滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

診療案内

外来案内専門外来診療実績病気の説明

病気の説明


糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは?

糖尿病で高血糖状態が長く続くと全身の毛細血管が障害され、様々な合併症を引き起こします。眼の中では網膜毛細血管が障害を受けやすく、網膜症の初期段階では毛細血管壁が弱くなり網膜に小さな出血が見られるようになります。やがて毛細血管は閉塞し、その部分の網膜は虚血に陥り血管内皮増殖因子が分泌されます。その結果「新生血管」が形成されます。この新生血管は構造がとても弱いため血管が裂けて硝子体出血を生じることがしばしばあります。また出血しなくても、新生血管からは本来網膜に漏れてきてはいけないような物質も漏れてくるため、網膜や硝子体を足場にして線維性の膜を形成します。これは増殖膜と呼ばれ、この膜に新生血管が牽引されて更に出血したり、網膜剥離になったりします。このような状態になるまで10年前後の歳月を要しますが、末期的な状態になるまであまり自覚症状がないこともあり、定期的な眼底検査が望まれます。

糖尿病網膜症の治療

糖尿病網膜症の治療は、以下のように病気の進行の程度によって変わってきます。

血糖のコントロール

この病気は高血糖によってもたらされているわけですから、網膜症が発症していない時から晩期にいたるまで、血糖値を正常な値に保つことが大切です。

光凝固治療

光凝固治療とは毛細血管が詰まって酸素不足に陥ってしまった網膜を、レーザーで焼く治療です。この治療の目的は、酸欠になった網膜から血管内皮増殖因子が出てくるのを抑えることによって、新生血管が増殖するのを防ぐことす。定期的な眼底検査により、糖尿病網膜症が悪化しても、適切な時期に光凝固治療を受けることによって、かなりの確率で網膜症の進行を止めて失明を防ぐことができます。

抗VEGF(血管内皮増殖因子)治療
糖尿病網膜症では、視力をだすのに大切な場所である黄斑が腫れて視力が落ちることがあります。そのような場合には、眼の中に腫れをひかせるお薬を入れる治療を行うことがあります。

硝子体手術

網膜症が進行して硝子体出血が生じると眼底の観察が困難となるので光凝固治療ができなくなります。牽引性網膜剥離を併発すると光凝固治療はできませんし、そのまま放置すると急速に網膜の機能が低下します。このような場合、手術によって出血と増殖膜を除去し光凝固を行うことになります。

糖尿病網膜症

▲このページのTOPに戻る