私たちの研究テーマに興味を持ち一緒に研究に参加してくれるやる気のある若い人を求めています。

 医学部では学生は卒業後ほとんどが臨床医師になってしまうので研究を志向して基礎医学の研究室に来る学生は非常に少ないのが現状です。

 我々の研究は医学だけでなく分子生物学、細胞生物学、発生工学など広くバイオサイエンス全体に関わるものであり(主要プロジェクト参照)、医学部だけでなく理学部、農学部、薬学部、工学部などの生命科学系出身の学生を広く受け入れてゆきたいと考えています。
kireidokoro
大学院博士課程
滋賀医大の大学院博士課程は他学部の大学院修士課程卒の資格があれば受験することができます(募集要項・出願資格-3参照)。
 → 滋賀医大入試情報
   H15年度入試情報が公開されました。募集要項がPDFでも掲載されていますので御覧下さい
 → 参考:H14年度募集要項(一部抜粋)

研究生
研究生は学部卒の資格があれば受け入れることが出来ます(応募要項参照)。また7年以上の研究歴があり、語学試験と論文博士の審査を受けて認められれば博士(医学)の学位を受けることが出来ます。
 → 研究生応募要項(一部抜粋)

もっと詳しいことを聞きたい方はいつでも研究室まで連絡下さい。

連絡先:井上 寛一(助教授)
 TEL: 077-548-2177
 E-mail: hirokazu@belle.shiga-med.ac.jp

BORDER

参考:研究内容を大まかに知るための文献 より詳しくは研究業績
1.Seto, A. et al. : Adult T cell leukemia-like disease experimentally induced in rabbits. Jap. J. Cancer Res. 79, 335-341, 1988.
2.Seto, A. et al. : Establishment from Shope carcinoma induced in an inbred rabbit of culture cell lines with various potentials for differentiation and tumorigenicity. J. Invest. Dermatol. 97, 327-333, 1991.
3.Seto, A. et al. : Genetic susciptibility to herpetic encephalitis of inbred rabbits of B/Jas strain. J. Med. Virol. 224-229, 1995.
4.井上寛一:細胞増殖の細胞接着依存性と癌遺伝子による足場非依存性増殖能の獲得.実験医学 Vol. 14, No. 17 (増刊), 174-179 ,1996
5.Inoue, H., Pan, J. and Hakura, A. : Suppression of v-Src transformation by the drs gene. J. Virol. 72, 2532-2537, 1998.
6.Yamashita, A., Hakura, A. and Inoue, H. : Suppression of anchorage-independent growth of human cancer cell lines by the drs gene. Oncogene 18, 4777-4787, 1999.
7.Shimakage, M., Kawahara, K., Kikkawa, N., Sasagawa, T., Yutsudo, M. and Inoue, H. : Downregulation of drs mRNA in human colon adenocarcinomas. Int. J. Cancer 87, 5-11, 2000.
8.Yoshioka, N., Fuji, S., Shimakage, M., Kodama, K., Hakura, A., Yutsudo, M., Inoue, H. and Nojima, H. : Suppression of anchorage-independent growth of human cancer cell lines by the TRIF52/periostin/OSF-2 gene. Exp. Cell Res. 279, 91-99, 2002.
9.Kim, C. J., Yoshioka, N., Tambe, Y., Kushima, R., Okada, Y., and Inoue, H. Periostin is down-regulated in high grade human bladder cancers and suppresses in vitro cell invasiveness and in vivo metastasis of cancer cells. Int. J. Cancer, in press.


BORDER

[TOP][研究概要] [研究テーマ][業績一覧][研究室セミナー]
BORDER