滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

診療案内

外来案内専門外来診療実績病気の説明

病気の説明


心因性視覚障害

心因性視覚障害とは?

心理的ストレスにより視力が低下したり、視野が狭くなったりなどの、視機能障害がみられることをいいます。 主に小学校中高学年で、女児に多くみられます。眼そのものには、病気を認めません。患者本人が自分で「見えにくい」ということは少なく、普段の生活ではさほど見にくそうにしていませんが、学校の健診の視力検査で初めて発見される場合が多いです。

原因と治療

原因で最も多いのは家庭問題です。両親の共働き、他の兄弟に手がかかるなど、本人の「寂しい」という気持ちの現れだといわれています。 他に、学校での友人関係、習い事などでも起こります。診察では、暗示をかける特殊な視力検査を行い、視力に問題がないこと、また眼そのもの、あるいは頭の中などに病気がないことをみます。治療としては、周囲の人間がこの病態をきっちりと把握して、患者とのコミュニケーション、スキンシップを増やすことなどであり、親子で通院するだけでも視力障害が改善していくことがあります。眼そのものには病気はありませんので、視力は多くの場合改善していきます。ただし、長期にわたって視力が出ない場合は、再度他に病気がないかどうか、あるいは精神科などでのカウンセリングを行います。