVRの特徴として、新しい治療材料や治療手技の開発に重点を置き、そのための基礎研究を続けながら、臨床応用を目指している点を挙げることができます。一方、放射線治療部門では、CTや治療計画用コンピュータを駆使した高精度の放射線治療(外照射、小線源治療)を実施しています。

X線透視下の神経ブロックを中心とした低侵襲治療X線透視下の神経ブロックを中心とした低侵襲治療

 大学病院ではありますが、画像診断部門、放射線治療部門、ともに放射線科と各診療科との連携が緊密である点に特色があり、各診療科との合同カンファレンスを定期的に開催し、診療にあたっています。

診療内容・専門分野

IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)

 肝腫瘍に対しては、CTアンギオなどの精密な画像診断とともに、選択的肝動脈塞栓術や抗癌剤動注、あるいはラジオ波焼灼術を行っています。
また、血管狭窄性病変に対しては血管形成術やステント留置術、下肢静脈血栓症に対しては下大静脈フィルター留置術、あるいは交通外傷に対する止血術等、救急症例を含め、IVRの適応症例には迅速に対応しています。IVR-CTを用いた各種生検、膿瘍ドレナージ、経皮的椎体形成術などのIVRも積極的に行っています。

IVRとは?

IVRとは?

 エックス線透視や超音波像、CTを見ながら体内に細い管(カテーテルや針)を入れて病気を治す新しい治療法です。

放射線治療

 頭頸部癌、肺癌、乳癌、泌尿生殖器癌などの放射線治療を行っています。特殊な治療としては、脳腫瘍に対するリニアックを用いた定位放射線治療(エックスナイフ)、肺癌に対する呼吸同期下での定位放射線治療を実施しています。 子宮癌に対しては、マイクロセレクトロンを用いたリモートアフターローディングシステム(RALS)での高線量率小線源治療を外照射に併用することで治療成績の向上を図っています。 前立腺癌に対しては、治療計画用コンピュータを駆使した強度変調放射線治療(IMRT)や、ヨウ素125密封小線源永久挿入療法を行っています。他に、骨髄移植のための全身照射も実施しています。

リニアックとは?

リニアックとは?

 高エネルギーの放射線を照射する装置で、体の外側から目的の腫瘍に集中的に放射線を当てることにより、細胞を死滅させ腫瘍の縮小や根絶を図ります。

主な検査・医療設備
  • X線CT検査:
    3台のMDCTによって、横断像に加えて種々の三次元画像などを簡単に得ることができ、心臓、肺、腹部など全身の詳細な画像診断が可能です(平成21年に3台目の最新の循環器用CT(320列MD-CT)が導入されました)。
  • MRI検査:
    最新の1.5Tおよび3T-MRIを用いて、全身のあらゆる臓器を、あらゆる方向から撮像することが可能です。X 線CTではわかりにくい機能的な画像も提供できます。
  • 超音波検査:
    腹部、頚部、乳腺などの画像を非侵襲的に得ることが可能で、ドップラー検査により血流の情報も容易に得ることができます。超音波を用いて臓器の生検、腫瘍の薬剤注入も行っています。
  • 血管造影検査:
    血管の造影像により、疾患の状態を診断する検査です。診断のみならず、カテーテルからの薬剤注入、血管塞栓、血管拡張なども行います。また、IVR-CTにより、更に正確な治療及び臓器生検が確実に施行可能となっています。
  • RI 検査:
    少量の注射のみで、全身の臓器の形態、機能診断が同時に行える非侵襲的な検査です。SPECT という方法により、X線CT と同様にRI画像の断層像が得られ、より詳細な診断が可能です。
  • 放射線治療:
    リニアックによる外部からの照射と、マイクロセレクトロンによる腔内照射を行っています。治療計画専用のCTを用いて正確な治療を行っています。また前立腺癌に対しては、強度変調放射線治療や密封小線源永久刺入療法といった高度医療ができる体制を整えています。
強度変調放射線治療とは?

強度変調放射線治療とは?

 強度を変調したビームを用いてコンピュータ制御により腫瘍に対して理想的な照射を行う治療法で、周辺の臓器への影響を抑えつつ、必要な放射線量を集中して照射することできます。

臨床研究

Javascript を有効にするか、こちらをご覧ください。

最近の話題

  • 平成19年5月より関連病院との遠隔画像診断を開始しました。
  • 平成20年6月より有痛性の多発骨転移に対するストロンチウム89内用療法を開始しました。
  • 平成20年12月に、3Tおよび1.5Tの最新式MRI装置が導入されました。
  • 平成21年12月に320列最新式MDCT装置が導入されました。
  • 肝腫瘍に対する血管塞栓術において、当科で開発したシスプラチン徐放ゼラチン粒子を塞栓物質として使用開始し、現在その有効性を検証しているところです。
  • 平成27年10月に最新の高精度放射線治療が可能なリニアックが導入されました。
  • 平成28年12月に、1.5T装置が更新されるとともに最新式3T装置が増設されMRI検査が4台体制になりました。
骨転移に対するストロンチウム89内用療法とは?

骨転移に対するストロンチウム89内用療法とは?

 ベータ線という治療に適した放射線を出す性質のあるストロンチウム89を投与し、骨転移部位の痛みを緩和させるという治療法です。

お問い合わせ先