神経難病研究センター 創薬研究部門 滋賀医科大学

  • English

更新情報・お知らせ

2019/03/25
SUMSグランドラウンド研究発表への授賞式がありました。NEW
2019/03/09
卓越研究員制度の公募説明会で、若手研究者講演を担当しました。NEW
2019/03/08
滋賀医科大学シンポジウムでの研究授賞式が開かれました。NEW
2019/03/05
私たちの研究室からの論文が受理となりました。NEW
2019/03/04
第2回IRUD-Beyond モデル生物 国際シンポジウム (東京) に参加しました。
2019/03/01
第30回てんかん研究治療研究会 (大阪) に参加しました。
2018/12/10
SUMSシンポジウムで研究発表を行いました。
2018/11/10
第45回 日本脳科学会で研究発表を行いました。
2018/11/06
SfN (Neuroscience2018) で研究発表を行いました。
2018/08/22
学長裁量経費(若手萌芽研究)による研究助成に門田陽介さんの研究計画が採択されました。
2018/07/26
第41回日本神経科学大会に参加、研究発表を行いました。
2018/07/19
基礎科学研究発表会。
2018/06/25
長浜バイオ大学での講義を担当いたしました。
2018/04/24
平成30年度 第1回SUMSグランド・ラウンドで研究発表を行いました。
2018/04/20
第121回日本小児科学会 (福岡) に参加させていただきました。
2017/12/15
学部生の田中さんが研究のスタートを切りました。
2017/12/15
滋賀医大シンポジウム (The 34th SUMS Challenging Symposium) が開かれました。
2017/10/02
大学院博士課程の学生として門田陽介さんが研究のスタートを切りました。
2017/08/28
小児神経内科医の森宗孝夫さんが研究のスタートを切りました。
2017/07/05
滋賀医科大学 研究医養成コースの学部生さんの3人が医学研究のスタートを切りました。
2017/06/17
第59回日本小児神経学会学術集会 (2017年6月15〜17日、大阪国際会議場) に参加いたしました。
2017/04/14
第120回日本小児科学会 (東京) に参加しました。
2017/03/16
第6回細胞競合コロキウムに参加させていただきました。(森、口頭発表、北海道)。

部門長からの御挨拶


滋賀医大 神経難病研究センターの森 雅樹です。
サイエンスの魅力のとりことなり、小児科医の経験をもとに
病気と闘うこども達やその家族の希望をつむぐことを目的として
小児難病の基礎研究に取り組んでいます。

小児難病研究者の育成

病気を治すことを目標にした研究に携わりたい方、ぜひ御連絡下さい。
現在、当研究室は、海外からの留学生 (大学院生) やリサーチアシスタントさん
学部生さんのそれぞれが個別に研究テーマをもち、個々の習得段階に応じたスキルアップを図っています。

現在の研究テーマは、以下の通りです。
◆ 小児難病治療学
◆ 小児特性学
◆ 細胞競合
◆ 細胞の物理特性 マイクロレオロジー(九州大学 水野大介先生との共同研究)
◆ バイオインフォマティクス
◆ 小児先天代謝疾患ハンター症候群のモデルマウス研究
◆ 臓器サイズコントロール

個々の方が携わる研究テーマは、それぞれの方の希望や個性、
研究経験などを考慮して相談しながら、決めていきます。
それぞれの方が持って生まれた個性やポテンシャルを最大限に羽ばたかせることを目指してやっています。

若い一時期の時間を研究に燃やしたい方、ぜひ御一報ください !
また、必ずしも当研究室への参加を希望されていない方でも、最適な研究環境の選択や、
他の研究室・研究者の御紹介や御検討などにつきまして、いつでも御相談にのらせていただきます。
お気軽に御連絡下さい。

森 雅樹
創薬研究部門 部門長 特任准教授 卓越研究員
morim@belle.shiga-med.ac.jp
Phone. 077-548-2327 創薬研究部門