スタッフ紹介

教 授
 田中 俊宏

 

 ●専門診察疾患
    水疱症、角化症

 

 ●研究領域
   水疱症のおこる理由(わけ)の研究とおこる理由に基づいた治療法を考える。

 

 ●診察に当たり心がけていること
   (1)患者さんの症状をよくみせて頂く。
   (2)症状の変化をよくみせて頂く。
   (3)各患者さんに「よく合う」治療法を探す。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと
   皮膚病には急性の変化をおこすものも、慢性の経過をたどるものもあります。

 

 

特任准教授
 中西 健史

 

 ●専門診察疾患
   皮膚潰瘍、アレルギー性皮膚疾患

 

 ●研究領域
   難治性皮膚潰瘍の病態解明、糖尿病足病変の予防と治療

 

 ●診察に当たり心がけていること
   皮膚潰瘍は様々な原因で生じますが、皮膚に問題があって潰瘍を生じるこ
   とは稀です。それをどこまでも追求し(診断)、最も良い治療を探し、しかるべ
   き診療科に紹介するのが私の仕事であると考えています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと
   大学病院にお越しになられる患者さんは、治りにくい病気でお困りです。患
   者さんと寄り添って、一緒に治療がすすめられるようにしていきたいと思ってい
   ます。

 

 

准教授
 藤本 徳毅 (外来医長)

 

 ●専門診察疾患
   膠原病、皮膚感染症、皮膚悪性腫瘍

 

 ●研究領域
   皮膚免疫(抑制性T細胞など)

 

 ●診察に当たり心がけていること
   説明を分かりやすく理解してもらうように努める。

 

●患者さんに申し上げたいこと
   膠原病は皮膚病変で早期に発見できることがよくあります。ささいなものでも
   相談に来て下さい。

 

 

講 師
 加藤 威 (病棟医長・教育医長)

 

 ●専門診察疾患
   円形脱毛症、皮膚悪性腫瘍

 

 ●研究領域
   円形脱毛症の病態、皮膚悪性腫瘍の診断・治療

 

 ●診察に当たり心がけていること
   専門的な用語を避け、わかりやすく病気や治療の説明をするよう心がけてい
   ます。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと
   病気や治療についてしっかりと理解して頂き、患者さんと医師が協力して治
   療を行っていけるよう努力します。

 

 

助 教
 寺村 和也 (医局長・病棟副医長)

 

 ●専門診察疾患
   皮膚科一般

 

 ●研究領域
   膿疱性皮膚疾患の発症機序について

 

 ●診察に当たり心がけていること
   一方的な治療法の提示ではなく、患者さんの希望を満たすような選択肢を
   提示できればと思っています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと
   皮膚の病気はあまり知られていないことが多いと思います。病気のことや治療
   のことなど十分な説明をしたいと思います。

 

 

助 教
 西川 絢子 (外来副医長)

 

 ●専門診察疾患
   皮膚科一般

 

 ●研究領域

 

 ●診察に当たり心がけていること
   皮膚の症状だけでなく、不安な気持ちも和らげられるよう、患者さんとの会話
   を大切にしています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   患者さんの協力を得て治療をすすめていけるよう、病気や治療について丁寧
   に説明させていただきます。気になることはお気軽にご相談下さい。

 

 

助 教
 速水 拓真

 

 ●専門診察疾患
   皮膚科一般

 

 ●研究領域

 

 ●診察に当たり心がけていること
   患者さんが話しやすいように接することをと心がけています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   皮膚病はその人その人にあった対処の仕方があります診察を通してそれを
   皆さん方と一緒に考えていきたいと思います。

 

 

医 員
 岡田 一真

 

 ●専門診察疾患
   皮膚科一般

 

 ●研究領域

 

 ●診察に当たり心がけていること
   疾患の治療だけでなく見た目、かゆみや痛みなどのお悩みにも耳を傾け、
   解決できるように心がけています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   皮膚科疾患は慢性的なものも多く、患者さんの理解と協力も大切です。
   患者さんと医師、スタッフが協力し合い治療を進めていきたいと思います。

 

 

医 員
 國府 拓

 

 ●専門診察疾患
   皮膚科一般

 

 ●研究領域

 

 ●診察に当たり心がけていること
   治りにくい病気もまだたくさんありますが、良くなった時に患者さんと一緒に
   喜べるよう、寄り添っていきたいと思っています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   見慣れない皮膚症状が出た時、初めての検査や治療を受ける時には不安な
   こともあると思います。不安が少しでも和らげるよう、お困りの事や気になる事は、
   お気軽におっしゃってください。

 

 

医 員
 布施 まゆか

 

 ●専門診察疾患
   皮膚科一般

 

 ●研究領域

 

 ●診察に当たり心がけていること
   皮膚症状の治療だけでなく、患者さまの気持ちに寄り添い、対話を大切にした
   診察を心がけています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   丁寧な医療を心がけ日々努力してまいりますのでよろしくお願い致します。

 

 

大学院生
 高橋 聡文

 

 ●専門診察疾患
   アレルギー性皮膚疾患、皮膚感染症

 

 ●研究領域
   皮膚疾患の遺伝子診断

 

 ●診察に当たり心がけていること
   どんな良い薬にも副作用があるように、検査にも治療にもメリットとデメリットが
   あります。長所と短所の両方を丁寧にご説明するよう努めています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   塗り薬を塗るにせよ、日々きずの手当てをするにせよ、日常生活の中でアレルギー
   の原因を探し当てるにせよ、皮膚科診療の主役は患者さんです。

 

 

大学院生
 加太 美保

 

 ●専門診察疾患
   皮膚科一般

 

 ●研究領域
   自己免疫性疾患と制御性B細胞、IL-10

 

 ●診察に当たり心がけていること
   患者様にご納得いただけるよう、わかりやすく説明をするように心がけています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   気になることや不安に思うことを抱え込まず、まずはご相談いただければと思います。
   一般的な治療にとどまらず、患者様の希望を踏まえて治療をすすめていけるよう
   努めて参ります。

 

 

非常勤講師
 中西 元

 

 ●専門診察疾患
   角化症、遺伝性皮膚疾患

 

 ●研究領域
   遺伝性角化症の診断
   乾癬の病態の解明
   ヒトパピローマウイルス (HPV)による皮膚感染症の診断および発癌機構

 

 ●診察に当たり心がけていること
   毎回、診察において患者さんに納得していただける説明をすること。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと
   皮膚の病気の中には原因が分からない病気や治療法がほとんどないものも
   ありますが、ほかのスタッフとも協力して最適の治療を目指しています。

 

 

非常勤講師
 藤井 紀和

 

 ●専門診察疾患
   皮膚外科、皮膚腫瘍、乾癬、レーザー

 

 ●研究領域
   光発癌、乾癬の光線治療

 

 ●診察に当たり心がけていること
   患者さんが納得いくように説明し、治療をします。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと
   どんな皮膚のトラブルでも、気になれば相談して下さい。

 

 

非常勤講師
 山口 明彦

 

 ●専門診察疾患
   乾癬

 

 ●研究領域

 

 ●診察に当たり心がけていること
   診断と治療についてわかりやすく説明し、患者さんに納得頂けるよう努めます。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   わかりにくいことや気になることがありましたら気軽にご相談ください。

 

 

非常勤医師
 馬場 麻悠子

 

 ●専門診察疾患
   皮膚科一般

 

 ●研究領域

 

 ●診察に当たり心がけていること
   わかりやすく、丁寧に説明することを心がけています。

 

 ●患者さんに申し上げたいこと   
   病気や治療に対する不安や悩みなど、お気軽にご相談下さい。