滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

診療案内

外来案内専門外来診療実績病気の説明

病気の説明


網膜剥離

網膜剥離とは?

網膜剥離は様々な原因でおこりますが、その中でも中高年の網膜剥離では、硝子体の加齢による変化が大きく関与します。眼の中をみたしている「硝子体」とよばれるゼリーのような組織は、若い頃は寒天のようにしっかりとした組織ですが、加齢に伴って「液化」します。液化した硝子体は前方に収縮し、やがてそれまで接着していた網膜から剥がれます。この時、急に眼の前に虫が飛んでいるような症状(飛蚊症)を自覚します。これを「後部硝子体剥離」といいますが、これは老化現象の一つです。ただ後部硝子体剥離の際に、網膜と硝子体の癒着が強い部分で網膜が裂ける場合があります。網膜が破れてできた孔を「網膜裂孔」といいますが、そこを通って液化した硝子体が網膜の裏に入ってしまうと、網膜が剥がれて「網膜剥離」の状態になります。
この他、若年者では近視眼によくみられる網膜周辺部の格子状変性や鈍的外傷などが、網膜剥離の原因となります。

網膜剥離に伴う症状

飛蚊症

目の前にまるで虫が飛んでいるように見える症状ですが、網膜剥離が起こった場合には飛蚊症が急激に増えてくることが特徴です。

光視症

暗いところで視界の端のほうに稲光のように閃光がはしるような症状を指します。後部硝子体剥離によって剥離した硝子体が網膜を牽引し、その刺激を光として感じるために起こります。

視力低下、視野欠損

網膜が剥がれた部分に一致して視野が欠けて黒い影がかかったように感じます。網膜剥離がさらに進行して黄斑部に及ぶと、著しい視力低下を自覚します。


網膜剥離の治療

網膜剥離の治療の基本は網膜にできた孔を閉鎖することです、
網膜剥離の状態によって次のような治療を行います。


レーザー光凝固

網膜に孔があいてからそれほど剥離が進行していない場合は、その周囲をレーザー光線で焼き付けることで剥離の進行を防ぎます。レーザー治療は外来で短時間で行うことができますが、レーザー治療したにもかかわらず剥離が進行してくる場合は、手術が必要になります。

強膜バックリング手術

丈の低い剥離やまだ範囲の狭い剥離など、主に若年者の剥離に対して行われます。手術はまず眼球の外側から裂孔の周囲を冷凍凝固によって癒着させ、孔の位置にあたるように眼球の外側にシリコン製のスポンジを縫いつけて、眼球を陥凹させることによって孔を塞ぎます。

硝子体手術

中高年の網膜剥離に対して多く行われている術式です。眼球の中に人工の眼内液を灌流させて眼圧を保ちながら、網膜を牽引する硝子体を切除、吸引します。次に空気の圧力によって網膜を元の壁に接着させたうえで、孔の周りの網膜をレーザー光凝固や冷凍凝固によって癒着させます。最後は特殊なガスを注入して硝子体のあった部分をガスに置き換えた状態で,手術を終了します。ガスは2週間前後で吸収されて水に置き換わりますが、その間は孔の周囲の癒着が固まるまで、網膜が再び剥がれてこないように網膜を押さえてくれます。そのため手術後はガスが網膜にあたるように、うつむきの姿勢で安静にする必要があります。


▲このページのTOPに戻る