Member


Goto

後藤 敏(教授)

 Bin Gotoh, MD, PhD.(2006年4月〜)岐阜出身。小学生のときは、数学少年でした。数学を学ぶため京大理学部に入学、その後、方向転換し名大医学部へ。最終的に、ウイルス研究に落ち着きました。趣味は、Sviatoslav Richter, David Oistrakh, Mischa Maisky, Evgeni Mravinsky等の演奏を聴くこと。愛読書は、加藤周一、真下信一、本多勝一、Bertland Russell等の著作、論語。




Inoue

井上 寛一(准教授)

 Hirokazu Inoue, PhD. 2000年4月に阪大微研から転任。細胞癌化に関わる遺伝子の機能解析によって癌化の分子機構を明らかにしたいと考えている。大阪生まれの大阪育ち。2年間(1992-1993)だけマンハッタンで暮らしていたことがあるだけで自らをNew Yorkerと名乗っている。「サイエンスにはきびしく、仕事はハードに、オフタイムは悦楽的生活を!」が信条。






旦部 幸博(講師)

 Yukihiro Tambe, PhD. 長崎出身の九州男児。酒よりもコーヒーを愛して已まない。

tambe



北川 善紀(助教)

 Yoshinori Kitagawa, PhD. 平成18年8月に赴任してきた新米助教兼新米パパです。高校生のときにエボラウイルスの本を読んだことがきっかけとなり、ウイルス学者になろうと決意して、現在に至ります。趣味はアクアリウム。毎晩、ビール片手に子供の寝顔と熱帯魚を眺めながら、ささやかな幸せを感じています。

kitagawa




BORDER

共同研究者



礒野 高敬(実験センター助教授)

 実験実習機器センターの専任教官の礒野です。元微生物学講座の助手でした。1995年8月から現職です。時々微生物学講座に来ては、大きな声で笑っていますのでよろしく。PCR technology と proteomix technology の skill を生かして、微生物学講座のみならずいくつかの講座と共同研究しています。

Isono


金 哲将(泌尿器科講師)

 身長187 cm。ワインが大好きです。臨床をやりながらボチボチ実験やってます。

Kim

BORDER


[TOP][教室紹介] [研究風景][教室へのアクセス]
BORDER