滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

診療案内

外来案内専門外来診療実績病気の説明

病気の説明


斜視·弱視

斜視とは?

両眼の視線の方向が同じ方向を向いていないことをいいます。片方の眼が外を向いているのが外斜視、内を向いているのを内斜視といいます。斜視があると、両眼を同時に使うことができません。つまり、ものを立体的に見ることが難しくなります。また、物を立体的に見る能力を両眼視機能といいますが、両眼視機能は生まれたあとで育っていくと考えられていますので、生まれつき斜視があった場合には、この両眼視機能が育たないことになります。

斜視のタイプについて

1. 外斜視

外斜視
両眼のバランスが外に向いている状態をいいます。
目つきがおかしいときと大丈夫なときがある場合は「間歇性(かんけつせい)外斜視」、常に目つきがおかしくなっている場合は「恒常性(こうじょうせい)外斜視」といいます。子供の外斜視は、ほとんどが間歇性外斜視で、斜視が起こっていないときに両眼視機能が育ちます。しかし、目つきがおかしくなっているときには、せっかく育っている両眼視機能を発揮できなくなります。ですから、目つきがおかしい時が目立ってくれば手術を考えます。成人の外斜視では恒常性外斜視の割合が増えてきます。恒常性外斜視は間歇性外斜視がひどくなったものがほとんどです。また、間歇性外斜視の場合は、目つきをまっすぐにしようと頑張ることで眼の疲れを訴える場合もあります。成人の場合、見た目の問題や眼の疲れの改善を目的として手術を行います。

2. 内斜視

内斜視
両眼のバランスが内に向いている状態をいいます。
生後1年以内にみられる内斜視を「乳児内斜視」といいます。乳児内斜視は目線が生まれつき同じ方向を向いていないので、ものを立体的に見る力の発達は望めません。乳児内斜視は2歳前後に手術を行います。ただ、早期に手術をして目線が同じ方向を向いても、ものを立体的に見ることは苦手となります。一方、遠視が原因で起こる斜視を「調節性内斜視」といいます。ものにピントを合わせてをみようとする時に遠視を打ち消す調節力が働き、その結果、目が寄ってしまいます。遠視の眼鏡をかけることで斜視は治るので、手術は行いません。これらの内斜視は幼少時に起こりますが、急に眼が内に向いてしまう「急性内斜視」はどの年齢でも起こります。急に内斜視になることでものが2重にみえたりします。頭蓋内の病気がないことを確認し、経過をみますが、なかなか内斜視が治らない場合は手術を行います。

3. その他の斜視

斜視には内斜視や外斜視の他に、上下の斜視があります。上下の斜視には、上下の筋肉のバランスを変える手術を行います。上下の斜視は単独で起こることは少なく、たいていは内斜視や外斜視に合併しています。


弱視とは?

生まれてすぐの赤ちゃんは0.01にも満たない視力しかありません。瞳の奥にある網膜の中心でものをとらえることで徐々に視力が発達していきます。3歳ぐらいで1.0くらいの視力が出るとされています。この視力の発達が最も盛んな時期は1歳6ヶ月頃だといわれており、その後10歳近くまで続きます。弱視とはこの視覚の発達の時期に、何らかの原因があり、視力が発達が妨げられた状態をいいます。どんなにピントが合った眼鏡をかけても、受け止める網膜(フィルム)に問題があるので視力が出ないということになります。年齢が大きくなるほど視力発達の感受性は下がるので、弱視は早期発見、早期治療が大切になります。

弱視の原因

視力が発達するための条件は、網膜(フィルム)の中心でみること、しかも見ている像にピントずれがないことです。弱視の原因として、斜視で網膜の中心に刺激が伝わらないこと、不同視(両眼の遠視や乱視に差があること)で片眼がピントずれのままになること、両眼に強い遠視や乱視があり常に網膜にピントずれがあること、白内障などで網膜に光が届きにくくなっていることなどが挙げられます。

弱視の治療

弱視の治療は、斜視の場合は視力の良い方の眼を見えないように隠して、斜視になっている眼の網膜の中心を使えるようにします。不同視や屈折異常がある場合は、眼鏡でその異常を修正し、網膜にピントが合うようにします。原因が白内障などの疾患の場合は、その治療を行います。
先にも述べましたが、視力が発達する時期が限られています。手遅れにならないように視力が発達する時期に治療を行うことが大切です。
▲このページのTOPに戻る