解剖センター/病理解剖部門

病理解剖とは・・・

 ご遺族の承諾のもとに、病死された患者さんのご遺体を解剖させていただくのが「病理解剖」です。生前の診断は正しかったのか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどれくらいあったのか、死因は何か、といったことを判断します。

 事故や犯罪がからむ法医解剖や医学生の教育のために献体していただく系統解剖とは異なるものです。

 病理解剖の肉眼所見は、解剖を行った病理医から主治医へと報告され、ご遺族に説明されます。なお、顕微鏡所見を含めた最終診断には少し時間が必要です。

 病理解剖の結果が蓄積されることによって、他の方法では得がたい医学の進歩への貢献が期待されます。病理解剖はある意味で個人がなしうる社会への最後の貢献といえます。
 我々は、故人の尊いご意志に報いるため、日々研鑽努力を行っています。
■ 分子診断病理学部門ホームページ ■
■ 疾患制御病理学部門ホームページ ■

病理解剖マニュアル(学内向け)