滋賀医科大学 眼科学講座

ご挨拶
教室案内
診療案内
入局案内
研究会案内
リンク集
 TOPページに戻る

滋賀医科大学医学部付属病院
滋賀医科大学医学部付属病院のHPへ

診療案内

外来案内専門外来診療実績病気の説明

専門外来


 月曜日 網膜(澤田(智))
 加齢黄斑変性を中心に、診療を行っております。
 加齢黄斑変性に対しては
  • 抗VEGF剤の硝子体内注射
  • 光線力学的療法(PDT)
  • 抗VEGF剤投与とPDTの併用療法
  • 網膜下出血に対しては、ガスの硝子体内注入、あるいはそれに組織プラスミノーゲンアクチベーターを併用しての血腫移動術を行っております。
 月曜日 緑内障(森)、火曜日 緑内障(南川)
緑内障外来では、主に手術加療が必要な患者様をご紹介いただき精査、加療しております。
手術が必要かどうかの判断が難しい患者様もたくさんおられると思われますので、そのような患者様も積極的にご紹介ください。
水曜日 網膜(柿木)、金曜日 網膜(澤田修)
網膜硝子体疾患の中でも、主に手術後の患者様や外来での継続的な処置を要する患者様を対象にして、診療しております。 
木曜日 斜視(岩佐)
 小児から成人までを対象に、外斜視や内斜視、外眼筋(眼周囲に付着している筋肉)の麻痺による斜視や甲状腺眼症などを診る専門外来です。視力、眼位検査、両眼視検査などの検査を行い、必要に応じて小児・成人を問わず多くの斜視手術を行っています。また当専門外来では、小児を対象とした弱視(視力の発達不良)の検査や治療も行っています。
火曜日 ロービジョン (澤田智子)
低視力の方に対して、拡大鏡や遮光眼鏡を処方しています。
金曜日 眼炎症 (西信)
虹彩、毛様体、脈絡膜などぶどう膜と呼ばれる眼球内組織の炎症をぶどう膜炎と呼びます。
 我が国での代表的なぶどう膜炎である、サルコイドーシス、フォークト・小柳・原田病、ベーチェット病、などの診断、治療を行っています。治療としてはステロイドを中心とした薬物療法を、副作用に注意しながら行っています。眼内悪性リンパ腫に対する診断のための硝子体手術にも取り組んでいます。
▲ このページのTOPに戻る