金曜午前8時30分から1時間程度、教官ロビー(基礎研究棟2F)で、Journal Seminor ならびにProgress Reportを行っています。
 講座以外の方の見学、参加も歓迎します。

1. Journal Seminor

 講座メンバーが毎週一人ずつ当番で担当し、International Journalから1報選び論文紹介とディスカッションを行います。内容は微生物学、免疫学、癌、シグナル伝達、細胞生物学、発生工学など広くバイオサイエンスの領域に亘っています。

取り上げた文献の例(2003年)
  • Caspase-12 and endoplasmic reticulum stress mediate neurotoxicity of pathological prion protein. (Hetz, C. et al.) EMBO J. 22, 5435-5445 (2003)
  • Integration of interferon-alpha/beta signalling to p53 responses in tumour suppression and antiviral defence (Takaoka, A. et al.) Nature 424, 516-523 (2003)
  • TSC2 mediates cellular energy response to control cell growth and survival (Inoki, K. et al.) Cell 115, 577-590 (2003)
  • A DNA damage checkpoint response in telomere-initiated senescence (di Fagana, F. et al.) Nature 426, 194-198 (2003)
  • p53 has a direct apoptogenic role at the mitochondria. (Mihara, M. et al.) Mol. Cell 11, 577-590 (2003)
  • BAX and BAK regulation of endoplasmic reticulum Ca2+: A control point for apoptosis (Scorrano, L. et al.) Science 300, 135-139. (2003)




nature/cell/science
2. Progress report

 毎月最終木曜日の夕方に行っています。講座メンバーの研究の進捗状況を報告するとともに、今後の研究方向について活発なディスカッションを行います。


BORDER

[TOP][研究概要] [研究テーマ][業績一覧][研究室セミナー]
BORDER