卒後臨床研修


2017年度から専門医資格取得のための研修方法が大きく変わり、滋賀医科大学小児科では、小児科専門医研修プログラムに基づく専攻医を募集します。これは、滋賀医科大学附属病院を基幹研修施設とし、滋賀県内を中心とする17の専門医研修連携施設との3年間の合同研修プログラムです。


概要
初年度:基幹研修施設である滋賀医科大学医学部附属病院または準基幹研修施設である3病院(長浜赤十字病院、近江八幡市立総合医療センター、済生会滋賀県病院)のいずれかで研修を開始


次年度:準基幹研修施設以外の連携研修施設のいずれかと重症心身障害児・者の医療を主として行っている2施設(びわこ学園草津、国立療養所紫香楽病院)のいずれかでの研修。


最終年度:滋賀医科大学医学部附属病院もしくは準基幹研修施設で、それまでに経験できなかった領域の研修を行い、研修の総仕上げを行います。


特徴
・非常に専門性の高い疾患からcommon diseaseまで、幅広く研修できます。
・比較的小規模の施設での研修が含まれており、地域に密着した医療の研修ができます。
・小児科を研修するうえで、必ず経験すべき重症心身障害児・者の医療を研修できます。



環境に恵まれた湖国滋賀で、充実した楽しい研修を一緒にやりましょう。

卒後臨床研修責任者
多賀 崇









興味をお持ちになられた先生がおられましたら、「お問い合わせ」から気軽にご連絡ください。