滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

教室案内

教室沿革スタッフ紹介研究内容研究業績

研究内容


1.網膜硝子体の研究

  1. 光干渉断層計(OCT)、OCT アンギオグラフィーによる網膜の循環の評価
    OCT アンギオグラフィーを用いて非侵襲的に糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症の無血管野の評価、あるいは加齢黄斑変性の脈絡膜新生血管の評価を行う。
  2. 網膜硝子体学会疾患登録事業
    網膜剥離に対する手術と予後の検討
  3. 他施設共同研究
    他施設との共同研究によって、より多くの症例に関するデータを解析する。
    ・黄斑円孔網膜剥離の術式と予後の検討
    ・加齢黄斑変性に対する治療法別にみた視力の変遷
  4. 網膜静脈疾患の病態解明
  5. 過去の眼科外傷の原因、視力経過等の解析と傾向
  6. 黄斑前膜術後の短期視力経過と影響する因子の解析
  7. 硝子体手術器具の開発
    急激に開発が進んでいる硝子体手術の器具を開発する。
  8. シリコンオイル注入眼での、抗生物質の薬物動態
  9. 糖尿病黄斑浮腫の治療別にみた効果

2.色覚の研究

先天色覚異常者の社会適正 先天色覚異常の遺伝子解析

3.神経眼科

MRIを用いて,外眼筋の画像診断を積極的に行い,外眼筋の手術療法や薬物療法の方針決定に応用しています。また、高磁場MRI装置を用いて、バセドー病をはじめとする外眼筋の炎症疾患の形態変化および炎症の評価を行っています。

 4.弱視・斜視の研究

斜視手術の効果や新しい術式の開発、外斜視術後や調節性内斜視の長期予後、弱視発生の因子などの臨床研究を行っています。 小児のみならず成人斜視の手術効果についても研究しています。