2013.12.3
学会発表予定


12.3〜12.6にかけて行われるMBSJ2013(第36回日本分子生物学会年会、神戸)において、以下の演題で参加します。

Posters 3P-0873 (第3日 16:00-)
Cyclin D1bトランスジェニックマウスにおける雌特異的直腸腫瘍発生の分子機構
旦部幸博、金哲將、向所賢一、杉原洋行、井上寛一


2013.10
学会発表予定


10.3〜10.5にかけて行われる第72回日本癌学会総会(横浜)において、以下の演題で参加します。

Posters P-2009 (第2日)
Cyclin D1b トランスジェニックマウスにおける雌特異的直腸腫瘍 発生の分子機構の解析
金哲將、旦部幸博、向所賢一、杉原洋行、井上寛一

Posters P-3199 (第3日)
drs がん抑制遺伝子による Warburg 効果制御の分子機構
旦部幸博、井上寛一


2012.12
学会発表予定


12.11〜12.14にかけて行われるMBSJ2012(第35回日本分子生物学会年会、福岡)において、以下の演題で参加します。

Posters 3P-0437 (第3日) ショートトーク 3ST5-057
Drs tumor suppressor gene is involved in regulation of Warburg effect
長谷部真大、山本章嗣、旦部幸博、井上寛一

Posters 4P-0369 (第4日) ショートトーク 4ST6-028
Cyclin D1bトランスジェニックマウスにおける雌性特異的直腸腫瘍の発生
旦部幸博、金哲將、向所賢一、杉原洋行、礒野高敬、園田寛道、清水智治、近藤玄、井上寛一


2012.9.12
学会発表予定


9.19〜9.21にかけて行われる第71回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。


Posters P-1356 (第1日 18:10 Room R-P4)
Studies on the oncogenic potential of rectal tumor developed in cyclic D1b transgenic mice
Shul Jang Kim, Yukihiro Tambe, Ken-ichi Mukaisho, Hiroyuki Sugihara, Takahiro Isono, Gen Kondoh, Hirokazu Inoue.

Posters P-2038 (第2日 18:10 Room R-P1)
The drs tumor suppressor gene is involved in regulation of Warburg effect
Yukihiro Tambe, Hirokazu Inoue.

Oral session J-3058 (第3日 9:50-10:40 Room K-7)
In vivo and in vitro oncogenic potential of human cyclin D1b variant
Hirokazu Inoue, Yukihiro Tambe, Ken-ichi Mukaisho, Hiroyuki Sugihara, Takahiro Isono, Gen Kondoh, Chul Jang Kim


2011.9.30
学会発表予定


10.3〜10.5にかけて行われる第70回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。


Oral session J-1140 (第1日 15:10-16:00 Room J2-1)
Role of cyclin D1b variant in rectal tumorigenesis
Chul Jang Kim, Yukihiro Tambe, Takahiro Isono, Ken-ichi Mukaisho, Hiroyuki Sugihara, Gen Kondoh, Hirokazu Inoue.

Posters P-1178 (第1日 16:00 Room P4-8)
Roll of the drs tumor suppressor in regulation of energy metabolism
Yukihiro Tambe, Hirokazu Inoue.


2010.12.3
学会発表予定


12.7〜12.10にかけて行われるBMB2010(第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会)において、以下の演題で参加します。


Posters 2P-0898 (第2日 16:45-)
癌抑制遺伝子drsによるウイルス増殖抑制作用
旦部幸博、奥山直美、中川達也、井上寛一

Posters 4P-0943 (第4日 15:30-)
Cell-type dependent regulation of EMT and cell invasiveness of human cancer cells by periostin
Hirokazu Inoue, Kanami Sakamoto, Yukihiro Tambe, Chul Jang Kim


2010.9.19
学会発表予定


9.22〜9.24にかけて行われる第69回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。


Posters P-0109 (第1日 16:00 Room A)
Cell-type dependent regulation of EMT and cell invasiveness of cancer cells by periostin
Chul Jang Kim, Yukihiro Tambe, Hirokazu Inoue.

Posters P-0628 (第2日 16:00 Room B)
The drs tumor suppressor is involved in the suppression of viral replication via p38-RSK1-S6 dependent pathway
Yukihiro Tambe, Tokuhiro Chano, Hirokazu Inoue


2009.9.19
学会発表予定


10.1〜10.3にかけて行われる第68回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。

Oral Sessions O-091 (第1日 9:20 Room N)
Activity of novel RB1CC1 molecular cascade involving RB1 and p53 correlates with prognosis of breast cancers
Tokuhiro Chano, Kaichiro Ikebuchi, Yasuhiko Tomita, Hitosuke Tameno, Yasuko Ochi, Kahori Minami, Hirokazu Inoue, Takahiro Isono, Masao Saito, Hidetoshi Okabe.

Oral Sessions O-614 (第3日 14:40 Room F)
Role of drs tumor suppressor gene in cell survival under energy depletion
Hirokazu Inoue, Tokuhiro Chano, Yukihiro Tambe.

Posters P-0175 (第1日 17:20 Room P:B3-1)
Suppression of viral replication by the drs tumor suppressor genes
Yukihiro Tambe, Hirokazu Inoue.

Posters P-0931 (第3日 16:50 Room P:A2-2)
Functional analysis of variant cyclin D1b on enhances cell invasiveness of human bladder cancer cells.
Chul Jang Kim, Takahiro Isono, Yukihiro Tambe, Yusaku Okada, Hirokazu Inoue.


2008.12.4
学会発表予定


12.9〜12にかけて行われる第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会(神戸)において、以下の演題で参加します。

口演番号 2T19-1 2日目 (12/10) 14:30. 第19会場
ポスター番号 3P-1094 3日目 (12/11)
Periostinによる癌の浸潤・転移抑制機構の解析
礒野高敬、金哲將、安藤幸宏、櫻井宏明、山本章嗣、井上寛一

ポスター番号 2P-1120 2日目 (12/10)
Splicing variant cyclin D1bによる膀胱癌細胞の悪性化促進の解析
井上寛一、西香代子、奥山雄介、旦部幸博、岡田裕作、礒野高敬、金哲將

ポスター番号 3P-0389 3日目 (12/11)
エネルギー枯渇に対するストレス応答における癌抑制遺伝子drsの役割
旦部幸博、前田理亜、山本章嗣、茶野徳宏、井上寛一


2008.10.11
学会発表予定


10.28〜10.30にかけて行われる第67回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。

ワークショップ発表番号 O-048 (第1日 Room 12 9:30)
RB1CC1 binds and activates RB1 promoter
Kaichiro Ikebuchi, Tokuhiro Chano, Takahiro Isono, Hirokazu Inoue, Hidetoshi Okabe.

ポスター発表番号 P-1108 (第1日 Room 17-II)
Regulation of autophagy maturation by the interaction of Drs tumor suppressor and Rab24.
Yukihiro Tambe, Takahiro Isono, Tokuhiro Chano, Hirokazu Inoue.

ポスター発表番号 P-4023 (第1日 Room 20-II)
Cyclin D1b variant enhances cell invasiveness of human bladder cancer cells.
Chul Jang Kim, Takahiro Isono, Yukihiro Tambe, Yusaku Okada, Hirokazu Inoue.

ポスター発表番号 P-8123 (第2日 Room 20-II)
Periostin associates with TAB1 to activate TAK1 and suppresses cell invasiveness.
Takahiro Isono, Chul Jang Kim, Hiroaki Sakurai, Yusaku Okada, Hirokazu Inoue.


2007.12.6
学会発表予定


12.11〜15にかけて行われる第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会(横浜)において、以下の演題で参加します。

口演番号 3T16-7 3日目 (12/13) 14:30. Room 16
ポスター番号 4P-0518 4日目 (12/14)
ウイルス感染防御におけるストレス応答蛋白GADD34とTSC/mTOR経路の役割
井上寛一、南佳ほり、旦部幸博、礒野高敬、渡部亮介、磯部健一、樋野興夫、茶野徳宏

ポスター番号 4P-0799 4日目 (12/14)
RB1CC1はhSNF, p53と転写因子複合体を形成し、RB1, p16, p21の転写を促すことにより、RB経路を総合的に増強する
茶野徳宏、池淵嘉一郎、礒野高敬、井上寛一


2007.9.26
学会発表予定


10.3〜10.5にかけて行われる第66回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。

ワークショップ発表番号 O-195 (第2日 Room I 9:30)
RB1CC1 enhances RB pathway in cooperation with hSNF5 and p53.
Kaichiro Ikebuchi, Tokuhiro Chano, Takahiro Isono, Hirokazu Inoue, Hidetoshi Okabe.

ワークショップ発表番号 O-462 (第3日 Room I 15:10頃)
An apoptosis inducing tumor suppressor, Drs, interacts with Rab24 and regulates the maturation process of autophagy.
Yukihiro Tambe, Takahiro Isono, Tokuhiro Chano, Hirokazu Inoue.

ワークショップ発表番号 O-464 (第3日 Room I 15:30頃)
Roles of stress-inducible GADD34 for cell survival in energy depletion and cellular senescense.
Kahori Minami, Hirokazu Inoue, Yukihiro Tambe, Takahiro Isono, Tokuhiro Chano.

ポスター発表番号 P-178 (第1日 B-2-2 II)
Periostin activates TAK1 and suppresses cell invasiveness.
Takahiro Isono, Chul Jang Kim, Hiroaki Sakurai, Yusaku Okada, Hirokazu Inoue.

ポスター発表番号 P-907 (第2日 D-3-2 II)
Down-regulation of drs tumor suppressor gene in neuroendocrine tumors of the lung.
Misuzu Shimakage, Ken Kodama, Kunimitsu Kawahara, Hirokazu Inoue.

ポスター発表番号 P-985 (第3日 A-1-1 II)
Analysis of oncogenic activities of cyclin D1b variant in human bladder cancer cells.
Chul Jang Kim, Takahiro Isono, Yukihiro Tambe, Yusaku Okada, Hirokazu Inoue.

ポスター発表番号 P-1031 (第3日 A-3-1 I)
Stress-inducible GADD34 interacts with TSC1/2 to suppress mTOR signaling pathway.
Hirokazu Inoue, Kahori Minami, Yukihiro Tambe, Takahiro Isono, Tokuhiro Chano.


2006.11.25
学会発表予定


12.6〜8にかけて行われる日本分子生物学会 2006フォーラム(名古屋)において、以下の演題で参加します。

一般口演番号O2J-120 (7日 16:41 J会場)
ストレス応答遺伝子GADD34からmTOR経路を介したウイルス増殖抑制機構
南佳ほり、旦部幸博、渡部亮介、礒野高敬、磯辺健一、茶野徳宏、井上寛一

ポスター発表番号2P-262(7日 ポスター・展示会場3)
v-srcによるトランスフォーメーションにおけるmTOR経路の役割とmTOR経路とMAPK経路のクロストーク
青木健、礒野高敬、旦部幸博、井上寛一


2006.10.17
学会発表予定


11.19〜21にかけて行われる第54回日本ウイルス学会学術集会において、以下の演題で参加します。

一般口演番号3B06(第3日B会場9:55頃)
ヒトメタニューモウイルスとインターフェロン対抗能
後藤 敏、小松孝行、竹内健司、北川善紀

一般口演番号1B02(第1日B会場9:10頃)
ストレス応答遺伝子GADD34からmTOR経路抑制を介したウイルス増殖抑制機構
井上寛一

ポスター発表番号1P094(第1日イベントホール17:40〜18:40)
HIV-1出芽以降におけるGag蛋白のジスルフィド形成
北川善紀、前田才恵、佐多徹太郎、高橋秀宗

ポスター発表番号2P049(第2日イベントホール17:30〜18:30)
センダイウイルスのインターフェロンアンタゴニズム:第三の機構
竹内健司、小松孝行、後藤 敏


ポスター発表番号2P050(第2日イベントホール17:30〜18:30)
RSウイルスのインターフェロンアンタゴニズム
小松孝行、竹内健司、後藤 敏


2006.9.26
学会発表予定


9.28〜9.30にかけて行われる第65回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。

ワークショップ発表番号 O-191 (第1日 D会場 15:50頃)
RB1CC1はhSNF5/INI1と介在し、p53を安定化させることによって抗腫瘍効果を発揮する
茶野徳宏、礒野高敬、井上寛一、岡部英俊

ワークショップ発表番号 O-426 (第2日 D会場 14:50頃)
癌抑制遺伝子drsによるオートファジー制御
旦部幸博、礒野高敬、茶野徳宏、井上寛一

ポスター発表番号 P-572 (第2日 A-6列)
Periostinのalternative splicing variantsと悪性化および浸潤・転移との関連
金哲將、礒野高敬、茶野徳宏、旦部幸博、岡田裕作、井上寛一


2006.6.19
学会発表予定


6.18〜6.23にかけて行われる the 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology において、以下の演題で参加します。

Poster Session 3P-A-231 (June 21, Annex [A])
Inhibition of mTOR signaling by GADD34 via TSC1/TSC2 contributes to cell survival against bioenergitic stress
Ryosuke Watanabe, Yukihiro Tambe, Hirokazu Inoue, Kahori Minami, Masataka Haneda, Ken-ichi Isobe, Toshiyuki Kobayashi, Okio Hino, Hidetoshi Okabe, Tokuhiro Chano

Poster Session 4P-A-059(June 22, Annex [A])
Neuromuscular abundance of RB1CC1 contributes the non-proliferating enlarged cell phenotype through both RB1 and TSC-mTOR pathways
Tokuhiro Chano, Masashi Saji, Hirokazu Inoue, Takahiro Isono, Hidetoshi Okabe

Poster Session 5P-A-168(June 23, Annex [A])
GADD34 controls cell survival by regulating autophagy
Kahori Minami, Yukihiro Tambe, Hirokazu Inoue, Ryosuke Watanabe, Takahiro Isono, Takahiro Kawakami, Takao Terashita, Tokuhiro Chano

Poster Session 5P-A-169(June 23, Annex [A])
An apoptosis-inducing tumor suppressor gene, drs, is involved in regulation of autophagy and defence for viral infection.
Yukihiro Tambe, Akitsugu Yamamoto, Takahiro Isono, Tokuhiro Chano, Hirokazu Inoue

Poster Session 1P-C-109 (June 19, Tent[C]
Blockage of PKR activation in Sendai virus infected cells: Involvement of the viral C gene)
Kenji Takeuchi, Takayuki Komatsu, Bin Gotoh


2005.11.28
学会発表予定


12.7〜12.10にかけて行われる第28回日本分子生物学会年会において、以下の演題で参加します。

ポスター発表番号 1P-1243(第1日)
Drsによるアポトーシス誘導と腫瘍抑制
旦部幸博、向所賢一、茶野徳宏、礒野高敬、九嶋亮治、服部隆則、井上寛一

ポスター発表番号 1P-1251(第1日)
Periostin遺伝子による癌の浸潤・転移抑制機構の解析
礒野高敬、金哲将、旦部幸博、井上寛一

ポスター発表番号 1P-1267(第1日)
第14番染色体長腕上の刷り込み遺伝子DLK1はヒト腎細胞癌の癌抑制遺伝子である
南佳ほり、川上亨弘、茶野徳宏、井上寛一、寺下隆夫、岡部英俊、岡田裕作、岡本圭生

ワークショップ発表番号 W1B-9 (第1日 B会場 18:02)
RB1CC1:RB1, mTOR両経路への貢献と細胞増殖、サイズの調整、そして、その生理的意義
茶野徳宏、佐治雅史、南佳ほり、井上寛一、岡部英俊


2005.8.24
学会発表予定


9.14〜9.16にかけて行われる第64回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。

ポスター発表番号 PP1-0280 (第1日午後 S-1会場)
Periostin C末端領域のalternative splicingと悪性化および浸潤・転移との関連
金哲將、礒野高敬、旦部幸博、岡田裕作、井上寛一

ポスター発表番号 PP2-0872 (第2日午後 S-2会場)
v-srcによるトランスフォーメーションにおけるmTOR経路の関与の解析
礒野高敬、旦部幸博、井上寛一

ワークショップ発表番号 W-789 (第3日 F会場 14:50頃)
RB1CC1とhSNF5の介在がもたらすRB1経路への影響と抗腫瘍効果
茶野徳宏、礒野高敬、井上寛一、岡部英俊

ワークショップ発表番号 W-837 (第3日 J会場 15:20頃)
アポトーシス誘導能を持つ癌抑制遺伝子Drsによる腫瘍抑制効果の解析
旦部幸博、向所賢一、茶野徳宏、礒野高敬、九嶋亮治、服部隆則、井上寛一


2005. 1.18
滋賀医大シンポジウムについて


滋賀医科大学・助講会はこれまで滋賀医大における研究の一層の発展を目指し、特に若手の研究者を中心にこれまでに20回を超える滋賀医大シンポジウムを企画し開催してきました。本年度はこの滋賀医大シンポジウムを、開学30周年を記念して特別に「開学30周年記念・滋賀医大シンポジウム」としておこなうこととなりました。「開学30周年記念」であることを鑑み、本年度は、全学よりメールで演者の推薦を受け、11名の先生方にシンポジストとして発表していただくこととなりました。

滋賀医大で行われている医学研究を知るための絶好の機会です。研究者だけでなく、大学院生・学部学生もぜひ活発なディスカッションに参加してください。

開学30周年記念 滋賀医科大学シンポジウム(兼:大学院医学総合研究特論)
日時:平成17年 2月16日(水)9:00-17:00
場所:滋賀医科大学 臨床講義室3

記念懇親会(参加無料)17:30-
場所:滋賀医科大学 福利棟  生協食堂

問い合わせ先:井上(微生物学講座:077-548-2177, hirokazu@belle.shiga-med.ac.jp)
詳細はこちらをごらんください。


2004. 12.6
学会発表予定


12.8〜12.11にかけて行われる日本分子生物学会第27回年会において、以下の演題で参加します。

一般演題(ポスター)番号: "3PB-376"(第 3 日)
ノックアウトマウスによるDrs遺伝子の癌化抑制機能とアポトーシス誘導機構の解析
旦部幸博、吉岡(山下)敦子、向所賢一、原口清輝、九嶋亮治、礒野高敬、服部隆則、井上寛一
要旨
  Drsは膜貫通領域と3つのSushiモチーフを持つ新規癌抑制遺伝子である.我々は昨年の本学会において,Drsが小胞体に局在するアポトーシス誘導因子ASY/Nogo-B/RTN-xsと結合し,caspase -12,-9,-3を活性化してヒト癌細胞株にアポトーシスを誘導することを報告した.今回,Drsの癌化抑制機能とDrsが関与するアポトーシス経路を明らかにするために,Drsノックアウト(KO)マウスを作製し,個体および細胞レベルでの解析を行った.Drs KOマウスは生後8ヶ月から12ヶ月で,その約20%にリンパ腫・肺癌・肝癌・肉腫などの悪性腫瘍が発症した.このKOマウスに生じた肺癌から樹立した癌細胞株にレトロウイルスベクターを用いてDrsを再導入したところ,ヌードマウスにおける腫瘍形成能が抑制された.これらの結果からDrsはマウス個体において癌抑制遺伝子として機能していると考えられる.また,wild typeおよびDrs KOマウスから胎児線維芽細胞(MEF)を調整し,様々なアポトーシス誘導因子に対する反応を検討したところDrs KO MEF細胞がmTOR阻害剤であるラパマイシンによるアポトーシスに抵抗性を示すことを見出した.そこでDrsが,細胞の栄養状態やエネルギー状態を感知して蛋白合成や細胞成長を制御しているmTORシグナル伝達系に関与する可能性を検討するため,グルコース飢餓によるエネルギー枯渇に対する応答性を調べたところ,Drs KO MEF細胞ではグルコース飢餓の際にアポトーシスが誘導されることを見出した.またこのときcaspase -12, -9, -3の活性化とp70 S6 kinaseの顕著な減少が認められた.以上の結果からDrsによるアポトーシス誘導経路がmTORシグナル伝達経路にも関与している可能性が示唆された.


2004.10.3
セミナー(合同懇談会)のお知らせ


合同懇談会は滋賀医大で研究者同士の交流と各自の研究をさらに発展させることを目的として研究者有志が立ち上げたセミナーです。微生物学講座メンバーも設立当初から参加しています。オープンなセミナーとして行っておりますので、臨床、基礎、学生、教官を問わずできるだけ多くの方々に参加しディスカッションしていただければ幸いです。
  • 話題提供者:川上 享弘先生
         (泌尿器科)
  • 演題   :Characterization of loss-of-inactive X in Klinefelter syndrome and female derived cancer cells
  • 日時   :10月8日(金)午後4時から
  • 場所   :教官ロビー(基礎棟2F)

なお、合同懇談会の詳細について知りたい人はこちらを御覧下さい。


2004.9.13
大学院入試に関する情報


平成17年度大学院医学系研究科(博士課程)学生募集要項が公示されました(PDFファイル
詳細については滋賀医大入試情報から「平成17年度入試日程」および「募集要項の概要と請求方法」をご覧ください。
  • 出願期間:11/8〜12
  • 試験日:11/29
  • 合格発表:12/8
  • 入学手続き:H17 3/12
出願資格
  1. 大学の医学部医学科、歯学部又は修業年限6年の獣医学を履修する課程を卒業した者及び平成17年3月までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法第68条の2第3項の規定により、医学又は歯学に関する専攻分野の学位を授与された者及び平成17年3月までに授与される見込みの者
  3. 外国において、学校教育における18年の課程(医学、歯学又は獣医学を履修する課程を含むものに限る。)を修了した者及び平成17年3月までに修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における18年の課程(医学、歯学又は獣医学を履修する課程を含むものに限る。)を修了した者及び平成17年3月までに修了見込みの者
  5. 修士課程を修了した者又は修士の学位を有する者と同等以上の学力がある者で、大学の医学、歯学又は獣医学を履修する課程を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者等昭和30年4月8日文部省告示第39号及び平成元年9月1日文部省告示第118号により文部科学大臣の指定した者
  6. 大学(医学、歯学又は獣医学を履修する課程に限る。)に4年以上在学し、所定の単位を優秀な成績で修得したと本大学院が認めた者
  7. 外国において学校教育における16年の課程(医学、歯学又は獣医学を履修する課程を含むものに限る。)を修了した者、又は外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程(医学、歯学又は獣医学を履修する課程を含むものに限る。)を修了した者であって、所定の単位を優秀な成績で修得したと本学大院が認めた者
  8. 本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学(医学、歯学又は修業年限6年の獣医学を履修する課程に限る。)を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者
  • 社会人入学を希望できる者は、上記のいずれかに該当する者で、出願時に既に就業しており、入学後も引き続き職業を有し、所属長から在職のまま就学することの承諾が得られる者とします。
  • 出願資格6から8のいずれかの出願資格により出願する者は、募集要項5ページ「出願資格の認定」を参照してください。
なお出願資格認定の申請期間は 平成16年10月13日(水)~15日(金)午後5時(必着) です。

微生物学講座では、私たちの研究テーマに興味のある、やる気のある大学院生を求めています。来年度から、ぜひ私たちと一緒に研究をしましょう!


2004.9.13
学会発表予定


9.29〜10.1にかけて行われる第63回日本癌学会総会において、以下の演題で参加します。

ワークショップ発表番号 W-363 (第3日 J会場 9:30頃)
アポトーシス誘導能を持つ癌抑制遺伝子Drsのノックアウトマウスにおける悪性腫瘍発生機構

旦部幸博、向所賢一、礒野高敬、九嶋亮治、服部隆則、井上寛一

要旨
我々がv-srcによる細胞癌化を抑制する活性を持つ遺伝子として分離したDrsは、1つの膜貫通領域とSushiモチーフと呼ばれる3つのコンセンサスリピートを持つ癌抑制遺伝子である。Drs遺伝子は大腸癌、肺癌、ATLリンパ腫など種々のヒト悪性癌組織においてそのmRNAの発現が抑制されている。我々は昨年の本学会においてDrsが小胞体を介する新規の径路によりcaspase-12, -9, -3を活性化してヒト癌細胞にアポトーシスを誘導することを報告した。今回、Drsの生理機能とアポトーシスおよび癌化との関連を明らかにするためにDrs遺伝子ノックアウトマウスを作製したところ、生後1年を経過したこのノックアウトマウスの約20%にT細胞リンパ腫、肉腫、肺腺癌などの悪性腫瘍が発生することを見い出した。また、このノックアウトマウス由来の胎児線維芽細胞では、野生型マウス由来の細胞と比べて、特定のアポトーシス誘導剤に対する感受性が低下していた。現在、Drsノックアウトマウスにおけるアポトーシス耐性と腫瘍発生の分子機構についてさらに詳細な解析を行っている。

29日 9:00〜 K会場
W-062. がん抑制遺伝子ASYの発現抑制とATL発症との関連
島影美鈴 井上信正 大島孝一 岡剛史 井上寛一 湯通堂満寿男

30日 ポスター午前 A-8列
P-0621. ヒト膀胱癌におけるperiostinの浸潤抑制機能の解析
金哲将 九嶋亮治 岡田裕作 井上寛一



2004.6.26
セミナー(合同懇談会)のお知らせ

  • 話題提供者:道家 智博先生
         (循環器内科)
  • 演題   :心不全に対するプロテオーム解析
  • 日時   :6月29日(火)午後5時から
  • 場所   :教官ロビー(基礎棟2F)

なお、合同懇談会の詳細について知りたい人はこちらを御覧下さい。


2004.3.25
平成16年度自主研修について


平成16年7月からの自主研修(医学科第4学年対象の科目)について、微生物学講座の研究内容をお知らせします。講座選択の際の参考にしてください。

受入期間:
7月14日〜9月30日(実際のスケジュールは面談の際に相談します。必修4週間ですが希望によっては全期間でも構いません)
研修可能人員:2名
受入責任者:井上寛一 助教授
研究内容
ウイルス癌遺伝子、癌抑制遺伝子など癌発生に関わる遺伝子の機能解析による癌化の分子機構の研究
我々は細胞癌化の分子機構を明らかにするために癌の発生に関わっているウイルス癌遺伝子や細胞側の癌化抑制に関わる遺伝子をクローニングし、その機能を分子生物学、細胞生物学、プロテオミクスや発生工学(ノックアウトマウスなど)の手法を用いて解析しています。現在、我々が独自にクローニングした新規癌抑制遺伝子DrsおよびPeriostinの機能解析を中心に行っています。Drsはヒト癌細胞にアポトーシス(細胞死)を誘導することによって癌の悪性化を抑え、Periostinは癌細胞の浸潤能を抑える活性があります。現在、実際に行っている実験は細胞培養、遺伝子組み換えによる発現プラスミド作成、トランスフェクション法やウイルスベクターによる細胞への遺伝子導入、細胞周期やアポトーシスの解析、癌細胞の悪性化形質の解析、ウエスタン法によるタンパク発現の解析、RT-PCR法によるmRNA発現の解析、サザン法やPCRによるゲノムDNAの解析、質量分析計(TOF-MS)によるタンパクの解析と同定、ノックアウトマウスの病理解析、などですが自主研修でどのような実験を行うかは面談の上で決めたいと思います。
学生へのメッセージ
自主研修ではこれまで学生実習で行ってきたような結果が分かっている実験とは異なり、自分のテーマを持って実際の研究の一端に参加してもらいます。予習や予備知識は特に要りませんが、上記の研究内容に書いてあるような細胞癌化、アポトーシス、ウイルスベクター、遺伝子操作、細胞培養など、何らかの自分なりの興味や関心を持って研修に来てください、どういう日程でどのような実験を行うかは面談の上決めたいと思います。


2004.3.16
セミナー(合同懇談会)のお知らせ

  • 話題提供者:豊田 太先生
         (生理学第二講座)
  • 演題   :マウス心筋培養細胞(HL-1細胞)の急速活性型遅延整流性K+電流(IKr)の解析
  • 日時   :3月17日(水)午後5時から
  • 場所   :教官ロビー(基礎棟2F)


2003.12.1
セミナー(合同懇談会)のお知らせ

  • 話題提供:井上 寛一 先生
        (滋賀医科大学微生物学講座)
  • 演題  :アポトーシスと癌: Drs 遺伝子による新規アポトーシス誘導径路と癌化抑制
  • 日時  :12月18日(木)午後5時から
  • 場所  :教官ロビー(基礎棟2F)


2003.10.14
学会発表予定


12.10〜13にかけて行われる第26回日本分子生物学会において、以下の演題で参加します。

ワークショップ発表番号 01L-8 (第1日 L 会場17:36時)
Drs 遺伝子による新規アポトーシス誘導径路と癌化抑制
Novel apoptotic pathway induced by the drs gene and tumor suppression

井上寛一、旦部幸博、吉岡(山下)敦子、原口清輝、湯通堂満寿男、礒野高敬

要旨
我々がv-srcによる細胞癌化を抑制する活性を持つ遺伝子として分離したDrsは膜貫通 領域とSushiモチーフと呼ばれるコンセンサスリピートを持つ新規癌抑制遺伝子であ る。Drs 遺伝子は 大腸癌、肺癌など種々のヒト癌細胞株や悪性癌組織においてmRNA 発現が抑制されており、ヒト癌の発症にも関与していると考えられる。我々は今回、 Drs 遺伝子を種々のヒト癌細胞株に高発現させるとアポトーシスを誘導することを新 たに見い出した。本研究ではまずこのDrs 遺伝子によるアポトーシス誘導のシグナル 径路について詳細に解析を行い、以下のことを明らかにした。(1) drsはcaspase-3, -9を活性化するが、ミトコンドリアからのチトクロームc の放出は認められなかっ た。(2) Drsによるアポトーシスはp53非依存性であり、Bcl-2遺伝子の高発現によっ ても抑制されなかった。(3) caspase-3, -9 の活性化に先だって小胞体を介するアポ トーシスに関与すると考えられているcaspase-12の活性化が認められた。(4) Drsが 小胞体に局在する新規アポトーシス誘導因子ASY/Nogo-B/RTN-xsと相互作用すること を見出した。これらの結果からDrsがERを介する新規の径路からcaspase-3を活性化し ヒト癌細胞にアポトーシスを誘導することが示唆された。さらに、我々はDrs 遺伝子 の生理機能とアポトーシス、および癌化との関連を明らかにするためにDrs 遺伝子ノ ックアウトマウスを作製した。このノックアウトマウスの胸腺からリンパ球を調製 し、アポトーシス誘導を検討したところ、正常マウス由来のリンパ球に比べて、 Dexamethazone などの薬剤によるアポトーシス誘導が抑制されることを見い出した。 また、生後10ヶ月を経過したDrs ノックアウトマウスにリンパ腫や肉腫などの悪性 腫瘍の発生を見い出している。現在、このアポトーシス抑制の分子機構とノックアウ トマウス個体での加齢にともなう癌発生の詳細な解析を行っている。



2001.7.13
基礎医学演習(基礎配属)無事終了!


7.2〜7.13の2週間にわたって医学科4回生対象に基礎配属が実施されました。微生物学講座に配属されたのは7名。2週間の短い間でしたが、皆、真面目に実験に取り組んでくれました。基礎医学研究の片鱗に触れる、よい機会になったと思います。


関連記事
 → 講義関連:基礎医学演習(シラバス)
 → 基礎配属の風景 (1)(2)

BORDER

[TOP] [研究概要][講義関連][教室紹介][研究支援]
BORDER