実際の治療は、どのように行われますか?

本治療の適応と判断された方には、治療の2週間前に来院していただき、外来にて治療のためのプレプランニングを行います。すなわち尿道にカテーテルを挿入して、治療時と同じ体位をとり、経直腸エコーを用いて前立腺の形態を3次元的に解析してコンピューターに取り込みます。このデータをもとにI-125シード線源の配置および使用線源数を決定します。2週間後に線源が届きますのでそれにあわせて入院していただき翌日に治療を行います。

治療は下半身麻酔をかけた上で超音波の画像をみながら会陰部から筒状の針を刺入し (図3および4)、その針を通してヨウ素(I-125)シード線源を挿入します(図5および6) 。症例によって異なりますが、全部で50~100個ほどのシード線源が前立腺内に留置されることになります。治療の翌日に挿入された線源の状態を確認するためCTスキャンを行い、こののち尿道カテーテルを抜去します。その後は、ご自分で排尿していただくようになり、退院となります。退院後は普通の日常生活を送っていただくことが可能です。外部照射を併用する場合は、約1ヶ月後から外来通院で開始いたします。


(図3)                (図4)

(図5)               (図6)