• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

個人情報の取り扱いについて

大規模災害等の非常時に備えた電子カルテシステムデータの遠隔地へのコピー保管と被災時の本院以外でのデータ参照について

本院は、大規模災害等の非常時に備え、国立大学病院医療情報システムデータの遠隔バックアッププロジェクト(通称 Geminiプロジェクト:42全ての国立大学病院が参加)に参加し、電子カルテシステムに記録された診療情報の主要部分の電子的なコピーを厳しく管理された2ヶ所の遠隔地データセンター(北海道及び九州)に保管しています。

万一本院が被災して診療できない事態になり、患者さんが別の医療機関や救護所等で臨時の診療を受ける場合等に、その医療機関はこの遠隔地保管された診療データを参照することがあります。ただし、これは本院が大規模災害等により被災し診療ができない事態になり、病院長が非常事態対応を宣言した場合に限ります。
また、この遠隔地保管された診療データを被災後の本院医療情報システムの復旧時に使用することがあります。

大規模災害等により被災した場合に備えて、患者さんの大切の診療情報を守るために国立大学病院が共同で実施しているプロジェクトですので、何卒ご理解をいただきますようお願いいたします。