滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

診療案内

外来案内専門外来診療実績病気の説明

病気の説明


加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは?

加齢により起こる目の病気といえば、白内障がよく知られています。しかし近年、日本で、加齢黄斑変性という病気が増えつつあるといわれています。文字通り年齢を重ねることにより、黄斑という眼の奥のものを見るのに重要な部分に、病気の血管が出来て、そこから出血、あるいはそこが腫れたりすることにより、視力が低下してしまう病気です。50歳以上の方の100人に約1人にみられます。約10年前は、治療法がないといわれ、いったんこの疾患になるとあきらめるしかなかったのですが、最近ではいくつか治療法があり、適切な時期に治療すればある程度の視力の維持を望めるようになってきました。

加齢黄斑変性の検査

検査は、視力検査、眼底写真撮影、眼底造影検査、光干渉断層検査(OCT)などが行われます。眼底写真は下記のように眼の奥の状態をそのまま写したものです。眼底造影検査は造影剤を腕から注射して眼の奥の写真を撮る検査です。また光干渉断層検査(OCT)では、網膜の断面を調べることができる検査です。これらの検査により、病気の範囲、程度を知ることができます。またこれらの検査は、治療の効果を判定するのにも役立ちます。

加齢黄斑変性
加齢黄斑変性

加齢黄斑変性の治療

現在行われている主な治療は、抗VEGF療法というものです。VEGFとは、血管内皮増殖因子( vascular endothelial growth factor )のことで、加齢黄斑変性の発症に関与しています。このVEGFを抑える薬剤(ルセンティス®、マクジェン®、アイリーア®)を眼球の中に注射することにより病気の血管、や腫れが小さくなり、視力の悪化を防ぎます。また光線力学的療法(PDT)という治療法があり、これは光に反応するお薬(ビスダイン®)を体に注射して、それが眼に来たところにレーザーをあてて、病気の血管を小さくする治療法です。抗VEGF療法とPDTを組み合わせた治療を行うこともあります。多量の出血が眼の奥、つまり眼底全体に広がった場合には、特殊なガスを、硝子体と呼ばれる眼の中のゼリー状の部分に入れたり、硝子体に出血が広がった場合は、手術によって出血を取り除いたりすることもあります。


治療前の眼底写真(左)とOCT画像(右)     


PDTと抗VEGF療法の併用後の眼底写真(左)とOCT画像(右)
▲このページのTOPに戻る