滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

教室案内

教室沿革スタッフ紹介研究内容研究業績

研究内容


1.網膜硝子体の研究

  1. 眼内薬物動態の解析
    眼局所の薬物治療が拡大してきているが、眼内の薬物動態には解明されていない点が多々あります。 サルを用いて抗VEGF薬などの眼内の動態ならびに薬物の効果を検討する。
  2. 網膜硝子体疾患の発生機序の解明
    様々な網膜硝子体疾患における眼内液に含まれるサイトカインを解析し、 病態と眼内サイトカインの関係を解明する。
  3. 加齢黄斑変性に対する新しい治療法の開発
    難治性の加齢黄斑変性に対して日本発の新たな治療法として、ワクチン療法を開発する。
  4. 人工網膜の開発
    光を失った方に視機能を取り戻すために人工網膜を開発する。
  5. 硝子体手術器具の開発
    急激に開発が進んでいる硝子体手術の器具を開発する。

2.色覚の研究

先天色覚異常者の社会適正 先天色覚異常の遺伝子解析

3.神経眼科

MRIを用いて,外眼筋の画像診断を積極的に行い,外眼筋の手術療法や薬物療法の方針決定に応用しています。また、高磁場MRI装置を用いて、バセドー病をはじめとする外眼筋の炎症疾患の形態変化および炎症の評価を行っています。

 4.弱視・斜視の研究

斜視手術の効果や新しい術式の開発、外斜視術後や調節性内斜視の長期予後、弱視発生の因子などの臨床研究を行っています。 小児のみならず成人斜視の手術効果についても研究しています。