English

教員よりご挨拶 Message

薬局にいくと、EPAのサプリメントが山のように並んでいます。EPAを含む魚を食べると心疾患の予防になるなどよく聞きますが、魚をどれくらい食べたかはどう評価するのか、心疾患の予防とはどう測定するのか、疑問に感じたことがありますでしょうか? 医療統計学とは、健康・医療に関する諸問題に対して、何人にどのようにデータをとるか(計画)、どのように解析するか(統計解析)の方法論を提供する統計学分野です。

滋賀医科大学医療統計学部門では、統計手法の開発や疫学・臨床研究の計画・実施を通して、医学に関する諸問題を解決するための研究に取り組んでいます。関連する医療分野は、がん・糖尿病・脳卒中・心疾患・慢性疼痛など多岐に渡ります。また、臨床研究も疫学から臨床試験まで様々なタイプの研究に関わっています。

また本部門は、日本初のデータサイエンス学部を設立した滋賀大学とクロスアポイントメント制度によって提携をしています。 データサイエンスという言葉はまだ聞きなれないかもしれません。近年、様々な分野において、蓄積された情報が利用できるようになり、ビッグデータとよばれています。データサイエンスとは、ビッグデータを処理・分析し、そこから価値を創造するための新たな学問分野です。 この提携を活かし、医学分野のデータサイエンティストを教育すること、医療者にデータサイエンス分野の最新情報を提供することで、医療研究の効率化・医療技術の適切な評価に役立てることにつなげていきたいと思っています。

私は薬学部の大学生のころ、薬の開発やヒトを対象とした臨床研究が勉強したいと思っていました。当時、薬学分野では臨床研究を扱う研究室はとても少なく、基礎研究が主流でした。大規模臨床研究といえば病院で行われることがほとんどであったと思います。しかし近年、診療報酬などの医療系ビッグデータは、医学系だけでなく、薬学・工学情報学などの研究者も利用可能になっています。私自身は医学・統計学分野から関わることになりますが、今後は多くの分野の研究者が医学研究に関わり、様々な分野が混ざり競い合うことで、多様な価値創造がされることを期待しています。

医療統計学、疫学・臨床疫学・臨床試験の統計手法に興味がある方はいつでもご連絡下さい。

田中佐智子
琵琶湖
トップへ戻るボタン