English

研究分野 Research

医療統計学とは、健康・医療に関する諸問題に対して、どのようにデータをとるか(計画)、どのように解析するか(統計解析)の方法論を提供する統計学分野です。医療統計学部門では、主に2つの研究分野で研究活動を行っています。

  • 研究分野1:医療分野との共同研究

    多くの分野の医学研究の統計解析部分を担当しております。医療統計家はデータを解析するだけの解析屋ではありません。研究の背景・医学的意義を聞き、議論を重ねて研究仮説に合った研究計画・解析計画を検討することを心がけています。下記は進行中研究の一部です。

    進行中のテーマ

    • 循環器死亡の発症予測モデル作成(疫学)
    • 慢性疼痛患者のMRI画像データ解析(臨床疫学)
    • 循環器疾患登録のシステム構築(臨床疫学)
    • 脳挫傷患者に対する治療評価(臨床試験)
    • 経口抗凝固薬の処方実態調査(薬剤疫学)
  • 研究分野2:生物統計学研究

    統計学手法の開発も行っています。多変量データ、回帰分析にける説明変数の欠測・測定誤差問題、区間打ち切りに対する新規解析法などが主テーマです。

    進行中のテーマ

    • 区間打ち切りを考慮したパラメトリック回帰モデルによるPersistencyの予測
    • コホート内ケース・コントロール研究におけるIPW推定法
    • 脳画像データに対する多変量解析の開発
    • コホート内ケース・コントロール研究の解析
    • 24時間蓄尿と随時尿の妥当性研究の解析
トップへ戻るボタン