1. ホーム>
  2. 業績>
  3. 業績:2014年

業績:2014年

原著論文

  1. Hitosugi M, Hamada K, Misaka K, Ichihashi K. Effects of Bacillus Natto products on blood pressure in patients with lifestyle diseases. J Hypertens.2014; 3: 135. doi: 10.4172/2167-1095.1000135,.
  2. Hitosugi M, Matsui Y. Safety of Japanese K-car in a real-world low severity frontal collision. Traffic Inj Prev. 2014 Feb 5, Epub ahead of print, PMID:24499113.
  3. Murayama H, Hitosugi M, Motozawa Y, Ogino M, Koyama K. Rotational acceleration during head impact resulting from different Judo throwing techniques. Nerurol Med Chir, accepted in press. 2014 Jan 28, Epub ahead of print, PMID: 24477065.
  4. Hitosugi M, Murayama H, Motozawa Y, Ishii K, Ogino M, Koyama K.Biomechanical analysis of acute subdural hematoma resulting from judo. Biomed Res (Tokyo). 2014; 35: 339-344.
  5. Furukawa S, Nishi K, Morita S, Hitosugi M, Wingenfeld L. The damaging in the granular cells and expression patterns of CIRBP, RBM3, HSP70, HIF-1, AIF1, SIRT1,Ngb, cFos, p53 and CCC9 in the postmortem human cerebellums obtained from individuals who died due to hanging, strangulation, drowning, or asphyxia by anaphylaxis or food aspiration may be closely linking with agonal duration. Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology [serial online]. 16, No. 1 (Jan-June), 2015, http://anilaggrawal.com/ij/vol_016_no_001/papers/paper005.html. Published as Epub Ahead : Sep 30, 2014.
  6. Hitosugi M, Tsukada C, Yamauchi S, Nagai T. A case of fatal risperidone poisoning alerts physicians. J Clin Psychopharm. 2014; 34: 268-269.
  7. Furukawa S, Morita S, Okunaga H, Wigenfeld L, Takaya A, Nakagawa T, Sakaguchi I, Yamamoto Y, Ashihara T, Horie M, Nishi K, Hitosugi M. An autopsic examination case of diagnosed Brugada syndrome. Am J Intern Med.2014; 2: 79-82.
  8. Furukawa S, Morita S, Nishi K, Hitosugi M: A case and review of death associated with ingestion of detergent. Forensic Medicine and Anatomy Research. 2014; 2: 89-94.
  9. Hitosugi M, Kirinoki M, Ishii K, Morita S, Furukawa S, Chigusa Y. The importance of collecting live fly larvae from a severely decomposed human cadaver in winter. Romanian Society of Legal Medicine. 2014; 22: 253-256.
  10. Satoshi Furukawa, Satomu Morita, Lisa Wingenfeld, Wakoto Matsuda, Tokiko Nakagawa, Ikuo Sakaguchi, Akari Takaya, Katsuji Nishi.Immunohistochemical staining of the brain tissue obtained from a man with multiple focal brain infarctions and different staging. Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology.Vol15 2014. http://www.anilaggrawal.com/ij/vol_015_no_001/papers/paper002.html
  11. Satoshi Furukawa, Satomu Morita, Hayato Okunaga ,Lisa Wingenfeld, Akari Takaya, Tokiko Nakagawa, Ikuo Sakaguchi,Yoshio Yamamoto,Takasi Ashihara, Minoru Horie Katsuji Nishi Hitosugi Masahito. An autopsic examination case of diagnosed Brugada syndrome.American Journal of Internal Medicine 2014;2(4): 79-82.
  12. Satoshi Furukawa, Satomu Morita ,) Katsuji Nishi, Hitosugi Masahito. A Case and Review of Death Associated with Ingestion of DetergentForensic medicine and anatomical research 2014.24015 http://www.scirp.org/journal/articles.aspx?searchCode=Satoshi+Furukawa&searchField=authors&page=1
  13. Furukawa S, Morita S, Wingenfeld L, Matsuda W, Nakagawa T, Sakaguchi I, Takaya A, Nishi K. Immunohistochemical staining of the brain tissue obtained from a man with multiple focal brain infarctions and different staging. Anil Aggrawal's Internet Journal of Forensic Medicine and Toxicology. 15(1), http://www.anilaggrawal.com/ij/vol_015_no_001/papers/paper002.html,2014. (SJR:0.101)
  14. Satomu Morita, Satoshi Furukawa, Kasuji Nishi Immunohistochemical evaluation of hypoxia markers in the myocardium Aust J Forensic Sci 2014 DOI:10.1080/00450618.2014.906653
  15. Satomu Morita, Satoshi Furukawa, Katsuji Nishi Classification of contraction bands using immunohistochemistry 2014, accepted to Am J Forensic Med Pathol.
  16. 武原格, 一杉正仁, 渡邉修, 林泰史, 米本恭三, 安保雅博. 自動車運転再開支援を行った脳損傷者の特徴と事故について. リハ医学. 2014; 51:138-143.
  17. 川戸仁, 塚本清江, 水野幸治, 一杉正仁. 地域におけるチャイルドシート適 正使用と安全教育への取り組み. チャイルドヘルス. 2014; 17: 192-195.
  18. 清水徹, 一杉正仁, 丹羽宗弘. 医療系以外の大学における心配蘇生法に関す る教育の重要性. 保健の科学. 2014; 56: 567-572.
  19. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁. 交通事故受傷者に対する救急搬送後の対応の法医学的検証. 法医学の実際と研究. 2014; 57: 209-213.
  20. 一杉正仁, 前田純子, 石井寛人, 山内忍, 長井敏明. 電動ベッドにおける事 故死の一剖検例, 原因究明に関する一考察. 日職災医会誌. 2014; 139-142.
  21. 石井寛人, 一杉正仁, 宮本雅之. 若年睡眠時無呼吸症候群患者の突然死剖検例.内科. 印刷中.
  22. 福沢嘉孝, 一杉正仁, 石井誠一, 亀岡淳一, 建部一夫, 高田淳, 服部しのぶ, 廣川慎一郎, 森茂, 守屋利佳, Raoul Breugelmans, 吉岡俊正. Jounal of Medical English Education. 2014; Vol.13 No.3, 84-88.
  23. 古川智之. 交通事故受傷者に対する救急搬送後の対応について~救急科専門医 の立場から
  24. 滋賀県医師会報 Vol66 No5 23-26.
  25. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治. Brugada 症候群の剖検症例を経験して 遺伝 が関与する疾患への診療対応について.
  26. 総合診療誌 JIM Vol24 No2 168-170.
  27. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治. 低体温の心臓組織所見. 臨床雑誌「内科」第113巻第2号.

このページの先頭へ

解説・評論・総説等

  1. 一杉正仁. 医学教育の現状と医工連携研究の将来. 日バイレオ誌(B & R, 電子 版). 2014; 28 (1): 1-2.
  2. 一杉正仁. 薬剤と自動車運転について, 治療薬選択のポイント. 都耳鼻科医報.2014; 7 月号: 40-42.
  3. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 92, 脊髄損傷と社会復帰. BAN.2014; 1 月号: 58-59.
  4. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 93, 障害をもつ人の自動車運転.BAN. 2014; 2 月号: 58-59.
  5. 一杉正仁. 体調管理と自動車運転, 体調変化に起因する事故を予防するために.人と車. 2014; 2 月号, 26-28.
  6. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 94, 医療の記録. BAN. 2014; 3月号: 54-55.
  7. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 95, 世界からみた日本の医療.BAN. 2014; 4 月号: 52-53.
  8. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 96, 内服薬と内視鏡検査. BAN.2014; 5 月号: 44-45.
  9. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 97, 皮膚に傷を負った時. BAN.2014; 6 月号: 52-53.
  10. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 98, ドクターコールの背景.BAN. 204; 7 月号: 52-53.
  11. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, 血圧を下げて交通事故を減らそう.人と車. 2014; 6 月号: 18-20.
  12. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, 長時間運転は体に良くない, 血栓 症にご注意. 人と車. 2014; 7 月号: 18-19.
  13. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, 糖尿病と交通事故. 人と車.2014; 8 月号: 21-23.
  14. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 99, 業務上の協力, メディカル コントロールに学ぶ. BAN. 2014; 8 月号: 46-47.
  15. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 100, 身体のリズムを大切に.BAN. 2014; 9 月号: 48-49.
  16. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, 高齢者の自動車運転. 人と車.2014; 9 月号: 26-27.
  17. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 101, 近年増加する男性の病気,前立腺がん. BAN. 2014; 10 月号: 46-47.
  18. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, 薬の服用と自動車の運転. 人と車.2014; 10 月号: 30-31.
  19. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 102, 矯正医療が抱える問題.BAN. 2014; 11 月号: 50-51.
  20. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, もし病気になったら, 障害を負っ た際の自動車運転再開. 人と車. 2014; 11 月号: 16-17, 2014.
  21. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 103, 高齢者の肺炎―新たな予 防対策. BAN. 2014; 12 月号: 44-45.
  22. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, 障害を負った人が再びハンドルを 握るまで. 人と車. 2014; 12 月号: 30-31.
  23. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 104, 学校の安全を守る. BAN.2015; 1 月号: 58-59.
  24. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, アルコールと運転. 人と車.2015; 1 月号: 20-21.
  25. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 105, 子供にとって何が脅威か.BAN. 2015; 2 月号: 56-57.
  26. 一杉正仁. ドライバーのための健康相談室, 軽自動車の安全性. 人と車.2015; 3 月号: 26-27.
  27. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 106, 遺伝子検査ビジネスにつ いて. BAN. 2015; 3 月号: 48-49.
  28. 一杉正仁. 法医学者の知っておきたい社会医学 107, ほねつぎと医療の違い. BAN. 2015; 4 月号: 52-53.

このページの先頭へ

単行本

  1. 一杉正仁, 清水雅子. PT・OT・ST のための国際学会はじめの一歩. 三輪書店, 東京. 2014. 1-156(共著).
  2. 一杉正仁 編, 一杉正仁, 松村美穂子, 川戸 仁, 山内 忍, 前田純子, 束田 千絵 著. 知って得する 100 事例 患者さんトラブル予防・解決 Q&A. メディカル ビュー, 東京. 2014. 1-213.

このページの先頭へ

報告

  1. 一杉正仁, 長谷川桃子. タクシー運転者における健康起因事故の背景調査, 効 果的な事故予防対策の立案.日本損害保険協会医研センター 編「交通事故医療 に関する一般研究助成 研究報告書集 2012 年度」. 2014; 373-381.
  2. 一杉正仁, 井原裕, 諸岡ゆり. 家族の予期せぬ死亡に起因した PTSD の現状と 効果的対策について. 三井厚生事業団 第 45 回「医学研究助成」研究報告書.2014; 3-4.

このページの先頭へ

学会発表

  1. Hitosugi M. Effect of Bacillus natto products on blood pressure and subjective symptoms in patients with lifestyle diseases. Vitafoods Asia 2014. 2014 September; Hong kong.
  2. Hitosugi M, Murayama H, Motozawa Y, Ogino M, Koyama K, Maeda J.Biomechanical analysis of the subdural hematoma due to Judo. The 9th International Simposium on Advances in Legal Medicine. 2014 June; Fukuoka, Japan.
  3. Ishii K, Hitosugi M, Yamauchi S,Tsukada C, Nagai T. Analysis of the autopsy cases with subdural hematoma. The 9th International Simposium on Advances in Legal Medicine. 2014 June; Fukuoka, Japan.
  4. Re-assessment and application of forensic practice of the Hassall’s corpuscles. An immunological study. Satoshi Furukawa, Satomu Morita, Lisa Wingenfeld, Katsuji Nishi The Annual Congress of The International Association of Law and Forensic Science (IALFS)2014 Dubai.
  5. Encouragement of learning the medicine to specify the cause of deathand child abuse in view of the pathological findings of the Hassall’s corpuscles in the thymus. Satoshi Furukawa, Satomu Morita, Akari Takaya, Lisa Wingenfeld and Katsuji Nishi 4th Czech-Slovak Congress of Forensic Medicine with international attendance 2014 Prague.
  6. A case of death associated with ingestion of liquid neutral detergent.Satoshi Furukawa, Satomu Morita, Hayato Okunaga, Yoshio Yamamoto, Katsuji Nishi XXXIV International Congress of The European Association of Poisons Centres and Clinical Toxicologists 2014 Brussels.
  7. The autopsy case of the detergent ingestion. Furukawa, Satomu Morita,Hayato Okunaga, Lisa Wingenfeld, Yoshio Yamamoto, Katsuji Nishi, Masahito Hitosugi 9th International Symposium on advances in legal medicine 2014Fukuoka.
  8. Rare forensic pathological findings due to variation of blood vessels in the cranial-cervical legion Satoshi Furukawa, Satomu Morita, Hayato Okunaga, Lisa Wingenfeld, Katsuji Nishi XXVI World congress of the international union of angiology 2014 Sydney.
  9. Classification of contraction bands using immunohistochemistry. 20th World Meeting of the International Association of Forensic Science 2014 年 ソウル.
  10. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治. 頭頸部血管変異が静脈うっ血に及ぼす影響.第 34 回日本静脈学会 沖縄.
  11. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治.ブルガダ症候群の剖検症例の経験からみた、 遺伝が関与する疾患への診療対応について. 第 5 回 日本プライマリ・ケア連合 学会学術大会 岡山.
  12. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治. 大腿骨頸部骨折から凍死に至った症例. 第28 回日本外傷学会総会 東京.
  13. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁. 小脳顆粒層の組織免疫学的評価 からみた低体温時の脳救急蘇生の重要性. 第 28 回日本神経救急学会学術集会 熱海.
  14. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁. 洗剤中毒・界面活性剤中毒の症 例経験からの考察. 第 36 回日本中毒学会総会 東京.
  15. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治. 来院時の CT が参考になり、転倒をくり返し たアルコール外傷剖検症例. 第 49 回日本アルコール・薬物医学会 横浜.
  16. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁.腹部外傷による交通事故死剖検 例の検討. 第 51 回日本犯罪学会総会 東京.
  17. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁. 交通事故受傷者に対する救急搬 送後対応の検証. 第 42 回日本救急医学会総会 福岡.
  18. 古川智之, 森田沙斗武, 西克治, 一杉正仁. 交通事故受傷者に対する救急搬 送後対応の法医学的検証. 日本法医学会 近畿地方会 西宮.
  19. 古川智之, 西克治, 森田沙斗武, 宇野亜加里, 中川季子, 坂口生夫, 一杉正 仁. 死体検案要請からみる課題. 第 20 回日本臨床死生学会大会 川崎.
  20. 一杉正仁. 薬剤と自動車運転について, 治療薬選択のポイント. 東京都耳鼻科 医会学術講演会. 2014.2; 東京.
  21. 一杉正仁. 自動車の運転と処方薬について, 抗アレルギー薬を中心に. 筑後地 区耳鼻咽喉科専門医会講演会. 2014. 2, 久留米.
  22. 一杉正仁. 運転者の体調変化に起因した死亡事故例の特徴. 第 10 回交通科学シンポジウム. 2014.2, 東京.
  23. 一杉正仁. 薬剤の処方と自動車の運転について, アレルギー疾患を中心に. 第154 回水戸皮膚科懇話会. 2014.3, 水戸.
  24. 一杉正仁. 自動車運転に影響を及ぼす疾病と医薬品, 知っておきたい法的知識.平成 25 年度滋賀医科大学第 2 回医薬品安全使用研修会. 2014.3, 大津.
  25. 一杉正仁. 自動車運転を考慮した薬剤の選択, 糖尿病を中心に. オングリザ学 術講演会. 2014.5, 京都.
  26. 一杉正仁. 処方薬が自動車運転におよぼす影響, 睡眠障害を中心に. 鴨川地区 学術講演会. 2014.5, 鴨川.
  27. 一杉正仁. 交通事故から母児を守る, 妊婦に対するシートベルト着用の有効性.第 106 回滋賀医科大学支援センターセミナー, 第 21 回解剖学セミナー(共催).2014.5, 大津.
  28. 依田叡門, 河内茂紀, 櫻井俊彰, 槇 徹雄, 一杉正仁. パネルディスカッショ ン 交通安全の新しい取り組み, 軽自動車における側面衝突事故再現解析. 第50 回日本交通科学学会学術講演会. 2014.6, 東京.
  29. 三林洋介, 田宮高信, 一杉正仁, 大久保堯夫. パネルディスカッション 交通 安全の新しい取り組み, 居眠り運転予見予知(副次行動と頭部動揺計測). 第50 回日本交通科学学会学術講演会. 2014.6, 東京.
  30. 川戸 仁, 一杉正仁: チャイルドシート適正使用のための産前保護者の意識調 査. 第 50 回日本交通科学学会学術講演会. 2014. 6, 東京.
  31. 一杉正仁. シンポジウム 睡眠問題と法規の改訂をめぐって, 法改正の解釈を めぐって, 医療現場における対応について. 日本睡眠学会第 39 回定期学術集 会. 2014.7, 徳島.
  32. 一杉正仁. シンポジウム 繰り返される事故 事故防止のあり方を考える, 未解 決事故の原因を究明する, 事故例からのアプローチ. 安全工学シンポジウム
  33. 2014. 2014. 7, 東京.
  34. 一杉正仁. 患者にとって最適な薬剤を選択するために, 抗ヒスタミン薬と自動 車運転. エムスリーweb 演会. 2014. 7, 東京.
  35. 一杉正仁. シンポジウム JASMEE Now & Future, 日本医学英語検定試験 3、4 級 実施状況について. 第 17 回日本医学英語教育学会学術集会. 2014. 7, 東京.
  36. 一杉正仁, 高田 淳. シンポジウム 医学英語のグローバルスタンダードに対 応するための医学英語教育ガイドライン作成(中間報告), Reading について. 第 17 回日本医学英語教育学会学術集会. 2014. 7, 東京.
  37. 一杉正仁. 自動車運転を考慮した整形外科診療. 栃木県整形外科医会講演会.2014. 8, 小山.
  38. 一杉正仁. 自動車運転における疾病と薬剤の影響, 糖尿病を中心に. オングリザ錠発売 1 周年記念講演会. 2014. 9, 大津.
  39. 村山晴夫, 一杉正仁, 本澤養樹, 法兼 真, 小山勝弘. 背負投における頭部衝 撃時の生体力学応答. 日本武道学会第 47 回大会, 2014. 9, 福山.
  40. 古川智之, 森田沙斗武, 西 克治, 一杉正仁. 交通事故受傷者に対する救急搬 送後対応の検証. 第 42 回日本救急医学会総会・学術集会. 2014. 10, 福岡.
  41. 一杉正仁. 体調管理と自動車運転, 病気や飲み薬の影響を考える. 伊那市民健 康公開講座. 2014. 10, 伊那.
  42. 一杉正仁. 患者にとって最適な薬剤を選択するために, 抗ヒスタミン薬と自動 車運転. GSK Winter Webinar. 2014. 10, 大阪.
  43. 一杉正仁. 予防医学としての死因究明. 滋賀県法医会第 66 回研修会. 2014. 10,大津.
  44. 一杉正仁. シンポジウム セーフティプロモーション(公衆衛生アプローチによ る安全・安心づくり)−理論と実践,交通事故による傷害を減らすために‐効 果的予防対策の実践‐. 第 73 回日本公衆衛生学会総会. 2014. 11, 宇都宮.
  45. 一杉正仁. 自動車運転を考慮した向精神薬の処方. 第 7 回 向精神薬を語る会.2014. 11, 市川.
  46. 一杉正仁. 体調変化と自動車運転. 第 33 回 滋賀医科大学公開講座. 2014. 11,大津.
  47. 一杉正仁. 自動車運転を考慮した糖尿病管理, 薬剤の影響を考える. 糖尿病治 療を考える, ??(講演名不明). 2014. 12, 豊中.
  48. 一杉正仁. 虐待基礎知識と受傷の特徴について. 京都市立病院第 5 回医療安全 研修会. 2015. 3, 京都.
  49. 一杉正仁. 疾病・処方薬が自動車運転に及ぼす影響について, 睡眠障害を中心 に. 第 258 回甲賀臨床談話会. 2015 .3, 甲賀.
  50. 一杉正仁. 自動車運転を考慮した療養指導, 適切な薬剤の選択. 第 29 回日本 医学会総会 2015 関西 ランチョンセミナー22. 2015. 4, 京都.
  51. 森田沙斗武, 古川智之, 西 克治, 一杉正仁. 収縮帯壊死とアーチファクト収 縮帯の区別に対する検討. 第 64 回日本法医学会九州地方集会 2014 年 鹿児島.
  52. 森田沙斗武, 古川智之, 西 克治, 一杉正仁, 松本博志. 3kg の頸部圧迫によ って死亡した一症例. 第 61 回日本法医学会九州地方集会 2014 年 西宮.

このページの先頭へ