滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

診療案内

外来案内専門外来診療実績病気の説明

病気の説明


白内障

白内障とは?

人の目はカメラに似たつくりをしています。白内障とは、カメラのレンズにあたる、水晶体という部分が濁ることで、視力が下がったり、光が眩しく感じられたりする状態です。


カメラでもレンズが濁ると写真の画質が落ちるのと一緒で、人でも水晶体が濁ると眼の奥にある網膜というフィルムに光がうまく届かず、その結果として視力が下がるなどの症状がでてきます。

白内障の原因

白内障の原因には、生まれつきのものや、病気の合併症として生じるものがありますが、多くは加齢によるもので、 40歳頃から白内障になる人が出てきます。80歳を超えると、程度の差はありますが、皆さん白内障になっています。

白内障の治療

治療には、点眼薬と手術があります。 点眼薬は白内障の進行を止めることや治すことは出来ませんが、進行を遅らせることは可能です。 手術の時期は、人それぞれですが、多くの方の場合、しばらく経過を診た後、適切な時期に手術をお勧めします。 しかし、視力は十分に出ていても、眩しさがひどく、日常生活や車の運転等にも支障が出てくるような方には、 白内障や手術の後の日常生活の変化などについて、十分にご理解いただいた上で手術を行います。白内障が、かなり進行してしまうと、 手術が難しくなってきます。また、状態によっては、緑内障を引き起こす可能性があるため、早めに手術をしたほうが良い場合があります。



手術は入院で行う場合と、日帰りの場合があり、施設ごとに異なります。 ほとんどの場合、手術は局所麻酔で行いますが、痛みを感じることはあまりありません。 手術は、濁った水晶体を、超音波を利用し、小さく砕きながらとっていきます。水晶体の一部は袋のようになっていますが、 この袋を出来るだけ残して、この中に水晶体のかわりとなる、眼内レンズという人工のレンズを入れます。手術により濁った水晶体が透明なレンズに入れ替わるために、 白内障によって下がっていた視力は改善してきます。もともと、網膜という目の奥にあるフィルムに問題のある場合には、網膜の持つ力に見合った視力となります。

白内障の治療後

次に、白内障手術のあとのことについてお話します。 もともと人の目は、水晶体の厚みを変えることによって、自動で遠くや近くにピントを合わせていました。 しかし、手術の後は、眼内レンズという、厚みを変えることができない人工のレンズに変わるので、残念ながら、 眼鏡をかけない状態で、どこでもすっきりと見えるようには出来ません。例えば、仮に、手術のあと眼鏡をかけずに遠くが見やすい状態にした場合、 近くは見えづらくなります。こういった状態に対しては、近く用の眼鏡をかけていただくことで、ほとんど不自由を感じることはなくなります。

手術後しばらくしてからご希望のある方に対して、めがねを処方します。 一般には,手術後2〜3ヶ月たってから処方します。自動車の運転など、日常生活で支障をきたす場合には、早い時期に眼鏡を処方することもあります。
術後半年くらいから、もう一度白内障になることがあります。手術の時に残した水晶体を包んでいる袋が濁ることがあり、後発白内障といいます。 手術後しばらくたってから見えにくくなってきた場合、後発白内障の可能性があります。後発白内障に対しては、外来でレーザーを当てることで視力が改善します。 術後見えにくくなったと自覚される場合は、眼科を受診していただき、適切な処置をうけてください。

以上、白内障と治療について簡単に述べてきましたが、 最近少し視力が下がったかなと感じられた際は、眼科を受診されることをお勧めいたします。

▲このページのTOPに戻る