滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

診療案内

外来案内専門外来診療実績病気の説明

病気の説明


屈折異常

屈折異常とは?

外界から入ってくる光は角膜と水晶体を通って、そこで光が屈折されて、網膜に集まって像を結ぶことで私たちは物を見ることができます。
屈折異常
目が見えないという時には、焦点が網膜にきちんと合っていないか、
合っていても他に疾患があって見えないのかのどちらかになります。

屈折異常は、光が網膜よりも手前や後方に集まってしまうことで起こります。
屈折異常には、近視、遠視、乱視があります。

近視

近視は、光が網膜より手前で集まっている状態です。

眼軸(眼球の前後の長さ)が長すぎるために起こる近視と、角膜、水晶体の屈折が強すぎるために起こる近視があります。近くのものはよく見えますが、遠方はあまり見えません。遠方を見るには、凹レンズの眼鏡矯正が必要になります。

遠視

遠視は、光が網膜より後ろで集まっている状態です。
遠視
原因は眼軸長が短いことによって起こることが多いです。遠視は近いところを見るときはもちろん、遠くを見るときにも調節(ピントを合わせること)をしないとはっきりとは見えません。遠視とは、 遠くがよく見える状態ではないのです。はっきりと見るためには、凸レンズの眼鏡矯正が必要になります。

乱視

角膜や水晶体がきれいな球面でなく歪みがあるため、光が一点に集まらず、
網膜の上にはっきりとした像がつくれない状態です。
乱視
原因は元々持っている角膜の歪みが成長とともに大きくなる場合が多いですが、まれに外傷や角膜潰瘍などの後天的な原因で角膜に歪みができることもあります。
症状は2重に見えることがあります。乱視用の眼鏡矯正が必要です。
▲このページのTOPに戻る