滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

教室案内

教室沿革スタッフ紹介研究内容研究業績

研究業績


学会発表・講演
2016年(平成28年)
1.Fujikawa M.,Osada M, Postoperative Refraction After Intrascleral Fixation of Intraocular Lens by 30-Gauge Double Needle Technique, APAO 2016.3.24-27 台北、台湾

2. Higasiyama T, Relationship between MRI signal intensity and Volume Extraocular Muscles in Thynid-Associated with Methylpredon isolone pulse therapy, APAO 2016.3.24-27 台北、台湾

3. Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M: Optical coherence tomography angiography of eyes with good visual function after treatment for optic neuritis. AAO  2016.10.15-18. Chicago. USA.

4. Ichiyama Y, Sawada O, Mori T, Fujikawa M, Kawamura H, Ohji M. The effectiveness of vitrectomy for diffuse diabetic macular edema way depend on its preoperative optical coherence tomography pattern, APAO 2016.3.24-27 台北、台湾

5. Ichiyama Y, Ito Y, Sawada T, Sawada O, Fujikawa M, Saishin Y, Ohji M. Optical coherence tomography angiography reveals blood flow in choroidal neovascular membrane in inactive neovascular age-related macular degeneration. ASRS 2016.8.9-14, San Francisco, USA

6. Matsushita I, Hayashi T, Kimoto K, Kubota T, Ohji M, Kusaka S, Kondo H. Foveal hypoplasia in patients with Stickler syndrome. AAO 2016.10-15-19, Chicago, USA

7. Mori R , Ohji M , Takahashi K, Ishibashi T, Migita H, Sakaguchi T, Inuyama L, Yuzawa M Intravitreal aflibercept in wet age-related macular degeneration patients from Japan: 6-month outcomes of J-PMS ARVO 2016.5.1-5.5 Seattel, USA

8. Ohji M Surgical treatments for refractory macular hole retinal detachment in high myopia. 31th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology. (シンポジウム) 2016.3.24-27, 台北、台湾

9. Ohji M Surgical techniques in vitrectomy, Opening Remark. Sino-Japan Forum of Ocular Fundus Disease, Annual meeting of Chinese Ocular Fundus Disease Society 2016 and International Retina Forum.  2016.4.13-16, Xiamen厦門, China

10. Ohji M, Ichiyama Y, Sawada O, Mori T, Fujikawa M, Kawamura H. The effectiveness of vitrectomy for diffuse diabetic macular edema may depend on its preoperative optical coherence tomography pattern. 30th Meeting of Club Jules Gonin.  2016.7.6-9, Bordeaux, France

11. Ohji M. Treatments for submacular hemorrhage (Invite lecture) The 20th Anniversary Forum of Eye center of affiliate second hospital of Zhejian Univeristy. 2016.9.17, Hangzhou (杭州), China

12. Ohji M. Massive subretinal hemorrhage. Diagnosing and Managing Challenging Vitreo-retinal cases. Instruction course. American Academy of Ophthalmology 2016.10.15-19, Chicago, USA

13. Ohji M. Latest advances in vitreous surgery 10th Annual meeting of Asia-Pacific Vitreoretinal Society 2016.12.8-10 Bangkok, Thailand

14. Osada M, Fujikawa M, Ohji M Postoperative refraction after intrascleral fixation of intraocular lens by 30-gauge double needle. APAO 2016.3.24-27, 台北、 台湾.

15. Sawada O, Ichiyama Y, Ito Y, Fujikawa M, Kakinoki M, Sawada T, Saishin Y, Ohji M. Aqueous vascular endothelial growth factor after bimonthly intravitreal injection of ranibizumab or aflibercept in patients with diabetic macular edema, ARVO 2016.5.1-5 Seattle, USA

<国内学会発表>
1. Masashi Kakinoki, Masanori Iwasaki, Yuki Moriya, Taiji Sakamoto, Takashi Araki, Yoshihiro Takamura, Masatsugu Kojima, Kazuhiko Sugitani, Hiroki Sano, Osamu Sawada, Masahito Ohji, Surgical outcomes of macular hole retinal detachment in highly myopic eyes, 第55回日本網膜硝子体学会総会 2016.12.2-4 東京

2. 市川一夫、中村英樹、田辺詔子、山出新一、村木早苗、岡島 修、中村かおる 学校健診における色覚検査のあり方と臨床診断および指導 第70回日本臨床眼科学会 インストラクションコース 2016.11.3-6 京都

3. 一山悠介、南川貴之、丹羽雄一、大路正人 緑内障眼におけるOCT angiographyと視野の関係 第122回京都眼科学会 2016.6.19 京都

4. 一山悠介、南川貴之、丹羽雄一、大路正人 緑内障眼における視野障害とOCT angiographyの関係 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

5. 一山悠介、南 真弓、川村 肇、柿木雅志、西信良嗣、澤田 修、澤田智子、近藤寛之、大路正人 小児期に裂孔原性網膜剥離を発症しStickler症候群と診断された2例 第55回日本網膜硝子体学会総会 2016.12.2-4 東京

6. 伊藤拓、丸山由美子、森葉津季、杉本智美、菅江繁幸、野口和美、松本富美子、東山智明、村木早苗、大路正人 特定の状況で出現する複視に対して視能訓練が奏功した一症例 第57回日本視能矯正学会 2016.10.15-16 大阪

7. 伊藤友香、澤田智子、柿木雅志、藤川正人、一山悠介、澤田 修、西信良嗣、大路正人 加齢黄斑変性に対するアフリベルセプト投与後3か月後の前房水VEGF濃度 第55回日本網膜硝子体学会総会 2016.12.2-4 東京

8. 今村拓 トラベクレクトミー後の濾過胞感染の一例 第38回京滋緑内障カンファレンス 2016.2.27 京都

9. 今村拓、南川貴之、一山悠介、大路正人 濾過胞の抜糸が原因と考えられた角膜感染の一例 第122回京都眼科学会 2016.6.19 京都

10. 今村拓、南川貴之、丹羽雄一、大路正人 当院での緑内障術後感染症例 平成28年度滋賀県眼科医会総会・学術講演会 2016.7.10 大津

11. 今村拓、一山悠介、南川貴之、大路正人 濾過手術後の抜糸を契機に発症した角膜感染の一例 第27回日本緑内障学会 2016.9.17-19 横浜

12. 岩佐真紀、村木早苗、東山智明、大路正人 滋賀医大における心因性視覚障害の最近の動向 第122回京都眼科学会 2016.6.19 京都

13. 岩佐真紀、村木早苗、東山智明、大路正人 滋賀医大における心因性視覚障害の最近の傾向 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

14. 大路正人 糖尿病黄斑浮腫の診療  第2回アイリーア黄斑疾患セミナーin 佐賀 (特別講演) 2016.1.15 佐賀

15. 大路正人 黄斑疾患に対する硝子体手術  北九州黄斑疾患研究会 (特別講演) 2016.3.12 北九州

16. 大路正人 アフリベルセプトwAMD PMS investigators 滲出型加齢黄斑変性に対するアフリベルセプト使用成績調査の6ヵ月成績 第120回日本眼科学会総会 2016.4.7-10 仙台

17. 大路正人 網膜って意外と丈夫 (ランチョンセミナー) 第120回日本眼科学会総会 2016.4.7-10 仙台

18. 大路正人 硝子体手術、各々の原点Ⅱ 第120回日本眼科学会総会共催ランチョンセミナー 2016.4.7-10 仙台

19. 大路正人 硝子体手術の観察系 第47回RETINAの会 2016.4.9 仙台

20. 大路正人 加齢黄斑変性の診断と治療 函館眼科医会学術講演会 2016.5.13 函館

21. 大路正人 糖尿病黄斑浮腫の治療 第127回山口県眼科医会春季集談会 2016.5.22 山口

22. 大路正人 トラブルシューティング 第15 硝子体手術ビデオセミナー 2016.6.19 東京

23. 大路正人 糖尿病黄斑浮腫の治療  Team Macula in 岡山 2016.7.16 岡山

24. 大路正人 強度近視に伴う黄斑円孔網膜剥離に対するILM repositioning+自己血液 Japan Macula Club 第18回学術講演会 2016.8.27-28 蒲郡

25. 大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術(インストラクションコース)  第70回 日本臨床眼科学会 2016.11.3-6  京都

26. 大路正人 硝子体手術を極める-液体パーフルオロカーボンの使い方と注意点 第55回日本網膜硝子体学会総会 ランチョンセミナー1 2016.12.2-4 東京

27. 大路正人 第19回盛賞受賞者(白神史雄)紹介   第55回 日本網膜硝子体学会 2016.12.2-4  東京

28. 長田美帆子、一山悠介、藤川正人、柿木雅志、澤田 修、西信良嗣、大路正人 近視性黄斑円孔網膜剥離に対するinverted ILM flapと自己血注入術を併用した硝子体手術の一例 第122回京都眼科学会 2016.6.19 京都

29. 長田美帆子、一山悠介、藤川正人、柿木雅志、澤田 修、西信良嗣、大路正人 近視性黄斑円孔網膜剥離に対する内境界膜移動術と自己血注入術を併用した硝子体手術 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

30. 西信良嗣, 一山悠介,伊藤友香,藤川正人,柿木雅志,澤田 修,澤田智子,大路正人網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するラニビズマブの2ヵ月毎投与の治療成績 第120回日本眼科学会総会 2016.4.7-10 仙台

31. 西信良嗣、一山悠介、伊藤友香、藤川正人、大路正人 アフリベルセプト投与後に黄斑円孔を生じ自然閉鎖を認めた網膜中心静脈閉塞症の一例 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

32. 西信良嗣、藤川正人、岩佐真紀、村木早苗、大路正人 Cone contrast testを用いた網膜静脈分枝閉塞症に伴う後天色覚異常の検討 第55回日本網膜硝子体学会総会 2016.12.2-4 東京

33. 澤田修、一山悠介,伊藤友香,藤川正人,柿木雅志,澤田智子,西信良嗣,大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF薬隔月硝子体内注射の前房水VEGF濃度への影響 第120回日本眼科学会総会 2016.4.7-10 仙台

34. 澤田修、一山悠介、伊藤友香、藤川正人、柿木雅志、澤田智子、西信良嗣、大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対するアフリベルセプト硝子体内注射による血清VEGFへの影響 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

35. 澤田修、一山悠介、伊藤友香、藤川正人、柿木雅志、澤田智子、西信良嗣、大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する導入期なしのアフリベルセプト隔月投与の6ヶ月成績 第55回日本網膜硝子体学会総会 2016.12.2-4 東京

36. 澤田智子、伊藤友香、柿木雅志、澤田 修、一山悠介、藤川正人、西信良嗣、大路正人 加齢黄斑変性への抗VEGF薬2ヶ月毎投与の早期反応例の検討 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

37. 杉本昌彦、石田 晋、村田敏規、澤田 修、大路正人 糖尿病黄斑浮腫アップデート-明日からできる治療の使い分け- 第70回日本臨床眼科学会 インストラクションコース 2016.11.3-6 京都

38. 東山智明、一山悠介、村木早苗、西田保裕、大路正人 OCT Angiographyを用いた視交叉部圧迫症例における網膜血流の評価 第120回日本眼学会総会 2016.4.7-10 仙台

39. 東山智明 Use of MRI Signal Intensity of Extraocular Muscles to Evaluate Methylprednisolone Pulse Therapy in Thyroid-Associated Ophthalmopathy 第72回日本弱視斜視学会総会/第41回日本小児眼科学会総会 2016.6.24-25 横浜

40. 東山智明、村木早苗、大路正人 抗VEGF療法が奏功した著名な水晶体血管膜の拡張と散瞳不良を伴う未熟児網膜症の2例 第72回日本弱視斜視学会総会/第41回日本小児眼科学会総会 2016.6.24-25 横浜

41. 東山智明、村木早苗、西田保裕、大路正人 長期経過後の術後外斜視のもどし手術における解剖学的に推測した筋付着部への縫着 第72回日本弱視斜視学会総会/第41回日本小児眼科学会総会 2016.6.24-25 横浜

42. 東山智明 視神経疾患におけるOCT Angiography 第29回近畿神経眼科セミナー 2016.7.16-17 大阪

43. 東山智明、西田保裕、大路正人 良好な治療効果が得られた視神経炎症例のOCT Angiographyを用いた網膜血流の評価 第33回日本眼循環学会 2016.7.22-23 福岡

44. 東山智明、西田保裕、大路正人 虚血性視神経症のOCT Angiographyによる網膜血流の評価 第54回日本神経眼科学会総会 2016.11.25-26 宮崎

45. 西田保裕:眼球運動障害の診断と治療. 第3回神奈川小児眼科・神経眼科カンファレンス. 横浜市, 2016.02.04

46. 西田保裕:滋賀医大での初期臨床研修教育. 滋賀医科大学同門会総会. 大津市, 2016.05.17

47. 西田保裕:甲状腺眼症の治療. 四国Eyeランドセミナー. 高松市, 2016.05.21

48. 西田保裕:「小児の斜視アップデート」小児斜視の画像診断. 第72回日本弱視斜視学会総会, 横浜市, 2016.06.25

49. 西田保裕:「こんなときどうする?内斜視の検査と経過観察」画像検査から診る後天内斜視 up to date.第70回日本臨床眼科学、2016.11.06 京都

50. 藤川正人、村木早苗、大路正人 裂孔原性網膜剥離術後におけるCone Contrast Testを用いた色覚検査 第120回日本眼科学会総会 2016.4.7-10 仙台

51. 藤川正人、村木早苗、大路正人 中心性漿液性脈絡網膜症におけるRabin Cone Contrast Test 第33回日本眼循環学会 2016.7.22-23 福岡 

52. 松下五佳、永田竜朗、林 孝彰、木許賢一、久保田敏明、大路正人、日下俊次、近藤寛之 Stickler症候群では高率に黄斑低形成を合併する 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

53. 村木早苗 先天赤緑色覚異常の基礎と診療 第3回雪明・新潟眼科フォーラム 2016.2.21 新潟

54. 村木早苗:先天色覚異常について知っておきたいこと.平成27年度眼科スタッフ講習会 2016.3.6 富山

55. 村木早苗:心因性視覚障害について.平成27年度第2回学校医講習会 2016.3.16 大阪 

56. 村木早苗 後天内斜視(低・過矯正) 第120回日本眼科学会総会(教育セミナー4・斜視再手術の戦略) 2016.4.7-10 仙台

57. 村木早苗:先天色覚異常のメカニズム -遺伝と遺伝子から-.視能訓練士協会 第15回研修会 2016.6.5 大阪

58. 村木早苗、岩佐真紀、山出新一、大路正人 石原色覚検査表での誤読数の検討 平成28年度滋賀県眼科医会総会・学術講演会 2016.7.10 大津

59. 村木早苗:先天色覚異常の診療.京都府眼科医会夏季集談会 2016.7.23 京都

60. 森 崇正、柿木雅志、西川亜希子、小川みぎわ、多鹿三和子、大路正人 網膜剥離に対する硝子体手術後に黄斑円孔の自然閉鎖と再発を4回繰り返した1例 第55回日本網膜硝子体学会総会 2016.12.2-4 東京

61. 森川翔平、岡本芳史、岡本史樹、香留崇、三田村佳典、石川裕人、五味文、上田哲生、緒方奈保子、川野純廣、坂本泰二、杉谷和彦、平野佳男、安川力、澤田修、柿木雅志、大路正人、木下貴正、高村佳弘、大鹿哲郎  スポーツに起因する開放性眼外傷の検討 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

62. 山下眞里佳、國吉一樹、村木早苗、上山久雄、豊田 太、林 孝彰、櫻本宏之、宇野直樹、初川嘉一、下村嘉一 杆体一色覚と青錐体一色覚 第70回日本臨床眼科学会 2016.11.3-6 京都

2015年(平成27年)
<国際学会発表>
1.Fujikawa M, Sawada O, Sawada T, Saishin Y, Kawamura H, Ohji M Pneumatic Displacement In Combination With Anti-VEGF Therapy For Subretinal Hemorrhage Secondary To Polypoidal Choroidal Vasculopathy ARVO 2015.5.3-5.7 Denver, USA

2. Ohji M, Complications of perfluorocarbon liquid and how to avoid them  American Academy of Ophthalmology Retina Subspecialty Day (招待講演) 2015.11.13-14 Las Vegas, USA

3. Ohji M, Vitrectomy for diabetic macular edema: Pros and Cons International Retina Summit (招待講演) 2015.11.6-8 Kunming, China

4. Ohji M New developments in vitreoretinal surgical instruments  (AAO Symposium: New developments in Retina) 30th Asia-pacific Academy of Ophthalmology Congress 2015.4.1-4.4 Guangzhou, China

5. Ohji M Scleral shortening for refractory retinal detachment due to macular hole (Symposium: Vitreomacular diseases) 30th Asia-pacific Academy of Ophthalmology Congress 2015.4.1-4.4 Guangzhou, China

6. Ohji M Scleral shortening for refractory retinal detachment due to macular hole (Symposium: Retina and retinal detachment surgery) 30th Asia-pacific Academy of Ophthalmology Congress 2015.4.1-4.4 Guangzhou, China

7. Ohji M Bimonthly injection of ranibizumab for AMD. (Symposium: Age-related macular degeneration) 30th Asia-pacific Academy of Ophthalmology Congress 2015.4.1-4.4 Guangzhou, China

8. Ohji M Update of vitreoretinal surgery.  (Symposium) Chinese Ocular Fundus Disease Forum and 16th National academic congress of Chinese ocular fundus diseases 2015.3.6 Shanghai, China

9. Sawada O, Fujikawa M, Ito Y, Sawada T, Ohji M Aqueous vascular endothelial growth factor before and after intravitreal injection of bevacizumab or ranibizumab in patients with diabetic macular edema ARVO 2015.5.3-5.7 Denver, USA

<国内学会発表>
1. 石田晋、村田敏規、澤田修、杉本昌彦、大路正人 糖尿病黄斑浮腫アップデート ―明日からできる治療の使い分け― 第69回日本臨床眼科学会総会 2015年10月22-25日 名古屋

2. 市川一夫、中村英樹、村木早苗、中村かおる、山出新一、岡島修、田辺詔子 学校健診における色覚検査のあり方と臨床診断および指導  第69回日本臨床眼科学会総会 2015年10月22-25日 名古屋

3. 一山悠介,森崇正、澤田修,藤川正人,川村肇,大路正人 糖尿病黄斑浮腫のOCTパターン分けによる硝子体手術治療効果の検討  第121回京都眼科学会 2015年6月14日  京都

4. 一山悠介、澤田修、藤川正人、川村肇、大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術の治療効果:OCT パターン分けによる検討  滋賀県眼科医会 2015年7月12日 大津

5. 一山悠介、澤田修、森崇正、藤川正人、川村肇、大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術成績:OCTパターンよる効果の検討 第69回日本臨床眼科学会  2015年10月22-25日 名古屋

6. 一山悠介、伊藤友香、澤田智子、澤田修、藤川正人、西信良嗣、大路正人 非活動期の滲出型加齢黄斑変性におけるOCT angiographyを用いた血流解析 第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会  2015年12月4-6日 東京

7. 一山悠介 OCT angiographyの有効利用:より安全な診療を目指して(イブニングセミナー)  第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会 2015年12月4-6日 東京

8. 伊藤友香、西信良嗣、藤川正人、澤田智子、大路正人 網膜中心静脈閉塞症に対する2種類の抗VEGF薬治療の前房水血管内皮増殖因子の変化 第69回日本臨床眼科学会総会 2015年10月22-25日 名古屋

9. 伊藤友香、澤田智子、藤川正人、一山悠介、澤田修、西信良嗣、大路正人 加齢黄斑変性におけるアフリベルセプト導入期なしの2ヶ月毎投与の12ヵ月治療成績 第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会  2015年12月4-6日 東京

10. 今村 拓,南川貴之,丹羽雄一,内藤文之,大路正人 Expressの一年後生存率 第121回京都眼科学会 2015年6月14日 京都

11. 岩﨑圭亮,西信良嗣,丹羽雄一,大路正人, 三宅瞳 滲出性網膜剥離を伴ったNK/T細胞リンパ腫の1例  第121回京都眼科学会 2015年6月14日 京都

12. 岩﨑圭亮、村木早苗、大路正人 IgG4関連疾患が原因と考えられた外転神経麻痺の1例  滋賀県眼科医会 2015年7月12日 大津

13. 上山久雄、村木早苗、田邊詔子、山出新一、扇田久和 M視物質遺伝子のL型エキソン2はM視物質の発現量を減少させる. 第61回日本生化学会近畿支部例会 2014年5月17日 京都

14. 上山久雄, 村木早苗, 田邊詔子,山出新一,扇田久和 日本人先天色覚異常におけるL/M視物質遺伝子アレーの解析 第87回日本生化学会大会 2014年10月18日 京都

15. 上山久雄、村木早苗、田邉詔子、山出新一、扇田久和 第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同学会 2015年12月1日 神戸

16. 大路正人 加齢黄斑変性と黄斑下血腫の治療(特別講演) なにわレチナ倶楽部 2015年3月14日 大阪

17. 大路正人 硝子体黄斑牽引症候群に対する硝子体手術 Osaka Retina Meeting 2015  2015年3月21日 大阪

18. 大路正人 黄斑疾患の外科的治療 第93回福島眼科集談会2015 2015年3月28日 郡山

19. 大路正人 黄斑疾患の外科的治療 第42回福岡大学眼科研究会 2015年5月16日 福岡

20. 大路正人 網膜硝子体疾患とVEGF 第8回Tsurumai Ophthalmic Seminar 2015年5月23日 名古屋

21. 大路正人 興味ある症例 第14回硝子体手術セミナー 2015年6月28日 東京

22. 大路正人 黄斑疾患に対する外科的治療 Infinite Power Up Seminar 2015年7月4日 札幌

23. 大路正人 加齢黄斑変性と黄斑下血腫の治療 第15回九州黄斑疾患研究会 2015年8月1日 福岡

24. 大路正人 糖尿病黄斑浮腫の対する硝子体手術の功罪 第17回Japan Macula Club 2015年8月22-23日 蒲郡

25. 大路正人 黄斑疾患に対する外科的治療 第21回大阪眼科手術シンポジウムNewSの会 2015年9月26日 大阪

26. 大路正人 Heads Up Vitrectomy 硝子体手術講習会 Advanced Vitreous Surgery Course 2015年10月3-4日 東京

27. 大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術 糖尿病黄斑浮腫アップデート-明日からできる治療の使い分けー (インストラクションコース) 第69回日本臨床眼科学会  2015年10月22-25日 名古屋

28. 大路正人 誰でもきれいに撮れるFA(ランチョンセミナー) 第69回日本臨床眼科学会 2015年10月22-25日  名古屋

29. 長田美帆子,藤川正人,川村肇,大路正人 強膜内固定術における眼内レンズ度数の選択 第121回京都眼科学会 2015年6月14日 京都

30. 長田美帆子、藤川正人、川村肇、大路正人 強膜内固定術における眼内レンズ度数の選択 第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会 2015年12月4日-6日 東京

31. 長田美帆子、澤田修、西信良嗣、大路正人 水痘罹患中に発症した漿液性網膜剥離の1例 平成27年度 滋賀県眼科医会総会 2015年12月13日

32. 川村肇, 藤川正人, 澤田修,西信良嗣, 大路正人 網膜剥離手術後のコントラスト感度の経時的変化  第119回日本眼科学会総会 2015年4月16-19日 札幌

33. 西信良嗣,伊藤友香,藤川正人,澤田 修,澤田智子,川村 肇,大路正人 網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する2種類の抗VEGF薬治療の比較  第119回日本眼科学会総会 2015年4月16-19日 札幌

34. 西信良嗣,伊藤友香,藤川正人,澤田智子,大路正人 網膜中心静脈閉塞症に対する2種類の抗VEGF薬治療の前房水血管内皮増殖因子の変化 第69回日本臨床眼科学会  2015年10月22-25日 名古屋

35. 西信良嗣、伊藤友香、一山悠介、藤川正人、大路正人 OCT angiographyを用いた視力良好な網膜静脈分枝閉塞症の血管構造解析 第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会  2015年12月4-6日 東京

36. 澤田修、藤川正人、伊藤友香、澤田智子、大路正人  糖尿病黄斑浮腫に対する抗血管内皮増殖因子薬硝子体内注射による全身への影響 第119回日本眼科学会総会 2015年4月16-19日 札幌

37. 澤田修  眼内血管内皮増殖因子濃度の変化 臨床検体から網膜硝子体疾患を理解する シンポジウム 第69回日本臨床眼科学会総会 2015年10月22-25日 名古屋

38. 澤田修  糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF治療 糖尿病黄斑浮腫の新たな展開 シンポジウム 第69回日本臨床眼科学会総会 2015年10月22-25日 名古屋

39. 澤田修、小幡峻平、大路正人  若年性網膜分離症に対しドラゾラミド点眼が奏功した1例  第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会  2015年12月4-6日 学術展示 東京

40. 澤田修、大路正人  若年性網膜分離症に対して炭酸脱水酵素阻害剤点眼を使用した1例 平成27年度 第2回滋賀県眼科医会総会 2015年12月13日

41. 澤田智子  加齢黄斑変性に対する抗VEGF療法 第121回京都眼科学会 2015年6月14日 京都

42. 西田保裕  麻痺性斜視への筋移動術の変遷 近畿弱視斜視アフタヌーセミナー 2015年2月21日 教育講演 大阪
43. 西田保裕  病態に基づく斜視の最新治療 2015 手術治療 第111回日本眼科学会総会 2015年4月17日 札幌

44. 西田保裕  内科領域に関する眼科疾患 第121回滋賀県内科医会学術講演会2015年9月12日 彦根

45. 西田保裕  他科との連携が必要な眼科疾患 第7回研修医および若手医師のためのフォーラム 2015年12月3日 大津

46. 丹羽雄一 南川貴之 内藤文之 大路正人  ザラカム®配合点眼薬の朝、夜点眼の比較  第119回日本眼科学会総会 2015年4月16-19日 札幌

47. 東山智明、西田保裕、村木早苗、大路正人  ステロイド治療を施行した甲状腺眼症の外眼筋信号強度と眼球運動の相関 第71回日本弱視斜視学会総会 第40回日本小児眼科学会総会 合同学会 2015年7月3-4日 神戸

48. 東山智明  斜視診療の画像診断 第28回近畿神経眼科セミナー ミニ教育セミナー 2015年7月18日 大阪

49. 東山智明  斜視診察における画像診断 第6回夕照眼科懇話会 2015年10月15日 草津

50. 東山智明  甲状腺眼症のMRI画像評価 第30回さざなみ眼科研究会 2015年10月31日 大津

51. 東山智明、西田保裕、村木早苗、大路正人  ステロイドパルス後に再治療を要した甲状腺眼症の外眼筋信号強度の検討  第53回日本神経眼科学会総会  2015年11月6-7日 埼玉

52. 松本長太、西田保裕、奥山幸子  視野検査を理解する 教育講演 第69回日本臨床眼科学会 2015年10月22-25日 名古屋

53. 藤川正人 丹羽雄一 村木早苗 大路正人  年代別健常眼におけるCone Contrast Testを用いた色覚検査  第119回日本眼科学会総会 2015年4月16-19日 札幌

54. 藤川正人,村木早苗,丹羽雄一,山出新一,大路正人  先天色覚異常2色覚におけるCone Contrast Testの検討 第69回日本臨床眼科学会  2015年10月22-25日 名古屋

55. 藤川正人,丹羽雄一,村木早苗,大路正人  年代別健常眼におけるCone Contrast Testを用いた色覚検査 (学術展示優秀賞受賞講演) 第69回日本臨床眼科学会  2015年10月22-25日 名古屋

56. 本田典広、間久直、一山悠介、大路正人、粟津邦男  ICGを用いた糖尿病黄斑浮腫の光治療に関する安全性のシミュレーションによる解析 (総会賞受賞) 第36回日本レーザー医学会総会 2015年10月24-25日 宇都宮

57. 南 真弓,村木早苗,山出新一,大路正人  学校検診で色覚異常を指摘された心因性視覚障害の2症例  第121回京都眼科学会 2015年6月14日 京都

58. 南真弓、村木早苗、東山智明、大路正人  UBMの所見が診断に有用であった単純水晶体偏位の一例 第71回日本弱視斜視学会総会 第40回日本小児眼科学会総会 合同学会 2015年7月3-4日 神戸

59. 南川貴之  緑内障点眼薬の治療教化における変更・切替えの現状調査 第6回夕照眼科懇話会 2015年10月15日 草津

60. 村木早苗、上山久雄、田辺詔子、山出新一、扇田久和、大路正人  正常な並びの視色素遺伝子アレーを持つ1型色覚におけるL遺伝子の解析  第119回日本眼科学会総会 2015年4月16-19日 札幌

61. 村木早苗  眼科検査法 色覚検査 第27回日本小児眼科学会講習会 2015年7月3-4日 神戸

62. 村木早苗 ひとりでできる小児斜視弱視外来―経追観等の仕方―膜プリズムを使ってみよう 第31回日本弱視斜視学会講習会  合同学会 2015年7月3-4日 神戸

63. 村木早苗  診断後の指導 遺伝について インストラクションコース 学校健診における色覚検査のあり方と臨床診断および指導 第69回日本臨床眼科学会、2015年10月24日 名古屋

64. 村田敏規,大路正人  糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術の有効性を明らかにする国際多施設共同研究 (シンポジウム) 第69回日本臨床眼科学会 2015年10月22-25日 名古屋

65. 村木早苗  色覚を診る 第54回日本網膜硝子体学会総会・第32回日本眼循環学会 2015年12月4-6日 合同教育セミナー 東京

2014年(平成26年)
<国際学会発表>
1. Ohji M Ranibizumab with or without laser versus laser in Asian patients with visual impairment due to DME: subgroup analysis of best-corrected visual acuity by baseline characteristics from the REVEAL study. World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

2. Ohji M Surgical Approaches to Maculoschisis in High Myopia. (Symposium) World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

3. Ohji M Diabetic Macular Edema. Singapore Society of Ophthalmology Session. The Asian Macula (Symposium) World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

4. Ohji M Vitrectomy for Diabetic Macular Edema. (Symposium), APAO Session World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

5. Ohji M Vitrectomy for Diabetic Macular Edema. (Symposium), Academia Ophthalmologica Internationalis (AOI) Session World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

6. Ohji M Vitreomacular traction when and how to detach the vitreous from the macula. Retina Subspecialty Day (Symposium) World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

7. Ohji M Ranibizumab in wet AMD: building on success and improving patient outcomes. (Luncheon seminar) World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

8. Niwa Y, Muraki S, Ohji M Evaluation of acquired color vision defects of glaucoma using cone contrast test. World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

9. Higashiyama T, Nishida Y, Muraki S, Ohji M Three cases with abducens palsy undergone muscle transposition procedure and followed for 12 years or longer. World Ophthalmology 2014.4.2-6, Tokyo

10. Sawada T, Wang X, Sawada O, Saishin Y, Ohji M Bimonthly injections of ranibizumab for age-related macular degeneration. ARVO 2014.5.3-7, Orlando, USA

11. Iwasa M, Saishin Y, Wang X, Ohji M Characterization and evaluation of sugar-chain modified liposome encapsulated with human immunoglobulin for intravitreal administration. ARVO 2014.5.3-7, Orlando, USA

12. Obata S, Iwasaki K, Fujikawa M, Kakinoki M, Sawada O, Saishin S, Kawamura H, Ohji M Changes of retinal thickness after vitrectomy for epiretinal membrane with and without internal limiting membrane peeling. ARVO 2014.5.3-7, Orlando, USA

13. Ichiyama Y, Kawamura H, Fujikawa M, Sawada O, Saishin Y, Ohji M Photoreceptor outer segment length and outer foveal thickness as predictive factors associated with visual outcome after vitrectomy for vitreomacular traction syndrome. ARVO 2014.5.3-7, Orlando, USA

14. Wang X, Sawada T, Sawada O, Saishin Y, Ohji M Serum and aqueous vascular endothelial growth factor concentration of patients with age-related macular degeneration after intravitreal injection of aflibercept. ARVO 2014.5.3-7, Orlando, USA

15. Ohji M Unmet needs in Retina. 1st International meeting of Saturday Ophthalmology Conference 2014.5.24, Busan, Korea

16. Ohji M Surgical treatments for retinal diseases in highly myopic eyes. (招待講演)22nd Annual International Wu Ho-Su Memorial Congress - International Symposium of Vitreoretinal Diseases 2014.8.31, Taipei, Taiwan

17. Ohji M Age-related macular degeneration: Optimal regimen of anti-VEGF treatments. (招待講演)22nd Annual International Wu Ho-Su Memorial Congress - International Symposium of Vitreoretinal Diseases 2014.8.31, Taipei, Taiwan

18. Ohji M Serum vascular endothelial growth factor concentrations before and after intravitreal injection of aflibercept or ranibizumab for age-related macular degeneration. Club Jules Gonin 2014.9.3-6, Zurich, Switzerland

19. Ohji M Surgical treatments for retinal detachment due to macular hole. 14th EURETIN (Symposium)2014.9.13, London, UK

20. Ohji M Management of diabetic macular edema. 19th Congress of Chinese Ophthalmological Society 2014.9.18-19, Xi'an, China

21. Ohji M Optimal treatments for age-related macular degeneration. (Symposium)19th Congress of Chinese Ophthalmological Society 2014.9.18-19, Xi'an, China

22. Obata S, Nishida Y, Fujikawa M, Higashiyama T, Muraki S, Ohji M A case with traumatic medical laceration successfully treated with muscle repair surgery. 12th Meeting of the International Strabismological Association 2014.12.1-4, Kyoto

23. Higashiyama T, Nishida Y, Muraki S, Ohji M The relationship between orbital fatty tissues and proptosis in thyroid-associated ophthalmopathy before and after methylpredonisolone pulse therapy. 12th Meeting of International Strabismological Association 2014.12.1-4, Kyoto

24. Nishida Y MRI quantifies inflammation in thyroid ophthalmopathy. (Symposium)12th Meeting of International Strabismological Association 2014.12.1-4, Kyoto

<国内学会発表>
1. 大路正人 VEGF阻害薬治療の変革 (モーニングセミナー) 第118回日本眼科学会総会 2014年4月2-6日 東京

2. 村木早苗、上山久雄、扇田久和、山出新一、大路正人 杆体一色覚における錐体cGMP依存性チャネルα鎖変異体の発現解析 第118回日本眼科学会総会 2014年4月2-6日 東京

3. 西信良嗣、澤田修、藤川正人、西信良嗣、川村肇、大路正人 眼内抗体療法を目的とした抗体内包リポソームの作製 第118回日本眼科学会総会 2014年4月2-6日 東京

4. 澤田智子、Wang Xiying、藤川正人、澤田修、西信良嗣、川村 肇、大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブの2か月毎投与の治療成績 第118回日本眼科学会総会 2014年4月2-6日 東京

5. 一山悠介、川村肇、藤川正人、澤田修、西信良嗣、大路正人 硝子体黄斑牽引症候群に対する硝子体手術の術後視力予測因子の検討 第118回日本眼科学会総会 2014年4月2-6日 東京

7. Wang X, Sawada T, Fujikawa M, Sawada O, Saishin Y, Kawamura H, Ohji M Aqueous VEGF and aflibercept concentration 2 months after intravitreal injection of aflibercept for age-related macular degeneration 第118回日本眼科学会総会 2014年4月2-6日 東京

8. 丹羽雄一、Xiying Wang、柿木雅志、澤田智子、大路正人 カニクイザルを用いたアフリベルセプト硝子体内投与における薬物動態の解析 第120回京都眼科学会 2014年6月1日 京都

9. 藤川正人、澤田修、澤田智子、西信良嗣、川村肇、大路正人 網膜下出血を伴うポリープ状脈絡膜血管症に対する抗VEGF薬とガスの併用 第120回京都眼科学会 2014年6月1日 京都

10. 一山悠介、澤田智子、澤田修、西信良嗣、大路正人 加齢黄斑変性に対するアフリベルセプト2か月毎投与の治療成績 第120回京都眼科学会 2014年6月1日 京都

11. 小幡峻平、西田保裕、藤川正人、東山智明、村木早苗、大路正人 外傷性内直筋断裂に内直筋縫合術を施行した一例 第120回京都眼科学会 2014年6月1日 京都

12. 岩﨑圭亮、村木早苗、東山智明、西田保裕、大路正人 IgG4関連疾患が原因と考えられた外転神経麻痺の一例 第120回京都眼科学会 2014年6月1日 京都

13. 南川貴之 治療開始すべきか迷う緑内障 第12回京滋緑内障セミナー 2014年6月14日 京都

14. 一山悠介、澤田智子 加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬治療  平成26年度 第1回滋賀県眼科医会総会 2014年7月13日 大津

15. 大路正人 黄斑疾患の外科的治療 第91回岡山大学眼科研究会 2014年8月30日 岡山

16. 南川貴之、丹羽雄一、内藤文之、大路正人 EX-PRESS の固定位置を最適化するための工夫 第25回日本緑内障学会 2014年9月19-21日 大阪

17. 南川貴之 ザラカム配合点眼薬の朝、夜点眼の比較 -最終報告- 第5回夕照眼科懇話会 2014年10月30日 草津

18. 大路正人 BRVOに伴う黄斑浮腫の治療ABC(モーニングセミナー) 第68回日本臨床眼科学会 2014年11月13-16日 神戸

19. 川村肇、藤川正人、澤田修、大路正人 網膜剥離に対する手術後1年でのコントラスト感度の検討 第68回日本臨床眼科学会 2014年11月13-16日 神戸

20. 澤田修 シンポジウム 最新の黄斑疾患治療;手術か薬物か? 糖尿病黄斑浮腫の薬物治療の進歩.第68回日本臨床眼科学会 2014年11月13-16日 神戸

21. 藤川正人、澤田修、澤田智子、西信良嗣、川村肇、大路正人 網膜下出血を伴うポリープ状脈絡膜血管症に対する抗VEGF薬とガスの併用 第68回日本臨床眼科学会  2014年11月13-16日 神戸

22. 一山悠介、澤田智子、澤田修、西信良嗣、大路正人 加齢黄斑変性に対するアフリベルセプトの導入期無しの2ヵ月毎投与の治療成績 第68回日本臨床眼科学会 2014年11月13-16日 神戸

23. 小幡峻平、西田保裕、藤川正人、東山智明、村木早苗、大路正人 外傷性内直筋断裂に内直筋整復術が有効であった1例 第68回日本臨床眼科学会 2014年11月13-16日 神戸

24. 西田保裕 視野検査を理解する(教育講演)第68回日本臨床眼科学会 2014年11月13-16日 神戸

25. 大路正人 VIEW試験におけるベースラインRPE隆起及び網膜内浮腫の視力予後に与える影響 第53回日本網膜硝子体学会・第31回日本眼循環学会合同学会 2014年11月28-30日 大阪

26. 西信良嗣、Wang Xiying、藤川正人、澤田修、澤田智子、川村肇、大路正人 網膜中心静脈閉塞症における前房水血管内皮増殖因子濃度と視機能との関連 第53回日本網膜硝子体学会・第31回日本眼循環学会合同学会 2014年11月28-30日 大阪

27. 澤田修、藤川正人、伊藤友香、西信良嗣、澤田智子、大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF薬の硝子体内注射による前房水VEGF濃度への影響 第53回日本網膜硝子体学会・第31回日本眼循環学会合同学会 2014年11月28-30日 大阪

28. 藤川正人、澤田智子、大路正人 30G薄肉注射針を用いた硝子体注射の疼痛評価 第53回日本網膜硝子体学会・第31回日本眼循環学会合同学会 2014年11月28-30日  大阪

29. 岩﨑圭亮、藤川正人、小川みぎわ、澤田智子、大路正人 近視性脈絡膜新生血管に対するbevacizumab硝子体内投与を施行後に妊娠が発覚した1例 第53回日本網膜硝子体学会・第31回日本眼循環学会合同学会 2014年11月28-30日 大阪

30.大路正人 黄斑疾患の外科的治療 第21回千駄木眼科フォーラム(特別講演)2014年12月4日 東京

31. 西田保裕 眼の仕組みとその病気(招待講演) 彦根医師会 2014年12月6日 彦根

32. 南真弓、村木早苗、大路正人 単純水晶体偏位と診断した小児の一例 平成26年度第2回滋賀県眼科医会総会 2014年12月14日


2013年(平成25年)
<国際学会発表>
1. Ohji M  Bi-monthly injection of ranibizumab for age-related macular degeneration. ACUITY meeting XI 2013.1.31, Zurich Switzerland

2. Ohji M Why and how should we treat DME patients with ranibizumab? Based on the results of REVEAL study Spring Scientific Meeting of Taiwan Academy of Ophthalmology 2013.3.24, Taipei, Taiwan

3. Ohji M The clinical evidences and our experience of ranibizumab treatment for age-related macular degeneration Spring Scientific Meeting of Taiwan Academy of Ophthalmology 2013.3.24, Taipei, Taiwan

4. Ohji M Topics in ARVO ACUITY meeting XII 2013.5.10, Seattle, USA

5. Sawada T, Kakinoki M, Wang X, Kawamura H, Saishin Y, Ohji M The efficacy of bimonthly injection of ranibizumab for age-related macular degeneration for six months ARVO 2013.5.5.-5.9, Seattle, USA

6. Higashiyama T, Nishida Y, Ichiyama,Y, Muraki S, Ohji M Signal intensity measurement of magnetic resonance imaging for extraocular muscles inflammation in thyroid-associated ophthalmopathy before and after methylprednisolone pulse therapy ARVO 2013.5.5.-5.9, Seattle, USA

7. Obata S, Someya K, Kakinoki M, Ohji M A new 25G back flush needle ARVO 2013.5.5.-5.9, Seattle, USA

8. Ichiyama Y, Sawada T, Kakinoki M, Sawada O, Saishin Y, Kawamura H, Ohji M A lack of delayed intraocular pressure elevation after intravitreal injections of ranibizumab for age-related macular degeneration ARVO 2013.5.5.-5.9, Seattle, USA

9. Wang X, Sawada T, Kakinoki M, Miyake T, Sawada O, Kawamura H, Saishin Y, Liu P, Ohji M Aqueous vascular endothelial growth factor and ranibizumab concentrations after monthly and bimonthly intravitreal Injections of ranibizumab for age-related macular degeneration ARVO 2013.5.5.-5.9, Seattle, USA

10. Sawada O, Maeda A, Matsuyama S, Maeda T Molecular events for Bax activation in retinal cell death induced by all-trans-retinal ARVO 2013.5.5-5.9, Seattle, USA

11. Ohji M Overview of treatments for AMD Treat-and-Extend Summit Meeting 2013.5.6, Seattle, USA

12. Higashiyama T, Nishida Y, Ichiyama Y, Muraki S, Ohji M The MRI measurements of signal intensity and cross-sectional area of extraocular muscles in thyroid-associated ophthalmopathy before and after steroid pulse therapy AAPOS&SNEC 2013 Joint meeting. Singapore 2013.7.14-16

13. Iwasa M, Muraki S, Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M A Case of consecutive cyclic esotropia after surgery for intermittent exotropia AAPOS&SNEC 2013 Joint meeting Singapore,2013.7.14-16

14. Muraki S, Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M Bilateral medial rectus resection for surgical correction of recurrent exotropia after bilateral lateral rectus recession AAPOS&SNEC 2013 Joint meeting. Singapore,2013.7.14-16

15. Nishida Y “What’s New in Strabismus Surgery” A simple muscle transposition procedure for abducens palsy. AAPOS&SNEC 2013 Joint meeting. Singapore,2013.7-16

16. Ohji M The clinical evidences and our experience of ranibizumab treatment for age-related macular degeneration 2013 Harbin Internationla Conference of Ophthalmology (招待講演) 2013.8.10-11 Harbin, China

17. Kondo H, Hayashi T, Kondo M, Ohji M Occurrence of retinal detachment in Japanese patients with Stickler syndrome American Academy of Ophthalmology 2013.11.15-20, New Orleans, USA

18. Wang X, Sawada T, Fujikawa M, Sawada O, Saishin Y, Kawamura H, Ohji M Serum vascular endothelial growth factor concentrations after intravitreal injection of aflibercept or ranibizumab for age-related macular degeneration 8th APVRS Congress & 52th Annual meeting of Japanese Retina and Vitreous Society 2013.12.6-8 Nagoya

19. Saishin Y, Sawada O, Fujikawa M, Sawada T, Kawamura H, Ohji M Two-year efficacy of six monthly injections of intravitreal bevacizumab for macular edema associated with central retinal vein occlusion 8th APVRS Congress & 52th Annual meeting of Japanese Retina and Vitreous Society 2013.12.6-8 Nagoya

20. Sawada O, Saishin Y, Ito Y, Fujikawa M, Kawamura H, Ohji M Two-year outcomes of intravitreal bevacizumab therapy for macular edema secondary to branch retinal vein occlusion 8th APVRS Congress & 52th Annual meeting of Japanese Retina and Vitreous Society 2013.12.6-8 Nagoya


<国内学会発表>
1. 柿木雅志、澤田智子、西信良嗣、川村肇、大路正人  波長の違いによる網膜光凝固の照射パワーの検討  第36回日本眼科手術学会総会 2013年1月25-27日  福岡

2. 南川貴之、山名正昭、田寺正樹、丹羽雄一、大路正人  隅角癒着解離術が奏功したぶどう膜炎に伴う続発緑内障の1例   第36回日本眼科手術学会総会 2013年1月25-27日  福岡

3. 村木早苗 麻痺性斜視の複視にはこう対処する-麻痺性斜視の画像診断- 教育セミナー 第117回日本眼科学会、2013年4月7日 東京

4. 村木早苗、上山久雄、豊田 太、大路正人  杆体一色覚における網膜錐体cGMP依存性カチオンチャネルの変異の機能的解析  第117回日本眼科学会総会 2013年4月4-7日  東京

5. 柿木雅志,Wang Xiying,澤田智子,西信良嗣,川村肇,大路正人  カニクイザルを用いた無硝子体眼へのラニビズマブ投与におけるVEGF濃度の解析  第117回日本眼科学会総会 2013年4月4-7日  東京

6. 東山智明,西田保裕,一山悠介,村木早苗,大路正人  甲状腺眼症の眼窩脂肪組織及び全眼窩組織の信号強度計測  第117回日本眼科学会総会 2013年4月4-7日  東京

7. Wang Xiying, Tomoko Sawada, Masashi Kakinoki, Osamu Sawada, Yoshitsugu Saishin, Hajime Kawamura, Masahito Ohji  Aqueous vascular endothelial growth factor in patients with central retinal vein occlusion treated with bevacizumab  第117回日本眼科学会総会 2013年4月4-7日  東京

8. 南川貴之 慢性閉塞隅角緑内障の治療 第25回さざなみ眼科研究会 2013年4月13日 大津

9. 大路正人  硝子体手術の基本セッティング  第12回硝子体手術ビデオセミナー 2013年5月26日 東京

10. 田寺正樹 川村肇 藤川正人 澤田修 澤田智子 西信良嗣 大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術の術後1年成績 第119回 京都眼科学会 2013年6月23日 京都

11. 岩佐真紀、澤田智子、藤川正人、柿木雅志、澤田修、西信良嗣、川村肇、大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ3回投与後の追加投与に与える因子の検討 第119回京都眼科学会 2013年6月23日 京都

12. 森崇正,村木早苗、東山智明、西田保裕、大路正人  眼筋麻痺性片頭痛の一例   第119回京都眼科学会 2013年6月23日  京都

13. 一山悠介、川村肇,藤川正人、澤田修、澤田智子,西信良嗣,大路正人  硝子体黄斑牽引症候群に対する硝子体手術の術後視機能の検討  第119回京都眼科学会 2013年6月23日  京都

14. 小幡峻平、西信良嗣、川村 肇、大路正人 良好な経過をたどった急性網膜壊死の一例 第119回京都眼科学会 2013年6月23日 京都

15. 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人:外転神経麻痺に外眼筋移動術を施行後,長期経過観察した3例 第69回日本弱視斜視学会総会 2013年7月5日 広島

16. 森崇正、村木早苗、西田保裕、大路正人:眼筋麻痺性片頭痛の一例. 第38回日本小児眼科学会総会、2013年7月5日 広島

17. 王希瑩 澤田智子 柿澤田修 西信良嗣 川村肇 大路正人 Serum VEGF concentrations after intravitreal injection of aflibercept or ranibizumab for AMD. 第30回日本眼循環学会  2013年7月19-20日 東京

18. 大路正人  加齢黄斑変性の治療と黄斑下血腫の治療  第1回Ophthalmic Network at Saitama  2013年8月31日 さいたま市

19. 大路正人  黄斑円孔網膜剥離に対する強膜短縮術  第1回Osaka Retina Meeting 2013年9月14日 大阪

20. 丹羽雄一 村木早苗 内藤文之 南川貴之 大路正人 Cone contrast testを用いた緑内障に伴う後天色覚異常の検討 第24回日本緑内障学会 2013年9月21日~23日 東京

21. 大路正人  黄斑円孔網膜に対する再手術としての強膜短縮術 第23回硝子体手術講習会  2013年9月28-29日 東京

22. 村木早苗 先天色覚異常の遺伝と遺伝子. インストラクションコース 色覚メカニズムの解説と色覚異常の臨床診断および指導、第67回日本臨床眼科学会、横浜、2013年10月31日

23. 大路正人  視力を守るために… 維持期の治療を考える (ランチョンセミナー) 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

24. 大路正人  Optos200Txの使用経験:眼底撮影、FAを中心に (ランチョンセミナー) 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

25. 川村肇,田寺正樹、藤川正人、澤田修、澤田智子,西信良嗣,大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

26. 川村肇、藤川正人、澤田修、柿木雅志、澤田智子、西信良嗣、大路正人 網膜剥離に対するシャンデリア照明と広角観察システムを使用した強膜バックリング手術の1年経過 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

27. 村木早苗、上山久雄、山出新一、田邉詔、扇田久和、大路正人  日本人先天色覚異常の2型3色覚における遺伝子型とアノマロスコープ結果との比較 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

28. 西信良嗣,澤田 修,藤川正人,澤田智子,川村 肇,大路正人  網膜中心静脈閉塞症に対するベバシズマブ6回連続硝子体内投与の2年治療成績 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

29. 澤田修 西信良嗣 伊藤友香 藤川正人 柿木雅志 澤田智子 川村肇 大路正人 網膜静脈分枝閉塞症に対するベバシズマブ硝子体内注射の2年後の治療効果 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

30. 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人  ステロイド治療を施行した甲状腺眼症の眼窩組織体積と眼球突出度の計測 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

31. 岩佐真紀、澤田智子,藤川正人、柿木雅志、澤田修、西信良嗣,川村肇、大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ3回投与後の追加投与に与える因子の検討 第67回日本臨床眼科学会 2013年10月31日-11月3日 横浜

32. 西田保裕:視野検査を理解する.第67回日本臨床眼科学会,横浜市,2013.11.01

33. 西田保裕:神経眼科のすべて 眼位・眼球運動のみかた.日本眼科医会 生涯教育講座 札幌講座プログラム,札幌市,2013年11月9日

34. 東山智明,西田保裕,村木早苗,大路正人:ステロイド治療を実施した甲状腺眼症の外眼筋信号強度と体積の計測.第51回日本神経眼科学会,秋田,2013年11月23日

35. 内藤文之、南川貴之、丹羽雄一、大路正人 Ex-PRESSTMの使用経験 平成25年滋賀県眼科医会 2013年12月8日 滋賀

<講演>
36. 間歇性外斜視の手術時期―バトルロイヤル―.村木早苗 第12回近畿弱視斜視アフタヌーンセミナー、2013年2月23日、大阪

37. 大路正人  加齢黄斑変性の治療と黄斑下血腫の外科的治療  第16回北海道黄斑研究会 (特別講演) 2013年4月20日 札幌市

38. 先天色覚異常の基礎と臨床.村木早苗 三重眼科アカデミー2013、2013年5月12日、津市

39. 大路正人  ルセンティスbimonthly投与の臨床効果  学術講演会:網膜疾患の治療を極める 2013年6月15日 東京

40. 大路正人  加齢黄斑変性の治療と黄斑下血腫の外科的治療  第122回北大阪眼科セミナー (特別講演) 2013年6月13日 大阪
41. 大路正人  加齢黄斑変性の治療と黄斑下血腫の外科的治療  第20回富山眼科学術講演会 (特別講演)  2013年6月15日 富山

42. 東山智明 甲状腺眼症のMRI画像評価 第26回近畿神経眼科セミナー ミニ教育セミナー 2013年7月20日-21日 大阪

43. 先天色覚異常~診断と対応について~.村木早苗 第96回富山大学臨床カンファレンス、2013年8月3日  富山

44. 大路正人  ルセンティスbimonthly投与の臨床効果  ルセンティスWeb講演会   2013年8月7日 大阪

45. 南川貴之 アイファガン®の使用経験 アイファガン®発売1周年講演会 2013年8月 大津

46. 大路正人  網膜疾患に対する抗VEGF薬の役割  ノバルティス学術講演会「目にうつるすべてのことが、治療の証し」   2013年9月1日 東京

47. 大路正人  加齢黄斑変性の治療と黄斑下血腫の治療  第7回新都心黄斑疾患勉強会 (特別講演) 2013年9月19日 東京

48. 大路正人  抗VEGF薬の治療の実際 第4回夕照眼科懇話会 2013年10月17日 草津

49. 南川貴之 ザラカム配合点眼薬の朝、夜点眼の比較 -中間報告- 第4回夕照眼科懇話会 2013年10月17日 草津

2012年(平成24年)
<学会発表(海外)>
1. Ohji M. Long-term outcome of monotherapy with verteporfin photodynamic therapy for PCV.WOC 2012 2012.2.16-20, Abu Dahbi, UAE (シンポジウム、招待講演)

2. M. Ohji Vitrectomy Update 15th National Academic Congress of Chinese Ocular Fundus Diseases 2012.3.31 武漢, China (招待講演)

3. Ohji M Wide-Angle Viewing System On MIVS  Aisa-Pacific Academy of Ophthalmilogy 2012.4.13-16 Busan, Korea (シンポジウム)

4. Ohji M Retinal Vein Occlusion: VEGF and anti-VEGF drugs  Aisa-Pacific Academy of Ophthalmilogy 2012.4.13-16 Busan, Korea (シンポジウム)

5. Muraki S, Higashiyama T, Nishida Y, Ohji M The surgical effect of resection of both medial rectus muscle for recurrenct exotropia after both lateral recession  Aisa-Pacific Academy of Ophthalmilogy 2012.4.13-16 Busan, Korea

6. Sawada T, Kakinoki M, Sawada O, Miyake T, Saishin Y, Kawamura H, Ohji M. Comparison of the efficacy of PDT monotherapy, ranibizumab monotherapy and combined therapy for PCV. Aisa-Pacific Academy of Ophthalmilogy 2012.4.13-16 Busan, Korea

7. Kakinoki M, Miyake T, Sawada T, Saishin Y, Sawada O, Kawamura H, Ohji M. Comparison of pain between 100ms conventional laser photo coagulation and 20 . Aisa-Pacific Academy of Ophthalmilogy ms pattern photo coagulation for diabetic retinopathy. 2012.4.13-16 Busan, Korea

8. Ito Y, Saishin Y, Sawada O, Kakinoki M, Miyake T, Sawada T, Kawamura H, Ohji M. Intravitreal injections of bevacizumabin patients with macular edema following branch retinal vein occlusion; 1-yearr outcomes . Aisa-Pacific Academy of Ophthalmilogy 2012.4.13-16 Busan, Korea

9. Ohji M, Ishibashi T and REVEAL study group Eiificacy and safety of ranibizumab 0.5mg as monotherapy or adjunctive to laser versus laser monotherapy in Asian patuents with visual impairment due to diabetic edema : 12-month results of the REVEAL study ARVO 2012.5.6-10 Fort Lauderdale, USA

10. Ohji M Innovation o fundus view during vitrectomy ARVO 2012.5.6-10 Fort Lauderdale, USA (Symposium)

11. Ohji M Treatments of submacular hemorrhage International Symposium of 10th Anniversary of Eye Hospital, Harbin Medical University 2012.6.9-10 Harbin, China (Invited lecture)

12. Ohji M, Sawada T, Kakinoki M, Miyake T, Wang X, Sawada O, Kawamura H, Saishin Y Aqueous VEGF level at one month and two months after intravitreal injection of ranibizumab in age-related macular degeneration. 28th Meeting of the Club Jules Gonin. 2012.6.20-23, Reykjavik, Iceland

13. Ohji M Pathological Myopia Euretina meeting. 2012.9.6-9, Milano, Italy

14. Ohji M Management of submacular hemorrhage Annual meeting of American Academy of Ophthalmology. 2012.11.10-13, Chicago, USA
.
15. Ohji M Unmet needs in Pathological Myopia Annual meeting of American Academy of Ophthalmology. 2012.11.10-13, Chicago, USA

16. Ohji M Bi-monthly injection of ranibizumab for age-related macular degeneration. 7th Annual meeting of Asia-Pacific Vitreo-Retinal Society 2012.12.14-16, Hong Kong

<学会発表(国内)>
1. 西田保裕 甲状腺眼症に対する手術療法 甲状腺眼症の評価,特に画像診断 第35回日本眼科手術学会 2012年1月27-29日 名古屋

2. 西田保裕 斜視手術の基本 水平筋手術 第35回日本眼科手術学会 2012年1月27-29日 名古屋

3. 西田保裕 立体視の中枢処理-情報最前線 第11回近畿弱視斜視アフタヌーンセミナー 2012年2月25日 大阪

4. 大路正人 硝子体手術Update 第6回東北眼科フォーラム(招待講演)2012年3月3-4日 仙台   

5. 大路正人 脈絡膜新生血管と黄斑下血腫の治療(特別講演) 神戸市立医療センター中央市民病院眼科オープンカンファレンス 2012年3月10日 神戸  

6. 西田保裕 村木早苗 大路正人 甲状腺眼症の外眼筋MRI信号強度と外眼筋腫大程度の相関 第116回日本眼科学会 2012年4月5-8日 東京

7. 澤田智子 柿木雅志 三宅太一郎 Wang Xiying 澤田修 川村 肇 西信良嗣 大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ投与1か月後、2か月後の前房水VEGF濃度 第116回日本眼科学会 2012年4月5-8日 東京

8. 大路正人 加齢黄斑変性の長期管理-LEVEL-J study-(ランチョンセミナー) 第116回日本眼科学会 2012年4月5-8日 東京

9. 大路正人 硝子体手術Update 第6回九州眼科アカデミー 2012年4月28日 福岡

10. 大路正人 黄斑下血腫の治療 第4回Eye Center Summit 2012年5月19日 東京

11. 大路正人  加齢黄斑変性の診断、治療そして管理  大分眼科集談会 2012年6月2日 大分  

12. 岩佐真紀 村木早苗 東山智明 西田保裕 大路正人 外斜視術後周期性内斜視の1例 第68回日本弱視斜視学会 2012年6月29-30日 名古屋

13. 山名正昭 柿木雅志 村木早苗 東山智明 西田保裕 大路正人 滋賀医大における最近5年間の未熟児網膜症の検討 第37回日本小児眼科学会 2012年6月29-30日 名古屋

14. 村木早苗 色覚異常を理解する 第37回日本小児眼科学会 シンポジウム 2012年6月29-30日 名古屋

15. 大路正人  網膜硝子体疾患とVEGF  第8回 樋田メモリアル網膜ラウンジ  2012年6月30日 東京

16. 大路正人  硝子体手術の基本セッティング  第11回硝子体手術ビデオセミナー 2012年7月1日 東京

17. 小幡峻平 柿木雅志 西信良嗣 大路正人 HTLV-1関連ぶどう膜炎の一例 第118回京都眼科学会 2012年7月1日 京都

18. 一山悠介 東山智明 西田保裕 村木早苗 大路正人 甲状腺眼症に対するステロイド治療前後のMRIを用いた外眼筋炎症評価 第118回京都眼科学会 2012年7月1日 京都

19. 岩佐真紀 村木早苗 東山智明 西田保裕 大路正人 外斜視術後周期性内斜視の1例 第118回京都眼科学会 2012年7月1日 京都

20. 田寺正樹 南川貴之 大路正人 隅角癒着解離術が奏効したぶどう膜炎に伴う続発緑内障の1例 第118回京都眼科学会 2012年7月1日 京都

21. 森崇正 澤田智子 柿木雅志 西信良嗣 川村肇 大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ療法の2年成績 第118回京都眼科学会 2012年7月1日 京都

22. 山名正昭 柿木雅志 村木早苗 東山智明 西田保裕 大路正人 滋賀医大における最近5年間の未熟児網膜症の検討 第118回京都眼科学会 2012年7月1日 京都

23. 大路正人 加齢黄斑変性の診断、治療  Novartis Kick Off Meeting 2012年7月13日 舞浜

24. 大路正人 加齢黄斑変性と黄斑下血腫の治療  第1回なんかい眼科フォーラム 2012年7月14日 堺

25. 大路正人 加齢黄斑変性と黄斑下血腫の治療  第17回千葉臨床眼科フォーラム 2012年7月21日 千葉

26. Wang X, Sawada T, Kakinoki M, Sawada O, Kawamura H, Saishin Y, Ohji M Aqueous ranibizumab concentration after monthly or bimonthly intravitreal injection of ranibizumab for age-related macular degeneration 第29回日本眼循環学会 2012年7月27-28日 秋田

27. 大路正人 加齢黄斑変性と黄斑下血腫の治療  第3回聖マリアンナ眼科臨床フォーラム 2012年8月25日 川崎市

28. 西田保裕 視覚機能を評価するための視覚生理学の基礎 生涯教育制度基礎教育プログラムⅠ 2012年9月15日 神戸

29. 大路正人 眼内VEGFと抗VEGF治療(シンポジウム)  第32回日本眼薬理学会  2012年9月15-16日 大津 

30. 澤田智子 柿木雅志 Wang Xiying 澤田修 川村 肇 西信良嗣 大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブの2ヵ月毎投与時の前房水中の血管内皮増殖因子の濃度と治療効果 第32回日本眼薬理学会 2012年9月15-16日 大津

31. 丹羽雄一 南川貴之 大路正人 急性閉塞隅角緑内障に対し、硝子体切除術、白内障手術と隅角癒着解離術の同時手術を施行した1例 第23回日本緑内障学会 2012年9月28-30日 金沢
 
32. 南川貴之 滋賀医大眼科における最近の緑内障手術成績 第24回さざなみ眼科研究会 2012年10月13日 大津

33. 丹羽雄一 ザラカム配合点眼薬の朝、夜点眼の比較 第3回夕照眼科懇話会 2012年10月18日 草津

34. 南川貴之 緑内障手術-紹介のタイミング- 第3回夕照眼科懇話会 2012年10月18日 草津

35. 大路正人 眼底出血あれこれ(特別講演) 第3回夕照眼科研究会 2012年10月18日 草津

36. 大路正人 加齢黄斑変性の治療と黄斑下血腫の外科的治療  第48回愛媛県眼科フォーラム 2012年10月21日 松山

37. 大路正人 石橋達朗 REVEAL study group 糖尿病黄斑浮腫におけるranibizumab単独/laser単独/併用の成績:日本人サブグループ 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

38. 西田保裕 視野検査を理解する 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

39. 村木早苗 上山久雄 山出新一 田邉詔子 扇田久和 大路正人 正常遺伝子型を持つ1型2色覚の遺伝子解析 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

40. 川村肇 柿木雅志 澤田智子 西信良嗣 大路正人 眼内異物に対する経結膜小切開硝子体手術の1年経過 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

41. 村木早苗 「色覚異常の診断と治療」先天色覚異常の遺伝と遺伝子 インストラクションコース 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

42. 村木早苗 上山久雄 山出新一 田邉詔子 扇田久和 大路正人 正常遺伝子型を持つ1型2色覚の遺伝子解析 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日  京都

43. 藤川正人、柿木雅志、西信良嗣、澤田智子、川村肇、大路正人  漿液性網膜剥離を伴う網膜静脈分枝閉塞症の中心網膜厚と視機能  第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日  京都

44. 東山智明 西田保裕 一山悠介 村木早苗 大路正人 甲状腺眼症に対するステロイド治療前後のSTIR画像を用いた外眼筋の炎症評価 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

45. 澤田智子 柿木雅志 ワンシーイン 澤田修 川村肇 西信良嗣 大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ2か月毎投与の6か月後の治療成績 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

46. 仁科幸子 黒坂大次郎 堀田喜裕 西田保裕 近藤寛之 伊藤牧子 東 範行 小眼球症の手術に関する全国調査 2012年10月25-28日 第66回日本臨床眼科学会京都

47. 辻川元一 沢美喜 五味文 大路正人 白神史雄 高橋寛二 西田幸二 加齢黄斑変性に対するHLA*A拘束性抗VEGFRワクチン療法の長期成績 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

48. 大路正人 網膜静脈閉塞症の治療戦略(ランチョンセミナー) 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

49. 大路正人 大規模臨床試験が示す新たな治療戦略(ランチョンセミナー) 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

50. 大路正人 近視と黄斑変性(ランチョンセミナー) 第66回日本臨床眼科学会 2012年10月25-28日 京都

51. 田寺正樹 川村肇 柿木雅志 澤田智子 西信良嗣 大路正人 糖尿病網膜症に対する硝子体手術の1年成績 第18回日本糖尿病眼学会 2012年11月2-3日 福岡

52. 大路正人  糖尿病黄斑浮腫:病態と治療の進歩(ランチョンセミナー)  第18回日本糖尿病眼学会 2012年11月2-3日 福岡

53. 西田保裕 外眼筋病変の画像診断とその治療 福井県眼科医会学術集会 2012年11月10日 福井

54. 南川貴之 京滋ザラカムJump Study報告 第13回京滋Double Xフォーラム 2012年11月15日 京都

55. 東山智明 西田保裕 一山悠介 村木早苗 大路正人 ステロイド治療を実施した甲状腺眼症の外眼筋信号強度と断面積の計測 第50回日本神経眼科学会 2012年11月16日 京都

56. 大路正人 加齢黄斑変性の治療と黄斑下血腫の治療 第12回越後眼科研究会 2012年11月17日 新潟

57. 一山悠介 澤田智子 柿木雅志 澤田修 西信良嗣 川村肇 大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体内注射に伴う眼圧変動の長期経過 第51回日本網膜硝子体学会 2012年11月30日-12月2日 甲府

58. 小幡峻平 染谷健司 柿木雅志 澤田智子 西信良嗣 川村肇 大路正人 ハミングバード型バックフラッシュニードルの開発と使用経験 第51回日本網膜硝子体学会 2012年11月30日-12月2日 甲府

59. 藤川正人 川村肇 柿木雅志 澤田智子 西信良嗣 大路正人 近視眼における難治性黄斑円孔網膜剥離に対する強膜短縮術の術後経過 第51回日本網膜硝子体学会 2012年11月30日-12月2日 甲府

60. 西信良嗣 澤田智子 柿木雅志 澤田修 川村肇 大路正人 網膜中心静脈閉塞症に対するベバシズマブ投与後12カ月の視力に影響する因子の検討 第51回日本網膜硝子体学会 2012年11月30日-12月2日 甲府

<その他>
1. 大路正人 なんでも相談室 NHKテレビテキスト きょうの健康 網膜静脈分枝閉塞症について教えてください 2012年12月号 126ページ

2. 大路正人 眼底病変に対する分子標的治療 日本医師会 話題の医学 2012年4月号22日 放送


2011年(平成23年)

<学会発表(海外)>
1. Ohji M Surgical treatments for submacular hemorrhage. 台湾眼科学教授学術医学会 2011年春季眼科国際学術検討会 2011.4.9-10 台北 (招待講演)

2. Ohji M Updated clinical evidence for Asian AMD patients and new insights for optimal care for patients. 台湾眼科学教授学術医学会 2011年春季眼科国際学術検討会 2011.4.9-10 台北 (ランチョン)

3. Ohji M Combination of contact lens and wide angle viewing system for wider fundus viewing 14th National Academic Congress of Chinese Ocular Fundus Diseases 2011.4.14 福州(中国)(招待講演)

4. Ohji M Surgical treatments for subretinal hemorrhage ESASO 2011.5.17 シンガポール (招待講演)

5. Miyake T, Kakinoki M, Sawada O, Sawada T, Kawamura H, Ohji M The minimum dose of intraviteal injection of bevacizumab effective against vascular endothelial growth factor in macaque eyes ARVO 2011.5.1-5, Fort Lauderdale, USA

6. Kakinoki M, Miyake T, Sawada O, Sawada T, Kawamura H, Ohji M The clearance of intravitreal bevacizumab in vitrectomized macaque eyes ARVO 2011.5.1-5, Fort Lauderdale, USA

7. Ohji M Exudative retinal detachment ESASO 2011.5.17 シンガポール (招待講演)

8. Ohji M Foveoschisis and myopic CNV ESASO 2011.5.17 シンガポール (招待講演)

9. Ohji M Ocular fundus disease. 16th Congress of Chinese Ophthalmological Society. 2011.9.7-9 広州 (中国)(招待講演)

10. Ohji M Combination of wide-angle viewing system and contact clens in MIVS. Instruction Course, State-of-art techniques and technologies for microincision vitrectomy surgery to treat complex vitreoretinal diseases, American Academy of Ophthalmology, 2011.10.21-25 Orlando, USA (インストラクションコース)

11. Ohji M New techniques in widefield surgical viewing. RETINA Subspecialty Day, American Academy of Ophthalmology, 2011.10.21-25 Orlando, USA (招待講演)

12. Ohji M REINAWS, American Academy of Ophthalmology, 2011.10.21-25 Orlando, USA (インストラクションコース)

13. Ohji M A new technique in wide-angle viewing system for vitrectomy: a combination of a contact lens and a wide-angle viewing system for a wider fundus viewing, 5th International Forum for Vitreoretinal Disease. 2011.11.11-13 Gounzhou, China (招待講演)

<学会発表(国内)>
1. 西田保裕 MRIによる外眼筋の画像診断 第10回広島神経眼科セミナー 2011年1月22日 広島

2. 西田保裕 斜視手術の基本 水平筋手術 第34回日本眼科手術学会 2011年1月28-30日 京都

3. 冨田靖之、川村肇、柿木雅志、澤田修、澤田智子、大路正人 眼内レンズ縫着症例の検討 第34回日本眼科手術学会 2011年1月28-30日 京都

4. 大路正人 エビデンスで見るMacugen®のベネフィット (ランチョンセミナー)  第34回日本眼科手術学会 2011年1月28-30日 京都

5. 大路正人 広角観察システムの一工夫 硝子体手術フォーラム(Winter Vitrectomy Meeting)  2011年2月4-5日 北海道

6. 西田保裕 アレルギー性結膜炎とアトピー性皮膚炎による眼疾患 滋賀アレルギーフォーラム 2011年2月20日 大津

7. 西田保裕 斜視診療での外眼筋画像診断の実際 大阪医大眼科オープンカンファレンス 2011年4月14日 高槻

8. 三宅太一郎 良好な経過をたどった急性網膜壊死の一例 第21回さざなみ眼科研究会 2011年4月16日 大津

9. 西田保裕、村木早苗、大路正人 甲状腺眼症による上転障害例の眼位変化にともなう眼圧変化の検討 第115回日本眼科学会総会 2011年5月12-14日 東京

10. 藤川正人、柿木雅志、三宅太一郎、澤田 修、澤田智子、川村 肇、大路正人 黄斑下血腫に対するガスによる血腫移動術:tPAの有無による検討  第115回日本眼科学会総会 2011年5月12-14日 東京

11. 三宅太一郎、柿木雅志、澤田修、澤田智子、川村肇、大路正人 カニクイザルを用いたベバシズマブ硝子体内投与における必要最小量の検討  第115回日本眼科学会総会 2011年5月12-14日 東京

12. 柿木雅志、三宅太一郎、澤田修、澤田智子、川村肇、大路正人 カニクイザルを用いた高濃度ベバシズマブ硝子体内投与における薬物動態の検討  第115回日本眼科学会総会 2011年5月12-14日 東京

13. 大路正人 視力改善効果を維持するには(ランチョンセミナー) 第115回日本眼科学会総会 2011年5月12-14日 東京

14. 西田保裕 外眼筋の臨床 滋賀医大同門会 2011年5月22日 大津

15. 南川貴之 糖尿病網膜症と血管新生緑内障 第6回糖尿病眼合併症カンファレンス 2011年6月15日 大津

16. 大路正人 実臨床におけるルセンティスによる視力維持の課題と対策  テレフォンカンファレンス 2011年6月23日 大津

17. 大路正人 網膜剥離 第10回硝子体手術ビデオセミナー 2011年6月25-26日 東京

18. 東山智明、村木早苗、石井正宏、西田保裕、大路正人 外斜視術後の戻りに対する両眼内直筋短縮術の効果 第67回日本弱視斜視学会 2011年7月1-2日 京都

19. 仁科幸子、小林百合、横井匡、東範行、近藤寛之、西田保裕 小眼球に伴う眼窩発育異常の画像評価 第67回日本弱視斜視学会 第36回日本小児眼科学会合同学会 2011年7年1-2日 京都

20. 村木早苗 色覚異常を遺伝子から知ろう 第67回日本弱視斜視学会 第36回小児眼科学会合同学会 ランチョンセミナー 2011年7月1-2日 京都

21. 村木早苗 筋移動術とその可能性 シンポジウム『麻痺性斜視治療の可能性と限界』 第67回日本弱視斜視学会 第36回小児眼科学会合同学会 2011年7月1-2日 京都

22. 山名正昭、南川貴之、大路正人 線維柱帯切除術後の濾過胞感染の検討 第117回京都眼科学会 2011年7月3日 京都

23. 冨田靖之、柿木雅志、西田保裕、大路正人 外眼筋炎に視神経障害を併発した一例 第117回京都眼科学会 2011年7月3日 京都

24. 伊藤友香、川村肇、澤田修、澤田智子、柿木雅志、三宅太一郎、大路正人  裂孔原性網膜剥離に対する水晶体温存経結膜小硝子体手術の1年経過  第117回京都眼科学会 2011年7月3日 京都

25. 丹羽雄一、澤田修、澤田智子、柿木雅志、三宅太一郎、川村肇、大路正人  近視性脈絡膜新生血管に対するbevacizumabの投与方法の検討  第117回京都眼科学会 2011年7月3日 京都

26. 小川みぎわ、西川亜希子、多鹿三和子、沼朝代、大路正人 妊娠中に発症した中心性漿液性脈絡網膜症の一例 第117回京都眼科学会 2011年7月3日 京都

27. 西田保裕 外眼筋のための画像診断 第34回獨協医科大学眼科・栃木県眼科医会合同講演会 2011年7月22日 宇都宮

28. 柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、西信良嗣、川村肇、大路正人 短時間パターン照射を用いた網膜光凝固における疼痛の検討 第24回日本レーザー医学会関西地方会 2011年7月23日 奈良

29. 大路正人 硝子体手術Update (特別講演) 第3回岡山眼科手術塾 2011年7月31日 岡山

30. 大路正人 硝子体手術Update (特別講演) 第5回高知RETINAフォーラム 2011年8月28日 高知

31. 大路正人 Combining a contact lens and wide-angle viewing system for a wider fundus view 硝子体手術講習会 2011年9月10-11日 東京

32. 南川貴之 専門医のIC 第9回京滋緑内障セミナー 2011年9月17日 京都

33. 山名正昭、南川貴之 線維柱帯切除術後の濾過胞感染の検討 第22回日本緑内障学会 2011年9月23-25日 秋田

34. 西田保裕 視野検査を理解する 第65回日本臨床眼科学会 2011年10月7-10日 東京

35. 丹羽雄一、澤田修、三宅太一郎、柿木雅志、澤田智子、西信良嗣、川村肇、大路正人 近視性新生血管黄斑症に対するbevacizumab硝子体内注射の投与方法の検討 第65回日本臨床眼科学会 2011年10月7-10日 東京

36. 冨田靖之、西信良嗣、澤田 修、柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、川村 肇、大路正人 網膜中心静脈閉塞症に対するベマシズマブ6回連続硝子体内投与の1年治療成績 第65回日本臨床眼科学会 2011年10月7-10日 東京

37. 柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、西信良嗣、川村肇、大路正人 マルチカラーレーザーによる短時間パターン照射を用いた網膜光凝固における疼痛の検討 第65回日本臨床眼科学会 2011年10月7-10日 東京

38. 川村肇、柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、澤田修、西信良嗣、大路正人 難治性黄斑円孔網膜剥離に対する強膜短縮術 第65回日本臨床眼科学会 2011年10月7-10日 東京

39. 大路正人 コンタクトレンズと非接触ワイドビューイングの同時使用 (ランチョンセミナー) 第65回日本臨床眼科学会 2011年10月7-10日 東京

40. 南川貴之 OCTでわかること-緑内障- 第2回夕照眼科懇話会 2011年10月13日 草津

41. 大路正人 OCTで分かること-黄斑疾患- 第2回夕照眼科懇話会  2011年10月13日 草津

42. 大路正人 眼疾患の基本と健康管理 平成23年度滋賀県医師会産業医研修 第4回スキルアップ研修 2011年10月16日 大津

43. 澤田智子 加齢黄斑変性の治療とその適応 第22回さざなみ眼科研究会 2011年10月29日 大津

44. 大路正人 網膜剥離の診療 第2回北海道眼科臨床セミナー 2011年10月31日 札幌

45. 大路正人 網膜剥離の治療 第5回瀬戸内眼科コロシアム 2011年11月19日 広島

46. 大路正人 黄斑疾患とOCT 岐阜眼科アカデミー 2011年11月20日 岐阜

47. 大路正人 Constellationの使用経験  MIVSワークショップ・シーズンⅡ 2011年12月3日 (特別講演) 東京

48. 冨田靖之、柿木雅志、西田保裕、藤川正人、大路正人:外眼筋炎に視神経障害を合併した一例 第49回日本神経眼学会総会 第6回アジア神経眼科学会 2011年11月25-27日 神戸

49. 村木早苗 日常遭遇する小児眼科疾患の診断と治療 特別講演 第21回 東近江・彦根小児領域談話会 2011年12月1日 滋賀

50. Miyake T, Kakinoki M, Sawada O, Sawada T, Saishin Y, Kawamura H, Ohji M Pharmacokinetics of ranibizumab and its effect on vascular endothelial growth factor after intravitreal injection of ranibizumab in macaque eyes (ぴかいちシンポジウム) 第28回日本眼循環学会、第17回日本糖尿病眼学会総会 第50回日本網膜硝子体学会総会2011年12月2-4日 東京

51. 伊藤友香、西信良嗣、澤田修、柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、川村肇、大路正人 網膜静脈分枝閉塞症に対するベバシズマブ3回連続硝子体投与の1年治療成績 第28回日本眼循環学会、第17回日本糖尿病眼学会総会 第50回日本網膜硝子体学会総会2011年12月2-4日 東京

52. 川村肇、伊藤友香、澤田修、柿木雅志、澤田智子、三宅太一郎、西信良嗣、大路正人 裂孔原性網膜剥離に対する水晶体温存経結膜小切開硝子体手術症例の1年経過 第28回日本眼循環学会、第17回日本糖尿病眼学会総会 第50回日本網膜硝子体学会総会 2011年12月2-4日 東京

53. 藤川正人、川村肇、柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、西信良嗣、大路正人  黄斑円孔網膜剥離の再剥離例に対する強膜短縮術の成績 第28回日本眼循環学会、第17回日本糖尿病眼学会総会 第50回日本網膜硝子体学会総会 2011年12月2-4日 東京

54. 柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、西信良嗣、川村肇、大路正人  カニクイザルの水晶体嚢温存無硝子体眼へのべバシズマブ投与におけるVEGF濃度の解析 第28回日本眼循環学会、第17回日本糖尿病眼学会総会 第50回日本網膜硝子体学会総会 2011年12月2-4日 東京

55. 澤田智子、澤田修、柿木雅志、三宅太一郎、川村肇、西信良嗣、大路正人  ポリープ状脈絡膜血管症に対するPDT単独、ラニビズマブ単独、併用療法の比較 第28回日本眼循環学会、第17回日本糖尿病眼学会総会 第50回日本網膜硝子体学会総会 2011年12月2-4日 東京

                                                           研究業績TOPへ戻る

2010年(平成22年
<学会発表(海外)>
1.M. Ohji VEGF and Retinal Vein occlusion. 5th Asia-Pacific Vitreo-retinal Society meeting 2010.11.18-20 Singapore

2.M. Ohji on behalf of the EXTEND I study group. Long-term efficacy and safety of ranibizumab in Japanese patients with age-related macular degeneration in the EXTEND I study. 27th Club Jules Gonin meeting 2010.11.3-6, Kyoto

3.Ohji M Update on wide angle viewing system for vitreoretinal surgery. The 25th APAO Congress- A Joint meeting of APAO/AAO. 2010.9.16-9.20. Beijing, China

4.Ohji M Small gauge vitrectomy for RD: are outocomes improved? The 25th APAO Congress- A Joint meeting of APAO/AAO. 2010.9.16-9.20. Beijing, China

5.Ohji M Treatments of myopic choroidal neovascular membrane. The 25th APAO Congress- A Joint meeting of APAO/AAO. 2010.9.16-9.20. Beijing, China

6.Ohji M Surgical treatment for submacular hemorrhage. The 25th APAO Congress- A Joint meeting of APAO/AAO. 2010.9.16-9.20. Beijing, China

7.Ohji M Advancing clinical evidence for Japanese AMD patients ? Extend results. (Luncheon Seminar). The 25th APAO Congress- A Joint meeting of APAO/AAO. 2010.9.16-9.20. Beijing, China

8.Ohji M Small gauge vitrectomy update. (Subspecialty Days) The 25th APAO Congress- A Joint meeting of APAO/AAO. 2010.9.16-9.20. Beijing, China

9.Ohji M, Sawada O Prospective randomized trial comparing intravitreal injections of triamcinolone acetonide and bevacizumab for macular edema secondary to BRVO. American Society of Retina Specialists, Vancouver, Canada 2010.8.28-9.1

10.Sawada O, Ohji M Aqueous VEGF level after intravitreal injection of bevacizumab, pegaptanib, or ranibizumab in patients with age-related macular degeneration. American Society of Retina Specialists, Vancouver, Canada 2010.8.28-9.1. First Place Award受賞

11.Ohji M Case presentation of AMD Wet AMD Japan-Korea Symposium, Incheon, Korea 2010.6.12

12.Ohji M Trauma and vitreoretinal surgery- timing and management. World Congress of Ophthalmology. (シンポジウム) Berlin, Germany 2010.6.4-6.9

13.Ohji M Surgical treatments for ERM, VMT, and DME 2nd European School for Advanced Studies in Ophthalmology. (教育講演) Lugano, Switzerland 2010.5.31-6.11

14.Ohji M Surgical Treatment for Submacular hemorrhage 2nd European School for Advanced Studies in Ophthalmology. (教育講演) Lugano, Switzerland 2010.5.31-6.11

15.Miyake T, Sawada O, Kakinoki M, Sawada T, Kawamura H, Ohji M. Pharmacokinetics of bevacizumab and its Effect on vascular endothelial growth factor after intravitreal injection of bevacizumab in Macaque eyes ARVO 2010.5.2-5.6, Fort Lauderdale, USA

16.Kawamura H, Sawada O, Kakinoki M, Sawada T, Ohji M. Effect of vascular endothelial growth factor on vision improvement in patients with macular edema due to central retinal vein occlusion. ARVO 2010.5.2-5.6, Fort Lauderdale, USA

17.Ohji M Recent advances in the treatment for vitreoretinal diseases (招待講演) Chinese Ocular Fundus meeting. 2010.3.13-3.15, Shanghai, China.

<学会発表(国内)>
1.南川貴之 真性小眼球に発症した血管新生緑内障の1例 滋賀県眼科医会 2010年12月19日 大津

2.川村肇 硝子体手術の進歩 滋賀県眼科医会総会 2010年12月19日 大津

3.西田保裕 外眼筋に対する画像診断の実際 第141回和歌山眼科学会 2010年12月5日 和歌山

4.大路正人 黄斑疾患の治療:不治から治へ (特別講演) 第49回日本網膜硝子体学会 2010年11月26-28日 大阪

5.藤川正人、澤田修、柿木雅志、川村肇、大路正人 黄斑前膜と黄斑円孔における術後眼圧の比較 第49回日本網膜硝子体学会・第16回日本糖尿病眼学会総会 2010年11月26-28日 大阪

6.山下智弘、澤田智子、柿木雅志、三宅太一郎、澤田修、川村肇、大路正人 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ投与後6ヶ月の視力に影響する因子の検討 第49回日本網膜硝子体学会・第16回日本糖尿病眼学会総会 2010年11月26-28日 大阪

7.柿木雅志、三宅太一郎、澤田修、澤田智子、川村肇、大路正人 カニクイザルを用いた無硝子体眼へのベバシズマブ投与におけるVEGF濃度の解析 第49回日本網膜硝子体学会・第16回日本糖尿病眼学会総会 2010年11月26-28日 大阪

8.澤田修 “値千金”!網膜硝子体手術、ここがポイント!(モーニングセミナー) 第49回日本網膜硝子体学会総会・第16回日本糖尿病眼学会総会 2010年11月26-28日 大阪

9.大路正人 ResightとLandersの比較 第1回硝子体テクノロジー研究会 2010年11月13日 神戸

10.大路正人 加齢黄斑変性に対する外科的治療の長期成績(黄斑移動術、脈絡膜新生血管抜去術) シンポジウム「網膜疾患治療:長期予後を検証する」 第64回日本臨床眼科学会 2010年11月11-14日 神戸

11.辻川元一、沢美喜、五味文、白神史雄、高橋寛二、大路正人、西田幸二 加齢黄斑変性に対するHLA*A拘束性抗VEGFRワクチン療法の第1相臨床試験 第64回日本臨床眼科学会 2010年11月11-14日 神戸

12.伊藤友香、西田保裕、村木早苗、柿木雅志、大路正人 画像診断が有用であった上転障害の2例 第64回日本臨床眼科学会 2010年11月11-14日 神戸

13.江内田寛、大島佑介、木村英也、井上真、吉田宗徳、山地英孝、門之園一明、大路正人、白神史雄 硝子体手術の周術期における抗血栓薬の取り扱いに関する調査 第64回日本臨床眼科学会 2010年11月11-14日 神戸

14.澤田修、柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、川村肇、大路正人 網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するベバシズマブ6回連続硝子体内注射の効果 第64回日本臨床眼科学会 2010年11月11-14日 神戸

15.仁科幸子、黒坂大次郎、西田保裕、近藤寛之、小林百合、東範行 小眼球症の実態に関する全国調査 第64回日本臨床眼科学会 2010年11月12日 神戸

16.西田保裕 視野検査を理解する 第64回日本臨床眼科学会 2010年11月12日 神戸

17.大路正人 加齢黄斑変性と糖尿病網膜症 第14回北摂眼科倶楽部勉強会 2010年10月27日 豊中

18.南川貴之 第8回京滋緑内障セミナー「配合剤!本当のところ!?」パネルディスカッション 10月23日 京都

19.大路正人 糖尿病網膜症治療の戦略(光凝固、硝子体手術) シンポジウム「糖尿病網膜症治療の進歩」 第25回日本糖尿病合併症学会 2010年10月22日 大津

20.大路正人 滋賀医大眼科の現状 第1回夕照眼科懇話会 2010年10月21日 草津

21.南川貴之 ザラカムの使用経験 夕照眼科懇話会 2010年10月21日 草津

22.南川貴之 血管新生緑内障に対するベバシズマブ併用線維柱帯切除術の術後成績 第21回日本緑内障学会 2010年9月24日 博多

23.大路正人 トラロケの長期成績 第12回Japan Macula Club 2010年8月21-22日 蒲郡

24.村木早苗 糖尿病がひきおこす眼の病気 滋賀短期大学・滋賀医科大学共催公開講座 2010年8月22日 大津

25.澤田智子、柿木雅志、澤田修、三宅太一郎、川村肇、大路正人 加齢黄斑変性におけるラニビズマブ投与前後の脈絡膜厚の変化 第27回日本眼循環学会 2010年7月30-31日 神戸

26.西田保裕 小児診察のコツと実際 眼科診療アップデートセミナー2010 2010年7月25日 東京

27.南川貴之 抗VGEF薬を用いた血管新生緑内障の治療 duotrav発売記念講演 2010年7月25日 京都

28.澤田修、柿木雅志、三宅太一郎、澤田智子、川村肇、大路正人 網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するベバシズマブ6回連続硝子体内注射の治療効果 第116回京都眼科学会 2010年7月4日 京都

29.冨田靖之、川村肇、柿木雅志、澤田修、澤田智子、大路正人 眼内レンズ縫着症例の検討 第116回京都眼科学会 2010年7月4日 京都

30.藤川正人、澤田修、柿木雅志、川村肇、大路正人 黄斑前膜と黄斑円孔における術後眼圧の比較 第116回京都眼科学会 2010年7月4日 京都

31.山下智弘、澤田智子、柿木雅志、三宅太一郎、澤田修、川村肇、大路正人 加齢黄斑変性に対するルセンティスRの成績 第116回京都眼科学会 2010年7月4日 京都

32.伊藤友香、西田保裕、村木早苗、柿木雅志、大路正人 画像診断が有用であった上転障害の2例 第116回京都眼科学会 2010年7月4日 京都

33.西田保裕 眼窩・形成・外傷 第22回日本小児眼科学会講習会 2010年7月3日 東京

34.村木早苗 小児斜視 第35回日本小児眼科学会講習会 What’s New and True in Pediatric Ophthalmology & Strabismus for 2010 2010年7月3日 東京

35.中島智子、村木早苗、柿木雅志、石井正宏、西田保裕、大路正人 弱視症例のマイクロペリメータによる固視検査の試み 第66回弱視斜視学会 2010年7月2-3日 東京

36.大路正人 日本における加齢黄斑変性症治療の効果と安全性 ノバルティス メディアフォーラム 2010年6月17日 東京

37.大路正人 網膜疾患におけるVEGFと抗VEGF薬 (特別講演) 第39回関西医科大学同窓会 2010年5月23日 枚方

38.村木早苗 成人斜視の診方 第7回大津緑内障カンファレンス 特別講演 2010年5月20日 大津

39.西田保裕 スキルトランスファー すぐにできる検影法 第114回日本眼科学会総会 2010年4月18日 名古屋

40.澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人 前房水中の血管内皮増殖因子濃度と眼軸長の相関 第114回日本眼科学会総会 2010年4月16日 名古屋

41.西田保裕 外眼筋に画像診断を活用する 第114回日本眼科学会総会 2010年4月16日 名古屋

42.澤田修、三宅太一郎、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人 近視性脈絡膜新生血管の前房水中の血管内皮増殖因子濃度の検討 第114回日本眼科学会総会 2010年4月15日 名古屋

43.大路正人 糖尿病網膜症に対する硝子体手術の新しい流れ(シンポジウム 硝子体手術の新しい流れ) 第114回日本眼科学会総会 2010年4月15日 名古屋

44.三宅太一郎、澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人 カニクイザルを用いたベバシズマブ硝子体内投与における薬物動態の解析 第114回日本眼科学会総会 2010年4月15日 名古屋

45.大路正人 加齢黄斑変性の診療-最近の話題 (特別講演)  石川黄斑研究会 2010年3月27日 金沢

46.西田保裕 視機能を評価するための視覚生理学の基礎 日本視能訓練士協会生涯教育制度基礎教育プログラム 2010年3月21日 大阪

47.西田保裕 視野検査を評価するための視覚生理学の基礎 生涯教育制度基礎教育プログラムⅠ 2010年3月20日 大阪

48.西田保裕 麻痺性斜視に対する筋移動術の考察 第9回近畿弱視斜視アフタヌーンセミナー 2010年2月27日 大阪

49.大路正人 もっとワイドに簡単に! 広角観察システム (ランチョンセミナー) 第33回日本眼科手術学会 2010年2月22-24日 東京

50.柿木雅志、平形明人、大路正人 PEYMAN-WESSELS-LANDERSの新しいレンズホルダー 第33回日本眼科手術学会 2010年2月22-24日 東京

51.西田保裕 斜視手術の基本 水平筋手術 第33回日本眼科手術学会 2010年1月22-24日 東京

52.村木早苗 小児の術前検査と定量 シンポジウム『斜視手術のpit fall-徹底討論-』 第33回日本眼科手術学会 2010年1月22-24日 東京

53.澤田修、三宅太一郎、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人 網脈絡膜疾患の病態に関連した前房水中の血管内皮増殖因子濃度と眼軸長の相関 平成21年度網脈絡膜視神経萎縮症調査研究班研究会 2010年1月15日 名古屋

54.大路正人 加齢黄斑変性の診療 (特別講演)  豊中眼科医会学術講演会 2010年1月9日 豊中



研究業績TOPへ戻る

2009年(平成21年)

<学会発表(海外)>
1. Ohji M, Sawada S, Miyake T, Kakinoki M, Sawada T, Kawamura H.   Aqueous VEGF concentration before and after intravitreal injection of pegaptanib or ranibizumab in patients with age-related macular degeneration (招待講演) 4th Congress of Asia-Pacific Vitre-Retina Society. 2009/11/12-13, Taipei, Taiwan.

2. Ohji M. Lucentis: Japanese Clinical Trial EXTEND I and Clinical Practice at Shiga University of Medical Science (ランチョンセミナー) 4th Congress of Asia-Pacific Vitre-Retina Society. 2009/11/12-13, Taipei, Taiwan.

3. Ohji M. Surgical conference (Panelist) Retina Congress. New Yoork 2009.9.29-10.3.

4. Ohji M Surgical teatments of proliferative diabetic retinopathy and diabetic macular edema. Tianjin Eye Hospital Osaka University Medical School Vitreoretinal Disease Symposium. (招待講演) Tianjin, China 2009.7-16-19.

5. Ohji M Surgical teatments for submacular hemorrhage. 1st European SChool for Advanced Studies in Ophthalmology. (教育講演) Lugano, Swizerland 2009.6.1-6.12

6. Ohji M Surgical teatments for proliferative diabetic retinopathy and diabetic macular edema. 1st European SChool for Advanced Studies in Ophthalmology. (教育講演) Lugano, Swizerland 2009.6.1-6.12

7. Ohji M Intravitgreal tissue plasminogen activator for subretinal hemorrhage. 24th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology (シンポジウム) Bali, Indonesia 2009.5.19

8. Niwa Y, Sawada O, Kakinoki M, Sawada T, Kawamura H, Ohji M  Comparison between one injection and three monthly injections of intravitreal bevacizumab for myopic choroidal neovascularization. ARVO Fort Lauderdale 2009.5.3-5.7

9. Higashiyama T, Sawada O, Sawada T, Kakinoki M, Kawamura H, Ohji M Prospective comparison of the effects of intravitreal injections of bevacizumab and triamcinolone acetonide for macular edema due to branch retinal vein occlusion ARVO Fort Lauderdale 2009.5.3-5.7

10. Fujikawa M, Kakinoki M, Sawada O, Sawada T, Kawamura H, Ohji M Vascular Endothelial Growth Factor and Retinal Thickness in Branch Retinal Vein Occlusion

11. Sawada O, Kawamura H, Kakinoki M, Sawada T,Ohji M Vascular Endothelial Growth Factor Level in Aqueous Humor of Eyes with Myopic Choroidal Neovascularization ARVO Fort Lauderdale 2009.5.3-5.7

12. Sawada T, Kakinoki M, Sawada O, Kawamura H, Ohji M Improvement in Foveal Thickness, Fixation, and Visual Acuity after Intravitreal Bevacizumab or Triamcinolone Acetonide Injection for Branch Retinal Vein ARVO Fort Lauderdale 2009.5.3-5.7

<学会発表(国内)>
1. 大路正人 網膜硝子体疾患とVEGF  第25回福岡眼科研究会  2009年12月11日 福岡

2. 山下智弘、川村 肇、古城奈緒子、柿木雅志、澤田修、澤田智子、大路正人 硝子体手術により光覚弁なしから視力回復したCoats病の1例 第49回網膜硝子体学会 2009年12月4-6日 名古屋

3. 澤田智子、澤田修、柿木雅志、川村 肇、大路正人 糖尿病黄斑浮腫に対する無作為トリアムシノロン、ベバシズマブ硝子体内投与の成績 第49回網膜硝子体学会 2009年12月4-6日 名古屋

4. 澤田 修、三宅太一郎、柿木雅志、澤田智子、川村 肇、大路正人 加齢黄斑変性に対する抗VEGF薬の硝子体内注射前後のVEGF濃度 第49回網膜硝子体学会 2009年12月4-6日 名古屋

5. 南川貴之、澤田修、内藤文之、目加田篤、大路正人 トリアムシノロン硝子体内注射後の続発緑内障に対する線維柱帯切開術の検討 第20回日本緑内障学会、 2009年11月13日-15日 宜野湾

6. 東山智明、西田保裕、貴志明生、卯木 智、 石田光明 前川 聡 大路正人:高IgG4血症を呈した外眼筋腫大症例.第47回日本神経眼科学会総会 2009年.11月13-15日 東京

7. 大路正人 加齢黄斑変性の診療 (特別講演)   東北黄斑研究会学術講演会  2009年11月3日 盛岡

8. 大路正人 加齢黄斑変性の治療 (特別講演)  京都府西部・中南丹学術講演会  2009年10月17日 京都

9. 東山智明、澤田 修、柿木雅志、澤田智子、川村 肇、大路正人 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する硝子体内注射の無作為前向き研究 第63回日本臨床眼科学会 2009年10月9-12日 福岡

10. 澤田 修、柿木雅志、澤田智子、川村 肇、大路正人 血管内皮増殖因子の前房水濃度と眼軸長の相関 第63回日本臨床眼科学会 2009年10月9-12日 福岡

11. 川村 肇、澤田 修、柿木雅史、澤田智子、大路正人 黄斑浮腫を伴う網膜中心静脈閉塞に対する硝子体内注射における投与前前房内VEGF濃度 第63回日本臨床眼科学会 2009年10月9-12日 福岡

12. 西田保裕,村木早苗,大路正人,渡辺圭介,小池義雄  甲状腺眼症のステロイド治療前後における外眼筋信号強度 第63回日本臨床眼科学会 2009年10月9-12日 福岡

13. 大路正人 本邦におけるMIVS in 2009 (モーニングセミナー) 第63回日本臨床眼科学会 2009年10月9-12日 福岡

14. 大路正人 ラニビズマブの維持期における再投与ガイドライン(ランチョンセミナー) 第63回日本臨床眼科学会 2009年10月9-12日 福岡

15. 大路正人 黄斑下血腫の治療(ランチョンセミナー) 第63回日本臨床眼科学会 2009年10月9-12日 福岡

16. 西田保裕:視野検査を理解する(インストラクションコース) 第63回日本臨床眼科学会 2009年10月9-12日 福岡

17. 西田保裕:外眼筋の画像診断と手術療法 第3回近畿眼科先進医療研究会 2009年9月12日狭山

18. 西田保裕:臨床医に必要な眼科プライマリーケア 第10回卒後臨床研修イブニングセミナー 2009年9月11日 大津

19.村木早苗 先天色覚異常と遺伝子 宿題報告 第115回京都眼科学会 2009年9月6日 京都

20. 山下智弘、川村 肇、古城奈緒子、柿木雅志、澤田修、澤田智子、大路正人 硝子体手術により光覚弁なしから視力回復したCoats病の一例 第125回京都眼科学会 2009年9月6日 京都

21. 中島智子、村木早苗、西田保裕、大路正人  弱視症例のMP-1による固視検査の試み  第125回京都眼科学会 2009年9月6日 京都

22. 東山智明、西田保裕、貴志明生、卯木智、前川聡、大路正人  IgG4が高値であった外眼筋腫大症例  第125回京都眼科学会 2009年9月6日 京 都

23. 藤川正人、澤田 修、三宅太一郎、澤田智子、柿木雅志、川村 肇、大路正人  網膜静脈分枝閉塞症における前房水VEGF濃度と視力,網膜厚,無潅流領域の検討  第125回京都眼科学会 2009年9月6日 京都

24. 内藤文之、澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  網膜中心静脈閉塞症に対する硝子体内注射の長期予後   第125回京都眼科学会 2009 年9月6日 京都

25. 大路正人 加齢黄斑変性の診療 第4回高知RETINAフォーラム 2009年8月29日 高知

26. 大路正人 近視とVEGF 第11回Japan Macula Club 2009年8月22日 蒲郡

27. 大路正人 糖尿病網膜症に対する治療:最近の話題 第16回やまがたDM meeting 2009年8月1日 山形

28. 西田保裕 外眼筋でMRIを観察する 第18回九州神経眼科セミナー 2009年8月1日 玉名

29. 大路正人 加齢黄斑変性:最新の治療戦略 加齢黄斑変性学術講演会 2009年7月25日 大阪

30. 西田保裕 眼科領域での画像診断の実際 第22回近畿神経眼科セミナー 2009年7月18日 大阪

31. 大路正人  加齢黄斑変性の診療:最近の話題 第12回大阪赤十字病院眼科オープンカンファレンス 2009年7月10日 大阪

32. 大路正人 網膜薬物治療でできること(特別講演) 第8回すだちの会  2009年7月4日 大阪

33. 大路正人 網膜剥離・外傷・合併症  第8回硝子体ビデオセミナー 2009年6月28日 東京

34. 大路正人 加齢黄斑変性の診療:最近の話題 (特別講演)  第8回東京黄斑疾患研究会 2009年6月21日 東京

35.村木早苗 調節性内斜視の治療-滋賀医大の症例から- シンポジウム 調節性内斜視の治療 第65回日本弱視斜視学会総会 2009年6月5日 大 阪

36.西川亜希子、西田保裕、柿木雅志、村木早苗、大路正人 外傷性下直筋断裂に施行した水平筋全幅移動術 第65回日本弱視斜視学会総会 2009年6 月5日 大阪

37. 大路正人 糖尿病網膜症に対する硝子体手術 第3回四国アイランドセミナー 2009年5月30-31日 高松

38.大路正人 病的所見の読み方 第3回OCT講習会 2009年5月24日 大阪

39.大路正人 網膜症に対する眼科的アプローチ(レーザー、手術を中心に)(Featured sympojium, シンポジウム)  第52回日本糖尿病学会年次学術集会 2009年5月24日 大阪

40. 西田保裕 MRIを中心とした眼科領域の画像診断 第43回京滋眼科臨床懇話会 2009年5月16日 京都

41.大路正人 加齢黄斑変性の診療:最近の話題 (教育講演)  第68回香川大学眼科研究会 2009年4月25日 高松

42.大路正人 ルセンティスの国内外の臨床試験における成績 (ランチョンセミナー講演)  第113回日本眼科学会総会 2009年4月16日-19 日 東京

43. 西田保裕 スキルトランスファー すぐにできる検影法 第113回日本眼科学会総会 2009年4月16日-19日 東京

44. 西田保裕,村木早苗,大路正人,渡辺圭介,小池義雄 3テスラ高磁場MRI装置による外眼筋信号強度計測.第113回日本眼科学会総会 2009年4月16日-19日 東京

45. 澤田修、藤川正人、東山智明、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  網膜静脈分枝閉塞症における前房水の血管内皮増殖因子(VEGF)の関与  第 113回日本眼科学会総会 2009年4月16日-19日 東京

46.澤田智子、柿木雅志、澤田修、川村肇、大路正人  網膜静脈分枝閉塞症における文字コントラスト感度の測定   第113回日本眼科学会総会  2009年4月16日-19日 東京

47.矢野晋策、瓶井資弘、鈴木三保子、坂口裕和、沢美喜、辻川元一、大島佑介、生野恭司、五味文、日下俊次、大路正人、田野保雄  網膜静脈分枝閉塞症 の蛍光眼底所見と視力予後の関係  第113回日本眼科学会総会 2009年4月16日-19日 東京

48. 大路正人  加齢黄斑変性の診療-最近の話題 (特別講演)   第118回広島県眼科医会講習会 2009年4月12日 広島

49. 大路正人  糖尿病網膜症:最近の話題 (招待講演) 第4回浜松眼科フォーラム 2009年3月7日 浜松

50. 大路正人  EXTEND-I 日本人におけるranibizumabの有効性と安全性  (招待講演) 国際シンポジウム-加齢黄斑変性の治療戦略  2009年2月21日 東京

51. 大路正人  マクジェンの国内臨床試験と今後のAMD治療の展望  マクジェン新発売記念講演会    2009年1月31日 金沢

52. 大路正人  糖尿病網膜症の治療:最近の話題 (特別講演) 第127回内眼糖 2009年1月26日 大阪

53. 西田保裕 新しい筋移動術(西田法)ビデオ依頼講演 第32回日本眼科手術学会 2009年1月23-25日 神戸

54. 小川みぎわ、柿木雅志、澤田修、澤田智子、川村肇、大路正人  黄斑上膜手術6ヵ月後に発症した黄斑円孔の自然閉鎖の1例   第32回日本眼科手術学会  2009年1月23-25日 
神戸

55. 西田保裕 緑内障に重要な視野検査の基礎知識 ファイザー緑内障勉強会 2009年1月14日京都

<その他>
1. 南川貴之 血管新生緑内障の最近の話題 第7回滋賀県緑内障カンファレンス 2009年11月26日 草津

2.大路正人  真ん中が見えない加齢黄斑変性  愛知県眼科医会市民公開講座 2009年6月6日 名古屋

3. 村木早苗 先天色覚異常と遺伝 第4回YOKOHAMA病診連携の会 講演 2009年3月27日 横浜

4. 大路正人  真ん中が見えない加齢黄斑変性  市民公開講座:黄斑疾患と緑内障、日本眼科手術学会、 2009年1月25日 神戸



研究業績TOPへ戻る

2008年(平成20年)

<学会発表(海外)>
1. Ohji M Vascular endothelial growth factor in myopic choroidal neovascular maculopathy.
3rd Asia Pacific Vitreo-Retinal Soceity meeting,招待講演(2008年12月5-6日,Busan, Korea)
2. Ohji M, Sawada O, Kakinoki M, Sawada T, Kawamura H. The effect of intravitreal bevacizumab injection on VEGF concentration in the fellow uninjected eyes.
26th Club Jules Gonin(2008年9月10-13日,St Moritz, Swizerland)

3. Ohji M Anti-VEGF therapy for macular edeam. 6th Kim’s Eye Hospital Symposium ,招待講演(2008年8月24日,Seoul, Korea)

4. Ohji M Treatment for age-related macular degeneration and other choroidal neovascularization. Hollyn University symposium,招待講演(2008年8月22日, Seoul, Korea)
5.Ohji M .What is New in Pharmacotherapy for Retinal Vein Occlusion. My Experience in Cirrus HD-OCT. Prophylaxis of retinal detachment.New Techniques and Instrumentation in Vitreoretinal Surgery. 2008 World Ophthalmology Congress, シンポジウム(2008年6月28日-7月2日,Hong Kong)

6. Ohji M Selecting Neovascular AMD Therapy: Evaluation of Anti-VEGF Therapy in a Japanese Cohort . 2008 World Ophthalmology Congress, Evening seminar(2008年6月28日-7月2日,Hong Kong)

7. Ohji M An Asian perspective: the Lucentis EXTEND-I Study. 2008 World Ophthalmology Congress, Luncheojn Seminar(2008年6月28日-7月2日,Hong Kong)

8. Sawada O, Kawamura H, Kakinoki M, Sawada T, Ohji M Vasucular Endtherial Growth Factor in Untreated Fellow Eyes of Eyes Injected with Intravitreal Bevacizumab
2008 World Ophthalmology Congress, ポスター(2008年6月28日-7月2日,Hong Kong)

9. Kakinoki M, Sawada O, Sawada T, Kawamura H, Ohji M, Comparison of macular thickness between Cirrus HD OCT and Stratus OCT. 2008 World Ophthalmology Congress, ポスター(2008年6月28日-7月2日,Hong Kong)

10. Sawada O, Kakinoki M, Sawada T, Kawamura H, Ohji M Vascular endothelial growth factor in untreated fellow eyes of eyes injected with intravitreal bevacizumab. ARVO (2008年4月27日~5月1日,Fort Lauderdale)

11. Ikuno Y, Mizuno C, Sakaguchi H, Oshima Y, Kamei M, Yano Y, Ohji M Preoperative optical coherence tomographic findings and surgical outcome in vitrectomy for highly myopic macular holes. ARVO (2008年4月27日~5月1日,Fort Lauderdale)

12. Ohji M, Kakinoki M, Sawada O, Sawada T, Kawamura H Comparison of macular thickness between Cirrus HD OCT and Stratus OCT.ARVO (2008年4月27日~5月1日,Fort Lauderdale)

13. Ohji M. Progress in Optical coherent tomography. The Chinese Ocular Fundus Diseases Foru,招待講演(2008年3月27-29日,Xi’an (西安), China)

<学会発表(国内)>
1. 杉山能子:「三歳児健診とORT」.第28回北陸ORT会(2008年11月30日,加賀市)

2. 大路正人  眼内タンポナーデ物質再考! 第47回日本網膜硝子体学会,イブニングセミナー(2008年11月28~30日,京都)

3. .澤田智子、柿木雅志、澤田修、川村肇、大路正人  網膜静脈分枝閉塞症における固視の改善.第47回日本網膜硝子体学会,一般講演(2008年11月 28~30日,京都)

4. 丹羽雄一、澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  近視性脈絡膜新生血管に対するbevacizumab硝子体内投与方法の検討.第47回日本 網膜硝子体学会,一般講演(2008年11月28~30日,京都)

5. 川村肇、内藤文之、澤田修、柿木雅志、澤田智子、大路正人  黄斑浮腫を伴う網膜中心所静脈閉塞症に対するベバシズマブとトリアムシノロンの効果の比較.  第47回日本網膜硝子体学会,一般講演(2008年11月28~30日,京都) 

6. 澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  近視性脈絡膜新生血管における前房水中の血管内皮増殖因子濃度.第47回日本網膜硝子体学会,一般講演 (2008年11月28~30日,京都)

7. 柿木雅志、澤田修、澤田智子、川村肇、大路正人  糖尿病黄斑症のCirrus HD-OCTとStratus OCTの網膜厚測定結果.第47回日本網膜硝子体学会,一般講演(2008年11月28~30日,京都)

8. 杉山能子:小児眼科診療~眼位・屈折検査のコツ~.第15回眼科医療フォーラム(2008年11月16日,徳島市)

9. 西田保裕,村木早苗,柿木雅志,大路正人:3.0テスラ超高磁場MRI装置での眼窩組織,特に外眼筋の撮像法.第46回日本神経眼科学会総会,一般講演 (2008年11月10日,新潟市)
10. 杉山能子:小児眼科診療-小児の視覚発達&ヒヤリ・ハット-.第4回和歌山眼科フォーラム(2008年10月30日,和歌山市)

11. 澤田修、東山智明、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対する硝子体内注射の無作為前向き研究.第62回日本臨 床眼科学会,一般講演(2008年10月23-26日,東京)
 
12. 澤田智子、柿木雅志、澤田修、川村肇、大路正人  糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロン、ベバシズマブ硝子体内投与の短期的治療効果. 第62回日本臨床眼科学会,一般講演(2008年10月23-26日,東京)

13. 村木早苗、西田保裕、柿木雅志、大路正人  回線斜視に切腱せずに直筋筋腹を回転移動した2例 第62回日本臨床眼科学会,一般講演(2008年10月23-26日,東京)

14. 西田保裕、村木早苗、柿木雅志、大路正人  外転神経麻痺に施行した上下直筋全幅移動術の術後成績 第62回日本臨床眼科学会,一般講演(2008年10月23-26日,東京)

15. 佐藤美保,杉山能子,矢ヶ﨑悌司,大庭正裕:絶対できる!斜視検査.第62回日本臨床眼科学会,インストラクションコース(2008年10月23日,東 京)

16. 杉山和久,相原一,東出朋巳,杉山能子,齋藤代志明,「インストラクションコース」小児緑内障のトータルケア ~検査、診断、手術から視機能管理まで~. 第62回日本臨床眼科学会(2008年10月25日,東京).

17. 目加田篤,多鹿三和子,南川貴之,大路正人:放射状結膜切開線維柱帯切除術. 第19回日本緑内障学会,一般講演(2008年9月12日,大阪)

18. 杉山能子:「小児眼科へのいざない」~小児眼科診療~ヒヤリ・ハットと対策~.第149回岡山県眼科医会生涯教育講座(2008年7月27日,岡山市)

19. 大路正人  黄斑疾患:最近の話題.第1回福井県黄斑疾患研究会,特別講演(2008年7月26日,鳥取)

20. 正木利憲,杉山能子,宇田川さち子,辻屋壮介,北野香緒里,国田智恵:ワニの涙を合併したDuane症候群Ⅲ型の1例.第64回日本弱視斜視学会総会・第 33回日本小児眼科学会総会合同学会(2008年7月4日,東京)

21. 村木早苗,上山久雄(生化2),豊田 太(生理2):網膜錐体cGMP依存性チャネルαサブユニット変異の解析とその機能回復(レスキュー)に関する研 究.学長裁量費 研究助成成果発表会〈2008年6月30日,滋賀医大〉

22. 大路正人  黄斑疾患診療の進歩. 第2回鳥取県眼科フォーラム,招待講演(2008年6月15日,福井)

23. 大路正人  硝子体手術入門-20Gから25Gまで.第7回硝子体手術セミナー,招待講演(2008年6月8日,東京)

24. 大路正人  黄斑疾患:最近の話題熊本眼疾患研究会,招待講演(2008年6月7日,熊本)

25. 中島智子、西田保裕、村木早苗、大路正人 強度近視性内斜視の片眼例. 第114回京都眼科学会(2008年6月1日,京都) 

26. 西川亜希子、南川貴之、村木早苗、西田保裕、大路正人 治療時期の異なった鼻性視神経症の2例.第114回京都眼科学会(2008年6月1日,京都)

27. 丹羽雄一、澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  近視性脈絡膜新生血管に対するVEGF療法.第114回京都眼科学会(2008年6月1日, 京都)

28. 東山智明、澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するトリアムシノロンおよびベバシズマブの硝子体内注 射の効果.第114回京都眼科学会(2008年6月1日,京都)

29. 内藤文之、川村肇、澤田修、柿木雅志、澤田智子、大路正人  網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するトリアムシノロンおよびベバシズマブの硝子体内注 射の効果.第114回京都眼科学会(2008年6月1日,京都)

30. 山出新一:心因性視覚障害―子供たちから学んだこと―.第7回長野県眼科フォーラム,特別講演(2008年5月10日,長野市)

31. 大路正人  PDT日本版ガイドラインアルゴリズムと今後のAMD治療の展望.第112回日本眼科学会総会,ランチョンセミナー(2008年4月 17-20日,横浜)

32. 村木早苗:色覚異常と遺伝.第112回日本眼科学会総会,教育セミナー(2008年4月17-20日,横浜市)

33. 西田保裕,村木早苗,安田周子,須賀美保子,大路正人 強度近視性内斜視の術中外眼筋の偏位計測. 第112回日本眼科学会総会,一般講演(2008年4 月17-20日,横浜)

34. 柿木雅志,澤田修,澤田智子,川村肇,大路正人  CIRRUS HD OCTとSTRATUS OCTの網膜厚の違い.第112回日本眼科学会総会,一般講演(2008年4月17-20日,横浜)

35. 澤田修、川村肇、大路正人、柿木雅志、澤田智子  網膜中心静脈閉塞症における前房水の血管内皮増殖因子(VEGF)濃度と病態.第112回日本眼科学会 総会,一般講演(2008年4月17-20日,横浜)

36. 大路正人  加齢黄斑変性と類縁疾患:治療アップデート 京都eyeセミナー  (2008年3月15日,京都)

37. 杉山能子:斜視&小児眼科.秋田・眼科スタッフフォーラム講演会(2008年3月15日,秋田市)

38. .杉山能子:小児の斜視・弱視Q&A.第7回病診連携の会(2008年3月6日,金沢市)

39. 大路正人  各種wide angle viewing system. Winter vitrectomy meeting(2008年2月15-16日,ルスツ)

40. 大路正人  黄斑疾患:治療最前線.富山県眼科医会学術講演会,特別講演(2008年2月9日,富山)

41. 川村 肇、澤田 修、柿木雅志、澤田智子、大路正人  23G硝子体手術システム用の新しい眼内照明プローブの作成.第31回日本眼科手術学会,一般講演 (2008年2月1-3日,横浜)

42. 大路正人  黄斑疾患の最新の治療戦略 メディカル対サージカル  静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫.第31回日本眼科手術学会,シンポジウム(2008年2月 1-3日,横浜)

研究業績TOPへ戻る

2007年(平成19年)

<学会発表・講演>
海外発表
JSAC 招待講演 (2007年1月6日,Hawaii, USA)
1. Ohji M. :23G or 25G: Which will be the winner?

Visudyne Dinner meeting at Asia-ARVO 招待講演(2007年3月2日,Singapore)
2. Ohji M. : Visudyne Efficacy in wet AMD: An Asia Perspective.

35th Aspen Retinal Detachment Society meeting. 招待講演 (2007年3月4~7日,Snowmass )
3. Ohji M. : Vitrectomy for Macular hole: long-term visual outcome.
4. Ohji M. :Surgical treatments for CRVO: still useful?

11th Vail Vitrectomy meeting. (2007年3月9~14日,Vail)
5. Ohji M. : Radial optic neurotomy for hemi central retinal vein occlusion.

12th Chinese Ocular Fundus Society Meeting  招待講演 (2007年4月6~7日,Chengdu (China) )
6. Ohji M. : Management of Vascularized Membranes in PDR and other Complicated Cases
7. Ohji M. : 23 Gauge Vitrectomy and Transition, Angled Incision Techniques and Wound Integrity
8. Ohji M. : Photodynamic therapy for AMD and PCV

ARVO(2007年5月6~10日,Fort Lauderdale)
9. Ohji M., Tano Y., Hida T., Sekiya T., Ogawa T. :Efficacy and Safety Results of a Confirmatory Phase 3 Study of Difluprednate (DF) in Postoperative Inflammation

10. Sawada T, Kakinoki M, Sawada O, Kawamura H, Ohji M.: Optical Coherence Tomography (OCT) Imaging of Sclerostomies after 25-Gauge Transconjunctival Sutureless Pars Plana Vitrectomy.

11. Sawada O, Kakinoki M, Sawada T, Kawamura H, Ohji M. : Aqueous humor concentrations of vascular endothelial growth factor before and after intravitreal bevacizumab in proliferative diabetic retinopathy.

12. Muraki S, Ueyama H, Tanabe Sm Yamade S, Ohji M. :Analysis of L-cone/M-cone visual pigment genes in Japanese color-vision deficient males with a normal array.

13. Kawamura H, Sawada O, Kakinoki M, Sawada T, Ohji M. : Intravitreal injection of bevacizumab for macular edema associated with central retinal vein occlusion.

14. Yasuda N, Kawamura H, Ebihara Y, Sawada O, Ohji M. : Intraocular cytokines in the treatment of intraocular lymphoma by intravitreal injection of methotrexate.

15.  Momoyo K.Menz, Michael Menz, Erich E.Sutter, Ari J.Green:NewElectrophysiolojical Approaches for Monitoring the Visual Pathway in Multiple Sclerosis.

3rd International Symposium on Macular Diseases. 招待講演(2007年9月14~16日 Sydney)
16. Ohji M.: Photodynamic Therapy for AMD in Japanese Patients.

17. Ohji M, Sawada T, Kawamura H. :VEGF concentration before and after intravitral bevacizumab injection in diabetes.

Retinal Education fir Accessing Current Techniques (REACT) meeting 招待講演(2007年9月18~20日,京都)
18. Ohji M. :Small gauge vitrectomy.

American Academy of Ophthalmology,  (New Orelans, USA 2007年11月9‐11日)
19. Instruction course指名講演 Ohji M. :Clinical experience in Cirrus HD OCT. Zeiss EAP Program New Orelans, USA 2007.11.10.

International Forum for Vitreoretinal Diseases. 招待講演(Guangzhou (広州), China 2007年12月7~9日)
20.  Ohji M.: Anti-VEGF therapy for macular edema.

21. 教育講演 Ohji M.: Vitreoretinal Suregry; Video case presentation and discussion

22. 指名講演 Ohji M. :Controversies in Vitreoretinal Surgery. American Academy of Ophthalmology, Retina Subspecialty Days


国内発表・講演
看護学セミナー (2007年1月14日,東京)
1. 大路正人:加齢黄斑変性. 

第10回眼科PDT講習会(2007年1月21日,東京)
2. 大路正人:眼科PDTの概要.  

第30回日本眼科手術学会 一般講演(2007年1月26~28日,京都市)
3. 須賀美保子,西田保裕,柿木雅志,村木早苗,大路正人:滋賀医大で施行した強度近視性内斜視の手術治療.

4. 川村 肇,澤田 修,柿木雅史,澤田智子,大路正人:網膜中心静脈閉塞症によって生じた黄斑浮腫に対する抗VEGF抗体ベバシズマブとトリアムシノロンの 硝子体内投与による浮腫軽減効果の比較. 

5. 澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人:糖尿病網膜症手術症例に対するベバシズマブ硝子体内投与後の前房水VEGF濃度の変化.  

6. 多鹿三和子,目加田篤,早瀬博史,大路正人:有硝子体眼におけるトリアムシノロン硝子体内単回投与例の眼圧経過. 

第30回日本眼科手術学会 ランチョンセミナー(2007年1月26日,京都市)
7. 大路正人:マイクロペリメトリー(MP-1)の様々な臨床応用.

城北地区眼科PDT(特別講演)(2007年2月3日,東京)  
8. 大路正人:加齢黄斑変性診療アップデート.-光線力学療法の治療成績を中心に-   

第13回日本糖尿病眼学会 (2007年3月2~4日,京都)
9. 澤田修、川村肇、大路正人、柿木雅志、澤田智子:硝子体手術補助剤としての抗VEGF抗体ベバシズマブの効果.  

第24回京都北部サージェリーの会 (2007年3月23日,舞鶴)
10. 大路正人:硝子体手術:最近の話題.  

北陸眼科スタッフの会(2007年3月23日,金沢市)
11. 杉山能子:「眼の位置がおかしい???」と来院された患者さんに対する基本検査~診断にたどりつくまで.<BR>

第13回さざなみ眼科研究会(2007年4月14日,大津市)
12. 鶴岡聡一郎、石田洋一、沼朝代、大路正人:液状後発白内障について. 

13. 安田周子、西田保裕、大路正人:瞼板におよんだ眼瞼裂傷の1例. 

14. 古城奈緒子、大路正人:視力向上を示した小児視神経異常の1例.  

15. 南川貴之、多鹿三和子、目加田篤、大路正人:緑内障術後眼圧とレーザー切糸. 

16. 澤田修、川村肇、大路正人、澤田智子、柿木雅志:硝子体手術補助剤としての抗VEGFベバシズマブの効果. 

17. 川村肇、澤田修、多鹿三和子、目加田篤、大路正人、柿木雅志、澤田智子:網膜中心静脈閉塞症に併発した黄斑浮腫に対するベバシズマブとトリアムシノロンの 比較.  

第111回日本眼科学会総会(2007年4月21日,大阪)
18. 柿木雅志,西田保裕,澤田智子,澤田 修,川村 肇,大路正人:マイクロペリメータの計測時間と視力の関係.

第111回日本眼科学会総会 ランチョンセミナー(2007年4月19~22日,大阪)
19. 大路正人:日本版眼科PDTガイドライン.

神奈川県眼科DMカンファ(2007年4月28日,横浜市)
20. 大路正人:糖尿病網膜症の新しい薬物療法.  

東海黄斑疾患研究会(2007年5月12日,名古屋市)
21. 大路正人:加齢黄斑変性の治療最前線.  

郡山眼科おはなし会(2007年5月17日,郡山)
22. 大路正人:加齢黄斑変性の治療:アップデート. 

学術講演会-加齢黄斑変性の治療戦略(2007年5月19日,東京) 
23. 大路正人:日本版ビスダイン療法の治療戦略.   

滋賀医科大学眼科同門会学術講演会 特別講演(2007年5月20日,大津市)
24. 山出新一:伝えたい色覚異常のことなど.

第123回京都眼科学会(2007年5月27日,京都市)
25. 南川貴之、目加田篤、菅江繁幸、伊藤拓、関井英一郎、大路正人:着色および無着色アクリル眼内レンズの視機能の比較. 

26. 鶴岡 聡一郎、澤田 修、川村 肇、大路 正人、柿木 雅志、澤田 智子:糖尿病黄斑浮腫に対するアバスチンの効果. 

27. 須賀 美保子、川村 肇、 澤田 修、大路 正人、柿木 雅志、澤田 智子:網膜静脈分枝閉塞症における抗VEGF抗体ベバシズマブの効果.  
第90回阪大眼科同窓会学術講演会(2007年6月10日,大阪)
28. 大路正人:黄斑疾患治療の過去と未来. 

第63回日本弱視斜視学会総会 一般講演(2007年6月15日,名古屋市)
29. 中村真理子,村木早苗,長谷川結子,植松久美子,西田保裕,大路正人:MP-1を用いた偏心視訓練を試みた1例.

第63回日本弱視斜視学会 教育講演(ビデオ講演)(2007年6月15日,名古屋市)
30. 西田保裕:外転神経麻痺に対する上下直筋全幅移動術.

第6回硝子体手術ビデオセミナー(2007年6月17日,京都)
31. 大路正人:硝子体手術入門.  

阪神眼科研究会(2007年6月30日,京都)
32. 大路正人:黄斑疾患治療アップデート.  

京都薬科大学京薬会 第32回2007年度卒後教育講座 (2007年7月8日,京都)
33. 大路正人:眼科領域での薬物療法の現在および今後.   

滋賀県眼科医会総会学術講演会(2007年7月8日,大津市)
34. 川村 肇,澤田 修,須賀美穂子,柿木雅史,澤田智子,大路正人:網膜中心静脈閉塞症に併発した黄斑浮腫に対するベバシズマブの効果.  
第24回日本眼循環学会(2007年7月13~14日 高松市)
35. 川村 肇,澤田 修,須賀美穂子,柿木雅史,澤田智子,大路正人:網膜静脈分枝閉塞症の黄斑浮腫に対するベバシズマブの効果. 
 
36. 澤田 修、川村 肇、鶴岡聡一郎、大路正人、澤田智子、柿木雅志:糖尿病網膜浮腫に対する抗VEGF抗体ベバシズマブの効果.

第12回京都耳鼻咽喉科疾患研究会 一般講演(2007年7月21日,京都市)
37. 福島一登(国立病院機構滋賀病院 耳鼻咽喉科),佐方弘哲,岡田明(国立病院機構滋賀病院 眼科),岡野晃(国立病院機構滋賀病院 内科):複視により発 見された蝶形骨洞原発のATLLの一例.

第22回 三重県眼科セミナー 特別講演 (2007年7月22日,津市)
38. 大路正人:黄斑疾患治療の現況.  

東京都眼科医会学術講演会 特別講演(2007年7月28日,東京)
39. 大路正人:加齢黄斑変性:PDTと近未来の治療. 

岡山県眼科医会生涯教育講座 特別講演(2007年7月29日,岡山) 
40. 大路正人:黄斑疾患治療アップデート.  

第20回近畿神経眼科セミナー 教育講演(2007年7月29日,大阪市)
41. 西田保裕:視野検査で知っておくべき基礎知識.

第2回小児救急医療地域医師研修会(県医師会主催) 講演(2007年8月2日,大津市)
42. 薬師川浩:小児救急での眼疾患.

第2回北海道黄斑疾患研究会 特別講演(2007年8月4日,札幌市)
43. 大路正人:加齢黄斑変性:PDTと薬物療法.
 
第10回先端医科学研究会 特別講演(2007年8月25日,大阪)
44. 大路正人:網膜硝子体疾患:最近の話.題 

第53回新潟臨床眼科研究会 特別講演 (2007年8月26日,新潟)
45. 大路正人:黄斑疾患の治療:最近の話題. 

北陸視能訓練士の会(2007年9月1日,金沢市(浅ノ川病院))
46. 杉山能子:小児眼科&斜視-こんなときどうする?

京滋ORT会 特別講演(2007年9月2日,大津市)
47. 西田保裕:視野検査の基礎知識.

六大学眼科研究会 特別講演(2007年9月8日,福岡)
48. 大路正人:黄斑疾患に対する眼局所の薬物療法.  

硝子体手術講習会(2007年9月22日~23日,東京)
49. 大路正人:VEGF concentration before and after intravitreal bevacizumab injection 
 
50. 大路正人:Wide viewing system Advanced Vitreous Surgery Course  

第8回日本ロービジョン学会学術総会 一般講演(2007年9月23日,大阪府)
51. 村木早苗,中村真理子,長谷川結子,植松久美子,西田保裕,大路正人:MP-1を用いた偏心視訓練の試み.

第61回日本臨床眼科学会 一般講演(2007年10月11~14日,京都市)
52. 澤田智子,柿木雅志,澤田修,川村肇,大路正人:25Gおよび23G硝子体手術後の強膜創の光干渉断層計(OCT)所見.

53. 川村 肇、澤田 修、大路正人、柿木雅志、澤田智子:黄斑浮腫を併発した網膜中心静脈閉塞症に対するベバシズマブの6ヶ月以上での治療経過.

54. 澤田 修、川村 肇、大路正人、柿木雅志、澤田智子:硝子体手術補助剤として用いた抗VEGF抗体ベバシズマブの僚眼への影響.

55. 南川貴之、目加田篤、菅江繁幸、伊藤拓、関井英一郎、大路正人:着色および無着色アクリル眼内レンズの視機能の比較.

第61回日本臨床眼科学会 学術展示(2007年10月13日,京都市)
56. 村木早苗,西田保裕,三田実千代,石井正宏,三宅太一郎,大路正人:成人における外斜視手術症例の検討.

第61回日本臨床眼科学会 教育講演(2007年10月13日,京都市)
57. 西田保裕:視野検査を理解する.

第61回日本臨床眼科学会 インストラクションコース(2007年10月11~14日,京都市)
58. 佐藤美保,杉山能子,大庭正裕,矢ヶ﨑悌司:目からウロコの不同視弱視-最新情報を学ぼう.

59. 杉山和久,相原一,東出朋巳,齋藤代志明,杉山能子:これでわかる小児緑内障の診断,全麻下検査,手術,術後管理.

60. 山出新一:遺伝と遺伝子.

第61回日本臨床眼科学会 アフタヌーンセミナー(2007年10月11~14日,京都市)
61. 大路正人:硝子体手術:より明るく、より便利に.

第61回日本臨床眼科学会 モーニングセミナー(2007年10月11~14日,京都市)
62. 大路正人:小切開硝子体手術、20ゲージからの移行.

愛知県眼科医会平成19年度第4回学術研修会 指名講演 (2007年10月20日,名古屋市)
63. 大路正人:硝子体手術の進歩.

第47回専門医制度 指名講演(2007年10月13日,京都)
64. 大路正人:「最近の進歩シリーズ」網膜硝子体診療の進歩:外科治療の進歩.

第48回日本視能矯正学会 一般講演(2007年11月3日,千代田区)
65. 小町祐子,三柴恵美子,新井田孝裕,山口幸子,平塚英治:視能訓練士養成教育における実践学習の効果 ~視覚障害者ボランティア~.

第30回手術スタッフ懇話会 特別講演(2007年11月17日,大阪)
66. 大路正人:硝子体手術の介助 

第46回日本網膜硝子体学会総会(2007年11月23~25日,青森)
67. 澤田 修、川村 肇、大路正人、柿木雅志、澤田智子:網膜硝子体疾患における前房水の血管内皮増殖因子(VEGF)濃度  

第9回卒後臨床研修イブニングセミナー 教育講演(2007年12月7日,大津市)
68. 西田保裕:知って欲しい眼科のプライマリーケア. 
 

Ⅷ その他
1. 大路正人 「放置しないで 網膜の病気」 NHK きょうの健康Q&A 平成19年11月16日 放送
2. 大路正人 「放置しないで 網膜の病気③ 飛蚊症がサイン 網膜剥離」 NHK きょうの健康 平成19年11月14日 放送
3. 大路正人 「放置しないで 網膜の病気② ゆがんで見える加齢黄斑変性」 NHK きょうの健康 平成19年11月13日 放送
4. 大路正人 「放置しないで 網膜の病気① 油断禁物 糖尿病網膜症」 NHK きょうの健康 平成19年11月12日 放送
5. 大路正人  加齢と視力低下(加齢黄斑変性)  市民公開講座:加齢と眼、日本眼科学会、大阪大学医学部眼科学教室、大阪府眼科医会 平成19年10月 14日 大阪


研究業績TOPへ戻る

2006年(平成18年)

英語発表
1. Ohji M. Photodynamic monotherapy for AMD and PCV. PCV Expertmeeting. 2006.11.11. Las Vegas
2. Ohji M. Surgical management of choroidal neovascular membrane. Updates in the surgical and nonsurgical management of choroidal neovascular membrane. (Instruction course) Joint meeting of American Academy of Ophthalmology and Acia Pacific Academy if Ophthalmology, 2006.11.11-14. Las Vegas
3. Gomi F, Ohji M, Sayanagi K. Sawa M, Sakaguchi H, Tano Y. Conparison od one-year results of photodynamic therapy for AMD and polypoidal choroidal vasculopathy. Joint meeting of American Academy of Ophthalmology and Acia Pacific Academy if Ophthalmology, 2006.11.11-14. Las Vegas
4. Sawa M, Ohji M, Gomi F, Sayanagi K. Sakaguchi H, Fujikado T, Tano Y. Fundus autofluorecscence after full macular translocation. Joint meeting of American Academy of Ophthalmology and Acia Pacific Academy if Ophthalmology, 2006.11.11-14. Las Vegas
5. Ohji M. Current treatment of diabetic macular edema. (Panelist) Retina 2006: Emerging New Concepts. American Academy of Ophthalmology, Retina Subspecialty Days. 2006.11.10-11. Las Vegas
6. Ohji M, Sakaguchi H, Kamei M, Ikuno Y, Tano Y. Radial optic neurotomy on hemi central retinal vein occlusion. Club Jules Gonin 2006.10.14-21. Cape Town   
7. Ohji M.  Neovascular treatments in non-AMD CNV. 6ht AMD congress 2006.9.21-23. Geneva   
8. Ohji M.  PDT in Japanese Patients. Current Concepts and Challenges in the Management of Retinal Diseases - Pearls from Japan. 21th Annual meeting of Asia-Pacific Academy of Ophthalmology (APAO) (Instruction course)  2006/6/9-14. Singapore
9. Kakinoki M, Nishida Y, Muraki S, Harada Y, Ohji M.  Surgical Results of Vertical Strabismus Due to Thyroid-Associated Ophthalmopathy 2006/4/30-5/4. Fort Lauderdale, USA
10. Kojo N, Mekada A, Takihata Y, Sekii E, Okada A, Tajika M, Ohji M.  Intravitreal Injection of Triamcinolone Acetonide for Central Retinal Vein Occlusion With Macular Edema 2006/4/30-5/4. Fort Lauderdale, USA
11. Ebihara Y, Mekada A, Tajika M, Takihata Y, Sekii E, Okada A, Ohji M Intravitreal Injection of Triamcinolone Acetonide for the Treatment of Macula Edema Due to Branch Retinal Vein Occlusion 2006/4/30-5/4. Fort Lauderdale, USA
12. Ohji M, Treatments for Ventral retinal vein occlusion. 10th Annual meeting of the Spanish vitreoretinal Society.. 2006/3/17-18. Barcelona.
13. Ohji M, Full Macular Translocation for Myopic CNV. 10th Annual meeting of the Spanish vitreoretinal Society.. 2006/3/17-18. Barcelona.
14. Ohji M, Pneumatic Displacement of Submacular Hemorrhage. 10th Annual meeting of the Spanish vitreoretinal Society.. 2006/3/17-18. Barcelona.

学会発表・講演(国内学会)
1. 大路正人  最近の硝子体手術   金沢眼科集談会   平成18年12月10日  金沢
2. 大路正人  生活習慣病と眼科疾患   神戸市医師会講演会   平成18年12月9日  神戸
3. 大路正人  網膜中心静脈閉塞症に対する視神経乳頭切開術:今でも適応?   第45回日本網膜硝子体学会総会後の勉強会   平成18年12月2日   東京
4. 大路正人  スモールゲージ硝子体手術、23Gおよび25Gのパフォーマンスと今後の展望について    第45回日本網膜硝子体学会総会   平成18 年12月1日-3日  東京
5. 川村肇、澤田修、柿木雅志、澤田智子、大路正人  抗VEGF抗体ベバシズマブの硝子体内注入により黄斑浮腫が軽減した網膜中心静脈閉塞症の5例  第 45回日本網膜硝子体学会総会   平成18年12月1日-3日  東京
6. 澤田修、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  抗VEGF抗体ベバシズマブの硝子体内注入が有効であった網膜内血管腫状増殖の2例  第45回日本網 膜硝子体学会総会   平成18年12月1日-3日  東京
7. 沢美喜、大路正人、五味文、佐柳香織、辻川元一、田野保雄   黄斑移動術後の新しい黄斑における眼底自発蛍光  第45回日本網膜硝子体学会総会    平成18年12月1日-3日  東京
8. 大路正人  滋賀医大におけるPDTとEBM  AMDカンファレンス   平成18年11月18日 大津
9. 大路正人  黄斑疾患治療の現状と近未来  第42回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス  平成18年11月2日 相模原
10. 中村みぎわ、大路正人  網膜血管腫の1例   第12回さざなみ眼科研究会   平成18年10月28日 大津
11. 多鹿三和子、目加田篤、早瀬博史、大路正人  ケナコルト硝子体内注入後の合併症  第12回さざなみ眼科研究会   平成18年10月28日 大津
12. 川村肇、安田周子、海老原葉子、澤田修、大路正人  眼内悪性リンパ腫に対するメソトレキセート硝子体内投与後の眼内サイトカインの経時的変化  第12 回さざなみ眼科研究会   平成18年10月28日 大津
13. 大路正人  硝子体手術における照明系と観察系の概要 硝子体手術:照明と観察系の進化-より明るくより安全に-ブルーライト/ハザードと最新の眼科手術 -ブルーライトフィルター眼内レンズ:患者さんの見え方、術者の見え方(アフタヌーンセミナー)  硝子体手術講習会   平成18年10月8日 京都
14. 多鹿三和子、目加田篤、早瀬博史、大路正人  有硝子体眼におけるトリアムシノロン硝子体内注入後の合併症  第60回日本臨床眼科学会   平成18年 10月5-8日 京都
15. 川村肇、安田周子、海老原葉子、澤田修、大路正人  眼内悪性リンパ腫に対するメソトレキセート硝子体内投与後の眼内サイトカインの経時的変化  第60 回日本臨床眼科学会   平成18年10月5-8日 京都
16. 澤田修、海老原葉子、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人  抗ベバシズマブの硝子体内注入が有効であった脈絡膜新生血管の2例  第60回日本臨床眼 科学会   平成18年10月5-8日 京都
17. 澤田智子、柿木雅志、海老原葉子、澤田修、川村肇、大路正人  25ゲージ硝子体手術後の強膜創の光干渉断層計(OCT)所見  第60回日本臨床眼科学 会   平成18年10月5-8日 京都
18. 柿木雅志、西田保裕、村木早苗、大路正人  滋賀医大の甲状腺眼症による眼球運動障害症例のステロイド治療予後  第60回日本臨床眼科学会   平成 18年10月5-8日 京都
19. 大路正人  ブルーライト/ハザードと最新の眼科手術-ブルーライトフィルター眼内レンズ:患者さんの見え方、術者の見え方  第60回日本臨床眼科学会    平成18年10月5-8日 京都
20. 大路正人 まだまだあるぞ網膜硝子体手術の進歩-硝子体手術の新しい器具と手技  第60回日本臨床眼科学会   平成18年10月5-8日 京都
21. 大路正人 加齢黄斑変性の治療最前線 (特別講演  第222回長野県眼科医会集談会   平成18年9月17日 松本
22. 坂口裕和、大路正人、日下俊次、五味文、生野恭司、瓶井資弘、大島佑介、田野保雄  黄斑円孔の術後長期予後  第221回OCC  平成18年9月16 日 大阪  
23. 大路正人:眼科PDTの概要  第9回眼科PDT講習会  平成18年7月29日 東京
24. 大路正人:眼底・黄斑疾患の治療の進歩  平成18年度第2回 医学のシンポシリース 日本医師会生涯教育講座 (特別講演)  平成18年7月27日  大阪
25. 奥本亜希子、澤田修、川村肇、大路正人:黄斑円孔に対する25Gと20G硝子体手術の比較  第11回さざなみ眼科研究会  平成18年7月15日 大津
26. 澤田修、海老原葉子、柿木雅志、澤田智子、川村肇、大路正人:滋賀医大における光線力学療法の治療成績  第11回さざなみ眼科研究会  平成18年7月 15日 大津
27. 川村肇、澤田修、大路正人:当科における25Gシステムを用いた硝子体手術の成績 平成18年度滋賀県眼科医会学術講演会  平成18年7月8日 大津
28. 澤田智子、石井正宏、長船嘉子、大路正人、西川憲清:多発性筋炎患者に認めた網膜中心静脈閉塞症の一症例  第23回日本眼循環学会  平成18年6月 30日 山梨
29. 大路正人:糖尿病網膜症の治療の現況  第1回滋賀糖尿病眼合併症研究会   平成18年6月22日 滋賀
30. 大路正人:硝子体手術:本当のABC  第5回硝子体手術ビデオセミナー  平成18年6月18日 東京
31. 大路正人:網膜硝子体疾患に対する低侵襲治療 (特別講演) 第112回京都眼科学会  平成18年6月4日 京都
32. 安田周子、海老原葉子、澤田修、川村肇、大路正人:悪性リンパ腫に対するメソトレキセート硝子体内注射後の眼内サイトカインの変化 第112回京都眼科学 会  平成18年6月4日 京都
33. 須賀美保子、西田保裕、柿木雅志、村木早苗、大路正人:強度近視性内斜視の手術症例 第112回京都眼科学会  平成18年6月4日 京都
34. 早瀬博史、目加田篤、多鹿三和子、海老原薬子、古城奈緒子、瀧畑幸功、関井英一郎、岡田明、大路正人:ケナコルト硝子体内注入例における眼圧の検討 第 112回京都眼科学会  平成18年6月4日 京都
35. 中村みぎわ、古城奈緒子、海老原葉子、柿木雅志、澤田修、澤田智子、川村肇、大路正人:新生血管黄斑症に対するアバスチン療法 第112回京都眼科学会   平成18年6月4日 京都
36. 西田保裕、柿木雅志、村木早苗、大路正人  強度近視性内斜視の術中外眼筋所見   第62回日本弱視斜視学会 2006年6月2日 浜松  
37. 村木早苗、西田保裕、原田有里、柿木雅志、澤田修、大路正人、吉田健一  回旋斜視に対する切腱を要しない筋移動術の試み  第62回日本弱視斜視学会  2006年6月2日 浜松  
38. 大路正人  加齢黄斑変性の診断と治療 第86回南大阪眼科勉強会  2006年5月20日 堺  
39. 岩本由美子、鈴木幸子、大島鉄朗、坂口裕和、沢美喜、大路正人、田野保雄、粟津邦男  加齢黄斑変性に対する新規治療法の開発  第16回日本光線力学学 会  2006年5月13日  東京  
40. 大路正人  加齢黄斑変性の診断と治療  第118回宮崎県眼科医会講習会  2006年4月22日 宮崎  
41. 柿木雅志、西田保裕、千原孝志、中村みぎわ、安田周子、古城奈緒子、澤田修、大路正人  健常眼に対するマイクロペリメータの測定時間と再現性   第 110回日本眼科学会 2006年4月13-16日 大阪  
42. 大路正人  加齢黄斑変性:最近の話題   奈良県眼科医会学術定例会  2006年2月19日 橿原  
43. 大路正人  網膜硝子体疾患:最近の話題   大阪市立大学医学部眼科同窓会  2006年2月18日 大阪  
44. 大路正人  加齢黄斑変性の診断と治療 (特別講演)  伊吹眼科研究会  2006年2月17日 彦根  
45. 大路正人  網膜硝子体疾患:最近の話題 (特別講演)  第42回福井県眼科集談会  2006年2月5日 福井  
46. 大路正人  硝子体手術装置の進化:照明と観察系   第29回日本眼科手術学会  2006年1月27-29日 東京  
47. 海老原葉子、目加田篤、多鹿三和子、瀧畑幸功、関井英一郎、岡田明、大路正人  網膜静脈分枝閉塞症の黄斑浮腫に対するケナコルト-A硝子体内注入療法の 検討  第29回日本眼科手術学会  2006年1月27-29日 東京  
48. 豊川智加、大島佑介、坂口裕和、生野恭司、五味文、瓶井資弘、日下俊次、田野保雄、大路正人  線維性血管膜を伴う増殖糖尿病網膜症に対する25ゲージ経 結膜硝子体手術  第29回日本眼科手術学会  2006年1月27-29日 東京  
49. 古城奈緒子、目加田篤、多鹿三和子、瀧畑幸功、関井英一郎、岡田明、大路正人  網膜中心静脈閉塞症の黄斑浮腫に対するケナコルト-A硝子体内注入療法の 検討  第29回日本眼科手術学会  2006年1月27-29日 東京  
50. 高井美和、瓶井資弘、坂口裕和、大島佑介、生野恭司、五味文、日下俊次、田野保雄、大路正人  加齢黄斑変性以外の新生血管黄斑賞に対する強膜短縮黄斑移 動術  第29回日本眼科手術学会  2006年1月27-29日 東京  

その他
大路正人  ここまで直る中高年の目の病気  食育・健康フェアinおのみち 2006年4月15日 尾道 (NHK生活ホットモーニング-名医からの メッセージ 平成18年5月1日 放送)


研究業績TOPへ戻る

2005年(平成17年)

1. Ohji M: Macular translocation - Where are we now? 5th Chosun Ophthalmology Symposium. 2005.5.28. Kwangju, Korea
2. Kusaka S, Ikuno Y, Oshima Y, Sakaguchi H, Gomi F, Kamei M, Ohji M, Tano Y: Surgical results of Artisan lens implantation in the posterior chamber of eyes lacking capsular support. Annual Meeting of ARVO. 2005.5.1-5. Fort Lauderdale, USA
3. Fang X, Sakaguchi H, Fujikado T, Osanai M, Kanda H, Ikuno Y, Kamei M, Ohji M, Yagi Tm, Tano Y: Electrical stimulation with wire type microelectrodes placed into the optic disc in rabbit eyes. Annual Meeting of ARVO. 2005.5.1-5. Fort Lauderdale, USA
4. Ohji M: Current concepts and challenges in the management of vitreoretinal deiseases; perals from Japan: Macular Translocation for Myopic CNV. (Instruction course) 20th Congress of Asia-Pacific Academy of Ophthalmology. 2005.3.28-31, Malaysia
5. Ohji M: Pneumatic Displacement of SR Haemorrhage (Symposium) 20th Congress of Asia-Pacific Academy of Ophthalmology. 2005.3.28-31, Malaysia
Ohji M: Use of slitlamp in vitreoretinal surgery. The 13th Advanced Vitreoretinal Course. 2005.3.18-18, Antwerp, Belgium.
6. Ohji M: 25G vitrectomy. The 13th Advanced Vitreoretinal Course. 2005.3.18-18, Antwerp, Belgium.
7. Ohji M: Japanese AMD trial. The 13th Advanced Vitreoretinal Course. 2005.3.18-18, Antwerp, Belgium.
8. Ohji M: Pneumatic displacement of subretinal hemorrhage. The 13th Advanced Vitreoretinal Course. 2005.3.18-18, Antwerp, Belgium.
9. Ohji M: Macular translocation for myopic CNV. The 13th Advanced Vitreoretinal Course. 2005.3.18-18, Antwerp, Belgium.
10. Ohji M: Vitrectomy for diabetic macular edema. The 13th Advanced Vitreoretinal Course. 2005.3.18-18, Antwerp, Belgium.
11. Ohji M: Vitrectomy for retinal detachment secondary to macular hole. The 13th Advanced Vitreoretinal Course. 2005.3.18-18, Antwerp, Belgium.
12. 岩見達也,西田保裕:立体視の神経画像による評価.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.9.2005
13. 堀尾和弘,多鹿三和子,目加田篤:トリアムシノロン硝子体注入により改善を示した視神経乳頭炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.9.2005
14. 足羽 孝治,籠谷 保明,岡田 明,柏瀬 光寿,川邨 夫美子,小川 康:第5回ダラムサラ アイキャンプ.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.9.2005
15. 石井 正宏,岡田 明、目加田 篤:下方からのトラベクロトミーと白内障同一創手術.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.9.2005
16. 足羽孝治,石田洋一,竹下佳利:隅角癒着解離術を施行したICE症候群の1例.第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
17. 三宅太一郎,三田実千代,目加田篤:眼内悪性リンパ腫の1症例.第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
18. 佐方弘哲,堀尾和弘,山本一夫:末期緑内障に併発し発見が遅れた非ホルモン分泌性下垂体線腫の1例.第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
19. 古城奈緒子,目加田篤,瀧畑幸功,関井英一郎,岡田明,多鹿三和子,大路正人:網膜中心静脈閉塞症に対するトリアムシノロン硝子体内注入療法の検討. 第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
20. 海老原葉子, 目加田篤,瀧畑幸功,関井英一郎,岡田明,多鹿三和子,大路正人:網膜静脈分枝閉塞症に対するトリアムシノロン硝子体内注入療法の検討. 第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
21. 原田有理,柿木雅志,岩見達也,西田保裕,大路正人:ノカルジア角膜炎の一例.第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
22. 柿木雅志,西田保裕,小田早苗,原田有理,大路正人:甲状腺眼症の上下斜視手術の検討.第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
23. 南川貴之,岡田明,目加田篤,大路正人:深層強膜トンネルを用いた線維柱帯切除術の検討.第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
24. 鶴岡聡一郎,石田洋一,沼朝代:角膜内皮炎の1例.第111回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.5.2005
25. 中室隆子、西田恵理,新阜宏文:外傷性視神経症の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.12.2005
26. 澤田智子、長船嘉子:当院におけるラタノプロスト投与への切り替えによる眼圧の変化.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.12.2005
27. 大路正人:加齢黄斑変性の最新治療法.滋賀医科大学眼科症例検討会 特別講演,大津市,5.12.2005
28. 大路正人:硝子体手術:適応の変化と手術法の変化. 第4回オフタルミックセミナー,大阪,4.14.2005
29. 佐方 弘哲,堀尾 和弘,岡田 明,目加田 篤:トキソプラズマ網脈絡膜炎に併発した黄斑円孔の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.14.2005
30. 河野景一:ガス注入による黄斑下血腫移動術.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,4.14.2005
31. 小田早苗,石井正宏,三宅太一郎,宮崎清乃,野口益枝,大淵友子,伊藤拓:外斜視術後の経過観察中に内斜視に移行した一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.14.2005
32. 西田保裕:両眼視機能の臨床と研究.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.14.2005
33. 大路正人:25Gシステム-その臨床使用経験を踏まえた適応の展望. 日本眼科学会 (ランチョンセミナー)京都市,3.24-28.2005
34. 大路正人:硝子体手術-最近の話題. 第7回静岡硝子体手術研究会,静岡,3.12.2005 
35. 堀尾和弘(湖北総合病院):糖尿病に合併する眼疾患.湖北総合病院健康セミナー,3.12.2005
36. 籠谷保明,柏瀬光寿,岡田明,足羽孝治,小川康,飽浦淳介,川邨夫美子,上田苑江:インド・ダラムサラでのアイキャンプ.第15回下野眼科談話会(獨協医 科大学病院連携医療懇話会眼科部会)栃木,3.11.2005
37. 長船嘉子,澤田智子:副腎皮質ステロイド薬を全身投与することなく治癒した外眼筋炎の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.10.2005.
38. 加地まり,古城奈緒子:網膜静脈閉塞症に対しトリアムシノロンテノン嚢下注射を行った1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.10.2005.
39. 澤田修,河野景一:比較的予後良好であった真菌性眼内炎の手術症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.10.2005.
40. 目加田篤,多鹿三和子:充血を主訴とした緑内障の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.10.2005.
41. 北村淳,五味文,坂口裕和,大島佑介,生野恭司,瓶井資弘,大黒伸行,大路正人,田野保雄:糖尿病黄斑浮腫に対するトリアムシノロンテノン嚢下再注入の効 果. 第11回日本糖尿病眼学会,名古屋,3.4-6.2005  
42. 大路正人:糖尿病網膜症の最近の話題. 第20回糖尿病合併症研究会,福山,3.3.2005  
43. 大路正人:黄斑疾患の外科的治療. 関西眼科研究会,京都,2.25.2005  
44. 大路正人:硝子体手術のABC. 参天製薬講習会,大阪,2.22.2005  
45. 大路正人:若年者の放射状視神経乳頭切開術. 第1回Tomamu Vitrectomy Meeting,北海道トマム,2.11.2005  
46. 西田保裕:アレルギー性結膜炎のしくみと対策.第1回滋賀アレルギーフォーラム 市民公開講座,大津市,2.11.2005
47. 大路正人:パーフルオロンの使い方. 第4回パーフルオロン講習会,仙台,2.6.2005
48. 原田有理,岩見達也,西田保裕:ノカルジア角膜炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.5.2005.
49. 三田実千代,三宅太一郎,目加田篤:眼内悪性リンパ腫の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.5.2005. 
50. 白神史雄,大路正人,小椋祐一郎:硝子体手術インストラクションコース 第28回日本眼科手術学会,大阪,1.30.2005  
51. 西田保裕,柿木雅志,林 理,小田早苗,岩見達也,可児一孝:低侵襲の上下直筋全幅移動術.第28回日本眼科手術学会 ベストペーパーセッション,大阪 市,1.29.2005
52. 大路正人:眼科における光線力学療法. 第25回レーザー学会学術講演会,京都,1.20.2005  
53. 大路正人:生活習慣病対策シリーズ-網膜静脈閉塞症を中心に. 大阪府眼科医会教育ゼミナール,大阪,1.15.2005  
54. 大路正人:パーフルオロンの使い方. 第3回パーフルオロン講習会,大阪,1.15.2005

研究業績TOPへ戻る

2004年(平成16年)

1. 西田保裕:容易にできる眼科画像診断.第7回大阪市眼科研究会 教育講演,大阪市,1.10.2004
2. 西田保裕:乳児内斜視の手術治療と両眼視.第3回近畿弱視斜視アフタヌーンセミナー 教育講演,大阪市,2.4.2004
3. 鶴岡聡一郎,柿木雅志,岩見達也,西田保裕,嶋純子:硝子体出血と虹彩ルベオーシスで発見された内頚動脈狭窄の一例.第6回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,2.7.2004.
4. 石井正宏,岸孝志:光覚なしから回復した視神経炎の2例.第6回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,2.7.2004.
5. 三田実千代,三宅太一郎,花田誠,谷鉄兵:涙道内視鏡を用いて治療を行なった涙小管閉塞の1例.第6回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,2.7.2004.
6. 可児一孝:視野測定の進歩.第6回さざなみ眼科研究会 特別講演,大津市,2.7.2004.
7. 石井正宏,関井英一郎,岡田明,目加田篤:眼灌流液残量センサー機(MC-J01)の使用経験.第43回白内障学会 一般講演,千葉,3.5.2004
8. 可児一孝:視神経疾患と視野.第114回日本医大眼科症例検討会,特別講演,東京都,3.11.2004
9. 南川貴之,岡田明,目加田篤:結膜切開部位の異なるTrabeculectowyの比較.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.11.2004.
10. 古城奈緒子,加地まり,藤本正人,吉川治雄:慢性肥厚性脳硬膜炎による視神経障害を起こした1例.
11. 三宅太一郎,三田実千代,花田誠,谷鉄平:涙道内視下に治療を行なった鼻涙管閉塞の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.11.2004.
12. 澤田智子,多鹿三和子,南川貴之,瀧畑幸功,西田保裕,可児一孝:眼底写真をとりこんだ自動視野計の試作.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.11.2004.
13. 林理,関井英一郎,成宮靖二:インタ―フェロン網膜症について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.11.2004
14. 柿木雅志,西田保裕,林 理,猪木有理,鶴岡聡一郎,可児一孝,三宅太一郎:甲状腺眼症の片眼視神経症に対する治療後他眼にも発症した1例.滋賀医科大学 眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.8.2004.
15. 加地まり,古城奈緒子,林理,西田保裕:原因不明の網膜循環不全により増殖性硝子体網膜症となった1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.8.2004.
16. 多鹿三和子,目加田篤:房水流出路再建複合手術の術後成績.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.8.2004.
17. 岩見達也,鶴岡聡一郎,南川貴之,柿木雅志,加地まり,古城奈緒子:最近経験した眼内炎の2症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.8.2004.
18. 柿木雅志,西田保裕,林理,三宅太一郎,猪木有理,可児一孝:甲状腺眼症の片眼視神経症に対する治療後,他眼にも発症した1例.第108回日本眼科学会 専門別研究会「バセドウ眼症研究会」,一般講演,東京都,4.15.2004.
19. 岡田明,上山久雄,豊田太,小田早苗,丁維光,田邊詔子,松浦博,山出新一:杆体一色型色覚の原因遺伝子における変異の検索と機能的検討.第108回日本 眼科学会総会 学術展示,東京,4. 15-18, 2004
20. 西田保裕,林理,柿木雅志,小田早苗,岩見達也,可児一孝:筋の切腱と分割を要しない上下直筋全幅移動術.第108回日本眼科学会総会 一般講演,東 京,4.18.2004.
21. 河野景一:加齢黄斑変性の症例報告2.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.13.2004.
22. 日下利和:原因として自己免疫疾患も考えられうる右外転神経麻痺の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.13.2004.
23. 岡田明,籠谷保明,川邨夫美子,安嶋郁子,柏瀬光寿:インド.ダラムサラ アイキャンプ報告その1.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.13.2004.
24. 西田保裕:当教室の外眼筋移動術.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.13.2004
25. 西田保裕:強度近視性内斜視治療の最前線.第17回近畿神経眼科セミナー,教育講演,神戸市,5.29.2004.
26. 柿木雅志,西田保裕,林理,三宅太一郎,猪木有理,可児一孝:甲状腺眼症による片眼視神経症の治療後,他眼にも発症した1例.第17回近畿神経眼科セミ ナー,一般講演,神戸市,5.29.2004
27. 小田早苗,上山久雄,豊田太,岡田明,丁維光,松浦博,山出新一:ヒト錐体細胞CNGチャネルにおけるCNBDの構造機能連関(Alteration of the ligand sensitivity in human cone CNG channel by rod monochromacy-associated mutations in hCNGA3).第81回日本生理学会大会 一般講演(ポスター),札幌市,6.2.2004
28. 岡田明,上山久雄,豊田太,小田早苗,丁維光,田邊詔子、山出新一,松浦博,大久保 岩男,可児 一孝:Functional role of the hCNGB3 in regulation of human cone CNG channel: effect of rod monochromacy-associated mutations in hCNGB3 on channel function(ヒト錐体細胞cGMP依存性陽イオンチャネル機能の電気生理学的検討;杆体一色型色覚における遺伝子変異の検索・機能解析).第81回 日本生理学会大会 一般講演(ポスター),札幌市,6.2.2004
29. 佐方弘哲,堀尾和弘:コントラスト感度装置(Cat-2000)の使用経験.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.10.2004.
30. 中室隆子,岩見達也:PCR法により水痘帯状疱疹ウイルスが検出された角膜炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.10.2004.
31. 澤田修,柿木雅志:高血圧性網膜症に併発した視神経症の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.10.2004.
32. 目加田篤:最近の網膜靜脈閉塞疾患の手術療法.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.10.2004.
33. 猪木有理,小田早苗,西田保裕,可児一孝:骨髄移植後の免疫抑制剤の副作用により発症した腎性網膜症の1例.第29回日本小児眼科学会総会 一般講演,宜 野湾市,6.18. 2004
34. 小田早苗,三田実千代,加地まり,西田保裕,佐々本研二,可児一孝:外斜視の再手術効果の検討.第60回日本弱視斜視学会総会 一般講演,宜野湾 市,6.19.2004
35. 西田保裕,柿木雅志,林理,小田早苗,岩見達也,可児一孝:低侵襲の上下直筋全幅移動術.第60回日本弱視斜視学会総会,一般講演,宜野湾 市,6.19.2004.
36. 柿木雅志,西田保裕,川嶋佳子,林理,小田早苗,可児一孝:上直筋と外直筋を縫着した固定内斜視症例.第60回日本弱視斜視学会総会,一般講演,宜野湾 市,6.192004.
37. 鶴岡聡一郎,柿木雅志,岩見達也,西田保裕:硝子体出血を発症した内頚動脈循環不全の1例.第110回京都眼科学会,一般講演,京都 市,6.20.2004.
38. 南川貴之,岡田明,目加田篤:結膜切開部位の異なるトラベクレクトミーの比較 第110回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.20. 2004
39. 多鹿 三和子,関井 英一郎,瀧畑 幸巧,岡田 明,目加田 篤:Sheathotomy術後早期から視力が改善した網膜静脈分枝閉塞症の1例.第110回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.20. 2004.
40. 三宅太一郎,三田実千代,花田誠,谷鉄兵:当院における涙嚢鼻腔吻合術鼻内法(DCR鼻内法)の手術成績.第110回京都眼科学会 一般講演,京都 市,6.20. 2004.
41. 古城奈緒子,加地まり,藤本正人,吉川治雄: 慢性肥厚性脳硬膜炎による視神経障害を起こした1例. 第110回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.20. 2004.
42. 井上美奈香;糖尿病網膜症-治療の実際― 大津市医師会例会後学術講演会;大津市,6.24.2004
43. 足羽孝治,竹下佳利,石田洋一:Irido-Corneal Endothelial Syndrome(ICE症候群)と考えられた一例.第7回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.10.2004.
44. 猪木有理,西田保裕:網膜前出血を疑った網膜細動脈瘤の一例.第7回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.10.2004.
45. 寺井朋子,澤田修,河野景一,太田 賛,吉田健一,林 理:異なる病期に手術を行った真菌性眼内炎の1例.第41回日本眼感染症学会 一般講演,札幌 市,7.10. 2004
46. 山出新一:色覚と色覚異常.平成16年度滋賀県眼科医会総会学術講演会 特別講演,大津市,7.11.2004.
47. 鶴岡聡一郎,石田洋一:交通事故後の調節障害.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.9.2004.
48. 石井正宏:診断・治療に苦慮した外眼筋炎の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.9.2004.
49. 堀尾和弘:頭蓋内腫瘍の発見が遅れた2症例について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.9.2004.
50. 小田早苗,三田実千代,加地まり,西田保裕,可児一孝,佐々本研二:外斜視の再手術効果の検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.9.2004.
51. 南川貴之,岸孝志:infectious crystalline keratopathy の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.14.2004.
52. 柿木雅志,西田保裕:上外直筋を移動した固定内斜視の2症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.14.2004.
53. 蔦宗直人,猪木有理,山出新一:診断に迷った視神経障害の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.14.2004.
54. 井上美奈香,足羽孝治),駒井 潔:淋菌性眼窩腫瘍の一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.14.2004.
55. 山出新一:色覚異常の検査と指導のための眼科医に必要な知識.第58回日本臨床眼科学会 専門別研究会『色覚異常』シンポジウム,東京都,11.11.2004.
56. 南川貴之,岡田明,目加田篤:結膜切開部位の異なるtrabeculectomyの比較 第58回日本臨床眼科学会 一般講演,東京,11.11. 2004
57. 山出新一:遺伝と遺伝子.第58回日本臨床眼科学会 インストラクションコース14先天色覚異常の診断と指導,東京都,11.12.2004.
58. 多鹿三和子,関井英一郎,瀧畑幸巧,岡田明,目加田篤:Sheathotomy術後早期から視力が改善した網膜静脈分枝閉塞症の1例.第58回日本臨床眼 科学会 学術展示,東京,11.12. 2004
59. 三宅 太一郎,三田 実千代,岡田 明,目加田 篤:前嚢染色インドシアニングリーンが硝子体中に浸入した1例.第58回日本臨床眼科学会 学術展示,東京,11.11. 2004
60. 平居昭紀(社会保険滋賀病院 内科)川野れい子(同看護局)井上美奈香(同眼科)有村哲朗(同内科): 5) 生活習慣病の予防 糖尿病の一次・二次予防対策.第42回日本社会保険医学会総会,熊本市,11.12.2004
61. 鈴木幹男,神前英明,西田保裕,林理,椎野顕彦:耳鳴関連脳活動について.日本ヒト脳機能マッピング学会大会,一般講演,東京都,2004
62. 鶴岡聡一郎,西田保裕,岩見達也,柿木雅志:片眼の硝子体出血と虹彩ルベオーシスで発見された内頚動脈循環不全の1例.第58回日本臨床眼科学会,一般講 演,東京都,11.12.2004.
63. 西田保裕:すぐにできる検影法2004.第58回日本臨床眼科学会,インストラクションコース,東京都,11.13.2004.
64. 西田保裕:視野検査を理解する.第58回日本臨床眼科学会,インストラクションコース,東京都,11.13.2004.
65. 古城奈緒子,加地まり,安田繁伸,渡辺大樹,山出新一:流涙で発見された上顎洞癌の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.18.2004.
66. 多鹿三和子,岡田明,瀧畑幸功,関井英一郎,目加田篤:当院でのBRVOの手術症例の経過.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.18.2004.
67. 岸 孝志:近江八幡市民病院における未熟児網膜症について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.18.2004.
68. 岩見達也:当院でのEKC対策.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.18.2004.
69. 山出新一:色覚異常とはどういうことか.第55回滋賀県医師会学校保健学校医研修会,特別講演,大津市,12.7.2004.
70. 堀尾和弘(湖北総合病院):加齢に伴う眼疾患.高月町保健センター,12.7.2004
71. 三宅太一郎,三田実千代,目加田篤:ICGが硝子体に迷入した1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.9.2004.
72. 日下利和,岡田 明:当院における眼瞼下垂の手術.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.9.2004.
73. 岡田明,山出新一,上山久雄,松浦博:杆体一色型色覚における遺伝子変異の検索・機能解析.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.9.2004.
74. 石田洋一,鶴岡聡一郎:高圧酸素療法について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.9.2004.
75. 栗本幸英,田邉詔子,山出新一,玉置明野,市川一夫:先天赤緑色覚異常800例に対するJFCランタンの成績.第46回日本産業・労働・交通眼科学会 一般講演,東京都,12.11.2004.

研究業績TOPへ戻る

2003年(平成15年)

2003年(平成15年)
三田実千代:眼科主要疾患.甲賀郡薬剤師会学術講演会 一般講演,水口 町,1.15. 2003.
柿木雅志,西田保裕,吉田健一,岩見達也,澤田 修,堀尾和弘,河野景一,可児一孝:滋賀医科大学で真菌性眼内炎に対し硝子体手術を施行した症例の検討. 第26回日本眼科手術学会 一般講演,京都市,1.31. 2003.
西田保裕:「眼窩壁骨折の手術時期と術式」手術例と非手術例の比較による手術適応の検討.第26回日本眼科手術学会 一般講演,京都市,2.1. 2003.
河野景一,西田保裕,吉田健一,澤田 修,堀尾和弘,柿木雅志,可児一孝:強度近視眼の黄斑円孔による網膜剥離に対する強膜短縮術の評価.第26回日本眼 科手術学会 一般講演,京都市,2.1. 2003.
三宅太一郎,西田保裕,林 理,柿木雅志,吾妻牧子,青木佳子,可児一孝:保存的に経過観察した眼窩壁骨折の検討.第26回日本眼科手術学会 一般講演, 京都市,2.1. 2003.
Yasuhiro Nishida: Steropsis-processing regions in human parieto-occipital cortices. 第7回滋賀医大国際シンポジウム 一般講演,大津市(滋賀医大),2003.
瀧畑幸功:ライフル銃弾による眼球破裂の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.13.2003
村上智子,小田早苗,可児一孝:最近10年間の未熟児症例ついての検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.13.2003
蔦宗直人,岸 孝志:甲状腺眼症の一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.13.2003
向所真規,瀧畑能子:三歳児健診で発見された弱視の治療経過について(第2報).滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.13.2003
可児一孝:緑内障における視野成績の判定.第6回岡山眼科フォーラム 招待講演,岡山市,2.15. 2003.
西田保裕:糖尿病による網膜の病気.全腎協総会 教育講演,大津市,2.26. 2003.
佐方弘哲,澤田智子,岩見達也,目加田 篤:治療に苦労している難治性角膜潰瘍の1例.第4回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,3.8.2003.
竹下佳利,井上美奈香,平居昭紀:糖尿病患者の眼科受診率調査.第4回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,3.8.2003.
堀尾和弘:ラタノプラスト点眼開始後2ヶ月間の眼圧変動について.第4回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,3.8.2003.
足羽孝治,目加田 篤,中室隆子,長船嘉子:角膜裂傷後の白斑に対し自己角膜回転移植を行った1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.10.2003
柿木雅志,河野景一,堀尾和弘,澤田 修,岩見達也,西田保裕,可児一孝:滋賀医科大学で真菌性眼内炎に対し硝子体手術を施行した症例の検討.滋賀医科大 学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.10.2003
関井英一郎,三田実千代,目加田 篤:音声警告装置を付けたオペガードネオキット?用残量目安計の使用経験.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.10.2003
林 理,柿木雅志,猪木有理,岩見達也:ディスポ-ザブル角膜移植システムの使用経験.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.10.2003
岡田 明,上山久雄,豊田 太,丁 維光,松浦 博,山出新一:Molecular cloning and functional characterization of a cyclic nucleotide-gated channel from human cone photoreceptors.第80回日本生理学大会 ポスター講演,福岡市,3.26. 2003.
多鹿三和子,目加田 篤,可児一孝,山本和雄,岡部英俊:ラット網膜の発生過程における中間径線維の特徴.第107回日本眼科学会総会 ポスター講演,福 岡市,4.17. 2003.
向所真規,西田保裕,可児一孝:鈍的外傷による白内障の発生過程-細胞動態からの検討.第107回日本眼科学会総会 ポスター講演,福岡市,4.17. 2003.
澤田智子,中村二郎,西田保裕,可児一孝,森川茂広,犬伏俊郎,岡本良平:1H検出による牛水晶体 [13C]glucose, sorbitol の化学シフトイメージング.第107回日本眼科学会総会 ポスター講演,福岡市,4.17. 2003.
西田保裕,澤田智子,薬師川 浩,可児一孝:非常に小さい視標で検出された緑内障の暗点.第107回日本眼科学会総会 一般講演,福岡市,4.17. 2003.
薬師川 浩,西田保裕,三宅太一郎,可児一孝:ランドルト環での中心街視力.第107回日本眼科学会 専門別研究会「視野」 一般講演,福岡 市,4.20. 2003.
三宅太一郎,瀧畑能子:外斜視手術後の戻り量についての検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.8.2003
中室隆子:副鼻腔粘液嚢胞により眼球突出をきたした1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.8.2003
古城奈緒子,坂井まり,可児一孝:増殖性糖尿病網膜症を合併した妊婦の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.8.2003
澤田智子,猪木有理,目加田 篤:ラタノプロスト点眼前後の眼圧日内変動(自主研究最終報告).滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.8.2003
岩見達也,西田保裕,村田豊隆,沼 朝代:角膜蜂刺症.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.8.2003
Atsushi Mekada, Miwako Tajika, Tomoko Murakami, Taichirou Miyake :Combined non-filtering glaucoma surgery for adult open angle glaucoma. 14th Congress of the European Society of Ophthalmology Poster, Spain, 6.7. 2003.
瀧畑幸功,薬師川 浩,柿木雅志,長船嘉子,中村二郎:ライフル銃弾による眼球破裂の1例.第109回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.8. 2003.
猪木有理,堀尾和弘,澤田智子,目加田 篤:ラタノプロスト点眼前後の眼圧日内変動.第109回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.8. 2003.
長船嘉子,足羽孝治,中室隆子,目加田 篤:自己角膜回転移植により良好な視力を得た角膜裂傷後の白斑の1例.第109回京都眼科学会 一般講演,京都 市,6.8. 2003.
佐方弘哲,三宅太一郎,澤田智子,岩見達也,林 理,目加田 篤:より早期に手術に踏み切るべきと思われた急激に進行した真菌性角膜潰瘍の1例.第109 回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.8. 2003.
石井正宏,関井英一郎,三田実千代,目加田 篤:警告音装置を付けたオペガードネオキット用残量目安計の使用経験.第109回京都眼科学会 一般講演,京 都市,6.8. 2003.
向所真規,中室隆子,林 理,目加田 篤:Capsular Tension Ring を用いた水晶体脱臼の白内障手術症例.第109回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.8. 2003.
猪木有理,小田早苗:骨髄移植后の腎性網膜症の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.12.2003
石井正宏,関井英一郎,目加田 篤:デジタル表示灌流液残量警告装置の使用経験.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.12.2003
河野景一,柿木雅志,猪木有理,澤田 修,吉田健一:強膜短縮を併用した黄斑円孔網膜剥離の硝子体手術.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.12.2003
薬師川浩:レーザー虹彩切開中に水晶体脱臼を生じた1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.12.2003
西田保裕,川嶋佳子,林理:固定内斜視の眼窩画像所見.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.12.2003
関井英一郎,三田実千代,目加田 篤:警告音装置を付けたオペガードネオキット用残量目安計の使用経験.第18回日本眼内レンズ屈折手術学会 一般講演, 京都市,6.27. 2003.
村上智子,小田早苗,西田保裕,可児一孝:滋賀医科大学における過去10年間の未熟児網膜症の検討.第59回日本弱視斜視学会・第28回日本小児眼科学会 総会合同学会 ポスター講演,神戸市,6.27. 2003.
西田保裕,青木佳子,林 理,柿木雅志,三宅太一郎,小田早苗,可児一孝:高度近視を伴った後天性進行性内斜視のMRIによる計測.第59回日本弱視斜視 学会・第28回日本小児眼科学会総会合同学会 ポスター講演,神戸市,6.27. 2003.
坂井まり,小田早苗,長船嘉子,向所真規,三田実千代,西田保裕,瀧畑能子:調節性内斜視の長期予後.第59回日本弱視斜視学会・第28回日本小児眼科学 会総会合同学会 一般講演,神戸市,6.28. 2003
瀧畑幸功,三宅太一郎,目加田 篤:網膜中心静脈症に対するトリアムシノロンを用いた治療の試み.第5回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.5.2003.
村上智子,蔦宗直人,日下利和,岩見達也,中村二郎,可児一孝:白内障術後のアクリルシングルピース眼内レンズの回転.第5回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.5.2003.
坂井まり,古城奈緒子,本間信吾:済生会滋賀県病院の後天性眼球運動障害.第5回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.5.2003.
西田保裕:眼窩領域のMRI.第68回MR懇話会 教育講演,京都市,8.9. 2003.
柿木雅志,猪木有理,林 理,西田保裕:長期観察後,他眼にも発症した眼窩筋炎の一例.日本神経眼科合同セミナー 一般講演,花巻,8.30. 2003.
関井英一郎,猪木有里,瀧畑幸功,多鹿三和子,目加田 篤:重症アトピー性皮膚炎患者における濾過胞作成の位置についての一考.第14回日本緑内障学会  ポスター講演,東京,9.6. 2003.
佐方弘哲,堀尾和弘:壊死性角膜炎様所見を呈した難治性角膜炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.11.2003
長船嘉子,澤田智子,岩崎博之:白内障手術時におけるLRI(Limbal Relaxing Incision)の乱視矯正効果についての検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.11.2003
日下利和:降圧療法で眼底所見が改善した高血性網膜症の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.11.2003
澤田 修:治療困難であった角膜感染症角膜真菌症3症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.11.2003
山出新一:ちよっと気になった最近の症例から.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.11.2003
柿木雅志,猪木有理,林理,西田保裕:長期観察後,他眼にも発症した眼窩筋炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.9.2003
竹下佳利,井上美奈香:遅発性眼内炎が疑がわれた1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.9.2003
中室隆子,蔦宗直人,林理:15歳発症のCoats病の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.9.2003
山出新一:色覚と色覚異常色覚バリアフリ-なプレゼンテ-ション.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.9.2003
尾本 岳,朏佳世子,石井正宏,岸 孝志:東近江医療圏における眼科三歳半健診の流れと自治体病院の役割.第42回全国自治体病院学会 ポスター講演,盛 岡市,10.9. 2003.
三宅太一郎,目加田 篤,瀧畑幸功:トリアムシノロンを硝子体腔に注入した網膜中心静脈閉塞症の5例.日本臨床眼科学会 一般講演,名古屋市 10.30.2003.
西田保裕:「視野検査を理解する」視野検査のための基礎知識.第57回日本臨床眼科学会(インストラクションコース教育講演),名古屋市,10.31. 2003.
可児一孝:シンポジウム 視力の生理学 視覚生理学的側面.第57回日本臨床眼科学会 屈折調節研究会,名古屋市,10.31. 2003.
関井英一郎,三田実千代,目加田 篤:警告音装置を付けたオペガードネオキット用残量目安計“めかたくん”の使用経験(続報).第57回日本臨床眼科学会  一般講演,名古屋市,10.31. 2003.
岡田 明,上山久雄,豊田 太,小田早苗,丁 維光,田邊詔子,松浦 博,山出新一:杆体一色型色覚の原因遺伝子における変異検索とその機能的検討.第 57回日本臨床眼科学会 専門別研究会 ポスター講演,名古屋市,11.1.2003.
西田保裕:シンポジウム 目で見る神経眼科最先端 画像診断.第57回日本臨床眼科学会,名古屋市,11.1.2003.
足羽孝治,長船嘉子,中室隆子,目加田 篤:投影図からトレパンの位置,大きさを計算し良好な視力を得た自己角膜回転移植の1例. 日本臨床眼科学会,一般講演,名古屋市,11.1.2003.
中嶋順子,目加田 篤,河邊 宏,千原悦夫,松尾 清:腱膜性眼瞼下垂に対する新しい手術方法. 日本臨床眼科学会,一般講演,名古屋市,11.1.2003.
佐方弘哲,三宅太一郎,澤田智子,岩見達也,林 理,目加田 篤:早期に手術に踏み切るべきと思われた急激に進行した真菌性角膜潰瘍の1例.第57回日本 臨床眼科学会 一般講演,名古屋市,11.2.2003.
林 理,西田保裕,猪木有理,柿木雅志,岩見達也,薬師川 浩,吉田健一,可児一孝:Weber-Christian病に関連した黄斑部病変を認めた一 例.第57回日本臨床眼科学会 一般講演,名古屋市,11.3. 2003.
蔦宗直人:眼トキソカラ症と考えられた1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.3.2003
堀尾和弘,佐方弘哲:非感染性と思われる角膜潰瘍で穿孔を起こした1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.3.2003
岸 孝志:近江八幡市民病院におけるぶどう膜炎の症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.3.2003
小田早苗,宮崎清乃,野口益枝,野口和美,伊藤 拓,大淵友子,長谷川結子:滋賀医科大の弱視症例についての検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.3.2003
目加田 篤:網膜血管閉塞病変(BRVO,CRVO)の手術療法の試み.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.3.2003
三宅太一郎,三田実千代,花田 誠,谷 鉄兵:涙小管閉塞例に対して涙道内視鏡下で治療を行った1例.第4回びわ湖オープンカンファレンス 一般講演,彦 根市,11.15. 2003.
岸 孝志,石井正宏:著明な視神経乳頭浮腫をきたした被虐待児症候群の1例.第4回びわ湖オープンカンファレンス 一般講演,彦根市,11.15. 2003.
小田早苗,宮崎清乃,野口益枝,野口和美,大淵友子,長谷川結子,山出新一:ロービジョン者へのJFCランタンテストの試み.第45回日本産業・労働・交 通眼科学会 第24回産業医科大学眼科研究会 一般講演,北九州市,11.22. 2003.
柿木雅志,猪木有理,林 理,西田保裕,可児一孝:長期観察後,他眼にも発症した眼窩筋炎の一例.第41回日本神経眼科学会総会 一般講演,京都 市,12.12. 2003.
足羽孝治,石田洋一:YAGレ-ザ-により治療を行なった特発性網膜前出血の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2003
猪木有理,柿木雅志,南川貴之,山出新一:シェ-グレン症候群と自己免疫性肝炎を合併した両眼性ぶどう膜炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2003
河野景一,澤田 修:加齢黄斑変性の症例報告.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2003
吉田健一:網膜硝子体手術について-その3-.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2003
石田洋一,足羽孝治,竹下佳利:視交叉視神経炎(視交叉炎)の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2003
坂井まり,西田保裕,林 理,岩見達也,可児一孝:Solid stereogramとRandom-dot stereogramでの頭頂葉賦活部位の相違.第41回日本神経眼科学会総会 一般講演,京都市,12.13. 2003.
可児一孝:身近な神経眼科「見えない」患者の診かた 視野の読み方.第17回神経眼科講習会 一般講演,京都市,12.14. 2003.
西田保裕:糖尿病網膜症.志津南やすらぎ学級,滋賀県草津市,12.24. 2003.

研究業績TOPへ戻る

2002年(平成14年)

山出新一:NSチューブと涙点プラグ(みなさん使ってみてください).滋賀医科大学眼科同門 会学術講演会 特別講演,京都市,1.14.2002.
目加田 篤,田中茂登,吉田博則,佐々木元子,三好輝行,庄子英一,原孜: 再発を極めて生じさせにくい簡単な翼状片弁移植術.第25回日本眼科手術学会総会,広島市,1.27.2002
猪木有理,吉田健一:黄色ブドウ球菌による内因性細菌性眼内炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.14.2002.
堀尾和弘,三宅太一郎,林理,西田保裕:片眼性の虹彩ルベオーシス様所見と網膜循環障害から巨大な視神経鞘髄膜腫が判明した1例.滋賀医科大学眼科症例検 討会 一般講演,大津市,2.14.2002
古城奈緒子,三宅太一郎,岩見達也,西田保裕,山出新一:ウロキナーゼにより改善した眼動脈循環不全の1症例.第2回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,3.9.2002.
柿木雅志,三宅太一郎,岩見達也,西田保裕,岸孝志:真菌性眼内炎に対し硝子体切除術を施行した症例の検討.第2回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,3.9.2002.
日下利和,小田早苗,目加田 篤:バドミントン中眼鏡で穿孔性眼外傷を来した1例.第2回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,3.9.2002.
関井英一郎,日下利和,目加田篤,可児一孝,中室隆子,三田三千代:結膜MALT型リンパ腫の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.11.2002
中室隆子,三田三千代,糟谷憲邦,花田 誠:経鼻的内視鏡下DCRの1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.11.2002
坂井まり,吾妻牧子,黒田真一郎:外傷性網様体解離による低眼圧黄斑症の治療経過.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.11.2002
野々村章栄:小児糖尿病と網膜症.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.11.2002
可児一孝:視力について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.11.2002
Takihata Y., Mukaisho M.,Tanabe N. :Outcome of surgery for infantile-onset constant exotropia. Clinical & Experimental Ophthalmology , 29th International Congress of Ophthalmology, Sydney, 4.24. 2002
Atsushi Mekada, Miwako Tajika,Eiichiro Sekii, Itsuko Shimojo :A case of pupillary block with steroid induced glaucoma. Clinical & Experimental Ophthalmology , 29th International Congress of Ophthalmology, Sydney, 4.24. 2002
Eiichiro Sekii, Taichirou Miyake, Yuri Inoki, Mari Sakai, Atsushi Mekada :A case of glaucoma attack caused by a foldable intra-ocular lens. Clinical & Experimental Ophthalmology , 29th International Congress of Ophthalmology, Sydney, 4.24. 2002
三宅太一郎,小田早苗,岡田明,目加田篤:強膜内陥術後に斜視をきたした1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.9.2002
長船嘉子,岩崎博之:診断に苦慮している片眼視神経乳頭浮腫の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.9.2002
堀尾和弘,中室隆子,石井正宏,猪木有理,柿木雅志,古城奈緒子,下條伊都子,井関英一郎,三宅太一郎:白内障手術における新しいコントラスト感度検査装 置〈Cal‐2000〉評価.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.9.2002
林理:Weber Christian 病に関連した黄斑部病変と考えられた1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.9.2002
井上美奈香,竹下佳利:眼症状から発見された骨髄膜腫の2症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.9.2002
可児一孝:網膜機能検査法…暗順応,光覚,その他….第106回日本眼科学会総会(20世紀における眼科学の総括…1…「視機能評価と矯正法の発達」), 仙台市, 5.23.2003
堀尾和弘,中室隆子,石井正宏,猪木有理,柿木雅志,古城奈緒子,下條伊都子,関井英一郎,三宅太一郎,村上智子:白内障手術における新しいコントラスト 感度検査装置(CAT-2000)の評価.滋賀医科大学眼科症例検討会,5.9. 2002
西田保裕:教育講演「視野検査を理解するために」視野検査に用いられる様々な数値.第106回日本眼科学会総会 専門別研究会「視野」 教育講演,仙台 市,2002
村田豊隆,西田保裕,吉田健一,澤田智子,林理,可児一孝:眼底視野検査における固視の記録および解析.第106回日本眼科学会総会専門別研究会「視 野」,仙台市,2002.5.23.
西田保裕,吉田健一,可児一孝:コンピュータを用いた傍中心視力の測定.第106回日本眼科学会総会 専門別研究会「視野」 一般講演,仙台市,2002
岡田 明,上山久雄,丁 維光,豊田 太,松浦 博,山出新一:ヒト錐体細胞cGMP依存性カチオンチャネル機能の電気生理学的検討.第106回日本眼科学会総会 一般講演(ポスター),仙台市,5.24.2002.
山出新一,上山久雄,桑山成樹,今井哲雄,小田早苗,田辺詔子,和田昭盛,七田芳則:赤緑オプシン遺伝子における点変異の機能解析.第106回日本眼科学 会総会 一般講演(ポスター),仙台市,5.25.2002.
Tatsuya Iwami, Yasuhiro Nishida, Osamu Hayashi, Makiko Kimura, Mari Sakai, Ryuta Ito, Mikio Suzuki, Akihiko Shiino: Dynamic and static stereopsis-processing regions in human dorsal visual pathway. 8th International Conference on Functional Mapping of the Human Brain 一般講演, Sendai (Japan), 2002
猪木有里,小田早苗,林 理,吉田健一,山出新一:血清点眼を用いた症例と適応について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.13.2002.
蔦宗直人,岸 孝志,山出新一:原因不明の若年者の視力障害の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.13.2002.
竹下佳利,井上美奈香:トリパンブル‐を用いた前嚢染色の有用性について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.13.2002.
薬師川浩,澤田智子,多鹿三和子,中室隆子,猪木有理,柿木雅志,三宅太一郎,村上智子:局所解剖を臨床に役立てる.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.13.2002.
西田保裕:視野検査に用いられる刺激光について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.13.2002.
石井正宏,小田早苗,堀尾和弘,目加田篤:白内障手術後早期のlens capsular block syndromeを起こした2症例.第108回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.16.2002.
猪木有理,小田早苗,岩見達也,吉田健一,林理,西田保裕:黄色ブドウ球菌による内因性細菌性眼内炎の1例.第108回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.16.2002.
柿木雅志,三宅太一郎,岩見達也,西田保裕:真菌性眼内炎に対して硝子体手術を施行した2症例の検討.第108回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.16.2002.
古城奈緒子,岩見達也,三宅太一郎,西田保裕,山出新一:ウロキナーゼが奏効した眼動脈循環不全と考えられた1症例.第108回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.16.2002.
三宅太一郎,堀尾和弘,岡田 明,林 理,岩見達也,山出新一,可児一孝:全身エリテマトーデスにより一過性の浅前房と近視化をきたした一例.第108回京都眼科学会 一般講演,京都市,6.16.2002.
佐々本研二,八木秀和,藤田敦子,清水有紀子,瀧畑能子,向所真規:斜視手術における結膜輪部切開法の再検討.第58回日本弱視斜視学会総会,倉敷 市,6.21.2002
瀧畑能子,向所真規:2歳未満で手術した乳児内斜視の両眼視機能.第58回日本弱視斜視学会総会 シンポジウム,倉敷市,6.21.2002
西田保裕:「斜視治療の最前線」乳児内斜視の手術時期.第58回日本弱視斜視学会総会 シンポジウム,倉敷市,6.21.2002
Hiroshi Yakushigawa, Yasuhiro Nishida, Taichirou Miyake, Kazutaka Kani: Resolution perimetry using Landolt C. 15th Visual Field Symposium of the International Perimetric Society 一般講演, Stratford upon Avon (England), 2002
石井正宏,岸孝志:最近経験した甲状腺眼症の症例.第3回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.6.2002.
河野景一,石田洋一:ガス注入術により黄斑下血腫移動を試みた1例.第3回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.6.2002.
可児一孝:視神経と視野.第3回浜松医科大学眼科症例検討会(特別講演),浜松市,7.13.2002
可児一孝:視神経疾患と視野.第296回岩手県眼科集談会(特別講演),盛岡市,7.27.2002
可児一孝:視野の臨床.平成14年度近畿ブロック夏季講習会(教育講演),神戸市,8.25.2002
西田保裕:機能画像による立体視中枢について.第8回京滋眼疾患シンポジウム 教育講演,京都市,2002
村上智子,小田早苗,山出新一,可児一孝:鼻性視神経症と診断された髄膜腫の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.12.2002.
柿木雅志,林 理,中村二郎,山出新一:両眼に可逆的な中心暗点をきたした網膜血管炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.12.2002.
三田実千代,関井英一郎,山出新一:角膜内皮炎後に閉塞隅角緑内障をきたした1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.12.2002.
山出新一:詐病と思われた2症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.12.2002.
多鹿 三和子,岡田 明,目加田 篤,可児 一孝:線維芽細胞増殖阻害剤を用いないシュレム管内壁内皮網除去を併用したトラベクロトミーの術後成績.第13回 日本緑内障学会,横浜,9.20.2002
猪木有理,澤田智子,目加田篤,石井正宏,柿木雅志,古城奈緒子,関井英一郎,三宅太一郎,村上智子,中室隆子,可児一孝:ラタノプロスト点眼前後の眼圧 日内変動.第13回日本緑内障学会,横浜市,2002.9.21.
山出新一,小田早苗,薬師川浩,上山久雄:微弱度色覚異常の一例.第56回日本臨床眼科学会 専門別研究会『色覚異常』一般講演,盛岡市,9.26.2002.
山出新一,小田早苗,薬師川浩,田辺詔子,上山久雄:先天色覚異常の遺伝子解析―4年間のまとめ―.第56回日本臨床眼科学会 専門別研究会『色覚異常』一般講演,盛岡市,9.26.2002.
西田保裕:「脳における視覚機能の画像化の進歩」機能画像によるヒト立体視中枢の研究.第56回日本臨床眼科学会 シンポジウム,盛岡市,2002
西田保裕:「視野検査を理解するために」視野検査のための基礎知識.第56回日本臨床眼科学会 インストラクションコース,盛岡市,2002
西田保裕,稲富昭太,青木佳子,林 理,小田早苗,可児一孝:外転神経麻痺に対する上下直筋耳側筋腹移動術(稲富法)の術後成績.第56回日本臨床眼科学 会 一般講演,盛岡市,2002
青木佳子,西田保裕,林 理,可児一孝:高度近視を伴う後天性進行性内斜視の外眼筋偏位と眼球脱臼の定量.第56回日本臨床眼科学会 専門別研究会「画像 診断」 一般講演,盛岡市,2002
瀧畑能子,向所真規:両眼性水晶体偏位の3兄弟.第56回日本臨床眼科学会,盛岡市,9.26.2002
岩見達也,堀尾和弘,西田保裕,林 理,三宅太一郎,柿木雅志,中室隆子:網膜中心動脈閉塞と新生血管緑内障から視神経鞘髄膜腫が判明した1症例.第56 回日本臨床眼科学会 一般講演,盛岡市,2002
堀尾和弘,岩崎博之,山出新一,吉田健一,小田早苗,西田保裕:前部ぶどう膜炎を初発症状として発症した全身性エリテマトーデスの1症例.第56回日本臨 床眼科学会 ポスター展示,盛岡市,9.26.2002
竹下佳利,井上美奈香:当院におけるエタンブトール投与量と視神経症の発生率について.第56回日本臨床眼科学会,盛岡市,9.26.2002
山出新一:先天色覚異常の診断と指導 遺伝と遺伝子.第56回日本臨床眼科学会 インストラクションコース46,盛岡市,9.28.2002.
三宅太一郎,堀尾和弘,岡田 明,林 理,岩見達也,山出新一,可児一孝:一過性の浅前房と近視化を呈した全身性エリテマトーデスの1例.第56回日本臨床眼科学会 ポスター講演,盛岡市,9.28.2002.
古城奈緒子,岩見達也,西田保裕,吉田健一,林 理,堀尾和弘,岡田 明,山出新一,可児一孝:ウロキナーゼが奏効した眼動脈循環不全の1症例.第56回日本臨床眼科学会 ポスター講演,盛岡市,9.28.2002.
柿木雅志,林 理,中村二郎,岩見達也,吉田健一,西田保裕,山出新一:両眼に可逆的な中心暗点をきたした網膜血管炎の一例.第56回日本臨床眼科学会 ポスター講演,盛岡市,9.28.2002.
可児一孝:白内障患者のQuality of Vision 視力・両眼視.第56回日本臨床眼科学会(シンポジウム),盛岡市,9.29.2002.
上山久雄,桑山成樹,今井啓雄,小田早苗,田辺詔子,七田芳則,山出新一,大久保岩男:正常遺伝子型を持つ先天色覚異常における赤緑視物質遺伝子の変異. 第75回日本生化学会大会,京都市,10.15.2002.
西田保裕,林 理,岩見達也,三宅太一郎,可児一孝:甲状腺眼症での眼球突出と眼窩脂肪.第40回日本神経眼科学会総会 一般講演,東京都,2002
薬師川浩,西田保裕,三宅太一郎,可児一孝:ランドルト環での中心および偏心視力.第40回日本神経眼科学会総会 一般講演,東京都,2002
中室隆子,林 理:Multiple Evanescent White Dot Syudromeの1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.14.2002.
日下利和,伊藤拓,岡田明:栄養療法が奏効したウェルニッケ脳症の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.14.2002.
岸孝志,蔦宗直人:アカントアメ‐バ角膜炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.14.2002.
目加田篤,多鹿三和子,岡田明,可児一孝:線維芽細胞増殖阻害剤を用いないシュレム管内壁内皮網除去を併用したトラべクロトミ‐の術後成績.滋賀医科大学 眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.14.2002.
瀧畑能子,向所真規:三歳児健診でみつかった弱視児の治療経過.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.14.2002.
河野景一,西田保裕,吉田健一,古城奈緒子,日下利和,堀尾和弘,澤田 修:ピット黄斑症候群に黄斑円孔を伴った1症例.第68回日本中部眼科学会 一般 講演,大阪市,2002
岡田 明,上山久雄,丁 維光,豊田 太,松浦 博,山出新一:ヒト錐体細胞cGMP依存性チャネルにおけるβサブユニットの機能的意義.第68回日本中部眼科学会 ポスター講演,大阪市,11.16.2002.
澤田 修,寺井朋子,吉田健一,堀尾和弘,河野景一,柿木雅志,西田保裕,可児一孝:硝子体手術が奏効した角膜真菌症の1症例.第68回日本中部眼科学会 一般講演,大阪市,11.17.2002
伊藤 拓,大淵友子,野口益枝,野口和美,宮﨑清乃,山出新一,可児一孝:詐病の視力測定について.第43回日本視能矯正学会,東京都,11.17.2002.
薬師川浩,吉田健一:涙道閉塞の原因の塞栓を排泄した1例.第3回びわこ眼科オープンカンファレンス,一般講演,11.30.2002
山出新一,伊藤 拓,大淵友子,野口益枝,野口和美,宮﨑清乃,可児一孝:詐病と考えられた2症例.第44回日本産業・労働・交通眼科学会,東京 都,11.30.2002.
日下 利和,伊藤 拓,岡田 明,天好 覚之:栄養療法が奏効したウエルニッケ脳症の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.14.2002.
目加田 篤,多鹿 三和子,岡田 明,可児 一孝:線維芽細胞増殖阻害剤を用いないシュレム管内壁内皮網除去を併用したトラベクロトミーの術後成績.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.14.2002.
猪木有理,薬師川浩,西田保裕:桐沢型ぶどう膜炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2002.
長船嘉子,岩崎博之:両眼に一過性視神経乳頭腫脹のみられた症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2002.
三宅太一郎,吉田健一:Triamcinoloneを用いて硝子体手術を施行した黄斑円孔網膜剥離の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2002.
小田早苗:調節性内斜視の長期予後についての検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2002.
吉田健一,澤田修:網膜硝子体手術について その2.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.12.2002.

研究業績TOPへ戻る

2001年(平成13年)

2001年(平成13年)

小田早苗,宮崎清乃,野口益枝,佐々木 環,野口和美,三田実千代:滋賀医大ロービジョン外来.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.8.2001.
岩見達也,林 理,木村牧子,西田保裕,井藤隆太:functional MRIによる動的立体視についての検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.8.2001.
可児一孝:高齢者視覚障害者のケア.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,2.8.2001.
目加田 篤,岡田 明:線維芽細胞増殖阻害剤を用いない緑内障複数手術の試み.第1回びわこ眼科オープンカンファレンス,彦根市,2. 22.2001.
岩崎博之,堀尾和弘:倒乱視症例に対する白内障手術.第1回びわこ眼科オープンカンファレンス,彦根市,2. 22.2001.
可児一孝:高齢者視機能障害者のケア.日本眼科医会生涯教育講座 第41回,高齢社会と眼,2001.
Yasuhiro Nishida,Osamu Hayashi,Tatsuya Iwami,Makiko Kimura,Ryuta Ito:Neural Processing Regions of Stereopsis in Human Occipital and Parietal Lobes.第3回ヒト脳機能マッピング学会,ポスター,宇都宮市,3. 8. 2001.
中室隆子,三田実千代:両眼性強膜炎の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.8.2001.
坂井まり,目加田 篤,澤田 修,可児一孝:裏表逆固定された折りたたみ眼内レンズ移植眼で急性緑内障発作をおこした一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.8.2001.
吉田健一:Miamiについて―Bascom Palmer Eye Institute―.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,3.8.2001.
長船嘉子,山出新一:MRSA角結膜炎の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.12.2001.
堀尾和弘,岩崎博之:網膜動脈瘤に対して施行した光凝固により網膜動脈分枝閉塞症を引き起こした1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.12.2001.
蔦宗直人,石田洋一,林 理:MEWDSの一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.12.2001.
木村牧子,坂井まり,新木真一,馬場正道:眼圧上昇で眼球破裂をきたしたと思われた一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.12.2001.
林 理:帯状疱疹ヘルペスの眼合併症について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,4.12.2001.
岩見達也,林 理,木村牧子,西田保裕,井藤隆太(放射線科):functional MRIによる輻湊運動に関する視覚領域の検討.第105回日本眼科学会総会,一般講演,横浜市,4. 19. 2001.
張 輝,山本好男,西 克治(法医学),大久保岩男(生化学2),可児一孝:ラット眼球におけるプロテアーゼの免疫組織化学的検討.第105回日本眼科学会総会,学術展示,横浜 市,4. 19. 2001.
岡田 明,上山久雄(生化2),小田早苗,田中 敬(生化2),田辺詔子(名古屋第1日赤),山出新一:日本人の杆体一色型色覚におけるCNGA3とCNGB3遺伝子の解析.第105回日本眼科学会総 会,学術展示,横浜市,4. 19. 2001.
小田早苗,上山久雄(生化2),岡田 明,田辺詔子(名古屋第1日赤),山出新一:先天赤緑色覚異常における遺伝子型‐表現型不一致例の解析.第105回日本眼科学会総会,学術展示,横浜 市,4. 19. 2001.
木村牧子,林 理,岩見達也,西田保裕,井藤隆太(放射線科):functional MRIによる空間視の研究(第3報)衝動性眼球運動課題において.第105回日本眼科学会総会,学術展示,横浜市,4. 19. 2001.
永田 啓:インターネットと眼科の未来,第105回日本眼科学会総会,シンポジウム 眼科医療情報革新,横浜市,4. 21. 2001.
Akira Okada, Hisao Ueyama, Sanae Oda, Yuki Tanaka, Shoko Tanabe, Shinichi Yamade:Analysis of CNGA3 and CNGB3 genes in Japanese patients with rod monochromacy.ARVO 2001 Annual Meeting, Fort Lauderdale, 4. 30. 2001.
A Mekada, M Tajika, J Nakajima, J Nakamura, K Kani: Effect of viscoelastic materials on Schlemms canal viscocanalostomy..The 27 thsymposium on American Society of Cataract, IOL & Refractive Surgery :.San Diego USA :video 2001.4.30
河野景一,目加田 篤,西田保裕:歯科医療用電動工具により眼球二重穿孔した1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.10.2001.
日下利和,石田洋一,岩見達也:治療方針決定で苦慮している頸動脈海綿静脈洞瘻(CCF)の一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.10.2001.
澤田 修,林 理:視神経炎?視神経症?それとも?滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.10.2001.
石田洋一,高島みすず,澤田 修:黄斑に硬性白斑集積を認めた症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,5.10.2001.
M Tajika, A Mekada, J Nakajima, J Nakamura, K Kani : Reverse pupillary block with
Steroid glaucoma and high myopia. The27th symposium on American society of Cataract IOL & Refractive Surgery : San Diego USA Poster : 2001.5.1
Akira Okada, Hisao Ueyama, Sanae Oda, Yuki Tanaka, Shoko Tanabe, Shinichi Yamade:Analysis of CNGA3 and CNGB3 genes in Japanese patients with rod monochromacy.13th. Congress of the European Society of Ophthalmology, Istanbul-Turkey, 6. 5. 2001.
Atushi Mekada, Akira Okada, Miwako Tajika, Kazutaka Kani:Short-term surgical results of combined deep sclerectomy and non-penetrating trabeculectomy and trabeclotomy for adult open angle glaucoma.13th. Congress of the European Society of Ophthalmology, Istanbul-Turkey, 6. 6. 2001.
岸 孝志,蔦宗直人,石田洋一,西田保裕:網膜中心静脈閉塞症後に漿液性網膜剥離を生じた1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.14.2001.
薬師川 浩(湖北総合病院):網膜静脈分枝閉塞症に光凝固,あるいはステロイド内服.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.14.2001.
三田実千代,中室隆子:角膜移植後拒絶反応に対し,シクロスポリン点眼が著効した1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.14.2001.
岡田 明,小田早苗,山出新一,上山久雄:杆体一色型色覚の遺伝子解析とその展望.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.14.2001.
西田保裕:最近の硝子体手術器具.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,6.14.2001.
日下利和(蘇生会総合病院),堀尾和弘,岩見達也,中村二郎,可児一孝,沼 朝代(沼眼科):眼内レンズの回転について(シングルピースPMMAレンズの場合).第40回日本白内障学会,第16回日本眼内レンズ屈折手術学会,一般 講演,福岡市,6. 16. 2001.
坂井まり(済生会滋賀県病院),目加田 篤,中室隆子,蔦宗直人,澤田 修,可児一孝:急性緑内障発作を起こした折りたたみ眼内レンズ移植眼の一例.第40回日本白内障学会,第16回日本眼内レンズ屈折手術学会,一般講演,福 岡市,6 .16. 2001.
河野景一,中村二郎,岩見達也,日下利和,可児一孝:毛様溝逢着術術後の一過性高眼圧と穿刺部位について.第40回日本白内障学会,第16回日本眼内レン ズ屈折手術学会,一般講演,福岡市,6 .17. 2001.
林 理,西田保裕,岩見達也,木村牧子,坂井まり,井藤隆太(放射線科):fMRIによる滑動性眼球運動時の空間視関連中枢の研究.第57回日本弱視斜視 学会総会,一般講演,静岡市,6. 22. 2001.
小田早苗,坂井まり,三田実千代,西田保裕:乳児内斜視の手術時期による比較.第57回日本弱視斜視学会総会,一般講演,静岡市,6. 22. 2001.
青木佳子,西田保裕,林 理:固定内斜視の眼窩MRI.第57回日本弱視斜視学会総会,一般講演,静岡市,6. 22. 2001.
向所真規,瀧畑能子(小児保健医療センター):“Tenotomy of Posterior 2/3 Superior Oblique”を施行したA型斜視の3例.第57回日本弱視斜視学会総会,難治症例検討会,静岡市,6. 23. 2001.
瀧畑能子,向所真規(小児保健医療センター):先天眼振による眼性斜頸のtorsional Kestenbaum法術後経過.第57回日本弱視斜視学会総会,一般講演,静岡市,6. 23. 2001.
中村二郎:NMRを用いた糖尿病水晶体における代謝動態の観察.第107回京都眼科学会,宿題報告,京都市,6. 24. 2001.
林 理:空間視はどこで行われているか?fMRIを用いて.第107回京都眼科学会,宿題報告,京都市,6. 24. 2001.
竹下佳利,井上美奈香:エタンブトールによる視神経症の1例.第1回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.7.2001.
平田博文:ヌンチャク型シリコンチューブを用いて治療した涙小管断裂.第1回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.7.2001.
向所真規,瀧畑能子:外表徴候に乏しいマルファン症候群の1例.第1回さざなみ眼科研究会 一般講演,大津市,7.7.2001.
可児一孝:白内障手術の進歩,北華大学・滋賀医科大学学術交流会,中国,7. 13 .2001.
小田早苗:先天色覚異常の遺伝子診断―保因者診断について―,北華大学・滋賀医科大学学術交流会,中国,7. 13 .2001.
中室隆子,三田実千代:眼トキソプラズマ症の1症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.13.2001.
坂井まり,木村牧子,西田保裕:原因不明の網膜閉塞症の一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.13.2001.
堀尾和弘,山出新一:一過性の浅前房と近視化を呈したSLEの一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.13.2001.
瀧畑能子,向所真規:乳児内斜視の早期手術後の両眼視機能.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.13.2001.
山出新一:NSチューブと涙点プラグ―その適応の検討―.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,9.13.2001.
山出新一,上山久雄(生化2),小田早苗,岡田 明,田辺詔子(名古屋第1日赤):先天色覚異常の遺伝子解析―現状報告2001―.第55回日本臨床眼科学会 専門別研究会 色覚異常,一般講演,京都市,10. 11 .2001.
岡田 明,上山久雄(生化2),小田早苗,松浦 博(生理2),田中 敬(生化2),田辺詔子(名古屋第1日赤),山出新一:杆体一色型色覚における遺伝子解析および変異の意義づけ.第55回日本臨床眼科学会 専門別研究会 色覚異常,一般講演,京都市,10. 11 .2001.
山出新一,上山久雄(生化2),小田早苗,岡田 明:色覚外来,研究グループのホームページ.第55回日本臨床眼科学会 専門別研究会 色覚異常,一般講演,京都市,10. 11 .2001.
永田 啓:眼科電子カルテインタフェースにおけるユーザー認証.第55回日本臨床眼科学会 専門別研究会 眼科コンピューターテクノロジー研究会,一般講演,京都市,10. 11 .2001.
向所真規,瀧畑能子(小児保健医療センター):外表徴候に乏しいマルファン症候群の1例.第55回日本臨床眼科学会 専門別研究会 眼先天異常,一般講演,京都市,10. 11 .2001.
滝畑能子,向所真規(小児保健医療センター):早期発症した恒常性外斜視の治療経過.第55回日本臨床眼科学会,一般講演,京都市,10. 12 .2001.
西田保裕,林 理,青木佳子,小田早苗,堀尾和弘,岩崎博之,岩見達也,木村牧子:外転神経麻痺に対する上下直筋の全筋腹移動術.第55回日本臨床眼科学 会,一般講演,京都市,10. 12 .2001.
木村牧子,坂井まり(済生会滋賀県病院),新木真一(済生会滋賀県病院 内科),馬場正道(済生会滋賀県病院 病理科),西田保裕:意識障害患者の特発性駆遂性出血の1例.第55回日本臨床眼科学会,学術展示,京都市,10. 13 .2001.
長船嘉子,岩崎博之:治療に苦慮している角膜上皮障害の一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.18.2001.
蔦宗直人、岸 孝志,石田洋一,林 理:原因不明の視神経症の一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.18.2001.
日下利和,古城奈緒子,河野景一,吉田健一:ピット黄斑症候群の一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.18.2001.
澤田智子,中村二郎,可児一孝,森川茂廣,犬伏俊郎:1H検出による牛水晶体の[13C]sorbitol, [13C]glucoseのイメージング.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.18.2001.
中村二郎:アトピー白内障術後合併症の検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,10.18.2001.
林 理,西田保裕,岩見達也,木村牧子,坂井まり,可児一孝,井藤隆太(放射線科):眼球運動と空間視について―fMRIによる関連中枢の研究―.第39 回日本神経眼科学会,一般講演,倉敷市,10. 26. 2001.
岩見達也,林 理,木村牧子,西田保裕,可児一孝,井藤隆太(放射線科):Functional MRIによる動的立体視の関連中枢.第39回日本神経眼科学会,一般講演,倉敷市,10. 26. 2001.
澤田 修:診断に苦慮し視神経腫瘍を疑っている1症例.第39回日本神経眼科学会,ポスター講演,倉敷市,10. 27. 2001.
山出新一:心因性視覚障害―私の取り組み―.第15回神経眼科講習会「小児の神経眼科」,倉敷市,10. 28. 2001.
竹下佳利,井上美奈香:眼窩悪性リンパ腫が疑われた一例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.8.2001.
岸 孝志,蔦宗直人:難治性角膜潰瘍の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.8.2001.
澤田 修,林 理,吉田健一:眼球穿孔後の細菌性眼内炎.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.8.2001.
小田早苗,河野景一,岡田 明,西田保裕,中室隆子,三田実千代:動力草刈り機による眼窩内異物の一症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.8.2001.
目加田 篤:超音波生体顕微鏡検査(UBM)の有用性と症例の検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,11.8.2001.
中室隆子,三田実千代,(公立甲賀病院),西田保裕,小田早苗,河野景一:眼トキソプラズマ症に対し硝子体手術を施行した1例.第2回びわこ眼科オープン カンファレンス,彦根市,11. 10. 2001.
中室隆子,三田実千代(公立甲賀病院),河野景一,小田早苗,西田保裕:動力草刈り機による眼球二重穿孔後の眼窩内異物の一症例.第43回日本産業・労 働・交通眼科学会,一般講演,名古屋市,12. 1. 2001.
河野景一,石田洋一,堀尾和弘,吉田健一:外傷性黄斑円孔過去5年間の症例検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.13.2001.
平田博文:草津総合病院における緑内障手術症例についての検討.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.13.2001.
向所真規,瀧畑能子,黒田真一郎:降圧により視神経乳頭陥凹の縮小化を認めた先天緑内障の1例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.13.2001.
吉田健一:網膜硝子体手術について.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.13.2001.
岩崎博之,長船嘉子,堀尾和弘:興味ある経過を示したぶどう膜炎の一症例.滋賀医科大学眼科症例検討会 一般講演,大津市,12.13.2001.


研究業績TOPへ戻る