入局者募集

皮膚科は世界的にみて非常に人気のある科です。

 

特にヨーロッパ、アメリカ、アジアで一番人気がある科は皮膚科です。このため多くの諸外国(特にアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、台湾など)では毎年各科に所属できる医師の数が決まっているため、皮膚科の研修医の職に就くことは、非常に狭き門になってます。

 

専攻される理由として、

 

専門性がはっきりしている
皮膚科学は皮膚に病変がある疾患である疾患全てを扱う「眼で見える」General Medical Scienceです。
皮膚の病変に対して的確な皮膚・身体所見を把握し、必要であれば病理診断など駆使し診療を行っております。そのため高い総合的な医学知識・診断能力が要求されることから、皮膚科の臨床は皮膚科を専門として研修を受けた医師にしかできないことであり強い「専門性」を持っています。

 

幅広い分野である
皮膚科医には皮膚疾患の知識はもちろんの事、内科的知識、外科的技術、病理診断能力が必須です。また、疾患についての知識も皮膚潰瘍、アレルギー、膠原病、先天性疾患など多岐にわたるものが要求されます。皮膚科医は診断学・内科的全身管理・外科・病理と幅広い分野に関わることが可能です。また新しい診療分野として、美容皮膚科や抗加齢皮膚科学が注目されています。

 

QOL(Quality of Life)が高い
皮膚科においては、その診療対象の疾患の特殊性などから自分のスタイルに適した勤務体制を長期間続けることが可能です。各個人の生活スタイルに応じた診療、教育、研究を効率よくしやすい環境です。

 

上記の理由から自分に合ったサブスペシャリティを追求でき、自分に合ったライフスタイルを確立できる科です。みなさんも、皮膚科医になって自分に合ったサブスペシャリティを探し出し、医師として生きがいのある生活を送りませんか。

 

 

 

随時、見学を受け付けております。ご希望の方は下記メールアドレスまでご連絡ください。

 

【連絡先】:
  ・氏名
  ・出身大学(現在の研修先)
  ・希望日時
  ・連絡先              を明記の上、メールをお送りください。後日、担当よりご返信いたします。