• ホーム
  • 外来のご案内
  • 入院のご案内
  • 診療科一覧
  • 病院のご案内
  • 相談窓口
  • 医療機関の方へ

TOPICS~病気・治療法の解説~

いびき・無呼吸  精神科 角谷 寛

睡眠時無呼吸症候群とは?

 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に 10秒以上の呼吸停止(無呼吸)や呼吸 が浅くなって酸欠になる低呼吸が繰り 返される病気です。大きないびきをと もなうことが多く、さまざまな生活習 慣病とも関係しています。

睡眠時無呼吸症候群の原因

 睡眠中に体は脱力しますが、顎や舌 なども力が抜けるために、特に上を向 いて寝ていると重力で顎や舌は下に落 ちてきます。その時に、小さな下顎、 扁桃肥大、アデノイド(咽頭扁桃)、 首周りの脂肪の沈着などがあると、上 気道(空気の通り道)は非常に細くなっ てしまいます。その細いところを空気 が通る際に周囲が振動して起こるのが 「いびき」です。さらに細くなって塞 がり、いわば窒息状態になってしまう と、閉塞性の無呼吸となります。ほと んどはこのような閉塞性の無呼吸です が、心不全の方などには胸の動き自体 が停止する中枢性無呼吸の方もおられ ます。
太った男性の病気だというイメージ が強いかもしれませんが、やせた方や 女性にもあります。

睡眠時無呼吸症候群の症状

 大きないびき、特に苦しそうないび きがあり、息が止まっていると睡眠時 無呼吸症候群が強く疑われます。それ 以外に、朝方の頭痛、起床時の口やの どの渇き、夜間の頻尿、昼間の強い眠 気や居眠り、慢性的な疲労感、集中力 の低下、やる気の喪失やうつ、勃起不 全などの症状が起こることもあります。

ただし、いびきは本人ではわかりませ んし、それ以外の症状もかならずある とは限らないため、自分自身では気づ きにくいのが実情です。
自覚症状がなくても、放っておくと 危険な場合があります。高血圧、心不 全、不整脈などの原因となることもあ ります。特に、重症の睡眠時無呼吸症

候群を放置しておくと、脳梗塞や狭心 症・心筋梗塞の危険性が高くなります。 一方、適切な治療を受けることで、重 症な場合でも、それらの危険性が健康 な方と同じくらいまで下がります。そ こで、睡眠時無呼吸症候群が疑われる 場合には、検査を受け、適切な治療を 受けることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群の検査

 検査には、簡易検査と入院検査があ ります。簡易検査は、指や鼻にセンサー を付けて自宅で行います。無呼吸や低 呼吸の有無を判別するもので、重症度 の大まかな判定ができます。ただし、 呼吸以外の睡眠中の状況を判定するこ とができません。したがって、最終判 定をするには、より精密な入院検査が 必要な場合があります。
入院検査は、終夜睡眠ポリグラフ検 査(PSG検査)というもので、鼻と口の気流、血中酸素飽和度、胸や腹の 動き、筋電図、眼電図、脳波、心電図、 睡眠姿勢などをモニターします。簡易 検査で調べる無呼吸の有無やその頻度 だけでなく、睡眠の質も含めて調べる 精密な検査です。身体にセンサー類を 装着するので多少の違和感はあります が、痛みはありません。

睡眠時無呼吸症候群の治療

 代表的な対症療法は「CPAP治療」、 「マウスピース(口腔内装具:OA)」、 「外科的(耳鼻科的)手術」です。肥 満が原因となっている場合には、減量 で改善することもあります。鼻づまり や鼻の諸症状で口呼吸がしにくい場合 には、まず鼻症状の改善から取り組む 場合もあります。
CPAP(シーパップ)療法は、Continuous Positive Airway Pressure (持続陽圧呼吸療法)の頭文字をとっ たものです。空気を送り込むマスクを 着用し、鼻(あるいは鼻と口の両方) から空気の圧力をかけて、空気の通り 道が塞がらないように保つというもの で、睡眠時無呼吸症候群がかなり重症 な場合でも十分効果が得られます。保 険でCPAP治療を受けるためには、1 ~2ヶ月ごとに定期的な受診が必要で、 うまく使えているかをチェックしなが ら通院して頂きます。
マウスピース(口腔内装具)は、眠っ て脱力しても顎が落ちてこないように 歯で支えるもので、中等症くらいまで の睡眠時無呼吸症候群の治療に用いま す。下顎を固定する位置が重要ですし、 歯の状態によっては作製できません。 小児の多くや成人の一部で、アデノ イドや扁桃肥大などが原因となってい る場合は、摘出手術が有効な場合があ ります。
それぞれの患者さんの睡眠時無呼吸 症候群の程度や状態に応じて、適切な 治療を選択していきます。